バレンシアCF応援サイト VCFJAPAN.ORG バレンシアCF応援サイト VCFJAPAN.ORG

VCFJapan.org is the forum for Valencianistas in Japan.

Navigation
Valencia CF

VCF News

レンタル加入中の選手たちの将来について

今季レンタルで加入している選手たちの去就は、マーケットの分野におけるクラブの優先課題です。チームに適応し、ガットゥーゾ監督が買い取りを求める選手たちについて、クラブは可能な限り獲得に動く方針で居ます。

レンタル加入中の選手たちの将来について

クラブにとっての最優先課題はサムエウ・リーノ(22)です。アトレティコ・マドリーからレンタルで加入しているこのブラジル人ウインガーは、開幕から素晴らしいパフォーマンスを見せており、既にガットゥーゾ監督のチームにとって代わりのいない選手となっています。

アトレティコは彼を獲得するにあたりジウ・ヴィセンテに650万ユーロを支払いました。現在のレンタル契約に買取オプションはついておらず、アトレティコが来年の夏に彼をどう評価するかを待つ必要がありますが、クラブは彼の獲得に向けて金銭面で最大限の努力をする予定です。

リストの次の名前はイライクス・モリバ(19)です。メスタージャで2年目のシーズンを過ごしているギニア代表MFは今季、断続的ではあるものの爆発的な才能を発揮し、ガットゥーゾ監督の信頼を得ています。所属元のライプツィヒでは構想外となっていること、そして選手本人がバレンシアでのキャリアに満足していることから、バレンシアでキャリアを継続する上でのハードルはそれほど高くないと言えます。

彼を買い取る場合の問題は、購入条件よりも彼自身の給与です。彼の給与はバレンシアの給与形態の中では非常に高額になります。バレンシアにレンタル移籍するために今季は給与の引き下げに同意していますが、完全移籍として獲得する場合は避けては通れない課題となります。一般的に見て、彼がバレンシアへの完全移籍を望む場合は減俸を受け入れるしかないでしょう。

ジャスティン・クライファート(23)も獲得の可能性がある選手の括りに入ります。ガットゥーゾ監督はこのオランダ人ウインガーの潜在的能力を評価しており、100%の力を発揮すれば特別な選手になることを確信しています。

レンタル契約には1500万ユーロでの買取オプションがついていますが、所属元のローマが彼を戦力としてカウントしていないため、クラブはこの金額を引き下げることが出来ると考えています。

ジェンク・オズカジャル(22)については、先日のシンガポールでの会談でガットゥーゾ監督とコロナがピーター・リムに500万ユーロの買取オプションの行使を提案しました。開幕からしばらく出番のなかったこのトルコ代表DFはこの1ヶ月間、ディアカビとガブリエウ・パウリスタの負傷で巡って来たチャンスを活用しています。

唯一、買取の可能性がないのはニコ・ゴンサレス(20)です。バルセロナからレンタルで加入しているこのMFは最初から、バレンシアでの1年間はセルヒオ・ブスケッツの後任としてカンプ・ノウに戻るための経験を積む期間である、という明確な意志を持ちながらバレンシアでの日々を過ごしています。

同カテゴリの前後の記事

« フランチェスコ・ガットゥーゾと正式契約

VCFJapan.org

El Rat Penat

スペインのサッカークラブ
バレンシアCFを応援する
ウェブサイトです。