バレンシアCF応援サイト VCFJAPAN.ORG

VCFJapan.org is the forum for Valencianistas in Japan. バレンシアCF応援サイト

Navigation
Valencia CF

VCF News

レンタル移籍中の4人の去就について

夏の移籍マーケットで何かが起こらない限り、7月にバレンシアのトップチームに戻ってくる今季レンタル移籍していた4人の選手(ルベン・ソブリーノ、ハビ・ヒメネス、ホルヘ・サエンス、アドリア・ゲレーロ)。彼らの中には充実したシーズンを過ごした者もいれば、不運に遭った者もいます。しかし、現時点で4人に共通して言えることは「来季のバレンシアのシャツを着ることは難しい」ということです。

レンタル移籍中の4人の去就について

この4選手の中でレンタル先で最も良い時間を過ごしたのはソブリーノ(28)でしょう。明日29歳の誕生日を迎えるこのダイミエル出身のFWは、カディスでの半年間を利用して、自身の獲得を望んだアルバロ・セルベラ監督を満足させました。カディス移籍後は得点こそ1点のみでしたが、チームの公式戦17試合中16試合に出場、うちスタメン出場は11試合という数字を残しました。

カディスはソブリーノのレンタル延長を望んでいますが、バレンシアとの契約は残り1年のため、バレンシアは完全移籍の形を望んでいます。

次にポジティブな1年を過ごしたと言えるのがスイスリーグのルガーノに亘ったアドリア・ゲレーロ(23)です。この左サイドバックのプレーヤーは、初めて欧州のトップリーグでプレーした今季、5-3-2の左サイドバック、あるいは3-5-2の左ウイングバックとしてシーズン29試合出場、2アシストという成績を残しました。

タフなリーグでの経験を積む、という目的からすると彼のレンタル移籍は成功と言えます。しかし、ガヤとラトがいるバレンシアのトップチームに彼の居場所はありません。契約期間が残り1年であることを考えると、完全移籍での放出が濃厚です。

運に恵まれなかったのはハビ・ヒメネス(24)です。このカンテラーノはVCFメスタージャでのステップを終えて、2部リーグでの経験を積むための移籍でしたが、アルバセテでのデビュー戦となった第3節:フエンラブラダ戦で左ひざの関節を負傷して長期離脱。ほぼシーズンを棒に振った形となりました。チームもリーグ最下位で2部Bリーグ降格となっています。

マンガラとフェホが抜けてバレンシアのトップチームのCBは3人となり、ボルダラス監督はクラブにCBの補強を求めています。ハビ・ヒメネスは4月に復帰してからフランシスコ・ノゲロル監督に戦力と認められ、リーグ戦ラスト5試合のうち4試合でスタメン出場するなど復活の兆しを見せましたが、プレシーズンで相当なアピールが出来なければバレンシアに残ることは難しいでしょう。クラブとの契約は残り1年です。

最も失意のシーズンを過ごしたのはホルヘ・サエンス(24)です。マキシ・ゴメスの移籍金を減額する代わりにセルタに2年間のレンタル移籍をしましたが、この2年間でフラン・エスクリバ、オスカル・ガルシア、エドゥアルド・コウデの3人の監督のいずれも彼を戦力としてカウントすることはありませんでした。昨季の公式戦出場はわずか9試合、そして今季の出場はゼロです。

今季、バレンシアはセルタとのレンタル契約を解除して彼をクラブに戻すプランも持っていましたが、セルタに違約金を支払わなければならないため、断念しました。バレンシアとはあと2年の契約があり、クラブが補強をしない場合はハビ・ヒメネスとの4番手CB争いとなります。

« 各国代表発表(2021年5-6月) ヴァスのインタビュー「将来について考える段階に来た」 »

VCFJapan.org

El Rat Penat

スペインのサッカークラブ
バレンシアCFを応援する
ウェブサイトです。