バレンシアCF応援サイト VCFJAPAN.ORG バレンシアCF応援サイト VCFJAPAN.ORG

VCFJapan.org is the forum for Valencianistas in Japan.

Navigation
Valencia CF

VCF News

マジョルカ戦を終えてガットゥーゾ監督のコメント(2022/10/22)

マジョルカ戦後のガットゥーゾ監督の公式会見です。ラージョ戦後は怒りを見せていたガットゥーゾ監督でしたが、今回は落胆の表情を隠せませんでした。

マジョルカ戦を終えてガットゥーゾ監督のコメント(2022/10/22)

──試合を評価してもらえますか?
「1-1の状態で、私は勝ちたかったので2人のFWを入れましたが、チームが冗長化して良い交代になりませんでした。選手交代でチームを難しい状態にしてしまったと思います。マジョルカはやりやすくなったことでしょう。責任を取るべきは私です。来てくれた40,000人のファンには申し訳なく思います」

──再び、後半に失速してしまいました。今日も同じことが起きたのでしょうか?
「試合開始からの60分間、マジョルカは何も作り出せませんでした。しかし、彼らが初めて私たちのエリアに入った時にゴールを決めていきました。PKの後、私たちはサリーダ・デ・バロン(ビルドアップの始まり)のところで14~15回ボールを失いました。この点をしっかり認識し改善する必要があります。前半はボールのスピードがあまり良くありませんでしたが、相手のPKまでは、試合は全てマジョルカのエリアで行われ、プレーしていたのはバレンシアだけでした。最初の困難でチームが信じられないほどよくやっていた試合を落としました。結果を受け入れるのが難しい状況です。直近4試合で起こったことを改善しなければなりません」

──今日のチームは試合を壊してしまいました。どのように修正しますか?
「あらゆる面での改善が必要です。最初の困難でメンタル面で問題を抱えることになりました。フィジカルの問題ではないと私は思います。勝てないことへの恐怖、多くのパスミスへの恐怖が、私たちが抱える若い選手たちを止めてしまうのは普通のことです」

──ディアカビの怪我の状況はいかがでしょうか?
「筋肉系統の怪我です。明日検査しなければなりません」

──PKをどのように見ましたか?ニコは信じられない判定だというリアクションをしていました。
「VARボックスには4人の専門家が居ます。主審がPKを与えると決定し、彼ら4人がそれを見て判断するのですから、それは正しいと思います。私たちはこの結果を受け入れて先に進まなければなりません。私たちはあと30分プレーきるはずでした。多くの選手たちが強さとメンタリティーを失った状態で試合を終えることになってしまいました」

──当初、ファンはチームに興奮していましたが、今は疑い始める段階に来ています。
「私たちは歴史とこのシャツに敬意を払い、ファンにも敬意を払わなくてはなりません。しかし、私たちが話すべきは過去とは別の時代のチームであり、20歳、21歳の選手が大勢いるチームなのです。将来に向けてとても良い選手が揃っています。自信を持って仕事を続けなければならないのです。勝点40の話をした時、偉大なクラブであり、偉大なファンがいることから楽観的な声がありました。しかし現実はこうであり、ネガティブな状況に陥った時、今のチームに状況をひっくり返す力はありません。改善しなければなりません。このような形で試合に負けることは許されることではありません。この数か月、私たちを殺しているものを正すために話し合い続け、働き続ける義務があるのです。それが今後の課題です」

──ガヤのプレーを評価してください。
「ガヤはここで多くの試合をした選手であり、私たちのキャプテンです。また大きな誇りも持っています。彼はこのシャツの重さを感じている素晴らしい選手です。彼にはとても満足しています。彼のプレーが良いか悪いかは今のチームにとって問題ではありません。私たちはグループです」

──試合後、落ち込む選手たちに何かメッセージを与えましたか?
「試合後にロッカールームで話すことは好きではありません。彼らはら落ち込んでいるだけでなく、怒りの感情もあるでしょう。自分が現役の頃もそうでした。明日、練習の時に話す方が良いと思います。とても悲しい結果ですが、今日起きたことについてはあまり考えなくて良いのです。明日のことを考え、改善し、また1週間ハードワークしなければなりません」

──これが初めての敗戦ではありませんが、ひどく落胆したあなたを見るのは初めてです。バジェカスではあなたは怒っていました。今日はあの時とは何が違うのでしょうか?何を心配していますか?
「このような試合に勝てないことを心配しています。PKの前までは試合をコントロールしていたのに、PKでチームは後退してしまいました。このチームはコンパクトに戦えないと、最後の30分間のようなことが起こります。それでも60分間は良い試合をしていたので、最悪の試合ではありませんでした。先ほども言いましたが、前半はボールのスピードは良くなかったものの、マジョルカのエリアでプレーし、何も危険なことはありませんでした。一方、ラージョ戦は全てが最悪でした」

──次節はバルセロナ戦です。
「バルセロナがどうかという問題ではありません。私たちは働き、話し合わなければなりません。問題は態度です...改善しなければなりません」

同カテゴリの前後の記事

« ミゲル・アンヘル・コロナの公式会見(2022/10/20) サムエウ・リーノの公式会見(2022/10/25) »

VCFJapan.org

El Rat Penat

スペインのサッカークラブ
バレンシアCFを応援する
ウェブサイトです。