バレンシアCF応援サイト VCFJAPAN.ORG バレンシアCF応援サイト VCFJAPAN.ORG

VCFJapan.org is the forum for Valencianistas in Japan.

Navigation
Valencia CF

VCF News

クリスティアン・ロペスのインタビュー

Bチームのストライカーで、前節マジョルカB戦で後半ロスタイムにPKで同点ゴールを決めてチームを救ったクリスティアン・ロペスのインタビューです。

──昨日の試合では、とてもタフな相手から大きな勝点1を持ち帰った。チームの士気が上がったんじゃない?
「ええ。昨日の試合は本当に厳しかったですからね。加えて、マジョルカBは僕らを困難な状況に追い込みました。上位チームとの差を縮めるための、そして最も重要な下位チームとの差を広げるための勝点が必要でしたが、それを手にするためにはスコアをひっくり返さないといけない状況でした。でも、最終的に勝点1を得られてとても満足しています。これからも気を抜かずに働き続けないとですね」

──最後のゴールは正当だったと思う。チームは決して敗戦に値するような出来ではなかったから。
「試合は最初から僕らが支配していました。それなのに先制点を奪われてしまい、その後は相手にしっかりと守備を固められてしまいました。試合を振り返っても、僕らは勝点3に値する内容をみせたと思います。そういう意味では、勝点1しか得られなかったのは残念だったのかもしれませんが、この結果を尊重しなければなりません。僕らはベストを尽くしたわけですから」

──君が決めたPKは、試合のラストプレーでとても大事なものだった。蹴る前、どんな事を考えてたの?
「毎日の練習でアドリアン(・ジューナ)と一緒にこれでもか、というくらいPKの練習はしてきました。だからとても落ち着いてましたよ。自分を信じてましたし、チームの皆も僕を信じてくれていました。最終的に僕のシュートがネットを揺らし、引き分けに持ち込むことが出来ました」

──ガンディア(現在残留プレーオフ圏の16位)との差を広げると共に、降格の恐怖から離れる事の出来る勝点1になったね。
「直接のライバルチームの結果を見ると、この試合に勝てていれば最高でした。でもとても難しい試合でしたし、この結果をポジティブに受け止めないといけません。それに僕らは降格ゾーンから離れた位置をキープしてますからね」

──残留は余裕をもって達成できそう?それともラスト11試合全てが決勝戦のような際どい戦いになるのかな?
「先の事については考えていません。決勝戦のような重要な試合が毎週末やってくるわけですから、1つずつ戦っていこうと思っています。次の決戦はバダロナ戦です。目標に少しでも近づくためにも勝点3を獲りに行かなくちゃですね」

──今の君らは6試合連続で負けなしだ。ロッカールームは楽観的な空気になってるんじゃない?
「雰囲気はもちろん、間違いなく多くの事が変わりましたね。6試合連続というのは大変な事ですし、毎日の練習を続けていく自信にもなりますから、僕らにとってとても重要な事です。試合をこなすたびに自信になりますよ」

──チームの何が変わったんだろう。
「以前の問題点は失点が多かった事なんです。でも今は守備の練習に多く時間を割いていますし、それによって失点は少なくなりました。ここ数試合で何度かクリーンシートを達成していますけど、これは選手全員の働きの成果です。最後の一分までタオルを投げたりしませんからね」

──個人レベルでの話をしよう。君はここ最近の試合でスタメンで出場し、90分間戦っている。シーズン前半に比べてより手ごたえを感じているんじゃない?
「シーズン開幕当初、チームは今とは違う1トップのシステムで戦っていました。その中で僕は主に後半から出場する日々が続いていました。それでも、出来るだけ多くの出場時間を得るために、黙々と練習し続けたんです。新しい監督は今までの監督よりも僕を信頼してくれています。今こうして、個人としてもチームとしても物事がうまく進んでいるのは嬉しいですね」

──次の日曜日、君たちはバダロナと対戦する。どんな試合になると予想してる?
「難しい相手とのとてもタフな試合になるでしょうね。それに相手のスタジアムは、良い結果を手に入れる事が非常に難しいところです。でも僕らは自分たちにどれだけの力があるかを知っています。勝点3を持って帰るために全力で戦いますよ」

関連記事
クリスティアン・ロペス(プロフィール)

« グラナダ戦を終えてコメント PSV戦を終えてエメリ監督がコメント »

VCFJapan.org

El Rat Penat

スペインのサッカークラブ
バレンシアCFを応援する
ウェブサイトです。