バレンシアCF応援サイト VCFJAPAN.ORG バレンシアCF応援サイト VCFJAPAN.ORG

VCFJapan.org is the forum for Valencianistas in Japan.

Navigation
Valencia CF

VCF News

ラージョ戦を終えてガットゥーゾ監督のコメント(2022/9/10)

ラージョ戦後のガットゥーゾ監督の公式会見です。なすすべなく敗れた一戦の責任は「すべて自分にある」と話しました。

ラージョ戦を終えてガットゥーゾ監督のコメント(2022/9/10)

──今日のガットゥーゾは何を間違えたのでしょうか?
「全てですね。全ての責任は私にあります。セットプレーから2失点を喫した時、自分のチームが10分間ボールを持てなかった時、インテンシティ(プレー強度)を欠いた時、その責任は監督にあります。今週は非常に良い練習ができたと思いましたが、今日はラージョが3-0、4-0で勝利するに値しました」

──今日のチームを見て、このチームにあなたがやりたいことを託すことはできそうですか?
「ラージョがどのようにプレーするかも、相手が高いインテンシティで来ることも、フィールドが小さいことも予めわかっていました。そしてこの環境とライバルに適応するために1週間取り組んできたので、今日のラージョに驚きはありません。準備はできていたと思っていましたが、今日は私が何も見れていなかったということです。最大の責任者は私とコーチングスタッフにあります。監督は何故このようなことが起きたのかを考える必要があります。今日は全く上手くいかなかったので、どうしてそうなったのかを考えながらバレンシアに戻ります」

──今日のチームに欠けていたのは何でしょうか?
「最後の数メートルで結果を出すことができませんでした。90分のうち10分間良いプレーをしても、それで勝つことは難しいです。両チームの違いはメンタリティです。相手チームは全ての攻撃、全ての守備でデュエルに勝ちましたが、私たちはそれができませんでした。相手がより強い勝利への欲求を持っていたということです。私が自分の責任について話す時は、選手を擁護する言い訳ではなく本気でそう思っています。今日のチームの姿はここ数週間に見せた姿と同じではありませんでした」

──前半のキーポイントはラージョのプレスでしょうか?
「同意します。非常に高いインテンシティでした。私たちはプレーするのに苦労し、何度もボールを失い、常に圧力を受けていました。1-0でハーフタイムを迎えられたのはとてもラッキーだったと思います」

──アウェーで2戦2敗となりました。アウェーゲームでチームに何が起きているのでしょうか?
「サン・マメスでの試合と今日の試合は大きく異なります。サン・マメスでは、私たちは素晴らしいメンタリティーで良いプレーをし、とても生き生きとしていました。今日はそうではありません。敗戦という結果は同じでも、今日の試合はあまりにも違いすぎます」

──セットプレーから2失点となりましたが、これは戦術的な問題、集中力の問題、どちらでしょうか。
「どちらの要因もあります。集中力も欠如していましたが、戦術的にも落ち度がありました。普段の私たちはゾーンで守っていますが、今日はマンツーマンで守ると決めて試合に臨みました。そのためにセットプレーの練習を2日間行ったのですが、失点してしまった以上、失敗ということになります」

──長期離脱のジャウメ・ドメネクの代役としてイアゴ・エレリンを獲得するという話が出ていますが、状況を教えていただけますか?
「明日から1週間、私たちと一緒に練習をします。それで彼のレベルを判断し、シーズンの終わりまで私たちと一緒に居られるかどうかを見ていきます」

──ガヤの今日のパフォーマンスをどう評価していますか?
「4か月間、実戦でプレーしていないにもかかわらず、良い出来だったと思います。夏にプレシーズンマッチを経験しているとはいえ、やはり公式戦は異なります。それでも彼らしい良いプレーを見せてくれました」

──クライファートについてはいかがでしょう?
「良い出来だったと思います。彼はスピードで貢献してくれるセカンドストライカーです。スコアで負けていたので、2人のストライカーでプレーしようと考えて投入しました」

同カテゴリの前後の記事

« ニコ・ゴンサレスのインタビュー(2022/9/8) ラージョ戦を終えてガヤのコメント(2022/9/10) »

VCFJapan.org

El Rat Penat

スペインのサッカークラブ
バレンシアCFを応援する
ウェブサイトです。