バレンシアCF応援サイト VCFJAPAN.ORG バレンシアCF応援サイト VCFJAPAN.ORG

VCFJapan.org is the forum for Valencianistas in Japan.

Navigation
Valencia CF

VCF News

レバンテ戦を終えてボルダラス監督のコメント(2021/12/20)

レバンテ戦終了後のボルダラス監督の公式会見です。リーガ3連勝で4位ラージョと勝点2差までつけたことで、欧州カップ戦出場を期待する声も出てきましたが、監督は改めて「長期的な目標は設定しない」とコメントしました。

レバンテ戦を終えてボルダラス監督のコメント(2021/12/20)

──明日、監督として前半の出来を叱りますか?後半の出来を労いますか?
「明日からクリスマス休暇に入るため、選手たちとは会いません。皆さんご存知のように私たちは他のチームよりも休暇が少なく、クリスマス前に最後の試合を戦ったのに休暇明け最初の試合を戦います。選手たちにはすでにねぎらいの言葉をかけました。多くのゴールが生まれた非常に魅力的な一戦でした。相手は最初から強烈な圧力で私たちに襲いかかりました。私たちは彼らのカウンターアタックが危険であることを試合前にも話していましたが、理解できないほど酷いミスを犯しました。私たちは良いプレーを見せていませんでしたが、試合の中で徐々に良くなっていったと思います。ゲデスの素晴らしいプレーのおかげで試合の最後の時間帯の主導権を握りました。後半も攻め込まれる時間は多くありましたが、守備面で良い仕事をしたと思います。5点目を狙うという過度に野心的にプレーしたことが最後のピンチを招いたと思います」

──逆転勝利を収めましたが、この試合をどのように評価しますか?
「ハーフタイム後により多くの決意を持ってピッチに出ました。私たちが改善しなければならない点です。今季はここまでリードされた展開を同点・逆転に持ち込んできましたが、私たちのチームにはその力がありますが、だからといっていつでもそんな宝くじのようなことをする必要はありません。わざわざ試合を難しくする必要はありません」

──隔離生活が終わり、試合に戻れましたね。
「私にとって初めてのことだったので困難な日々でした。閉じ込められ、チームと一緒に居られなかったことに非常に無力感を感じました。自分のチームの試合を外から見たことは今までありませんが、今回コーチ陣が私を助けてくれました。彼らは本当に良い仕事をしてくれたと思います」

──4位と勝点2差まできました。欧州カップ戦出場の可能性について考えずにいられるでしょうか?
「数試合続けて勝ったからといって長期的な目標を立てるつもりはありません。多くの負傷者を出しながら、うちの子たちは前向きな反応を見せてくれましたが、同時に私たちはリーガがいかに複雑で難しいかを今日も実感したと思います。例えばレアル・ソシエダは今季のリーガを牽引する最も完成されたチームですが、4連敗を喫しています。そしてこれはどんなチームにも起こりうることです。どんなチームも倒すことは困難であり、私たちも謙虚で居なくてはなりません。次のエスパニョール戦も非常に厳しいものになるでしょう。数日間のオフを楽しんだ後、試合の準備をします」

──ウロシュ・ラチッチがレバンテのファンを煽る行動をしました。監督としてどうとらえますか?
「私はウロシュがしたことを完全に否定します。時間・場所を問わず、どんな相手にも敬意を払わなければなりません。レバンテは非常に良く働いており、彼らを煽るような真似をする必要はありませんでした。うちの子たちは時々成熟性を欠くことがあります。バレンシアは紳士のクラブでなくてはいけません。私はその行為を否定しますし、私のチームで今日のようなことを二度と起こすことはできません。これはラチッチに対してだけでなく他の選手たちについても同様です」

──負傷者の状況はいかがでしょうか?
「まだリハビリを続けています。彼らは非常に重要な選手たちであり、できるだけ早く彼らを取り戻したいと思っています。彼らを信頼していますし、彼らに期待しています」

──ディアカビが継続して素晴らしいパフォーマンスを見せていますね。
「数か月前に私は、ディアカビはとてもよく働いていてとても吸収力のある子だと言いました。私たちが彼を必要とする時、彼がいつでも準備できていることはわかっていました。時にミスを犯すこともあるかもしれませんが、よく気が付き、デュエルにも勝ち、チームに貢献しています。私が彼を見るたびに改善していることがわかるほどの選手です。彼は今、自分の時間をものにしています」

──今日はタレガではなく、ルベン・イランソをデビューさせました。
「ルボ(イランソの愛称)は、難しい時間帯に自分のポジションではない右サイドバックでピッチに入りました。彼は本当に素晴らしく、気配りができる選手で、彼のような選手が居ることを私は幸せに思います。試合後に選手全員で彼のデビューを労いました」

« アレンテイロ戦を終えてハビエル・ビダルコーチのコメント(2021/12/16) VCFメスタージャのアングーロ監督のインタビュー「トップレベルでの指導が目標ではあるが急いではいない」 »

VCFJapan.org

El Rat Penat

スペインのサッカークラブ
バレンシアCFを応援する
ウェブサイトです。