バレンシアCF応援サイト VCFJAPAN.ORG バレンシアCF応援サイト VCFJAPAN.ORG

VCFJapan.org is the forum for Valencianistas in Japan.

Navigation
Valencia CF

VCF News

ガヤと契約延長

全バレンシアニスタが待ち望んだホセ・ルイス・ガヤ(27)との契約延長が公式発表されました。新たな契約期間は2027年6月までで、給与はガブリエウ・パウリスタを超えるチーム最高額、契約解除金は1億ユーロに設定されました。

ガヤと契約延長

キャプテンとの長い契約延長交渉の物語が、ようやくエンディングを迎えました。

SUPERDEPORTEの報道によると先週火曜日の時点で合意に至り、それから1週間経ってからの公式発表となりました。クラブは、ガヤの契約延長を祝うためのプレゼンテーションを現地時間で本日13:30からメスタージャで行う予定です。また、その際にガヤがメディアの前でコメントします。

クラブは、今回の公式発表に合わせて「キャプテンからレジェンドへ」というコピーライトと併せてペップ・クララムント、リカルド・アリアス、フェルナンド・ゴメスといったクラブの歴史に名を刻んできた偉大なキャプテンたちが、ガヤにブレスレットを受け継ぐというエモーショナルな動画を公開しました。この動画の最後にガヤは新契約締結後、最初の言葉を残しています。

「生涯を通じて、私はホセ・ガヤであり、メスタージャは私の家です」


この契約延長はガヤの帰属意識そのものです。パコ・アルカセル、フェラン・トーレス、カルロス・ソレールは今のバレンシアでは届かない舞台での競争を求めてクラブを去りました。そしてガヤも、クラブとの契約が半年を切った今年の1月以降は好きなクラブと交渉・契約できる状態にありました。バルセロナからの関心も寄せられていましたが、ガヤは他のクラブからのオファーを聞かず、バレンシアからの新契約の提示を辛抱強く待ち続けました。

ガヤはかつて、バルセロナのオファーを「スエカとバレンシア無しに生きてはいけない」と断ったアントニオ・プチャデス、スペイン代表のチームメイトから再三レアル・マドリーに行くように促されたものの拒否し続けたクララムント、「バレンシアをプリメーラに戻さなくてはならない」とレアル・マドリーからのオファーを断ったリカルド・アリアス、同様にロレンソ・サンス(元レアル・マドリー会長)からのオファーを断ったフェルナンド・ゴメス、フロレンティーノ・ペレスからのラブコールに同じことをしたアルベルダの歩みを彷彿とさせます。

ガヤの契約延長により期待されることが、クラブ記録の更新です。先日、ダビド・アルベルダが地元ラジオにて「ホセ(・ガヤ)がクラブと契約延長した場合、彼は私たち全員の記録を超えていくだろう」と語りました。ガヤが今回の契約を最後まで全うした場合、個人記録の面でもクラブの歴史に彼の名前が刻まれることになるでしょう。

まず、ガヤはストライカーではないため、クラブ歴代最多ゴール数の数字は除外されています。ムンド・スアレス(265ゴール)、ワルド・マチャド(160ゴール)の数字はいずれもサッカーが現代のものとは違う時代に刻まれた現実的に達成不可能な数字です。

実現の可能性がある数字で言えば歴代最多出場です。現在のクラブ記録はフェルナンド・ゴメスの553試合、その後ろにはクラブのアンバサダーを務めるリカルド・アリアスの521試合が控え、3位にはダビド・アルベルダの485試合と続いています。

ガヤは2014年4月に公式戦デビューを果たしてからトップチームでの9年間で昨夜のセビージャ戦を含めてクラブ歴代32位となる公式戦298試合でバレンシアのシャツを守りました。現在27歳。彼にはまだはるかに長いキャリアが残されています。

次にガヤが目指す数字はトップチームでの在籍期間です。トップチームに最も長く在籍したのはアリアスで、彼は16シーズンに亘ってバレンシアのエスクードを守り続けました。続いてフェルナンド・ゴメス、アルベルダ、ホセ・マヌエル・センペレの15シーズンです。

ガヤが今回の2028年までの契約を全うすると、彼は32歳で14シーズンの在籍となります。彼と同じ左サイドバックのアメデオ・カルボーニが41歳1か月までプレーしたこと、GKのセサル・サンチェスが39歳8か月までプレーしたこと、サンティ・カニサレスが38歳5か月でメスタージャのゴールを守ったことを思い出せば、ガヤにはまだ充分な時間が残されています。

最後の挑戦は「ワンクラブマン」になることです。ワンクラブマンとは、UEFAの定義によると「シニアのキャリアの全てを同じクラブで過ごし、レンタルを含めて別のチームでプレーしたことのない選手」ということになります。

バレンシアの「ワンクラブマン」のリストにはアマデオ・イバニェス、アントニオ・プチャデス、マノーロ・メストレ、ペップ・クララムント、パコ・カマラサといった選手たちが含まれています(フェルナンド・ゴメスは晩年にウルヴスやカステジョンでプレー、アリアスもキャリア最終年をカステジョンでプレー、アルベルダはデビュー2年目にビジャレアルへのレンタルがあるため含まれません)。これらのマイルストーンは今回の契約延長から始まるガヤにとっての新たな挑戦になるでしょう。

関連記事
ホセ・ルイス・ガヤ (プロフィール)

同カテゴリの前後の記事

« ギジャモンと契約延長

VCFJapan.org

El Rat Penat

スペインのサッカークラブ
バレンシアCFを応援する
ウェブサイトです。