バレンシアCF応援サイト VCFJAPAN.ORG バレンシアCF応援サイト VCFJAPAN.ORG

VCFJapan.org is the forum for Valencianistas in Japan.

Navigation
Valencia CF

VCF News

アニル・マーシー会長解任

昨夜、アニル・マーシー会長の解任が発表されました。クラブから出された公式声明は以下の通りです。

アニル・マーシー会長解任

「バレンシアCF取締役会は、ファン、政府当局ならびにバレンシア市民の社会と、クラブとの関係に影響を及ぼした最近の一件について意見表明いたします。取締役会は、流出したアニル・マーシーとその場にいた第三者の会話の内容は、アニル・マーシーの個人的な意見であり、バレンシアCFの意見ではないことを明確にしたいと思います。バレンシアCFは、これらの意見と一切の関与がないことを明らかにします。

取締役会は、クラブ、社会、ファン、政府当局、メディア、その他バレンシアCFの関係者との密接な関係を大切にしたいと思います。取締役会はバレンシアCFを成功への道に導くため、ファンや地域社会からの信頼を回復するために組織のリーダーの交代が必要であると考えています。その観点から、アニル・マーシーは即刻バレンシアCFの会長および職員から退任します。

取締役会はショーン・バイを暫定的にCEOに任命したことを発表します。ショーン・バイは2018年からクラブに在籍し、現在はアカデミーディレクターを務めています。当面の間、バイはバレンシアCFのサッカー面の事業を監督し、取締役会にその成果を報告する役割を担います。

また、取締役会はバレンシアCFの新会長を決めるためのプロセスを直ちに開始し、適宜発表していきます。なおこの間、バレンシアCFの非常勤取締役であるコジャマ・カリムディンを暫定的に取締役会会長とし、クラブの運営を統括する予定です。

取締役会は、バレンシアCFが長期的な成長と成功を達成し、メスタージャの建設を完了させることに全面的に取り組んでいることを改めて表明したいと思います。ファン、政府当局、その他の関係者とともにこれらの目標を達成することを期待しています」

以上の内容からもわかる通り、SUPERDEPORTEによるリーク「アニルのオーディオ」が解任の決定的な要因となりました。2017年7月にチャン・レイフンからバトンを引き継ぎ、会長に就任してから4年と10ヵ月、アニル・マーシーの時代が終わりました。アニルは先週、ピーター・リムに呼び出されたため現在はシンガポールに居ます。そして彼はおそらくこのままバレンシアに戻ってくることはないでしょう。


暫定でCEOに就任するショーン・バイが取り組むのは、かつてマテウ・アレマニーがバレンシアで担当した「サッカー事業」になります。この人事によってバイは、アニルの右腕として働いてきたミゲル・アンヘル・コロナよりも上の立場になります。

バイは、当初アニルだけがシンガポールに行くはずだった飛行機に、ピーター・リムの要請で同乗しました。そしてシンガポールにて今回の人事を知らされたようです。そして新シーズンの計画を始めるために、数日中にバレンシアに戻ります。

バイの最初の仕事はピーター・リムが下したボルダラス監督の去就についての決断を監督本人に伝えることになります。「メリトンは国王杯決勝の翌週から新監督を探している」という報道も出ていますが、具体的な候補者の名前はまだ上がっていません。また、ボルダラス監督を解任する場合は、違約金として70万ユーロの支払いが発生することも覚えておく必要があります(これはボルダラス監督が自ら辞任する場合も発生するものです)。

監督人事はリムからのトップダウンで行われますが、それ以外のチーム作りについてはバイの仕事となります。彼には既に多くの関係者との交渉が待ち構えています。ゲデス、ソレール、シレセンの売却、ガヤ、ギジャモン、ママルダシュヴィリとの契約延長...。


取締役会会長、つまりクラブの会長の席に暫定的に座るコジャマ・カリムディンは、2019年12月からバレンシアの取締役会のメンバーに名を連ねているものの、このシンガポール人ビジネスマンの名前はほとんど知られていません。
取締役としての紹介文は「オークランド大学の商学修士号を取得したシンガポール公認会計士協会のメンバーの1人です。アメリカの総合エネルギー企業(エクソンモービル)の上級管理職として33年のキャリアを積んだ後、2013年に退職しました」となっています。

この人事に最初に批判的な声を挙げたのはメリトンからバレンシアの購入を目指しているミゲル・ソリオ(元バレンシアCF副会長)です。ソリオ氏は「カリムディンが9年前に彼の会社:エクソンモービルを辞めたのは、その会社がインドネシアでの人権侵害で告発されたから」と非難の声を上げています。


新会長の候補ですが、メリトンはバレンシアニスタとの関係修復を目指しているそうで、それを実現できそうな人選になるのではないか、と言われています。その中にはボロの名前もあるそうですが、ボロはきっとそのオファーを受けないでしょう。さてどういう結果が出るでしょうか。

« バレンシアの短期債務について クラブ公式SNSのコメント欄を再開放 »

VCFJapan.org

El Rat Penat

スペインのサッカークラブ
バレンシアCFを応援する
ウェブサイトです。