バレンシアCF応援サイト VCFJAPAN.ORG

VCFJapan.org is the forum for Valencianistas in Japan. バレンシアCF応援サイト

Navigation
Valencia CF

VCF News

シャルケ戦を終えて両監督のコメント

エメリ監督:
試合を終えて
「最高の結果ではないが、最悪の結果というわけでもない。現時点ではシャルケに微かなアドバンテージがあるのは確かだ。この素晴らしいチームと戦うにあたり、我々は守備面の調整と、相手ゴール前での精度をあげなければならない」

フンテラールとラウールについて
「想像以上に苦しめられたのは確かだ。彼らは優れたフィジカルで我々の長所を消す事に尽力していた。ドイツでの目標は、出来るだけ苦しまずに勝つ事だ」

ビセンテとホアキンの投入について
「両サイドをからのチャンスメイクに期待して送りだした。ビセンテはサイドからの攻撃オプションをチームに与える事が出来るプレーヤーだ。だが今回、彼らは試合にフィット出来ず、我々が求めていた展開にならなかった」

ラウールのゴールシーンについて
「彼は素晴らしいプレーをした。我々にとって不運だった」

スタンケヴィシウス不在の影響
「UEFAにて決定された事はどうしようもない事だ。ナバーロ、コスタ、デアルベルト...皆、試合でも良くやってくれているし、練習にも良く取り組んでくれている。彼ら全員の今季の働きぶりに私は満足している」

2ndレグに向けて
「今日よりも良いプレーを見せなければならない。だが、我々には楽観的な気持ちになれるだけの前例がある。成功を収めるための準備を徹底的に行い、チームを改善するつもりだ。私にはそれを成し遂げる自信がある」

--
シャルケのマガト監督:
試合を終えて
「前半はまったくチャンスを作れなかったが、後半はバレンシアのペースをひっくり返し、試合の主導権を握ったのだから、引き分けに値するだけの試合を出来たと思っている」

結果について
「1-1というスコアは悪くない。だが、バレンシアはアウェーでも危険なチームだ。2ndレグでも強敵であり続けるだろう」

ラウールのゴールについて
「彼にとってマドリー退団後、初のスペインでの試合となったが、彼はそれをモチベーションに変えていたように思う。そして、彼はゴールシーンだけでなく、あらゆる場面で力を発揮し、これまでのクオリティを失っていない事を改めて証明してくれた。彼にとって、シャルケのユニフォームを着てから最高の試合だったのではないだろうか」

« シャルケ戦に向けて21名招集&マッチ・プレビュー シャルケ戦を終えて選手のコメント »

VCFJapan.org

El Rat Penat

スペインのサッカークラブ
バレンシアCFを応援する
ウェブサイトです。