バレンシアCF応援サイト VCFJAPAN.ORG バレンシアCF応援サイト VCFJAPAN.ORG

VCFJapan.org is the forum for Valencianistas in Japan.

Navigation
Valencia CF

VCF News

レガネス戦を終えてマルセリーノ監督のコメント

マルセリーノ監督は試合後の公式会見で、ロドリゴの活躍と、ジャウメ・ドメネクの働きを称賛しました。また、チームのシーズンの目標として掲げていたチャンピオンズリーグ出場権について、手が届く位置まで来たことを認めました。

レガネス戦を終えてマルセリーノ監督のコメント

──今日の試合を振り返っていかがでしたか。
「相手が5-4-1のシステムだったこともあり、前半はゴールチャンスを作るという点で問題を抱えてしまった。ボールの後ろにたくさんの人が居たので、我々がボールを奪い返しても、そこから前に行くことを制限されてしまった。守備を固めたチームと戦うことは難しいことであるが、我々も焦ることなく、非常に堅実に戦えたと思う。後半は出だしが良かった。ロドリゴのゴールで我々は救われたし、そこから無失点で終え、勝点3を得たことは非常に大きかった」

──ロドリゴが好調を維持していますね。
「非常に素晴らしい。元々彼は高い能力を持つプレーヤーであり、チームの総合的なパフォーマンスに影響を受けるタイプであることは知っていた。今はとても順調にプレーしているが、そもそもストライカーとは、チームが機能していればその能力を活用できる可能性がより高くなり、チームが機能不全の時には目立つ場面が少なくなるポジションだ。彼はもちろん、その他のメンバーの働きにも非常に満足している。我々はこのチームが持つ競争力のレベルを誇りに思っている。この時期に勝点62を達成できるチームはごく僅かしかない。そしてこのチームはその中のひとつだ」

──目標のチャンピオンズリーグ出場権も獲得できそうですね。
「今日の勝利で目標達成に大きく近づいた。我々の指が届くところまで来たと言えるだろう。だが、まだ正式にそう宣言されたわけではない。目標を具体化し、確実にそれを手につかんだ時に、初めて宣言されるものだ。我々はまだ謙虚さや、あらゆる試合に勝つという野心を失ってはいけない。これまでのひとつひとつの勝利が、我々が今こうして4位に居るための欠かせない要素であったし、これから特別な成功を収めるための要素ともなってくれるだろう」

──公式戦6連敗からのリーグ戦8試合無敗、チームは完全に開幕からの好調を取り戻したように見えます。
「非常に難しい時期が来ることは予想していた。だが、我々は競争力があり、組織化された良いチームがあることを疑ったことは無かった。一時的な落ち込みに苦しんだのは確かだが、それでも戦うことを止めなかっただけだ」

──今季は攻撃陣が好調ですが、前半はシュート0本とレガネスに苦しめられましたね。
「このような試合に勝つ必要があった。我々は似たような展開となったエイバル戦を落とし、マラガ戦でも非常に苦しんだ。そう、ヘタフェにも敗れたね。こういう、自分たちのプレーをすることが難しい試合に勝つということが、チームの競争力を上げることになる」

──無失点勝利という結果も、監督にとって喜ばしいことでしょうか。
「こういうタイプの試合では多くのゴールは生まれないので、勝つ場合は無失点、というパターンが多くなる。今日も我々は苦しんだが、相手にもチャンスはほとんど与えなかったし、相手のカウンターを止めてよく守れていたと思う。チーム全体の働きに満足しているし、再び無失点で試合を終えられたことにも満足している」

──久々の出場となったジャウメ・ドメネクも良いプレーをしたと思いますが、いかがでしょうか。
「彼は国王杯で非常に良い働きをしてくれた。当然リーガでも彼がプレーすることはある。出場機会が少ないにもかかわらず、毎日の練習に全力で取り組む彼は、全てのチームメイトの模範的存在だ。常に情熱と笑顔と野心を持っている彼のような選手をチームにもつことの価値は、コーチングスタッフにとって非常に貴重だ」

« 国王杯:バルセロナ戦を終えてマルセリーノ監督のコメント レガネス戦を終えてジャウメ・ドメネクのコメント »

VCFJapan.org

El Rat Penat

スペインのサッカークラブ
バレンシアCFを応援する
ウェブサイトです。