バレンシアCF応援サイト VCFJAPAN.ORG

VCFJapan.org is the forum for Valencianistas in Japan. バレンシアCF応援サイト

Navigation
Valencia CF

VCF News

今季のバレンシアの選手たちの採点

Plaza Deportivaのビセンテ・フステル記者が今季のバレンシアの選手たちのここまでのパフォーマンスを採点した記事を掲載しました。

何故かゲデスの採点だけ漏れていたのですが、そのまま掲載します。

今季のバレンシアの選手たちの採点

シレセン 3
このオランダ代表GKは今季の失望の1つでした。3500万ユーロと引き換えにクラブにやってきましたが、ネトが去った穴を埋める事が出来ませんでした。

ジャウメ・ドメネク 4
セラーデス監督からチャンスを与えられたにもかかわらず、彼もまた期待に応える事が出来ませんでした。彼は今でもサブGKです。


ヴァス 5
このデンマーク人は今季もまた、プレーする場所がどこであっても要求に応えられることを証明しました。チームで最も有用な選手です。

ティエリー・コレイア 2
彼がプレーする時、そこは災害のようでした。まだまだ青く、経験を積むためにレンタルに出なければならないでしょう。1200万ユーロという移籍金は全く正当な価格ではありません。

ピッチーニ -
昨夏の深刻な怪我により、今季はほとんど出場できていません。

フロレンツィ 4.5
有望なデビュー戦の後に病気離脱とパフォーマンスの低下。直近の数試合でセラーデス監督は彼をウイングとして起用していますが、調子を上げられなければ、バレンシアで続けることは難しいでしょう。

ガヤ 7
今季もまたチームで最も優れた選手の一人であり続けています。非常に頼もしい存在です。

ジャウメ・コスタ 5
経験が、彼の強みの一つです。非常に上手くチームにフィットし、セラーデスは右サイドバックも彼に任せました。華やかさはありませんが、バックアッパーとしての彼の任務は果たしました。


マンガラ 3
万全から程遠いフィジカルコンディションでやってきたフランス人DFは、時間をかけてリハビリしたにもかかわらず、期待外れのパフォーマンスに終わりました。役目を果たしていません。

ガライ 5.5
以前として彼がDF陣のリーダーであり、今季は多くの人たちの期待より多くの試合に出場していますが、彼の重傷がチームの夢を壊すことになりました。

ディアカビ 3
彼がチームに残された理由を証明するためのシーズンでしたが、飛躍する事が出来ませんでした。彼がマンガラとコンビを組まねばならなかった時、彼の弱点が強調されることになりました。アタランタ戦が今季の彼のイメージを決定づけました。

ガブリエウ・パウリスタ 6
チームの顔の一人となりました。彼の優れたパフォーマンスは、欧州選手権でのスペイン代表での居場所を得るに相応しいものでした。


コンドグビア 4.5
未だにバレンシアでの1年目のレベルを取り戻せていません。セラーデス監督は彼を信頼していますが、ケガの多さや安定感に欠けるプレーが、彼を移籍市場に押し出しています。

コクラン 7
「生命保険」という言葉が相応しいでしょう。ボール奪取能力、自己犠牲的なプレー、戦術的インテリジェンスの高さにより、このフランス人MFはメスタージャのアイドルになりました。

パレホ 7
これまでの全てのシーズンでそうだったように今季もスタートに苦労したものの、キャプテンとしてバレンシアの灯台であり続け、チームトップの10ゴールを記録しました。

カルロス・ソレール 6.5
このカンテラーノは、チームにとって非常に有用な選手であり続けます。セラーデス監督はシステム変更するためのリソースとして彼を巧く活用しており、彼もチームでの役割を充分に果たしています。

フェラン・トーレス 9
フォイオス出身のこの若者のブレイクがチームに大きな恩恵をもたらしました。20歳で、35試合に出場し6ゴール6アシスト。今やヨーロッパ中のメガクラブが彼を欲しがっています。

イ・ガンイン 4.5
彼が期待していたシーズンになっていないことは明らかです。昨夏のU-20ワールドカップで大会MVPを受賞したものの、今季ブレイクすることができませんでした。度重なる怪我も彼の足を引っ張っています。それでも彼には素晴らしい未来があります。

チェリシェフ 4.5
このロシア人ウインガーは浮き沈みのあるパフォーマンスを見せています。9月から11月までは好調でしたが、怪我が彼のリズムを止めてしまいました。


マヌ・バジェホ 5.5
カディスから来たこの選手は、当初予想されたよりも多くの出場時間を持つことになりました。しかし、彼が最も良い状態にあった時にケガをしてしまいました。既に4ヶ月プレーしていません。

ソブリーノ 5
出場機会は少ないものの、メスタージャでのセビージャ戦で重要なゴールを決めました。

ロドリゴ 6
今季11アシストを記録し、チャンピオンズリーグで重要なゴールを決めました。彼の働きに疑いの余地はありませんが、もっと多くのゴールを求めなければなりません。公式戦28試合で5ゴール。

マキシ・ゴメス 7
バレンシアでの最初のシーズンで居場所を確保しました。9ゴールを挙げ、チームへの適応は非常にポジティブな結果を出しています。

ガメイロ 4.5
このフランス人は7ゴール2アシストを記録しましたが、筋肉の怪我によりムラのあるシーズンを過ごしています。バックアッパーとしては頼れる存在ではありますが、5月に33歳になることをクラブは考慮しています。

« ガブリエウ・パウリスタが故郷のクラブに食糧を寄付 元バレンシアのダビド・シルバ一問一答 »

Valencia.jpn.org

El Rat Penat

スペインのサッカークラブ
バレンシアCFを応援する
ウェブサイトです。