バレンシアCF応援サイト VCFJAPAN.ORG バレンシアCF応援サイト VCFJAPAN.ORG

VCFJapan.org is the forum for Valencianistas in Japan.

Navigation
Valencia CF

VCF News

ホドリゴ・カイオの獲得が破談に

クラブは先日獲得を発表したサンパウロ所属のホドリゴ・カイオについて、メディカルテストをパスできなかった事を理由に獲得交渉を中止する事を公式に発表しました。

先週金曜日にバレンシアに到着したカイオは、土曜日にバレンシアのメディカルチェックを受けましたが、検査の結果いくつかの問題点が見つかっていました。

そして日曜日、再検査のためバルセロナに移動したカイオとクラブのメディカルスタッフは、月曜日にスポーツ医学界の権威であり、リーガのクラブに所属する多くの選手の手術を担当してきたラモン・クガット医師の診断を受けましたが、ここでも「カイオが15歳の時に負った右膝の膝蓋骨の破損を含む、3部門で問題あり」と判断されたため、クラブは公式に獲得交渉の中止を発表しました。

クガット医師
「スペインに来る前にブラジルでプレーしていた事からもわかる通り、一見は問題は無いように見えた。しかし検査を進めていくうちに彼の膝が複雑な状態である事が判った。本当の問題は2つの重傷にある。1年前に断裂した前十字靭帯と、彼が15歳の時に破損した膝蓋骨だ」

この一件について、サンパウロのジウ・ゲレイロ副会長は再検査の前に「我々はカイオが戻って来る事を望んでいない。何故なら彼にとってもそれが良い事であるし、我々のクラブも金を必要としているからだ。彼とバレンシアの間にある問題の解決策を見つける手助けをしたい」と発言していましたが、最終的にバレンシアが獲得を見送った事で「バレンシアと我々の見解が相違した」と今回の移籍交渉の中止を受け入れました。

また、昨日のラジオ・カデナ・セルのインタビューで「クガット医師がカイオには何の問題も無いと言っている。彼の獲得にケチをつけたルフェテはまもなく辞任するはずだ」とコメントしたサンパウロのカルロス・ミゲル会長は、バレンシアからの抗議を受け「カデナ・セルのインタビューにてバレンシアに関する誤った情報を提供してしまった事を謝罪します」と公式に謝罪しました。これについては「何故サンパウロの会長がピーター・リムしか知るはずのないバレンシアの人事について話せるのか」と、複数の現地メディアが疑いの声を上げています。

一方で、この破談の受けてカイオの代理人を務めるジョルジュ・メンデスは、アトレティコにカイオの売り込みを始めたという報道も出ています。

« フィリップ・ネヴィルがアシスタントコーチに就任 さよならビクトル・ルイス »

VCFJapan.org

El Rat Penat

スペインのサッカークラブ
バレンシアCFを応援する
ウェブサイトです。