バレンシアCF応援サイト VCFJAPAN.ORG バレンシアCF応援サイト VCFJAPAN.ORG

VCFJapan.org is the forum for Valencianistas in Japan.

Navigation
Valencia CF

VCF News

バジャドリー戦を終えてマルセリーノ監督のコメント

リーガ最終節:バジャドリー戦を終え、チームとしての目標を達成したマルセリーノ監督は、試合後に多くの困難に遭いながらもそれを克服した成功と呼べるシーズンを振り返ってのコメントを残しました。

バジャドリー戦を終えてマルセリーノ監督のコメント

──リーガを4位で終えた今の気持ちを教えてください。
「とても幸せだよ。ずっと4位でシーズンを終えることを目標にしてきた。リーグ後半戦だけで勝点38ポイントを加えることができた。チームの全員に感謝したい。負の流れを抜け出し、好転させるということはいつでも難しいことであるが、彼らは見事にそれを実現してくれた」

──前半30分まではバジャドリーのプレスに苦しみました。
「今日の試合は大いに苦しめられた。我々のプレーは不正確であり、相手によってチームも分断されてしまった。いつもの我々のプレーではなかった。少しずつ落ち着きを取り戻す事が出来て、後半は良いプレーが出来たと思う」

──就任2シーズンで2度のチャンピオンズリーグ出場権獲得となりました。
「監督として、2つの素晴らしいチームを持つことが出来て非常に幸運だと思う。今季前半戦、我々は非常に苦しんだが、このチームは状況を好転させることに成功した。前半戦が終わった時、我々は4位と勝点10ポイント離れていたが、その差をひっくり返したんだ。今季のチームは偉大なシーズンを成し遂げた」

──今季のあなたのチームをどのように評価していますか?
「リーガが最優先であると、我々は常に言ってきた。バレンシアが成長し、ヨーロッパの強豪クラブとして定着するためには、継続してチャンピオンズリーグに出なければならない。もちろん簡単なことではない。通常、チャンピオンズリーグでプレーするチームは、疲弊してリーグでコンディションが落ちてしまうものだから。だが幸運にも我々はその目標を達成できた。公式戦61試合、これだけ多くの試合を戦ったのはクラブの100年の歴史の中で過去に1度だけだ。1月5日以降、週に3試合戦ってきた。4位でリーガを終えてのチャンピオンズリーグ出場、ヨーロッパリーグのベスト4、バルサとの国王杯決勝。もし勝てれば名誉あるチームとしてクラブの歴史に名を残すだろう」

──試合が終わった瞬間、あなたは喜びを爆発させることなく、空を見ていましたね。
「父親の事を考えていた。彼はもう我々と共には居ないし、一緒に喜ぶこともできないから」

──今季、残るは国王杯のみですね。
「目標を達成したことは、決勝戦を戦うにあたりモラル面で大きな効果を与えてくれる。世界最高の選手たちを揃えた偉大なチームと対戦するが、我々は自信をもって決勝戦の舞台に立つことができるだろう。今日は逆境を乗り越えてリーガを終えられたことを全員で祝いたいと思う。そして火曜日から重要な決勝戦のことについて考えるつもりだ」

──ピーター・リムとは何を話しましたか?
「彼はチャンピオンズリーグに再び出られることを祝福してくれた。彼のような立場の人間がロッカールームに来て選手たちを労って、成果を祝ってくれることはチームにとって非常に重要だ」

──チームとマテウ・アレマニーが1月にマルセリーノ支持を明言しました。
「そう、我々コーチングスタッフが自分たちの仕事を信じて続けられたのはその2つの要素が重要だった。我々監督という仕事は中間管理職だ。下に選手たちを抱えるチームの全てに関する責任者であり、上にはクラブの経営陣が居る。監督はいつでも最も弱い立場なんだ。困難な状況下の時に彼らは目に見える形で私を支援してくれた。今日、私はダニ(・パレホ)に言ったよ。"メスタージャでのバジャドリー戦で君は私をハグしてくれた。今日は私からハグさせてくれ"とね」

──今季、あなたにとっての最悪の事態を想定したのはいつでしたか?
「前半戦のウエスカ戦(第17節)だ。だが、ピッチーニが我々に喜びを与えてくれた。この試合の勝利がチームを取り巻く流れを変えてくれると思った。その次の試合、我々はビトリアに行き、ピッチの50%が凍ったプレーすべきではないスタジアムでアラベスに敗れた。しかし、我々はそこから目を覚ました。チームには競争力があると信じていたよ。前半戦19試合で17ゴールという降格するチームの数字でありながら順位を落とさずにいられたのは、ゴール以外の部分でチームが機能していたからだ。そしてゴールを取り戻した我々は今、ここに居る」

« 2018/2019 リーガ第38節:バジャドリー戦に向けて20名招集 マルセリーノ監督、パレホ、ロドリゴの3人がラジオ出演 »

VCFJapan.org

El Rat Penat

スペインのサッカークラブ
バレンシアCFを応援する
ウェブサイトです。