バレンシアCF応援サイト VCFJAPAN.ORG バレンシアCF応援サイト VCFJAPAN.ORG

VCFJapan.org is the forum for Valencianistas in Japan.

Navigation
Valencia CF

VCF News

ラージョ戦を終えてボルダラス監督のコメント(2021/11/21)

ラージョ戦終了後のボルダラス監督の公式会見です。チームが見せたプレー内容に不満の声を述べました。

ラージョ戦を終えてボルダラス監督のコメント(2021/11/21)

──今日の試合を評価してください。
「確かなことは私たちがうまくいっていないということです。今日のチームが見せた姿に満足していません。前半にゴールを決めましたが、攻撃面が良くなったのは後半に入ってからだったと思います。後半に多くチャンスを作りリードを広げる可能性があった一方で、守備面で多くのことを相手に許しました。勝てる試合でしたが、同時に負ける可能性もあったと思います。私たちはこれらのミスを再び修正する必要がありますし、改善できないと試合に勝つことは困難になります」

──第15節を終えて9位です。上位のチームに勝てていませんね。
「自分たちより上に居るチームに勝てなければ、そこに立つ資格はありません。私たちが最高のチームのひとつになることは非常に難しいでしょう。ダイナミクスを変化させ、良い結果を出し始める必要があります。しかも次節はフルキエとディアカビへの5枚目のイエローカードによる欠場も考慮しなくてはなりません。今日の審判については話しませんが、少なくともカテナに2枚目のイエローが提示されるべき明確なプレーがあったと思います」

──チーム状態は悪い状況にあるのでしょうか?
「結果のダイナミクスは悪いですが、過去の試合よりも良い試合だったと思います。しかし、今日の私たちの前には多大な努力を要求される活発なライバルチームが居て、多くの局面で快適にプレーできませんでした。それでも試合を続けなければならず、かつ失点してはいけないという条件がありこのような内容になりました。2点目を決めていれば試合は変わっていたでしょう」

──中盤での創造性が欠けていたように思います。
「そのご指摘は事実です。強力なプレッシャーをかけるライバルチームとの対戦でしたので。走らずに彼らに勝つことはできません。ラージョは非常に高いレベルの競争力を持ち、飛行機のようなスピードでプレスをかけ、ゲームメイクを困難にします」

──今日の試合もカードが6枚、2試合で13枚のイエローカードがバレンシアに提示されています。
「出場停止に繋がるカードをもらわないよう注意しなければなりませんでしたが、できませんでした。たくさんのカードが提示されましたが、私から見て暴力的な試合ではなかったと思います。競争力のある試合ではぎりぎりのプレーを要求され、いくつかのカードは避けられないものでした。そして2人が出場停止、3人(ガヤ、ヴァス、アルデレーテ)がもう1枚で同様の状況になります。可能な限り最善の方法で管理します」

──負傷者の復帰の目途はついているのでしょうか。
「国王杯の試合にガブリエウとティエリーは間に合わないと思います。彼らを起用できるとは考えていません。あと数日しかありません」

──ゲデスが一番最初の交代となりました。怪我の可能性はありますか?
「フィジカル的な問題ではありません。別の選手をトップに置くべきだと考えました。交代出場した選手たちは相手を上手く中和していたと思います」

« ガヤとカルロス・ソレールのミニインタビュー ボルダラス監督のウトリージャス戦前日会見(2021/12/1) »

VCFJapan.org

El Rat Penat

スペインのサッカークラブ
バレンシアCFを応援する
ウェブサイトです。