バレンシアCF応援サイト VCFJAPAN.ORG バレンシアCF応援サイト VCFJAPAN.ORG

VCFJapan.org is the forum for Valencianistas in Japan.

Navigation
Valencia CF

VCF News

チェルシー戦を終えてパレホがコメント

アニル・マーシー会長が昨日のチェルシー戦の前に、マルセリーノの突然の解任についてチームのカピタネスと数人の重要な選手の前でピーター・リムの名前で謝罪と状況説明をしました。

あらゆる公式会見を拒否する姿勢を見せていたバレンシアの選手たちですが、この謝罪と説明を受けたからかどうかは明らかにしませんでしたが、パレホが試合後に沈黙を破りました。

チェルシー戦を終えてパレホがコメント

──選手たちの会見拒否について
「話すために公の場に出ることは最善の状況ではなかった。僕らがこのような行動をした理由をおそらく皆さんは理解しないと思う。でも僕らにとってはそれだけ困難な状況だった。全てをピッチで見せて、プレーに専念することが最善だった」

──マルセリーノの解任について
「サッカーでは起こりうることだ。僕はたくさんの監督と仕事をしてきて、過去にこのような状況も経験した。マルセリーノは素晴らしい仕事をしたし、彼の名前はバレンシアの歴史に残るだろう。今は新しい監督と新たなステージを始めたところだ。僕らが出来る唯一の方法は試合に勝つことだ。僕らはセラーデス監督と、彼が下す決断と共に死ぬつもりで居る」

──クラブの歴史上初めてのチェルシー戦の勝利、スタンフォードブリッジでの勝利について
「週末の結果が良くなかったこともあって、難しい試合だった。僕らは今までの自分たちになりたいと思っていて、今日は最後まで責任感あるプレーを出来たと思う。僕らがプロフェッショナルであること、そしてファミリーであることを証明できた」

──選手たちのモチベーションについて
「僕らは家族のような集まりだ。でも僕らの上にクラブが存在する。マルセリーノは去ってしまい、セラーデスもいつの日か去ることになる。もちろん僕も。監督や選手たちが去ってもクラブはそこに残り続ける。だからこそ僕らは、バレンシアに居る間にバレンシアに全てを残さなければならない」

──CL初戦での勝利という結果を踏まえて
「難しいスタジアムで強力なライバル相手なので苦しむことは最初からわかっていた。前半は彼らにゴールチャンスがあったかもしれないけれど、かといって決定的な場面が作られていないと思う。どうかな。僕ははっきりと覚えていない。試合自体のレベルが非常に高く、それぞれのスタイルが出ていたと思う。この苦しい一週間の後で、こうして今日勝てたことは非常に価値がある」

──ロドリゴのゴールを生んだサインプレーについて
「セットプレーでの作戦は僕らに勝点を与えてくれる。チームのモラルにも大きな影響があるものだ。今は次の日曜の試合について考えている。ファンの皆さんにはメスタージャに来て素晴らしい雰囲気を作ってもらいたいし、僕らは皆さんを必要としている。チームとファンが結束した時のメスタージャはとても素晴らしい場所になる」

──クラブの裏切りについて
「そうは考えていない。サッカーではこういったことが起きる可能性があることを僕らは理解している。ただ、気持ちの準備は必要だ。その点で今回のクラブのやり方にあまり納得していないのは事実だ」

« 元バレンシアのアルベルダのミニインタビュー チェルシー戦を終えてセラーデス監督のコメント »

VCFJapan.org

El Rat Penat

スペインのサッカークラブ
バレンシアCFを応援する
ウェブサイトです。