バレンシアCF応援サイト VCFJAPAN.ORG バレンシアCF応援サイト VCFJAPAN.ORG

VCFJapan.org is the forum for Valencianistas in Japan.

Navigation
Valencia CF

VCF News

R・マドリー戦を終えて選手、会長のコメント

パレホ

試合を終えて
「難しいスタジアムで、全てが要求される難しい相手に、僕らは良いプレーをしたと思う。ここでの90分間はとてもタフだったけど、お互いを励ましあい、助け合い、チームは良く守った。素晴らしい試合をしたと思うよ」

ゲームプランについて
「彼らが攻撃重視で来ることは分かっていたから、自分たちのエリアの近くでプレーし、カウンターで攻めるつもりでいたんだ。チャンスは作ったけど、運が足りなかったね。でも彼らもチャンスは作っていたし、この結果は妥当じゃないかな」

守備重視の戦術について
「今日は全てがうまくいった。マドリーみたいな相手に対しては今日みたいにプレーが出来るし、他のチーム相手には、僕らは戦術を替えて戦う事が出来る。今日は守備に重点を置いて戦ったけど、チームは驚異的な働きをした。評価されるべき内容を残したと思うよ。こういった試合がずっと必要だったんだ。でもこの勝点を生かすためにも、水曜日のホームでの試合に勝たなくちゃいけないね」

--
リカルド・コスタ

試合を終えて
「僕らは良い試合をした。チームとして、とてもコンパクトにプレーしたし、素晴らしく結束し、マドリーを何度もピンチにさらす事も出来た。マドリーがバックラインに大きなスペースを残して攻め込んでくる事はわかってた。だから僕らはバックラインを維持するゲームプランに替えたんだ。この変更が吉と出て、想定していた通りの展開になった。今日はチーム全体が良い仕事をしたと思うよ」

サイドバックでのプレーについて
「何度かサイドバックでプレーしてきたけど、今日のような戦術的な役割がある時は、僕は上手く適合できるんだ。それに加えて僕はクリスチアーノ(・ロナウド)の事を良く知っているし、試合中の自分の役割を全て把握していた。自分のプレーにもチームのプレーにも満足している。この試合の出来がEURO2012のメンバーに選ばれる要素となればいいね」

--
アドゥリス

試合を終えて
「これが今季最高の試合かどうかはわからない。でもそのひとつである事は確かだろうね。チームは良い試合をし、最終的には勝てなかったけど、勝つチャンスも大いにあった。でも引き分けでも価値があると思う。無失点で終われた事もそうだね。チームはすごく集中してプレーし、プラン通りにとても良く働いた。この試合に満足しているよ」

良い試合をした要因について
「キーポイントはチームが献身的であり、結束していた事だと思う。チーム全員がお互いを助け合ってプレーした。これはチームがアドバンテージを得るための大きな要素だ。ここ数週間は良くない日々が続いていたけど、僕らの団結は失われていなかったと信じている。僕らには明確な目標があるし、そのために最後までこのまま戦っていくつもりだよ」

チーム状態について
「自分たちの仕事が結果に結びついた時はいつでもポジティブなものだ。以前の数試合では運がなかった。でも、その間もチームは良い仕事をしていたんだ。僕らは最高のチームであり、チームの全員がひとつになっている。これはとても重要な事だ」

--
グアイタ

試合を終えて
「重要なのは、ここから勝点を持ち帰る事だった。世界のベストクラブのひとつを相手にプレーするのだから、難しい試合になる事は最初からわかっていたよ。でも僕らは素晴らしい仕事をした」

ゲームプランについて
「守備的に非常にタフな働きをして、カウンターで攻めようと試みた。彼らもチャンスを作っていたけど、僕らは良くまとまっていたと思うし、僕らも何度かゴールチャンスも作り出した。引き分けという結果は妥当だと思う」

守備重視の戦術について
「クリーンシートを達成したけど、僕らは最初の1分から最後まで、守るだけじゃなく攻撃の面でも良い仕事をした。監督が準備したプラン通りにプレー出来たし、この出来なら満足しなくちゃいけないだろうね。でも僕らは次を見なくちゃいけない。水曜日にも目標を達成するための重要な試合があるんだ。あと7試合残っているけど、数字上で3位を確定させるまで、僕らは戦い続けなくちゃいけないんだ」

--
ジョレンテ会長

試合を終えて
「ベルナベウに足跡を残す事は常に重要であり、特にたくさんのチャンスを作り出すマドリーのようなチームが相手なら尚更だ。そして今日、我々は非常に決定的なチャンスを作り出した。バーをたたくシュートもあったし、クロスバーを叩くシュートもあった。そして、それ以外にもたくさんのチャンスがあったのだから、我々が勝点3に届く可能性があったと言っても言い過ぎではないだろう。最終的に勝点1のみを得る事になったが、私はチームが見せてくれたイメージに満足している。今日のようなプレーをするチームを、ずっと見たいと思っていた」

チームのプレーについて
「ウナイは全身全霊でこの試合の戦い方を練っていた。この結果は選手たちと監督の仕事の成果だ。先ほども言ったが、今日我々のチームが見せたような姿をずっと見たかったのだ。我々は終始、試合をものにするという気持ちであふれていた。今日のような姿勢があれば、我々は目標を達成できるだろう。今日のバレンシアは、シーズン序盤のバレンシアよりも優れていたと私は感じている」

« R・マドリー戦を終えてエメリ監督のコメント グアイタの公式会見 »

VCFJapan.org

El Rat Penat

スペインのサッカークラブ
バレンシアCFを応援する
ウェブサイトです。