バレンシアCF応援サイト VCFJAPAN.ORG バレンシアCF応援サイト VCFJAPAN.ORG

VCFJapan.org is the forum for Valencianistas in Japan.

Navigation
Valencia CF

VCF News

さよならパブロ・エルナンデス

パブロ・エルナンデスのスウォンジー・シティ(イングランド・プレミアリーグ)への移籍が公式に発表されました。3年契約で移籍金は550万ポンド(約695万ユーロ)。メディカルチェックを受けるため、既にウェールズ入りしているとの事で、メディカルチェックが終わり次第、公式にお別れ会見をするために一度パテルナに戻ってくるそうです。

スウォンジーからパブロへのオファーはリーガ開幕前に届いており、パブロも移籍に前向きだと報じられていました。しかし、スウォンジーの400万ポンド(約505万ユーロ)という最初のオファーは、630万ポンド(795万ユーロ)を求めたジョレンテ会長を納得させる事が出来ませんでした。その後に出した500万ポンドのオファーも拒否されたスウォンジーは、金額を550万ポンドに増やして3度目のオファー。これにジョレンテ会長がOKを出し、交渉成立となりました。

パブロは2001年の夏にカステジョンからバレンシアにやってきました。バレンシアでの一年目はホームシックにかかる等、適応に苦しみ、一年でカステジョンに戻る事になりましたが、その翌シーズン、ホームシックを克服して再びバレンシアに再入団しました。

オンダでの一年間の修行を挟んで2005/06シーズンにはBチームのレギュラーとして定着し、11ゴールを挙げてチームの2部Bリーグ昇格に大きく貢献しました(この時、昇格を決めたにもかかわらず、全く嬉しそうにしている素振りが見えませんでした)。そしてこのシーズンの活躍に対するお祝いかのようにキケ・フローレス監督はパブロを1部リーグの最終節でトップチームデビューさせました。

カディス、ヘタフェでのレンタルを経験してトップチームに戻った2008/09シーズンからはビジャ、シルバ、マタと共にチームの顔の一人として定着。4シーズンで公式戦158試合に出場し25ゴールを挙げました。

カンテラーノのパブロが退団する事は、バレンシアにとって一人の選手の退団以上の意味があります。「グアイタやアルバらのようなカンテラーノをチームの軸に」というジョレンテ会長の言葉も虚しく、トップチームのカンテラーノはアルベルダ、グアイタ、ベルナトの僅か3人となってしまいました。

パブロにとっては初の国外での挑戦となりますが、彼にとってヘタフェ時代の恩師であり、自身が子供の頃からの憧れの選手として名を挙げる、ミカエル・ラウドルップが監督を務めている事に加え、スペイン人プレーヤーが多い事も彼を助けてくれるでしょう。今季は開幕から2連勝、8得点無失点と最高のスタートを切っているスウォンジー。このまま旋風を巻き起こしてもらいたいですね。





« パコ・アルカセルがレンタル移籍 さよならパルド »

VCFJapan.org

El Rat Penat

スペインのサッカークラブ
バレンシアCFを応援する
ウェブサイトです。