バレンシアCF応援サイト VCFJAPAN.ORG

VCFJapan.org is the forum for Valencianistas in Japan. バレンシアCF応援サイト

Navigation
Valencia CF

VCF News

マドリー戦を終えてボルダラス監督のコメント(2021/9/19)

レアル・マドリーに逆転負けを喫したボルダラス監督は試合後の会見で、プラン通りに戦えたものの最後の時間帯の戦い方を誤ったことを悔やみました。また、この反省を生かして既に次のセビージャ戦に向けて準備する必要があると語りました。

マドリー戦を終えてボルダラス監督のコメント(2021/9/19)

──あまりにも大きな失望感の残る試合となってしまいました。
「仰る通りです。試合序盤のカルロス(ソレール)とティティ(コレイア)の負傷というアクシデントを抱えたにもかかわらずチームは信じられないほどの努力をしたので、結果については悲しく思います。これらのアクシデントに遭ったにもかかわらず、私たちのチームは高いレベルにありました。準備してきた戦い方は完璧に実行できたと思っています。高い位置でプレッシャーをかけ、相手を自由にプレーさせず、非常にハイレベルな相手チームに対して試合をコントロールしました。後半に入って相手はさらにアグレッシブに出てきましたが、危険な場面はありませんでした。先制したところまでは完璧でしたが、その後が残念なことになりました。75分間の完璧なプレーをしましたが、その分フィジカル面で多大な努力をしていたために、残りの時間でその代償を支払うことになりました」

──最後の15分間で何が起きたのでしょうか。マドリーの圧力、ガス欠、選手交代...
「マドリーの圧力は非常に質が高く、チームとしても素晴らしかったと思います。私たちにとって不運だった同点ゴールが彼らを勢いづけてしまいました。とはいえ、私たちは最後の時間帯をより適切に処理する方法を理解しているべきでした。最終的に私たちのその時間帯の戦い方が甘かったと思います。ただ、それまでの努力が大きかったからこそ最後の数分に大きな負担となったことは確かです。私は選手たちの仕事とファンの声援に手ごたえを感じました。彼らにも感謝しています。チームが良い試合をしたからこそ、この敗戦を無念に思います」

──中盤でのギジャモンのプレーをどう評価していますか?
「一般的に見ても彼は素晴らしい試合をしたと思います。今日の彼はファンタスティックなレベルにありました」

──ギリギリのところで逆転を許したのは疲労が原因でしょうか?エウデル・コスタとマルコス・アンドレのスピードを生かしたカウンターアタックを狙ったプランが外れたのが原因でしょうか?
「疲労が私たちのペースを乱したのは事実ですが、それは問題ではありません。センターのエリアを取らせてしまったことが問題です。2点目のプレーでは私たちの左サイドから、中央を許してしまいました。ギオルギ(ママルダシュヴィリ)が出るのが少し遅れてボールに触れなかったため、ベンゼマのゴールを許しました。様々な理由でペースが落ちているときでも、その瞬間ごとの処理方法を知っている必要があります。そしておそらく私たちは、高いレベルを持つレアル・マドリーのような相手に対してそれをする方法を知らなかったのだと思います」

──ソレールとティエリーの負傷交代は監督のプランに影響を与えたでしょうか。
「彼ら2人は明らかにチームにとって重要な選手です。当然ながら影響はありました。検査が行われる月曜まで彼らの怪我の程度はわかりません。筋肉系統の問題と思いますが、程度がわかるまでは何も言えません。これからセビージャとアトレティックとの2つの難しい試合が控えていますが、可能な限り最高の状態で戦えるように努めます」

──カゼミーロのレッドカードに値するラフプレー、ベンゼマのハンドに見えるゴールについて審判の判定をどう評価しますか?
「リプレイを見ていないので私には評価できません。多くの人が危険なスライディングだったと私に言いましたが、私はそれを見ていないのでコメントできません」

──この敗戦で選手たちはどのような雰囲気でしょうか?
「明らかに落胆が見て取れます。全体的に素晴らしい試合をしたので、彼らにとっても予想外の結果となりました。しかし後悔している時間はありません。すぐにやってくる次の試合に向けて準備を整える必要があります。素晴らしいチームを持つセビージャに対して私たちがやるべきことは非常に多くあります。この試合についてこれ以上考えている時間はありません。ミスを分析してそれらが二度と起こらないようにすること、チームがリードしているときの最後の数分間の処理方法を学ぶこと、次の相手であるセビージャのことについて考えます」

──3万人弱のファンがメスタージャに集まりました。メスタージャとチームの関係はいかがでしたか?
「ファンの皆さんには感謝しています。素晴らしい雰囲気でした。このチームの心臓部であるメスタージャがそのエネルギーと雰囲気を取り戻しました。私たちに多くの力を与えてくれたことをチーム全体を代表して感謝します。そしてレアル・マドリーのような相手からの勝利をお届けできなかったことを残念に思います。今日は成し遂げられませんでしたが、シーズンは長距離走です。私たちは次の目標に取り組み、準備を進めます」

──ウーゴ・ドゥロと試合後に話しましたか?
「まだ話せていません。試合に負けた時は誰でも頭を整理するための時間が必要となります。ウーゴはチームメイトをサポートしました。肉体的にも限界まで戦ってくれましたし、先制点も決めてくれました。彼は私たちに勝利を届けられたはずなのに、最終的に負けてしまい、少し落ち込んでいます。バレンシアのシャツを着て最初のゴールを決めたことは幸せなことですが、皆と同様に敗北したことは悲しいことです」

──ガヤの怪我はどのような状況でしょうか?次節に間に合いますか?
「どのような状態であるか・どのくらい時間がかかるのか、報告を待っている状況です。MRI検査を行う予定とは聞いています。軽傷で済み、早く復帰できることを願っています。」

« マキシ・ゴメスのミニインタビュー「マドリー戦でも僕らの力を証明したい」 セビージャ戦を終えてボルダラス監督のコメント(2021/9/22) »

VCFJapan.org

El Rat Penat

スペインのサッカークラブ
バレンシアCFを応援する
ウェブサイトです。