バレンシアCF応援サイト VCFJAPAN.ORG

VCFJapan.org is the forum for Valencianistas in Japan. バレンシアCF応援サイト

Navigation
Valencia CF

VCF News

ラチッチと契約延長

ウロシュ・ラチッチ(22)との現行の2022年までの契約を2024年まで2年延長することで合意しました。契約解除金はこれまでの1億ユーロから1億5000万ユーロに増額されました。

ラチッチと契約延長

2018年夏、ラチッチは、パブロ・ロンゴリアの最初の仕事の成果としてレッドスター・ベオグラードから移籍金200万ユーロでやってきました。加入初年度はVCFメスタージャでレギュラーとして半年プレーした後、2部リーグのテネリフェにレンタル移籍。そこでもレギュラーとして充実した半年間を過ごしました。

昨季は26年ぶりにポルトガル1部リーグ復帰を果たしたファマリソンにレンタル移籍。リーグ戦33試合に出場して3ゴールと、昇格チームをリーグ6位に導く原動力のひとりとなりました。

レンタル先で充分な実績を残してバレンシアに帰ってきたラチッチには今夏、市場価値が大きく上がったこともあり多くのクラブからオファーが届きました。しかし、ラチッチ自身がバレンシアでキャリアを続けたいという理由でいずれも拒否。人員不足に悩むグラシア監督の信頼も勝ち取り、トップチームでの居場所を確保しました。

開幕戦となったレバンテとのダービーマッチでは、エスケルドに代わって彼がピッチに入ると、反撃に出ていたレバンテの勢いは削がれ、バレンシアには欠けていた一貫性がもたらされました。ポジショニング、プレー強度、攻撃参加、わずか20分でラチッチは素晴らしい個性と驚異的な成熟度を見せました。契約延長オファーを準備していたクラブの動きにも拍車がかかり、数週間続いていた交渉は、あっという間に合意に至りました。

以下、ラチッチのコメントです。

──契約延長した今の気持ちはいかがですか?
「とても幸せな気持ちです。確か10年くらい前、バレンシア・アカデミー主催の国際トーナメントに参加するために初めてここに来ました。当時のバレンシアは(同じセルビア人の)ジギッチがプレーしていて、いつかここでプレーしたいね、と僕の双子の兄弟と話していたんです。それが僕の夢でした。見てください。今、僕はここに居ます」

──この契約延長はクラブからの信頼の証と言えますね。
「僕を信頼してくれた全ての人と、僕がここに来た初日からずっと助けてくれた監督とチームの皆に感謝したいと思います。そして、良い仕事をした分だけ良いことを与えてくれる神にも感謝します」

──次のステップは何でしょうか?
「僕ができること、言いたいことは、ピッチで全力を尽くすということです。今僕が手にした状況を得るために、そして維持するために、毎日一生懸命に働いています」

──わずか22歳でトップチームでの居場所を確保しました。
「とても嬉しいです。バレンシアは素晴らしいクラブであり、自分がここでプレーし、貢献できると証明するチャンスをこの歳で手に出来たことを幸せに思います」

関連記事
ウロシュ・ラチッチ (プロフィール)

« ハビ・グラシア監督のウエスカ戦前日会見(2020/09/25) 2020/2021 リーガ第4節:レアル・ソシエダ戦に向けて23名招集 »

VCFJapan.org

El Rat Penat

スペインのサッカークラブ
バレンシアCFを応援する
ウェブサイトです。