バレンシアCF応援サイト VCFJAPAN.ORG

VCFJapan.org is the forum for Valencianistas in Japan. バレンシアCF応援サイト

Navigation
Valencia CF

VCF News

フロレンツィ獲得決定

イタリアセリエAのASローマに所属しているイタリア代表DFアレッサンドロ・フロレンツィ(28)を今季終了時までのレンタル移籍で獲得しました。買取オプションは付いていないようです。

フロレンツィ獲得決定

ローマ出身のフロレンツィは4歳の時に地元のクラブでサッカーを始め、11歳の時にローマに入団しました。2011年5月にフランチェスコ・トッティとの交代出場でセリエAデビュー。クロトーネ(セリエB)での1年間の修行を経て、2012年から7年半ローマのトップチームの選手としてプレーしてきました。デ・ロッシが退団した今季から第1キャプテンに選ばれましたが、今季から就任したパウロ・フォンセカ監督にとっての絶対的な選手にはなれず、出場機会が大きく減ってしまったことがきっかけで今回の移籍につながったようです。

2016/17シーズンに2度の前十字靱帯断裂を経験しましたが、それ以外のシーズンではローマの中心選手の一人として毎年公式戦40試合前後の出場を続けており、UEFAチャンピオンズリーグでも33試合、イタリア代表としても国際Aマッチ35試合に出場している国際経験豊富な選手です。

昨日、契約書にサインした後に早速バレンシアの選手としての最初の練習メニューをこなしました。練習中にセラーデス監督やピッチーニらが積極的に話しかけている様子も見られました。早ければ今週末のセルタ戦で招集メンバーに入る可能性もあるでしょう。

1997年にローマからバレンシアにやってきて9年間在籍したアメデオ・カルボーニは、フロレンツィについて次のように語っています。

「協調性、競争力があり、長距離を走り切れる熱い魂を持ったプレーヤーだ。彼が一流選手であることに疑いの余地はない。彼は生まれながらのサイドバックではなく、かつてはウインガーの選手だったことを思い出さなくてはならない。それでいてポリヴァレントだ。チームに空いた穴を塞がなくてはならない時、彼をそこで起用すれば解決する。そう、かつてのミゲル・アンヘル・アングーロのようにね。ローマから来たイタリア人サイドバックということで私と比較されるかもしれないが、私はより守備的、彼はより攻撃的だと思う。といっても多かれ少なかれ、私に似た特性を持っている」

また、今回初めてイタリアを出てプレーするフロレンツィのリーガへの適応についてもジョークを交えながらコメントしました。

「愛するローマを去るという難しい決断を下すには強いメンタルが必要であり、そのメンタルを持ってやってきた彼はバレンシアにすべてを与えてくれるだろう。私の時代はイタリアのカルチョとスペインのサッカーの間に大きな違いがあり、最初は戸惑いがあった。当時のカルチョはとても激しかったからね。そして私はバレンシアでのデビュー戦でフィーゴを3mふっ飛ばして前半44分で退場処分になった(笑) 現代のサッカーではそこまで大きな違いはないと思うが、もし彼が最初の試合で退場しても、そこから9年間プレーした私のことを思い出して、彼を辛抱強く見守ってもらいたいね(笑)」

« 2019/2020 国王杯 Round of 16:クルトゥラル・レオネサ戦に向けて18名招集&マッチ・プレビュー 2019/2020 リーガ第22節:セルタ戦に向けて18名招集 »

Valencia.jpn.org

El Rat Penat

スペインのサッカークラブ
バレンシアCFを応援する
ウェブサイトです。