バレンシアCF応援サイト VCFJAPAN.ORG バレンシアCF応援サイト VCFJAPAN.ORG

VCFJapan.org is the forum for Valencianistas in Japan.

Navigation
Valencia CF

VCF News

アマデオ・サルボCEOとルフェテSDが辞任へ

昨日、チャン・レイフン会長、アマデオ・サルボCEO、フランシスコ・ルフェテSD、技術部門スタッフのロベルト・アジャラ、ジョアン・サルバンスがクラブのオフィスに集まり、ミーティングが行われました。その席でサルボ、ルフェテ、アジャラ、サルバンスが、辞任しクラブを離れる意向を伝えました。今日にも公式発表されるとみられています。

エル・デスマルケの報道によると、事の発端はホドリゴ・カイオの移籍問題の中で生じたオーナーとCEOの間の対立です。ヌーノ監督と"彼ら"の代理人ジョルジュ・メンデスが、サルボCEOとルフェテSDの意向を無視して進めたカイオ獲得交渉は、これまで選手獲得についての責任者としてプロジェクトを進めてきたルフェテのSD(スポーツディレクター)のクラブ内での権限を無効化するものでした。

この一件により、ルフェテSDとヌーノ監督の関係が壊れる事となりました。ヌーノ監督はオーナーのピーター・リムにルフェテSDの解任を要求し、ルフェテをクラブに連れて来たサルボ会長は自身に与えられたクラブ内での役割についてリムに問いました。

そしてこの"勝負"は、ヌーノ監督に軍配が上がったと言って良いでしょう。昨日のミーティングにてサルボCEOは「個人的な理由」を挙げて辞任を伝えました。チャン・レイフン会長はクラブに残るよう説得しましたが、サルボCEOの意思を覆す事ができませんでした。それから少しして、ルフェテとアジャラ、サルバンスがオフィスに到着し、同じくチャン・レイフン会長に辞意を伝えました。ルフェテについてはカンテラ統括部長としてクラブに残る事も出来ましたが、ルフェテ自身がクラブを離れる決断を下しました。

クラブの今後についてですが、チャン・レイフン会長は、DASオーディオ(100%バレンシア州の会社)でCEOを務めるマヌエル・ペリス氏、もしくはVCF財団の役員で現在VCFフェメニーノの会長職を務めるサルバドール・ベルダ氏をサルボCEOの後任として迎えるのではないかと報じられています。ペリス氏はサルボCEOが会長職を務めていた時にクラブの役員を務め、現在もサルボCEOの親友のひとりです。また、ベルダ氏はサルボCEOともメリトン・ホールディングスとも関係の深い人物です。

いずれにしても後任には、ヌーノ監督はもちろん、ジョルジュ・メンデスの仕事を邪魔しない人間が就任する事になるでしょう。ヌーノのようなメンデス物件の監督たちが補強の権限を握った場合、メンデスが戦略的に移籍市場を操る事が出来ます。そして彼は、欧州のいくつかのクラブで行っている通り、その権限をバレンシアでも手にしました。そしてルフェテとサルボはメンデスの最新の犠牲者となりました。

« さよならビクトル・ルイス サンティ・ミナ獲得決定 »

VCFJapan.org

El Rat Penat

スペインのサッカークラブ
バレンシアCFを応援する
ウェブサイトです。