バレンシアCF応援サイト VCFJAPAN.ORG バレンシアCF応援サイト VCFJAPAN.ORG

VCFJapan.org is the forum for Valencianistas in Japan.

Navigation
Valencia CF

VCF News

カルタヘナ戦を終えてボルダラス監督のコメント(2022/1/5)

ボルダラス監督のカルタヘナ戦後の公式会見です。次のラウンドに進むという目的を達成したことは評価しつつも、チームの苦戦と再び怪我人が多数出てしまったこともあり、笑顔は見られませんでした。

カルタヘナ戦を終えてボルダラス監督のコメント(2022/1/5)

──試合をどのように評価しますか?
「私が嬉しく思うのは結果だけです。私にとって好ましくないことが多くあった試合でしたが、大事なのはこのラウンドを突破することでした。後半最初のエウデル(・コスタ)のチャンスを決めていれば、試合展開は大いに変わっていたと思います」

──カルロス・ソレールが試合終盤にプレーできない状態になりました。
「試合の最後の時間帯のアクションで足を高く上げた際に違和感が出たことは間違いありません。これから検査を受けることになりますので、大きな怪我になるかどうかはまだわかりません。願わくばただの筋収縮であってほしいと思っています」

──ディアカビをハーフタイムで交代したのはイエローカードが理由でしょうか?
「私たちはチーム内に多くの問題を抱えています。COVIDの陽性反応者が出始めた頃から、同時に多くの怪我人を抱えていました。ディアカビもソレールと同様にプレー中に足を伸ばしてしまったため、ハーフタイムで交代しました」

──ラチッチの今日のプレーをどう評価しますか?
「彼にはもう一歩成長してもらう必要があります。ただ、今日の交代は彼がハムストリングに違和感を抱えたことが理由です。土曜日にも試合があり、現状起用できる選手が少ないため、交代しました」

──ガヤ、マルコス・アンドレ、ディアカビはチームから遅れての会場入りとなりました。
「COVIDの陽性反応が出たのですから、健康上の予防策として行ったことであり不思議なことではありません。バレンシアとしては彼らを心から大事に扱いたいと思っています。短い時間帯でも問題なくプレーできたことは良かったと思います」

──ガブリエウ・パウリスタの状況はいかがでしょうか?
「全体練習に戻ってきました。引き続き検査を続けており、私たちはその結果を待っています」

──国王杯ベスト16進出を決めましたが、ここまでの3試合を振り返っていかがでしょうか?
「国王杯はここまでのラウンドが非常に難しい大会ですが、私たち全員がこの大会を楽しんでいます。この大会ではどんな相手も倒すことは難しいです。カルタヘナは素晴らしいシーズンを過ごしており、今日の試合でもそれを証明したと思います。重要なことは次のラウンドに行くことであり、私たちはそれを達成しました」

──セグンダ(2部リーグ)の相手にこんなに苦しむことを予想していましたか?
「どんな相手でも勝つことは非常に難しいことです。これは私たちバレンシアに限ったことではありません。セグンダのチームも私たちと同じプロのクラブであり、このラウンドでもいくつかのサプライズが起きる可能性はあると思っています」

──終盤、ゲデスが投入されましたが、最初からプレーさせる予定だったのでしょうか?
「スコアがイーブンであり、私たちは疲れていました。残り時間が数分で延長戦に入る可能性もあったため、ゲデスを投入することにしました。この試合で彼を起用する予定はありませんでしたが、試合の状況が変わったため、私も考えを変えることになりました」

──このラウンドでの敗退を恐れましたか?
「試合が同点のまま推移している時は、追いついた方の歓声が大きくなるため、逆転されることを常に心配しています。そんな中で決勝点を奪って勝ったことはより大きな自信となります」

──怪我人が次々と出てしまうことをどう感じていますか?
「私たちはできるだけ上を目指したいと思っていますが、その中ではこのようなことが起こります。これからの試合はより難しくなることでしょう。ただ、私たちはこの状況になる可能性も考えていましたし、それを踏まえて今後の試合に取り組む準備が出来ています」

« エスパニョール戦を終えてボルダラス監督のコメント(2021/12/31) マドリー戦を終えてボルダラス監督のコメント(2022/1/8) »

VCFJapan.org

El Rat Penat

スペインのサッカークラブ
バレンシアCFを応援する
ウェブサイトです。