バレンシアCF応援サイト VCFJAPAN.ORG バレンシアCF応援サイト VCFJAPAN.ORG

VCFJapan.org is the forum for Valencianistas in Japan.

Navigation
Valencia CF

VCF News

2009年1月~2月のニュース

2010年2月のリニューアル前の当サイトのニュース記事のログです。
No.の右の10桁の数字はその記事の更新日時(UNIXTIME)です。

No.2630 / 1235753792
UEFA杯・ディナモ・キエフ戦を終えてコメント
エメリ監督
「我々は非常に落胆している。このコンペティションをもっと戦い続けたかった。ただ私は選手たちの仕事ぶりに満足している。確かに2つの失点は我々が効果的でない攻撃の最中に犯したミスから奪われたものだ。だが、我々は試合に勝てるだけの多くのチャンスを作り出せていた。守備面でも日に日によくなっているという実感がある。失点がゼロになるまでこの調子で続けていきたい」

デル・オルノ
「誰もイメージしてなかった結果になってしまった。ロッカールームでの失望感は相当なものだったよ。最終的に試合に勝てず、大会から追い出されてしまったんだから。でもチームの出来は非常に良かったと思う。相手は一度しかチャンスを作れなかったのに比べて、僕らは沢山作れたわけだから。きっと少しだけ運が足りなかったんだろうね。出来るだけ早く気持ちを切り替えて、CL出場権を得るために戦わないとね」

No.2629 / 1235708769
メディアプロ社と放映権契約延長
クラブはスペインのテレビ局・メディアプロ社との契約を2014年まで延長する事を発表しました。新しい契約金額は年間4500万ユーロです。これにより未払いとなっていた選手・スタッフへの給料も支払いの目処がたったとの事。既に選手たちにもその旨は伝えられたようです。
なので、テレシンコ社との間のRTVV社絡みの折衝はうまく行かなかったようですね。

ソリアーノ会長
「クラブの歴史において、最も素晴らしい放映権契約をメディアプロ社のような素晴らしいテレビ局と結ぶことが出来た。バレンシアの経済面を再び生き返らせる事が私の仕事だ。この契約は我々が目指すビジョンに向けての偉大な一歩となるだろう。我々は精一杯働き続けてきた。今、その努力が実りつつあることを嬉しく思っている」

これでソリアーノ会長になってから総額2億7000万ユーロものスポンサー契約(しかも全て世界的に有名な企業)を結んだ事になります。あとは、おそらく破談となってしまった"メスタージャ売却"という問題が残っていますが、とりあえずの危機は脱しました。会長の有言実行振りには本当に頭が下がります。倒れたりしないよう体に気をつけてもらいたいですね。

No.2628 / 1235617138
代表戦の結果
スペインU-17代表
親善試合:ルーマニアU-17代表戦が行なわれ、2-0でスペインU-17が勝利しました。

フベニールBのFWポルトゥは背番号10を背負っての出場。前半40分で途中交代しましたが、"先制点をアシストするなど随所でハイレベルなプレーを見せた。この年代の攻撃の中心となりつつある"と高い評価をされています。
また楽しみな若手選手が出てきましたね。

No.2627 / 1235616572
U-16サンタレン国際カップ
最終節:スペインU-16代表vsアイルランドU-16代表の試合が行なわれ、4-0でスペインU-16が勝利。3連勝で見事に大会王者にとなりました。やっぱりこのくらいの年代のスペイン代表は強いですね。
カデテAのパコ・アルカセルがフル出場、ファン・ベルナトが前半40分からの出場でした。2人ともお疲れ様でした。

No.2626 / 1235444357
インドアサッカーリーグ第2節
セビージャOBチーム戦が行なわれ、バレンシアOBチームは13-12で惜しくも敗れました。
ただ、この試合でもファン・サンチェスは6ゴールを決め、2試合で13ゴール。得点ランキング首位を独走しています。

No.2625 / 1235444016
アレクシスがコメント
UEFAカップ
「偉大なコンペティションだからね、決勝の舞台にたどり着けるようがんばるよ。ディナモ・キエフとのリターンマッチが難しい展開になるだろう事はとっくにわかってる。それでも、俺たちは勝つしかないんだ」

予定より早い復帰
「復帰後最初の試合にしては、よく体が動いた方だと思う。今はとにかく幸せな気持ちだ。予定していたよりもリハビリがうまく行って、2ヶ月と10日で戻ってくることが出来たんだからね。
プレーしたいって気持ちはとにかく強かった。出来るだけ早くチームの一員として仕事をしたかったんだ。
最初はまだ復帰には早すぎるかなとも思ったよ。でも毎日の練習はしっかりこなせていたし、イケるって確信したから監督に直訴したんだ。招集される事がわかった瞬間から興奮していたし、喜びに満ち溢れていたよ」

バレンシアの救世主として
「俺は救世主でもなんでもないし、一人では何も変えられない。だって俺がプレーすればチームが失点しないってわけじゃないんだよ。俺はたくさん居る選手の中のひとりで、チームを形成するパーツの一部でしかないんだ。
でも、復帰したからには、出来るだけ仲間を助けられるような存在になりたい。自分のベストを尽くすつもりだよ」

デポルティボ戦の勝点1
「アウェーで勝点を獲れた事はすごく大きいと思う。ただ、失点のシーンでは、チームとしてもう少し良い対応が出来たことは確かだ。でもチーム状態を悲観することはないよ。だって、俺たちの目標はリーグ戦を4位以内でシーズンを終える事で、いま俺たちが居る位置もそのラインから大して離れていないんだから」

ビジャについて
「ビジャはチームで最も重要な選手の一人だ。俺はデポル戦でビジャに出された2枚目のカードは間違いだったと思ってる。警告が取り消されて、試合に出られるようになるといいね」

No.2624 / 1235443959
練習(2/23)
デポル戦出場メンバーはいつも通り回復メニューをこなしました。お休み組はBチームからガラバト、カルロス・ダビド、ミチェルを加え、フィジカルサーキット、戦術練習などを結構な負荷をかけて行なったようです。
エドゥとモレッティはフィジコと一緒の調整、レナンはリハビリ第2段階(ボールを使った練習)に突入。カルレト、マルチェナ、シルバ、ホアキンがそれぞれフィジカルに軽い違和感を訴え個別調整です。

また、クラブはデポルティボ戦でビジャに出されたイエローカードを2枚とも取り消してもらうよう動いているようです。2枚ともって要求は厳しいんじゃないかな~。

No.2623 / 1235374829
スペインU-17代表発表
親善試合2試合:ルーマニアU-17代表戦(2/24,2/26)に向けたスペインU-17代表にフベニールBのFWポルトゥが選ばれました。MFイスコは今回落選、FWパコ・アルカセルはU-16に呼ばれています。
3/12からU-17欧州選手権2009二次予選が始まります。そこへ向けての調整試合ですね。

No.2622 / 1235373919
U-16サンタレン国際カップ
2/20~25の日程で、ポルトガルのサンタレンという都市でU-16国際カップというのが行われています。

この大会は、ポルトガルU-16代表、スペインU-16代表、デンマークU-16代表、アイルランドU-16代表の4チームの総当たり戦です。21日に行なわれたポルトガルU-16との開幕戦は0-1、22日に行なわれたデンマークU-16戦1-3とスペインU-16は2連勝しています。強い。
バレンシアからはカデテAのファン・ベルナトとこの年代ではお馴染みのFWパコ・アルカセルの2人が招集されて大会に参加しており、ポルトガルU-16戦に揃って先発出場、デンマークU-16戦はファン・ベルナトが途中出場しています。
ちなみにスペインU-16の監督はアトレティックやマドリーでプレーしたアイトール・カランカです。

No.2621 / 1235371638
フベニールAから2選手がBチームに昇格
フベニールAのMFセルヒオ・クエスタとFWセルジ・ガルシアがBチームに昇格し、2部Bリーグ第26節・サンタ・エウラリア戦でプロデビューを飾りました。試合は0-1で敗れてしまいましたが、若き2選手にはいい経験になった事でしょう。
来季あたりから2人ともBチームに定着できるといいですね。

No.2620 / 1235371017
レンタル組&退団組の活躍
今節はジギッチはゴールならず。退団組ではオリベイラ(ベティス)がマドリー戦で一矢報いる一撃を決めています。
2部ではルベン・ナバーロ(エルクレス)が2ゴール、ハビ・ゲラ(アラベス)、ハンドロ(ヒムナスティック)、パーリ(レバンテ)が週末のリーグ戦でゴールを決めています。

No.2619 / 1235370715
デポルティボ戦を終えてコメント
エメリ監督
「我々は常に審判の苦労を理解しようとしている。サッカーでは何もかもがスピーディーに動くし、テレビで見てもはっきりとした判断が下せないことも時にはある。その事を我々は理解していなければならない。しかし、今日の試合の判定は我々にとって非常に厳しいものだった。今日出された多数のイエローカードは片方のチームに利益をもたらすものであったし、ビジャの退場処分は不当だったと言える。彼に2枚目のカードが出されたシーンは、相手GKが一度同じような場面があった事を踏まえて引き起こした問題だ。
試合に関しては、毎試合我々は守備組織を強固にしようとしており、実際に改善されてきていると思う。アウェーで連敗続きだったが、ここ2試合は引き分けで終えることが出来ている。勝利もだいぶ近づいてきたはずだ」

ビジャ
「今回の自分の退場が試合に悪い影響を及ぼした事はわかっています...」

ビジャの代理人タマルゴ氏
「ビジャは相当なショックを受けている」

アレクシス
「個人的にはポジティブな要素を見出せたと思う。難しい試合になるだろう事は事前にわかっていたし、もっと仕事する機会が多くなると思っていたからね。重要な事は1点でも勝点を得られた事だ。ただ良い試合をしたって実感があるだけに当然悔しい。でももう次の試合について考えることにするよ」

19試合連続失点、アウェーで10戦勝ち無し、3戦連続追いつかれての引き分け、とネガティブな要素ばかり並んでいます。エメリ監督もバレンシアに来て初めて審判への不満を漏らしました。相当苦しんでいるんでしょう。
クラブはビジャの2枚目のイエローの取り消しを訴えていますが、どちらにしろ、次節バジャドリー戦はビジャとアレクシスは出られません。

No.2618 / 1235118471
セサルはプレー可能?
検査を受けた後のセサルのコメント
「以前、同じ箇所をケガした事があるんだけど、今回のケガはその時よりもはるかに治りが良いんだ。自分のこれまでの経験から言うと、この調子で行けば日曜はリアソールでプレー出来そうな気がする。ただ、もし私が無理でもグアイタがしっかり準備しているからチームとしては問題ないけどね」

と、かなり前向きです。ただヒネール医師は「通常10日~15日は休むべき負傷だ」との事。
エメリ監督はどう判断するでしょうか。

No.2617 / 1235094435
マヌエル・フェルナンデスがコメント
ディナモ・キエフ戦
「アウェーでゴールを奪えた事、俺たちがいいプレーをした事を踏まえたらよい結果を得られたって言えるんじゃないですかね」

寒さ
「俺、寒いの嫌いなんすよ。今までいろいろなところに遠征で行ったけど、たぶん今回のキエフが一番寒かったっすね」

セサルの負傷
「ついてないっすよね。でも次の試合はグアイタがしっかりやってくれますよ。練習でもあいつ、すごく落ち着いてますから」

守備面の課題
「最近の俺たちは、だいぶ守備練習に時間かけてます。その成果が徐々に出てると思いますね」

出場時間
「チームの全員が試合に出たいと思ってます。俺ももちろんそう思ってますし、できれば続けて試合に出たいっすよ。そのためには、与えられたチャンスにベストを尽くすことしかないんですけどね」

イングランドへの復帰願望
「何日か前の報道ですよね。あれはだいぶ先の願望を言っただけっす。いつの日かまたイングランドに戻ると思いますけど、今の俺はバレンシアの選手として幸せですし、ここで自分のベストを尽くそうと頑張ってます。どこか他のチームへ行きたいなんて全然思わないっすよ」

No.2616 / 1235093222
練習(2/19)
キエフから戻り、一息つくまもなくの練習です。ディナモ・キエフ戦出場メンバーは回復メニュー、不出場組はロンドを行なった後、ピッチでGKも含めての戦術練習を行ないました。
セサルの代わりとしてBチームからサルバが、また次節デポル戦ではアルビオルとアルベルダが出場停止のため、カルロス・ダビドが練習に参加しています。またミチェルも呼ばれました。
エドゥ、ミゲル、モレッティ、レナンはジムでフィジコと一緒にそれぞれに課されたリハビリメニュー、セサルはヒザの検査を受けてデポル戦はアウトと診断されています。

今日20日は練習お休み、明日21日は非公開練習です。

No.2615 / 1235026112
Bチームが練習試合
BチームがスイスのFCチューリッヒU-21との練習試合を行ないました。

この試合にフベニールAから5選手を招集し臨んだバレンシアBでしたが、後半23分に18歳のMFシエンドルファーのゴールでチューリッヒが先制点を奪われてしまいます。
しかし、その1分後にMFイアゴのPKで追いつくと、その後カルデロンが立て続けに2ゴールを叩き込んで、バレンシアBが3-1で逆転勝利を収めました。
微妙なPKだったようで、試合後のチューリッヒU-21の監督のコメントがややホットです。

No.2614 / 1235024695
UEFA杯・ディナモ・キエフ戦を終えてコメント
エメリ監督
「この結果は妥当だろう。両チームとも同じくらいの出来だったと思うが、我々はボールを支配し、2度の決定的な場面に加え、いくつかのゴールチャンスを作ることが出来たので、試合内容には満足している。アウェーゴールを奪えたことも良かった。これで我々は少しばかりのアドバンテージを得る事が出来た。1-1という結果をポジティブにとらえ、バレンシアに戻るつもりだ。今日の試合に限っては守備面でも大きな問題は無かった。ここ最近は不用意にボールを奪われて失点というケースが多かったが、今日は大きな危険を生むようなミスはなかったと思う」

モリエンテス
「最も重要な事はアウェーゴールを奪えた事だ。2ndレグに向けて大きなアドバンテージとなる。今日の結果を踏まえれば、我々がこのラウンドを突破するための条件はそれほど厳しくないと思う。だが我々はまだ勝ち抜けを確信しては居ない。ディナモ・キエフは強力なフィジカルを備えたチームで、2ndレグも難しい戦いになるだろう」

パブロ
「引き分けは良い結果だと思うよ。アウェーゴールはこういうコンペティションでは大きなメリットになるからね。次の会場はメスタージャだ。僕らは再び良い流れに乗る事が出来たと思う。個人的なことを言わせてもらえば、今日は気持ちよくプレーできたよ。今の僕は出来るだけ試合に出るという事が必要なんだ」

No.2613 / 1235022651
セサルが負傷
ディナモキエフ戦の試合中に、セサルが左ヒザの内側側副靭帯を負傷してしまいました。結局全治1週間との事です。
交代枠を使い切っていたため、最後までピッチに立ちましたが、ボールを蹴れるような状態ではなかったみたいですね。

No.2612 / 1234919722
UEFAの公式プレスキットより
・バレンシアとディナモ・キエフは公式戦・非公式戦も含めて初対戦。
・ディナモ・キエフは過去の欧州カップ戦でスペインのクラブチームと21回対戦していて、
 85/86シーズンのUEFAカップ決勝戦ではアトレティコを3-0で破って優勝している。
・21回の対戦成績の内訳は5勝7分9敗で、最近8試合は勝ち星が無い。キエフでの試合に限ると3勝4分3敗。
・バレンシアは過去の欧州カップ戦でウクライナのクラブチームと戦ったのはわずかに2回。
 06/07のCLグループリーグでのシャフタール・ドネツク戦のみで、対戦成績は1勝1分。
・ディナモ・キエフ出身の選手でバレンシアでプレーした選手は94W杯得点王のサレンコのみ。
・ディナモ・キエフのユーリ・セミン監督は以前率いていたロコモティフ・モスクワで
 スペインのクラブチームと8度対戦していて、ホームで1勝1分2敗、アウェーでは1分3敗。
・エメリ監督にとって今回のキエフ遠征は、バレンシアの監督就任以来最も遠い遠征である。
・ディナモ・キエフのCLグループリーグでの総得点は4点で、いずれも違う選手が決めている。
・バレンシアのUEFAカップチーム得点王はモリエンテスとジギッチの3点。
・バレンシアは今季のUEFAカップの試合でまだ1敗もしていない。
・ディナモ・キエフは07/08シーズン、リーグ2位。
・ディナモ・キエフはFWアリエフが出場停止、MFエル・カドゥーリとDFネスマチニーがイエローあと1枚で次戦出場停止。
・バレンシアはアルベルダ、ウーゴ・ヴィアナ、ビジャの3人がイエローあと1枚で次戦出場停止。
・このラウンドの勝者は、サンプドリア(ITA)とメタリスト(UKR)の勝者と3/12~19の決勝トーナメント2回戦で対戦する。
・もしディナモ・キエフとメタリストが勝ち上がった場合、ウクライナのクラブチーム同士の対戦はUEFAカップ史上初。

No.2611 / 1234834040
UEFA杯:ディナモ・キエフ戦に向けて22名招集
GK グアイタ、セサル
DF アルビオル、マルチェナ、ミゲル、クーロ・トーレス、モレッティ、マドゥロ、カルレト、デル・オルノ
MF アルベルダ、バラハ、フェルナンデス、ウーゴ・ヴィアナ、ホアキン、パブロ、ビセンテ、マタ
FW ビジャ、モリエンテス、アングーロ、シルバ

キエフ遠征は大量22名。
外れたのはレナン、アレクシス、エドゥの長期離脱者3名で、軽いケガを抱えてるミゲルやモレッティまで招集されました。
苦しい時だからこそ一致団結っていう事なんでしょうか。

No.2610 / 1234833173
アルビオルがコメント
UEFAカップ再開
「とても重要な試合です。僕らはこのラウンドを突破するためのアドバンテージを求めてキエフに行きます。良い試合をして、ポジティブな結果を得たいですね」

ディナモ・キエフ
「僕らにとって強力なライバルとなるでしょう。CLでの彼らの試合を見ましたが、すごく良いチームだと感じました。試合も難しいものになると思います。そして僕らはピッチ上の寒さにも苦しめられるでしょうね」

ケガ人
「特にこの1ヶ月間で大量の怪我人を出てしまいました。大会を勝ち抜くためにもチームをリカバリーさせる事が大事だと考えています。

チームの改善
「これまでの試合と今のチームを比べるべきではないと思います。チーム状態は日々改善されているんですから。ここ数週間、僕らが最悪な試合を見せたのは確かです。ただ、僕らは自信と熱意を持って、チーム内の問題を解決しようとしています」

財政状況
「今の僕らには忍耐が必要です。僕らは会長と共に居ます。この問題が解決にむけて動いているという事を選手たちは知っておかなければなりません。そして自分たちの仕事に集中し、できるだけハイレベルなチーム状態を維持し続ける必要があると思います」

No.2609 / 1234760096
Bチーム冬の選手入れ替え
すっかり見落としていたBチームの移籍市場まとめます。

トッテナム・ユースから加入したFWオルセンについてはもう記事にしてますね。その他に、3部のUDプソルよりDFボルハ・ナバーロを獲得しました。
また、昨季終盤に負ったヒザの負傷により半年間リハビリに専念していたDFマヌ・ミコが改めて登録されました。

その一方で、DFのバジェステルとFWのモルガドが3部のラ・ヌシアへ半年間のレンタルで出されました。またDFパルドがアリカンテBへレンタルで出されました。FW1人、DF2人を入れ替えた形になります。

また、どこへ行ったの?と疑問になっていたカメルーンU-19代表FWのピエリックですが、第1節終了後に3部のブルハショットにレンタルに出されていました。
さらにシッソコ弟はバレンシアのレジェンド、フェルナンド・ヒネールが監督を務めるカステジョンBでプレーしています。

No.2608 / 1234751073
レンタル組&退団組の活躍
ジギッチ(ラシン)今季5ゴール目
1部リーグ第23節:ホームのビジャレアル戦で先制点を決めました。試合はその後カソルラのゴールが決まり1-1の引き分けに終わっています。

その他にファリノス(エルクレス)とディ・ヴァイオ(ボローニャ)が週末のリーグ戦でゴールを決めています。
ディ・ヴァイオはいまだに得点ランクトップを維持しています。

No.2607 / 1234498542
レナン・インタビュー
ケガの具合はどう?
「いい感じだよ。少しずつ負荷をかけるようにしてきたんだけど、もういくつかの練習メニューはこなせているし、走ったりボールを使ったりもしてるからね。早く皆と一緒にハードな練習が毎日できる様になりたいよ」

結構長いケガになっちゃったね。
「だいぶ出場機会を逃しちゃったからね。ひとりでベッドに居るのは飽きちゃったし、フィジコと一緒に練習するのも正直退屈でね。やっぱり僕はグローブをはめる事で元気が出るんだよ」

大きな負傷は初めてだってね。
「うん。ケガで長いことプレーできないってのはすごくツライ時間なんだってわかった。チームは今、シーズンの重要な時期に差し掛かってるわけだから尚更だよ。個人的にも調子が良い時期だったのに、それもケガしちゃったらどうしようもないからね。でも、こういった事はどんな選手にも起こりうる事だし、今回のケガからも何かポジティブな要素を得ないといけないとは思ってる」

復帰の時期はいつぐらいになりそう?
「具体的な時期は決めてないんだ。でもあと2~3週間はかかりそうな気がする。少しずつ練習量を増やしているから、順調に回復してるのは間違いないよ」

100%の状態で戻らないとね。強力なライバルも加入したことだし
「完全に治ってから、っていうのはそういう理由じゃない。再発させたくないからだよ。リハビリの時間が増えるのはまっぴらだからね。ケガは本当にあらゆることに影響を及ぼすんだ。だから今の僕の一番の心配は再発しないようにしようって事。そのために充分な時間をかけるつもりだよ」

セサルのパフォーマンスをどう思う?
「素晴らしいね。新しいチーム、新しい環境、新しい仲間、全てに完璧に適合してると思う。バレンシアでの彼はうまく行くと思うよ」

セサルが加入したことでポジション争いが厳しいね。その辺の心配は?
「サッカー選手は誰もがそのチームにとって重要なプレーヤーになりたいと思うものだ。それはバレンシアでもブラジル代表でも同じ。チームに素晴らしいGKが居るからといって、ポジション争いを恐れることはないよ」

外からチームを見ていてどう?
「ケガ人が多いにも関わらず、まだ4位につけているんだ。いい感じじゃない?このままこの順位より上に留まれるよういろいろと考えていかないといけないね。もちろん、チームに改善の余地があることもわかってる。それは今の僕らが重点的に練習しなければならないところだ」

守備面を改善する必要があるって事だよね?
「チーム全体の問題だと思うんだ。ゴールチャンスを作ることにかけては、バルサの次くらいにできているとは思うんだけど、チームのバランスが完全に取れているかと言われたらそうではないからね。僕らはより多くのゴールを目指しているけど、その姿勢も保ちつつ、同時に正しいバランスを見つける必要があると思うんだ」

No.2606 / 1234492816
練習(2/12)
ミゲルが先日行なわれたフィンランド代表戦で右足内転筋を負傷してしまいました。明日再び検査を受ける予定ですが、現状ではマラガ戦の出場は厳しいようです。
その他の代表組は元気に戻っており、ビジャとアルビオルはウオーミングアップの後、軽いストレッチ。シルバとマルチェナは全体練習に参加しました。アレクシスも全体練習に参加し、全メニューをこなしています。
風邪が治って復帰したてのホアキンは、今度は大腿四頭筋に違和感を訴え、別メニューの調整。
セサルとグアイタはオチョトレーナの特別メニューに汗を流したそうです。

No.2605 / 1234491919
ビジャがスペイン代表新記録
イングランド代表戦のゴールで、ビジャがスペイン代表記録となる国際Aマッチ6試合連続ゴールを達成しました。

これまでの記録はアトレティックで活躍したテルモ・サーラ(サーラ賞創設のきっかけとなった選手です)とバルサで活躍したラディスラオ・クバラの5試合連続ゴールです。
また、ビジャはこのゴールで国際Aマッチ通産25ゴールとし、スペイン代表歴代5位となりました。あと1点でブトラゲーニョ、あと2点でモリエンテスに並びます。

No.2604 / 1234398907
各国代表戦の結果
スペイン代表
親善試合:イングランド代表戦がセビージャで行われました。前半35分にビジャがゴラッソで先制点、終盤にジョレンテが追加点を決め、2-0でスペイン代表が勝利しています。ビジャは先発→56分にシルバと交代、アルビオルは先発→75分にマルチェナと交代と4人とも出場しています。

ポルトガル代表
親善試合:フィンランド代表戦がポルトガラウのファロで行われ、1-0でポルトガル代表が勝利しました。ミゲルが久しぶりのスタメンで、60分までプレーしています。

スペインU-21代表
親善試合:ノルウェーU-21代表戦が行われ、1-1の引き分けに終わりました。マタが前半14分にPKで先制点を決めています。そのマタは先発→87分までの出場、サニーがフル出場、アーロンは先発→61分までの出場でした。

No.2603 / 1234398942
スペインU-17代表発表
2/16~18に行われる代表合宿に向けたスペインU-17代表にフベニールBのMFイスコが選ばれました。

No.2602 / 1234227671
練習(2/9)
オサスナ戦翌日の2/9は練習お休みの日でした。にも関わらず6選手が自主的にパテルナに来て汗を流したそうです。
この日、パテルナに来たのはアレクシス、クーロ、セサル、エドゥ、レナン、ホアキンの6人。それぞれジムで調整を行なったようですが、復帰の日が待ちきれないアレクシスだけはフィジコと一緒にピッチでリハビリを行なったそうです。

また、エドゥが先週土曜の練習中に腓腹筋を痛めていたようで、この日の検査の結果、腓腹筋の筋繊維に小さな断裂が見つかりました。全治3~4週間との事です。
オサスナ戦のメンバーから外れたのもこの負傷が原因だったわけですね。

No.2601 / 1234187361
オサスナ戦を終えてコメント
アングーロ
「難しい試合だった。オサスナは非常に良いチームだった。あいつらは自分たちの強みを生かす方法をよく知っていた。
ただ、今日の俺達はこれまでに比べたらよく守れたと思う。失点してしまった事だけを除けばな。
ここ最近、俺達は守備練習に時間を割いてきた。ただあの失点シーンの時だけ完全なミスを犯してしまった。今日の試合ではそれが高くついてしまったという事だ」

エメリ監督
「前半は拮抗した展開だった。実際にその通りの結果が出ていたと思う。ただ、我々のサッカーには奥行きが感じられなかったのだと思う。相手に試合を支配されてしまった。
我々は敗戦にショックを受けているが、チームとしては問題解決の糸口が見つかったと思っている、もしこの調子で戦えれば、これからの戦いに希望を持てるだろう」

No.2600 / 1234057211
オサスナ戦に向けて18名招集
GK グアイタ、セサル
DF アルビオル、マルチェナ、ミゲル、モレッティ、マドゥロ、カルレト
MF アルベルダ、バラハ、フェルナンデス、ビセンテ、パブロ、マタ
FW ビジャ、モリエンテス、アングーロ、シルバ

No.2599 / 1233930322
各国代表発表
スペイン代表
親善試合:イングランド代表戦(2/11)に向けたスペイン代表にアルビオル、マルチェナ、ビジャ、シルバの4人が選ばれました。招集濃厚とみられていたホアキンは今回落選でした。マタも外れちゃいましたね。

スペインU-21代表
親善試合:ノルウェーU-21代表戦(2/10)に向けたスペインU-21代表にマタとレンタル中のサニーとアーロンが選ばれました。

ポルトガル代表
親善試合:フィンランド代表戦(2/11)に向けたポルトガル代表にミゲルが選ばれました。

No.2598 / 1233930091
バレンシア州選抜チーム発表
U-18州選抜
2/11の代表合宿に向けたU-18バレンシア州選抜チームに、GKパレデス、FWセルジ・ガルシア、MFイバン・ルビオ、FWキケ・トルトーサ(フベニールA)、MFレベルト(フベニールB)の5人が選ばれました。
セルジ・ガルシアとイバン・ルビオはU-18大西洋カップ終了後休みなく、チームに合流します。

U-16州選抜
2/10の代表合宿に向けたU-16バレンシア州選抜チームに、カデテAからGKアドリアン・ジューナ、MFファン・ベルナト、FWパコ・アルカセル、FWボルハ・イグレシアスの4人が選ばれました。

U-14州選抜
2/10の代表合宿に向けたU-14バレンシア州選抜チームに、インファンチルAからGKエクトル・ピサナ、DFテンディージョ、DFカルボネル、DFサルバドール・ルイス、FWビセント・アルベルトの4人が選ばれました。

No.2597 / 1233929235
U-18大西洋カップ
2/2~7の日程で、グラン・カナリア島でU-18大西洋カップというのが行われています。

この大会には、スペインU-18代表、ドイツU-18代表、アイルランドU-18代表、カナリア諸島U-18選抜の4チームが参加していて、大会のフォーマット自体はよくわかりませんが、スペインU-18は初戦でカナリア諸島U-18と対戦し、5-0で勝利を収めました。
バレンシアからはFWセルジ・ガルシアとMFイバン・ルビオの2人が招集されて大会に参加しており、
2人ともこの試合に途中出場しています。
ちなみにスペインU-18の監督はバレンシアOBのルイス・ミジャです。

No.2595 / 1233896698
来季のユニフォームはカッパ
クラブはイタリアのスポーツメーカー、カッパ社と3年間のスポンサー契約を結びました。
金額は550万ユーロ/年。これによりナイキのユニフォームは今季いっぱい。来季からはカッパ社製となります。
オフィシャルではナイキとの契約が切れる来週を待ってからの発表となるようです。
カッパ社は現在中国進出に力を入れており、中国国内の直営店約2000店舗でバレンシアのウェアを扱うそうです。
ソリアーノ会長、少しずつですが着実にお金を集めてきますね。

一方、テレシンコ社との放映権契約については、現在ペンディングとなっています。
5年総額2億7500万ユーロという金額はバレンシアにとって何の問題も無いのですが、地元のカナル9(RTVV社)が提携しているのが現在契約を結んでいるメディアプロ社なので、テレシンコと契約を結んだ場合、地元のテレビ局で放送できなくなってしまうみたいです。
なので、会長はカナル9でも放送できるよういろいろと調整を図っているそうですが、うまく行かなかった場合はメディアプロ社と年間5000万ユーロ弱の契約を結ぶしかなさそうです。

No.2594 / 1233885143
ミチェルがコメント
オリウエラ戦での久しぶりのゴール
「そのゴールはすごく嬉しかったですね。本当に久しぶりのゴールでしたし。トップチームに呼ばれるのももちろん嬉しいですけど、僕はBチームの選手だし、Bチームで結果を出したかったんです。
ピタが先制点を決めた後、さらにたたみかける1点が欲しい時間帯でした。最後にゴールを決めた12月のバダロナ戦では2点決めて試合を決定付けることが出来ましたけど、それと同じ仕事がオリウエラ戦でも出来て満足です。
これからもゴールとゲームメイクでBチームの力になりたいですね」

次の相手:勝点が近いサバデル
「セットプレーで危険な武器を持っているチームですね。攻撃陣にレベルの高い選手も揃っています。でもホームでの試合ですし、彼らに並ぶためにも勝点3を獲りたいですね。
ミニ・エスタディで勝つ事は僕らはすごい自信を与えてくれるんです」

トップチームでのプレー
「幸せですよ。トップチームの全ての選手たちが僕を助けてくれるんです。コーチ陣もベテラン選手も正しいアドバイスをしてくれますからね。今は本当に沢山の事を学んでいます。
偉大な選手たちと一緒のユニフォームを着る事は本当に素晴らしい事ですよ。すぐそばに僕の小さい頃からのアイドルだったバラハやアルベルダが居て、ワールドクラスのビジャやシルバ、ホアキンも居るんですから。
それと、マタ。彼とはプライベートでも親友になったんです」

クラブへの感謝
「特に焦っては無いですね。冷静に辛抱強く目の前にある戦いを続けるだけです。僕は毎日の練習が成功の秘訣であり、それを続ける事で再びトップチームへの道が開けるという事を理解しています。
だから僕の最優先はBチームです。もちろんトップチームに呼ばれた時は全力で自分の役割を果たすつもりです。僕はバレンシアに感謝してるし、ウナイとオスカルの両監督にも感謝しています。
もしクラブが僕を必要としてくれなかったら、そしてもし彼らが僕を見てくれていなかったら、今の僕はないわけですから」

No.2593 / 1233847476
トッテナムからビセンテにオファー
この冬の移籍期間にトッテナムからビセンテにオファーが届いていたようです。

以前よりビジャの獲得を狙っていたトッテナムですが、実現が難しいと判断したトッテナムフロント陣は、マタにレギュラーを奪われている事、バレンシアが財政難である事を理由にビセンテにターゲットを変え、1000万ユーロのオファーを出してきました。
しかし、ビセンテは、第3キャプテンという立場に居る事、エメリ監督の信頼を得ている事、奥様の出産が間近な事を理由に移籍を拒否。その後もトッテナムはオファー額を1200万ユーロまで増やして獲りにきましたが、ビセンテの意思を組んだクラブがこのオファーを拒否し、破談に終わっています。

No.2592 / 1233847517
クラブが給料滞納-追記
クラブが、選手やスタッフへの給料を滞納している事がわかりました。総額で1600万ユーロだそうです。

アルメリア戦の翌日、ソリアーノ会長がマルチェナと会談の場を持ち、選手全員への給料を今週中に払うと伝えました。
ただ、ハビエル・ゴメスGMによると「クラブの金庫にそんな大金があるはずもなく、ソリアーノ会長がお金を用意してくるのを待っている状態」だそうで、2~3日でこれだけの大金を用意するのは厳しいでしょうから、実際には銀行頼みですね。

追記:こんな情報がありました
・クラブからは通常、毎月1日に給料が支払われている。
・会長はマルチェナに今週中と告げたが、マルチェナは選手たちに15日くらいまで待ってみようと声をかけた。
・ソリオ副会長によると、この状況でも「ビジャとシルバは売らずになんとかする」。
・3/17までにソレールが買った新スタジアムの土地代2600万ユーロを支払わなければいけない。

No.2591 / 1233796446
練習(2/4)
10:30~と17:00~の2部練習でした。

午前の部では、怪我人とGKを除くメンバーでフィジカルサーキットと戦術練習を行ないました。セサルとグアイタはオチョトレーナの元でフィットネストレーニング。ケガ人続出のDF陣を補うためにBチームのカルロス・ダビドが参加してます。
マドゥロ、レナン、ビジャは全体練習からはずれてリハビリメニュー。アレクシスはボールを使った練習を始めました。練習後に、カルレトとセサルがサニタスの診察券をもらったようです。

午後の部では怪我人以外のメンバーを2つのグループに分けて、フィジカルサーキットとミニコートでの戦術練習を行いました。Bチームからカルロス・ダビド、ミチェル、サルバの3人が呼ばれています。
アレクシスとビジャはフィジコとの調整、レナンとマドゥロはリハビリ。アルベルダ、アルビオル、モリエンテスが個別調整を行なったようです。

No.2590 / 1233793875
インドアサッカーリーグ2009開幕
往年の名プレーヤー達の競演、インドアサッカーリーグが今年も開幕しました。

2/2に行なわれた開幕戦で、バレンシアはアトレティコに18-14で勝利しました。昨年のリーグ得点王ファン・サンチェスが7ゴール、ガリードが5ゴールを決めています。

昨年のバレンシアは4位という成績でしたが、今年はメンディエタやオテロなど、最近まで現役選手だったメンバーを新たに加え、昨年以上の成績を目指して戦います。
という事はメンディエタ、現役引退しちゃったわけですね。

No.2589 / 1233792666
UEFAカップ選手登録
クラブはUEFAカップ決勝トーナメントの選手登録を行ないました。
UEFAの規定により、背番号1と15は使えないため、セサルが71番、カルレトは42番で登録されています。

No.2588 / 1233669906
セサルインタビュー
アルメリア戦、最後のピアッティのシュートを止めた時はメスタージャが盛り上がりました
「いろいろな事が起きた試合だったが、このような結果で終われて良かったよ。私にとってはいくつかあったセービングのうちのひとつだが、ファンに喜んでもらえたのなら嬉しいね。でも今後はこういった試合にならないようにしてファンに喜んでもらいたい。
私にとって最も重要なのはチームの勝利に貢献できたという事だ。この勝利は非常に大きな勝利だからね」

アルメリア戦の2失点をどうとらえていますか
「GKというのは若い頃-20~22歳くらい-は、非常にエゴイストで、0-0で試合を終えるのを好む。だが私くらいの年代になると、
とりあえずチームが勝ってくれればそれでいいという考えになるんだ。そりゃもちろん4-3や3-2の勝利よりは2-0、3-0の勝利の方がいいけどね。
まぁ、一番大事なのは勝点3を獲る事だ。それでチームの皆がハッピーになれるんだから」

バレンシアに移籍した事について
「バレンシアでプレー出来る事は私にとってご褒美みたいなものだった。自分で自分を幸せな男だと思うよ。スペイン有数の強豪チームの一員でいられるんだからね。
毎日、その日の練習が自分にとっての最後の練習という気持ちでプレーしてるよ」

トットナム時代について
「本当に苦しい日々だった。正直、金銭面の条件なんてどうでも良かった。私はプレーする事に幸せを感じる男なんだ」

昨季(サラゴサ時代)について
「あの時は酷かった。毎週どのようにして降格ゾーンから這い上がるかだけを考えていた。
しかし、我々は降格する羽目になってしまったのだから。2部落ちは大きなショックだったよ」

目標
「今季は最終的にCLの出場権を得たい。そしてUEFAカップでも勝ち上がりたい。非常に魅力的なコンペティションだという事は数年前にサラゴサでUEFAカップに出て知っているからね」

No.2587 / 1233636857
レンタル組(+退団組)の活躍
ジギッチ(ラシン)今季4ゴール目
1部リーグ第21節:ホームのバルセロナ戦でPKで先制点を決めました。その後メッシの2発で逆転されラシンは1-2で敗れています。
ジギッチは移籍後5試合で4ゴール、さらに3戦連発です。

ミクー(サラマンカ)今季6ゴール目
2部リーグ第22節:アウェーのアラベス戦で後半30分にチームの先制点となるゴールを決めました。試合はロスタイムに同点壇を奪われてしまったため、1-1の引き分けに終わっています。
ミクーも当たってきました。3戦連発です。

その他にバレンシア退団組のルベン・ナバーロ(エルクレス)、アリスメンディ(サラゴサ)、ディ・ヴァイオ(ボローニャ)らが週末のリーグ戦でゴールを決めています。
当サイトではアリスメンディを特別に応援しています。

No.2586 / 1233636071
アルメリア戦を終えてコメント
エメリ監督
「これまでの試合と同じ結果になってしまった。3-2という試合結果はチームの長所と短所を示していると言えるだろう。
アルメリアには引き分けに持ち込むのに充分な数のチャンスがあった。我々に改善が必要なのは明らかで、それを行なわなければならないのは監督であるこの私だ。選手たちを非難することは無い。
選手たちはおそらく疲労が溜まっているのだろう。我々は日々これでもかというくらいの努力をしている。現時点で2週間休みなく練習し、守備の強化を図っているのだから。
国王杯での不運を元にチームにとってポジティブな要素を見つけたいと願っている」

セサル
「我々はセビージャ戦で非常に強く打ちのめされた。我々はもう少しで準決勝の切符を手に入れることが出来たのに、CKから点を奪われ、非常に苦い思いをしたんだ。
そんな我々にとって重要なことは試合に勝って落ち着きを取り戻して週を終えることだった。もし我々が今日の試合で、最終的に同点にされていたら最悪な気持ちだっただろう。だいぶ苦しんだが重要な事は勝点3を得た事だ。ライバルチームの結果も我々にとって良い方に転がったし、いろいろとうまく行った週末だったね」

ビジャ
「ライバルチームが揃って敗れたし、この勝点3はすごく大きいっすよ。ここ何日かはケガで試合にも出られなくて、すごく歯痒かったですから。
ここ10日間でフルで練習に参加したのは2日だけなんです。チームが室内で練習していた時も、自分は別メニューでしたし。でもこれ以上黙って試合を見てるのは嫌だったんで、試合に出られて嬉しいですよ。ドクターとフィジコのサポートを誇りに思います。
今のチームは守備面より攻撃面のほうが優れていると思います。でも僕らは全員でひとつのチームですし、全員で守備面の改善に取り組みたいっすね」

No.2585 / 1233406559
アルメリア戦に向けて18名招集
GK グアイタ、セサル
DF マルチェナ、ミゲル、モレッティ、マドゥロ、カルレト
MF アルベルダ、バラハ、エドゥ、フェルナンデス、ホアキン、ビセンテ、パブロ、マタ
FW ビジャ、アングーロ、シルバ

モリエンテスが負傷により外れました。代わりにビジャが復帰。
デル・オルノは構想外一歩手前という状況でしょうか。再び不満が爆発しなければいいのですが。
試合前にフベニールBの優勝セレモニーを行うようです。放送でそのシーンは見られますかね。

No.2584 / 1233152745
国王杯・セビージャ戦に向けて18名招集
GK グアイタ、セサル
DF マルチェナ、ミゲル、モレッティ、マドゥロ、カルレト
MF アルベルダ、バラハ、エドゥ、フェルナンデス、ホアキン、ビセンテ、パブロ、マタ
FW モリエンテス、アングーロ、シルバ

どうやらビジャは間に合わなかったようです。さらにホアキンも直前まで様子を見ての判断。モリエンテスは肩、シルバは足首を痛めてる上、共にマジョルカ戦にフル出場してるし、マドゥロもマジョルカ戦後に腓腹筋を痛めてました。ここから2人ベンチ外となりますが、FWもDFもいっぱいいっぱいですね。
GKはAS誌によると「グアイタはエメリの試験に落第した」との事でセサルがデビューとなりそうです。
アルベルダは出場すればバレンシアでの公式戦300試合出場ですね。

No.2583 / 1233152219
各国代表発表
スペインU-16代表
2/2~4に行われる代表合宿に向けたスペインU-16代表にカデテAのMFファン・ベルナトと今ホットなFWパコ・アルカセルの2人が選ばれました。

No.2582 / 1233065708
放映権争奪戦
スペインのテレビ局・テレシンコ社が5年総額2億7500万ユーロというオファーを出してきたそうです。
現在、放映権についてRTVV社&メディアプロ社と契約を結んでいるバレンシアですが、この契約が今季終了時までとなっているようで、来季からの放映権をテレシンコ社が獲りに来たわけです。
今のところ、現在契約を結んでいるメディアプロ社側に優先交渉権があるようですが、オファー金額の差があまりにも大きいため、テレシンコ社と契約を結ぶのではないかと、同系列のラス・プロビンチャスでは報じられています。

詳しくはわかりませんが、財政難に悩むクラブに一筋の光が見えた事になるんでしょうか。

No.2581 / 1233019272
マタがコメント
セビージャ戦
「僕らはセビージャとの重要な一戦に焦点を合わせないといけない。僕らには力があるし、昨日のリーガでの僕らに対するイメージをこのカップ戦で払拭したいと思ってるよ」

マジョルカ戦
「すごく後味の悪い試合だった。僕らにとって全てがうまく行かなかったんだ。チームの姿勢は良かったと思う。でもマジョルカは上手に試合を支配し、チャンスを生かしていた」

選手への批判
「評論家の意見が全ての選手に大して正しいとは思わない。グアイタは実力のあるGKだし、仲間からの信頼も得ているからね」

練習前のミーティング
「監督はミーティングで"敗北は私の責任だ。君たちには責任は無い。"と言ったんだ。ただ監督だってチームのこんなパフォーマンスに満足しているわけがない。相当悩み、苦しんでいると思う。攻撃面ではすごく良い感じになってると思うんだけど、守備面に関しては改良の必要があるからね。昨日の試合を分析して皆で話し合ったよ」

CL出場権
「今のバルサは誰も止められないレベルにあると思う。でも2位のマドリーとの差は詰められる範囲内だと思うんだ。今は少し離れちゃってるけどね。僕らにはまだCLの出場権を得られる位置につけていると思うし、この目標は何としても達成したいよ」

ビジャ
「ビジャは非常に重要なプレーヤーだ。攻撃面で多くのものをチームにもたらしてくれる。彼の不在はもちろん痛いけど、その代わりにモリエンテスや他の選手の武器を生かすチャンスだとも言えると思うんだ」

No.2580 / 1233017346
練習(1/26)
練習の最初に40分間という長時間のミーティングが行なわれました。内容は、ここまでのリーガで30失点という状態の改善方法について。エメリ監督も相当熱が入っていたようです。
その後、マジョルカ戦出場組は回復メニュー、不出場組にBチームからミチェル、カルロス・ダビド、ジャウメ・コスタ、アルトゥロ、リアウ、オルセンの6人を加えたメンバーで戦術練習とミニゲームを行ないました。出場組の中でパブロだけミニゲームにも参加しています。
ケガ人は現在7人。ビジャ、アレクシス、ホアキンはフィジコとのグラウンドでの調整。アルビオル、レナン、マドゥロ、シルバは室内での個別調整を行ないました。ビジャ、シルバ、マドゥロはセビージャ戦への出場が可能な見込み、ホアキンはギリギリまで様子を見ての判断、残り3人はアウトのようです。

27日は練習お休み。28日は10:30より非公開練習をし、午後セビージャへ向けて出発します。

No.2579 / 1232983648
レンタル組(+退団組)の活躍
ジギッチ(ラシン)今季3ゴール目
1部リーグ第20節:アウェーのセビージャ戦でチームの2点目となるゴールを決めました。
そのままラシンが0-2で勝利しています。
ジギッチは移籍後4試合で3ゴールです。セビージャを叩いてくれるなんて、なんとありがたい。

ミクー(サラマンカ)今季5ゴール目
2部リーグ第21節:アウェーのエルクレス戦で前半9分にチームの先制点となるゴールを決めました。
試合はその後点の取り合いとなり、2-2の引き分けに終わっています。

その他にバレンシア退団組のルベン・ナバーロ(エルクレス)、リカルド・オリヴェイラ(サラゴサ)、ディ・ヴァイオ(ボローニャ)らが週末のリーグ戦でゴールを決めています。
ディ・ヴァイオ、また決めましたよ。再びスポットライトが当たって嬉しいです。

No.2578 / 1232980502
U-17アル・アイン国際トーナメント・決勝
UAEで行なわれているU-17アル・アイン国際トーナメントの決勝:エスパニョール・フベニールB戦が25日に行われました。
前半43分にエスパニョールが先制するも、56分、83分と再びFWパコ・アルカセルが2ゴール。
1-2で逆転勝利し、見事に優勝を決めました。

準決勝に続いての大活躍で、パコ・アルカセルは5ゴールで大会得点王を獲得。
また、ブラスケスが4ゴールをあげる活躍を見せました。
ただ、大会MVPが最下位のホストチーム:アル・アインの選手というのがようわかりません。賞金の出し惜しみですか。

No.2577 / 1232979374
マジョルカ戦を終えてコメント
エドゥ
「今日起きた事について強く責任を感じている。後半に入ってから我々は良くなったと思うが、恐らく勝利を手に入れるほどの良いプレーではなかったのだろう。今重要な事は頭を下げない事だ。バレンシアはまだ何も失ってはいないのだから。
この悔しさを糧にして、木曜日の試合に生かしたいと思う。カップ戦では強さを維持しなければならないんだ」

アルビオル
「僕らは今季最悪のゲームをしてしまった。この試合の事は忘れてしまいたいよ。試合が始まってすぐに失点し、5分間で2点目と3点目を奪われたんだ。今となってはどうしようもないよ。マジョルカが危険な相手である事は知っていたのに、僕らは多くのミスを犯してしまったんだから。これを教訓にしないとね。
それと個人的には、同じ個所(ハムストリング)をケガしてしまった事も悔しい。今は次の国王杯の事だけ考えないといけないんだけど、僕がその試合に出る事は難しいと思う。奇跡でも起きない限りはね」

No.2576 / 1232977961
マジョルカ戦もろもろ
・ この敗戦でアウェー4連敗。開幕当初はクラブ新記録ペースで勝ち点を重ねていましたが、
  ここ9試合での勝点だけ見ると12位という結果だそうです。
・ 丸2か月、完封試合がありません。最後に完封したのは11/27のローゼンボリ戦。
  リーガではその直前のセビージャ戦まで遡ります。
・ さらに3戦連続3失点。DF陣にケガ人が...とか言うレベルではないと思います。
・ ビジャ不在のリーガの試合は6試合勝ち無し。
・ 「2点目のPKはエリア外でのファウルではないか」という事でまた誤審だ誤審だと地元メディアは騒いでいるようです。
  確かにエリア外だったけど。
・ さらに「3つのオフサイドを見逃した」とイトゥラルデ・ゴンサレスを叩いています。1点目は確かにオフサイドだったけど。
・ マジョルカ島へ向かう際に、選手たちを乗せた飛行機が乱気流に巻き込まれ、選手だけでなく
  同乗していた記者たちも相当怖い思いをしたようです。
・ 現在マジョルカ島で仕事をしているクーペル監督時代のGKコーチ、バシガルプが
  チームが滞在しているホテルを表敬訪問したそうです。

No.2575 / 1232841423
U-17アル・アイン国際トーナメント・準決勝
UAEで行なわれているU-17アル・アイン国際トーナメントの準決勝が22日に行われ、バレンシア・フベニールBはFWパコ・アルカセルの2ゴールにより、アフリカU-17選抜チームに2-1で勝利しました。
決勝戦は25日、対戦相手はマルセイユU-17を破ったエスパニョール・フベニールBです。

エスパニョールのカンテラと言えば、06/07のフベニール国王杯決勝でフベニールAが破れた事を思い出します。この敗戦で3冠達成できなかったんですよね。
今回は(年代が違いますが)その分の雪辱を晴らすいいチャンスじゃないでしょうか。期待しましょう。

No.2574 / 1232841036
マジョルカ戦に向けて18名招集
GK グアイタ、セサル
DF アルビオル、マルチェナ、ミゲル、モレッティ、デル・オルノ、マドゥロ、カルレト
MF アルベルダ、バラハ、エドゥ、パブロ、ビセンテ、マタ
FW モリエンテス、アングーロ、シルバ

セサルとカルレトが初招集です。なので左サイドがいっぱい。アルビオルやエドゥも復帰しています。
ビジャとホアキンは軽い負傷を抱えているため、セビージャ戦に向けて今回は招集を見送られました。

No.2573 / 1232840703
セサル入団プレゼンテーション
メスタージャのVIPルームでプレゼンテーションが行われました。契約期間は今季終了までの半年間。背番号は1をつけます。

今の気持ち
「私は17~18歳の若者のような気持ちでここに来た。チームに貢献したいと強く願っているし、その準備も出来ている。このユニフォームを着るからには責任を持ちたい。私には迷いなど何も無い。監督の求める役割を果たし、チームの力になりたい」

エメリ監督
「私は彼と話、ここでの私の役割をはっきりと理解し、ここに来た。私がバレンシアのユニフォームを着る最後の日まで、全ての人に信頼してもらいたい」

若手育成
「私の年齢であれば、若手選手にアドバイスをし、彼らの成長を助けるのは当然の事だ。私はこれまでのキャリアで常にそうしてきた」


フェルナンド副会長のコメント
「経験、個性、野心、リーガをよく知る男。彼は我々が求めていた要素を全て兼ね備えたGKで、当然レギュラー争いに参加する存在だ。うまくいけば、我々は契約を延長する事もできるだろう」

No.2572 / 1232702544
セサル・サンチェス獲得決定
トットナム所属のGKセサル・サンチェスの獲得が発表されました。
日本時間で本日20:15よりメディカルチェック、21:00より、プレゼンテーションが行なわれます。

No.2571 / 1232702200
審判協会会長がクラブに謝罪
ソリアーノ会長が審判協会のサンチェス・アルミニオ会長とスペインサッカー協会のビジャール会長と面会しました。
この席で、サンチェス・アルミニオ会長から国王杯セビージャ戦の誤審について謝罪がありました。また、ソリアーノ会長からビジャール会長に対して、先日の国王杯ラシン戦でのミゲルの審判への言葉をお詫びしました。ビジャール会長はミゲルへの厳しい処分に対し、異議を申し立てなかった事を評価したいとソリアーノ会長に伝えたそうです。

ソリアーノ会長
「我々は自分たちの意見を伝えた。今日の面会が、審判団のミスが減る事に繋がってくれるよう願っている」

No.2570 / 1232700385
国王杯・セビージャ戦を終えてコメント
マタ
「最終的に僕らは勝つことが出来た。シーズン当初のようにゴールを決めたいとずっと願っていたし、重要なゴールになって本当に良かった。終盤に再逆転出来た事で、優勝という目標が近づいた気がするよ」

バラハ
「マジェンコ主審が何を見てそういう判定を下したのかはわからない。試合中にはっきりとした説明をしてもらえていないからな。個人的には、彼は非常に高いレベルの審判だと思っている。それは彼のこれまでのキャリアを見ればわかるだろう。ただ今回はの件については、彼自身も正しく判断できるポジションに居られなかったのだろう」

フェルナンド副会長
「これは非常に深刻なミスだ。今週、ベルナベウで起きた誤審について多くが語られていたが、今回の誤審はそれよりもはるかに重大なミスであると思う。我々は審判団に技術の向上を要求したい」

エメリ監督
「我々にとって良い試合だったと言えるだろう。トータルで60分は我々が試合を支配していた。しかし、彼らの時間が30分あった。この時間帯にミスを犯しているようではダメだ。これはDFの問題やGKの問題ではない。チーム全体の問題だ。
誤審について?私はそれほど判断が難しいプレーではなかったと思う。審判は常に難しい判定を下さなくてはならない立場だが、このプレーに関しては誰の目にも明らかなものだった。ただ線審がそう判定し、主審もそう判定したのだから何を言っても仕方が無い。この失点が我々にとって大きな痛手とならないようにしたい。2ndレグを上手く戦えれば、審判のミスを悔やむ必要はなくなるのだから」

No.2569 / 1232542992
国王杯・セビージャ戦に向けて16名招集
GK グアイタ、サルバ
DF アルビオル、マルチェナ、ミゲル、モレッティ、マドゥロ
MF アルベルダ、エドゥ、バラハ、ホアキン、ビセンテ、マタ
FW ビジャ、モリエンテス、シルバ

レナンの負傷によりサルバが初めて招集されました。ミゲルもこの試合より出場停止が解けています。

No.2568 / 1232511940
U-17アル・アイン国際トーナメント・グループリーグ
UAEでフベニールBが頑張ってます。

UAEで行なわれているU-17アル・アイン国際トーナメントのグループリーグが20日に終わり、バレンシアフベニールBは
マルセイユに2-2、アル・アハリに2-3、UAE U-17代表に2-3の2勝1分の成績で、
マルセイユと同勝点、同得失点差、同得点の同点首位で決勝トーナメント進出を決めました。
アル・アハリ戦のMoMはこの試合で2得点あげたジョルディ・ブラスケス、UAE U-17戦のMoMはネメシオで
それぞれ1000ディルハム(約200ユーロ)の賞金を受け取っています。
決勝トーナメント1回戦(大会準決勝)は22日の予定です。

No.2567 / 1232412050
レンタル組(+退団組)の活躍
ジギッチ(ラシン)今季2ゴール目
1部リーグ第19節:アウェーのヘタフェ戦で先制点となるゴールを決めました。移籍後3試合で2ゴール。いいですね。
そのゴールが決勝点となり、ラシンは1-0で勝利しています。

ミクー(サラマンカ)今季4ゴール目
2部リーグ第20節:ホームのムルシア戦でチームの2点目となるゴールを決めました。
試合はその後ムルシアが逆転し、サラマンカは2-3で敗れています。

その他にバレンシア退団組のシスコ(ベティス)、ファリノス(エルクレス)、ディ・ヴァイオ(ボローニャ)らが
週末のリーグ戦でゴールを決めています。
ディ・ヴァイオ、今セリエAで得点ランクトップなんですね。
チーム総得点の3分の2を一人でたたき出しているという活躍ぶりです。

No.2566 / 1232377506
国王杯応援しに来てねキャンペーン
「Conservar la Copa es cosa de todos. !Ven a Mestalla!」(カップを渡さない事が使命だ。メスタージャに来てくれ!)

クラブはこんなスローガンを出して、客入りの悪い国王杯のキャンペーンを始めました。
セビージャ戦のチケットは一番安い席で5ユーロ(700円/会員価格)。一番高いゴール裏でも15ユーロですよ。
とにかく客席を埋めてチームをサポートしようというわけですね。

以下リンクが選手たちが出演するキャンペーンビデオ。なんか、普段の数倍増でみんなカッコよく映ってます。
http://www.valenciacf.com/export/system/modules/es.valenciacf.comun/resources/_media/ReproductorServicios.swf?XmlUrl=/es/Servicios/_data/ReproductorMultimedia.xml?reprod=/contenidos/Actualidad/Noticias/2009/01/Noticia_17128.php&PlayerUrl=/export/system/modules/es.valenciacf.comun/resources/_media/PlayerPequeno.swf

No.2565 / 1232376938
練習(1/19)
試合から一晩明けて、ビルバオから戻りました。バレンシアについて落ち着く間もなくすぐに練習です。

試合に出場した選手たちは回復メニュー。
出なかった選手たち+アルビオルはポゼッションの練習とミニゲームを行いました。

レナンの負傷もあり、BチームからGKサルバが合流。
そのレナンはMRI検査を受けた結果、右足大腿直筋に小さな断裂が見つかったとの事。
国王杯セビージャ戦はもちろん無理です。
ビジャがハムストリングに違和感を訴え、レナンと共に理学療法による治療を受けました。
アトレティック戦の途中交代もビジャがエメリに要求したものだそうです。
そしてアトレティック戦で右肩を痛めたモリエンテス。まだ違和感が残っているとの事です。
右肩と言えば一年前に脱臼した箇所ですし、心配です。

数少ない朗報はアレクシス。ガッツリ走れる状態になってきました。復帰が待ち遠しいですね。
1/20の練習は非公開です。

No.2564 / 1232376092
アトレティック戦もろもろ
・ 今回の敗戦でアトレティック戦は5試合勝ち無し。ちょっぴり相性の悪い相手になりつつあります。
・ 試合前日、滞在中のホテルに押し寄せたファンからの一番人気はやっぱりビジャ。
  次いでバスク人のエメリ監督とデル・オルノだったようです。
・ そのビジャはこの試合も含めてサンマメスで4試合5ゴール。相性の良いスタジアムと言えるかもしれません。
  交代時にはアトレティックファンから拍手が起こってましたね。
・ しかしアトレティックのジョレンテはもっと上。サンマメスでもメスタージャでもバレンシアには強く、7試合で6ゴール。
・ 「モリエンテスはUNIBETを忘れた」モリエンテスだけ何故かユニフォームにUNIBETのロゴがついていませんでした。
  ハーフタイムに気がついたのか後半はくっついてました。
・ 放送内でも散々言われてましたが、グアイタはこの試合がリーガデビュー。
・ スタンドにミチェルの横断幕が2つ。「ミチェル、お前はクラックだ」「ミチェル、お前はいつもエレガントだ」
  この間もミチェルの横断幕出てましたよね。いい友人に恵まれているんでしょう。

No.2563 / 1232246928
アトレティック戦に向けて18名招集
GK レナン、グアイタ
DF クーロ・トーレス、マルチェナ、モレッティ、デル・オルノ、マドゥロ
MF アルベルダ、フェルナンデス、ウーゴ・ヴィアナ、ホアキン、パブロ、ビセンテ、マタ
FW ビジャ、モリエンテス、アングーロ、ミチェル

No.2562 / 1232172694
練習(1/16)
と言ってもこの日は練習お休みの日でした。

でしたが、アトレティック戦に向けて16名の選手が自主的にパテルナ練習場に来て汗を流したそうです。
過密日程で体がキツイところでしょうが素晴らしい!

本日17日の練習は非公開の予定です。

No.2561 / 1232094690
アトレティック戦に向けて
アレクシス・・・恥骨炎。
アルビオル・・・右足ハムストリングの筋収縮。
マドゥロ・・・右足ハムストリングの筋収縮。
カルレト・・・左ヒザの捻挫。
ミゲル・・・出場停止。

DF陣で試合に出られる選手はモレッティ、マルチェナ、デル・オルノ、クーロの4人だけ。
しかもモレッティは胃腸炎から復帰したばかり。
Las Provinciasの予想だと、DF陣は左からモレッティ、マルチェナ、アルベルダ、アングーロ、
もしくはモレッティがセンターで左にデル・オルノとなってます。
チモ・ナバーロを招集するのではないかとも書かれており、この状況でもクーロは出られなそうです。

攻撃陣ではバラハが出場停止、エドゥが臀部の負傷、さらにシルバが左足首の打撲&右足ハムストリングの過負荷。
アルベルダがDFをやるとなるとピボーテも余裕ないですね。

さて、アトレティック戦の主審はメヒア・ダビラです。
マルチェナ、デル・オルノ、アルベルダあたりはカード出されそうな感じです。

No.2560 / 1232066151
フベニールBがUAEへ遠征
1/15~25の日程で行われるU-17アル・アイン国際トーナメントに出場するため、フベニールBがUAEに遠征しています。

このトーナメントはUAEのアル・アインFCが主催の大会で、優勝賞金は20000ドル。
全8チームの出場で、スペインからはエスパニョールのU-17も招待されています。

グループA:アル・アインFC、ラハ・カサブランカ(モロッコ)、RCDエスパニョール、U-17アフリカ選抜
グループB:UAE U-17代表、アル・アハリ(エジプト)、オリンピック・マルセイユ(フランス)、バレンシア

大会日程を見つけられなかったのですが、バレンシアの初戦の相手はオリンピック・マルセイユだそうです。

No.2559 / 1231985192
ミチェルとチモ・ナバーロが契約延長
今季トップチームデビューを果たしたBチームのFWミチェルとMFチモ・ナバーロがクラブとの契約を延長しました。

2人ともこれまでのクラブとの契約は2010年6月までのアマチュア契約でしたが、今季のBチーム&トップチームでの活躍が認められ、晴れて2013年6月までのプロ契約を勝ち取りました。
ミチェルにはエスパニョールから、チモ・ナバーロにはチェルシーからそれぞれオファーが届いているという噂がありましたが、これで2人の引き抜きも防げそうです。

No.2558 / 1231984602
国王杯・ラシン戦を終えてコメント
エメリ監督
「このラウンドを通過できて非常にうれしい。我々は非常に素晴らしい対戦相手に対し、誇れるだけの努力をした。勝つために延長戦まで戦わなければならなかったのだから。
今日はレナンを称えたい。彼はこの重要な試合での2度のファインセーブを見せた。我々は彼に救われた。ただ、我々の時間帯もあった。決定的な場面の数を比べたら互角だが、チャンスの数だけでいえば我々の方が上回っていたと思う。
次の相手セビージャとの2戦もまた違った難しい戦いだ。彼らはデポルに対してあれだけの強さを見せた。UEFAカップで敗退し、リーガと国王杯に専念できる事も彼らにとって有利かもしれない」

ラシンのムニス監督
「サッカーには説明できない事もある。我々が何故このラウンドで敗退したかわからない。我々が見せたイメージは非常に良かった。それでもこのコンペティションから去らなくてはならない。これが現実だ。
我々はこのラウンドを突破する力があった。しかし、こういった事はほんのわずかな要素で決まってしまうものなんだ。
延長戦の戦い方を間違えたのだろう。長いことバレンシアを抑えていたのに2点目を取られてしまったのが痛かった。
私は選手たちを褒めたいと思う。ただゴールだけが足りなかっただけで、その他は全てうまく行っていたのだから。
胸を張ってこのコンペティションから去ろうと思う」

No.2557 / 1231897479
国王杯・ラシン戦に向けて18名招集
GK レナン、グアイタ
DF マルチェナ、モレッティ、デル・オルノ、マドゥロ
MF アルベルダ、フェルナンデス、バラハ、ホアキン、パブロ、ビセンテ、マタ
FW ビジャ、モリエンテス、アングーロ、シルバ、ミチェル

DF陣総動員ですね。先日のコメント通りRBは今回もアルベルダとなりそうです。
国王杯はベンチ入りできるのが16名までなので、ここから2人外れます。

No.2556 / 1231897371
ビジャが世界のトップ10に
2008年度のFIFA World Player of the Yearが1/12に発表されました。

優勝(受賞者)は皆様ご存知の通りC・ロナウドですが、我らがビジャも37票を集め、イニエスタと並んで9位にランクインしています。また他のスペイン人選手では、トップ10の中に3位のトーレスを筆頭にシャビ、カシージャスも選ばれています。

No.2555 / 1231896712
フットボール・ドラフト09
FUTBOL DRAFT社が毎年選定している16~21歳のスペイン人選手を対象としたベストイレブンの候補132人の中に、バレンシアのカンテラ選手が多数ノミネートされました。

GK部門 アドリアン・ジューナ(カデテA)
センターバック部門 リージョ(レンタル中)
攻撃的MF部門 マタ
攻撃的MF部門 イスコ(フベニールB)
右MF部門 モントーロ(レンタル中)
左MF部門 チモ・フォルネル(Bチーム)
右FW部門 シーフォ(フベニールB)
FW部門 セルジ・ガルシア(フベニールA)
FW部門 パコ・アルカセル(カデテA)

この賞は、一年を通じて最も輝いた選手を各ポジションごとに3人選び、金銀銅メダルを授与するものです。132人から一次投票で77人に、二次投票で55人に、三次投票で44人に絞り、最終投票で33人が選ばれます。
昨年はマタが攻撃的MF部門で金メダルを獲得しています。

No.2553 / 1231855132
各国代表発表
スペインU-17代表
1/19~21に行われるU-16代表との合同代表合宿に向けたスペインU-17代表に
フベニールBのFWポルトゥが選ばれました。代表初招集です。

スペインU-16代表
1/19~21に行われるU-17代表との合同代表合宿に向けたスペインU-16代表に
カデテAのMFファン・ベルナトが選ばれました。

No.2552 / 1231854531
ソレール元会長がコメント
ソリアーノ会長のコメントを聞きましたか?
「いや聞いていない。なぜなら私は何一つ心配などしてないからだ。私はソリアーノを信じている」

あなたの下で働いていた3人の理事が反旗を翻したのですが。
「その3人がとった行動が私の指示だとでも?バレンシアの理事は9人のメンバーで成り立っており、その中にたまたま私が知っている人間が3人居る。ただそれだけの事だ。偶然の一致だよ」

本当に偶然なんですか?バレンシアを再び取り返したかったんじゃないですか?
「とんでもない!もし私が本当にバレンシアを取り返すつもりなら、役員会に私の知ってる人間を5人送り込むと思わないか?当時は私が筆頭株主であったし、そうする事も可能だったんだ。それをそうしなかった。たとえばロセージョ、オルメド、ムニョス(当該の3人の理事)が私の手下だったとしても、取締役会での勢力は3対6なんだ!そんな当たり前の事もわからずに質問しているんだとしたらおまえは気が狂っている。私を陥れるつもりなのか」

ではどのくらいの期間、ソリアーノ体制が続く事を保証できますか?
「繰り返すが、私はもうバレンシアをコントロールしようとは思わない。バレンシアと共に過ごした時間はもう忘れたんだ」


逆ギレしとりますよ。自分から訳しといてなんですが気分悪いっすわ。

No.2551 / 1231814682
緊急取締役会を終えてコメント
ソリアーノ会長
「私は全てのバレンシアニスタに明確なメッセージを送るため、この場を設けた。
まず最初に、何よりも大事なものはバレンシアだ、という事をはっきりさせておきたい。
そして次に、私は会長の仕事を投げ出さない事を約束する。
もし私が、自分の能力にわずかでも疑問を持っていたり、自分たちが今行っている仕事がクラブのために良くないものであると感じたなら、そのときは真っ先に責任をとってクラブを去るつもりだ。しかし、今の私はそんなことを危惧してはいない。私は希望に満ち溢れており、全てのクラブ役員から絶対的に支持されていると感じている」

「私が会長に就任した時、我々役員はクラブの経済状況がどんな状態であるかを知っていた。その状況は現在も非常にデリケートなままだが。
そして私には2つの選択肢があった。ひとつはクラブのベストプレーヤーを売却し、負債を減らす代わりにチームのレベルを落として強豪クラブとしての位置づけを諦める事。
これに関しては役員からも幾度と無く"クラブの全社員を守るためにもそうするべきだ"との忠告を受けた」

「しかし私は、もうひとつの選択肢を選ぶことにした。我々にとって最初の選択肢よりも険しい道だが、私はこの道を進む事がバレンシアにとって必要であるとポジティブに考えている。
我々のスタープレーヤーを売る事無く前へ歩き出すんだ。我々は強いバレンシアで有り続ける。
もちろん最終的には選手を売買する方法があるという事も頭に入れておかなければならないのは確かだ。だが、今はまだその時ではない。その前に私が努力し、苦労しなければならないのだ。一睡もできない夜がどれだけ続いたとしても。
私は会社をまとめる立場だ。だがそれと同時に、数百万人のファンに希望を与える存在としてもいなくてはならない。希望を失ってしまったら我々には何も残らないのだから」

「我々がしているハードな仕事は今、少しずつだが実りつつある。我々は必ず成功を収めるつもりだ。
だが、もし他の解決策を提案できる者が居れば、このプロジェクトに招待したい。我々はどんな意見にも耳を傾けるだろう。
今のバレンシアは既存の凝り固まった方法だけでは再生できない。受けられる全てのサポートを必要としているんだ」


取締役会の開会を求めたベンハミン・ムニョス理事
「今日の取締役会でのソリアーノ会長の説明で、我々には充分バレンシアを運営していく力があるという事を確認できた。
我々にとって最も重要な事がバレンシアであるという事も確認できたし、会長との距離も非常に近くなったと思う。今日の会長の説明に大変満足している」

No.2550 / 1231769436
ソレールがクラブにちょっかい
フロント内のソレール元会長派閥の人間が、クーデター(ソレールの会長復帰)を企て、緊急取締役会を開くよう会長に要請したようです。

開会の理由は「クラブの経営悪化」。
ソリアーノ会長就任以降クラブの経営が悪化してる事の責任を取って辞めろ、という事らしいです。でもこれはあくまでも建前上で、本音は一枚岩になりつつあるバレンシアが面白くないんでしょう。ソレールは昔からそういう男です。

結局ソリアーノ会長になってからも借金が減らないのは、ソレール時代の借金の利息が強烈な事が原因なんですけどね。それをソリアーノ会長は、選手を売らずに、頭と体と時間をかけて減らしていこうと頑張っているわけですよ。
ではソレールが会長に復帰したら、迷わずビジャ&シルバは売られるでしょう。しかも交渉下手なこの男の事、今季開幕前に提示された金額より遥かに安い金額で叩かれるはずです。

もしソレールがクラブに戻ってきたら...再びチーム崩壊でしょうね。
今度こそ破産も有り得ると思っています。たとえビジャとシルバを売ったとしても。

緊急取締役会は今夜開かれます。
良識ある他のクラブ役員が正しい判断をしてくれる事を祈ります。

No.2549 / 1231768195
パブロがコメント
チームへの貢献
「UEFAカップでは良い感触を得てたんだよ。なのに、コンディションが上がってきたところでケガしてしまったんだ。でも、ようやく全体練習に復帰できた。すごく高いモチベーションと共にね。
今は毎日一生懸命練習しているし、すぐ出場機会が戻ってくると信じているよ」

国王杯ラシン戦
「チャンスが来るとしたらカップ戦からだと思ってる。これまでもカップ戦ではチャンスを貰えているからね。
僕の希望は連続して試合に出る事だ。全てのチャンスを生かして、僕を起用するメリットを示したい」

No.2548 / 1231768019
メディカルレポート(1/12)
1/12は練習お休みでした。

カルレト
先日の練習で負傷した左ヒザのMRI検査を受けました。
検査の結果、大事にはいたらず数日で全体練習に復帰できるだろうとの事です。

シルバ
先日の練習後に右足ハムストリングに痛みを訴えたそうで、検査の結果、筋肉の過負荷との事。
こちらも数日で練習に復帰できるようです。

No.2547 / 1231766271
アレクシスがコメント
復帰願望
「仲間の元に戻りたい。皆と一緒に練習したいんだ。僕にはチームを助けたいという強い願望がある。試合に出られる日がすごく待ち遠しいよ。でも、今は我慢の時期だという事も理解してる。ケガする前のレベルを取り戻さないとね」

リハビリの様子
「幸運な事に順調に進んでいるんだ。今は毎朝、パテルナでドクターの組んだリハビリメニューをこなしている。すごくきついメニューだけど、回復している事が実感できるから、励みになるよね。
あと10~12日ほどでピッチに出てジョギング出来るようになると思う。そこからまた新たなリハビリメニューが組まれるんだ」

チームの状態
「ファンタスティックだよ。今のチームは良い試合を提供しているし、ファンもそれを楽しんでると思う。リーグ戦で順位表の上の方に居る事はとても重要な事だ。この良い状態をずっと続けて行けるようにしないとね」

カップ戦
「国王杯は次のラウンドへ進むための努力が必要だ。そして最後にメスタージャでタイトルを防衛したい。もちろんUEFAカップでも勝ち進みたいと思ってるよ。すごく魅力的なコンペティションだしね」

No.2546 / 1231688513
練習(1/11)
ビジャレアル戦に出場したメンバーは回復メニュー、出てないメンバーでロンドを行ったようです。
ビジャレアル戦で途中交代したアルビオルは右足ハムストリングの筋収縮との事で、アレクシスと共に別メニュー。モレッティは胃腸炎だったようで、今日の練習は欠席。また、ビジャレアル戦でヒーローになり損ねてしまったエドゥも試合後に臀部に痛みを訴えて、今日の練習を欠席しました。
さらにカルレトが練習中に左ヒザを捻挫し、練習を途中で切り上げました。明日、検査を受ける予定との事です。

No.2545 / 1231687721
ビジャレアル戦を終えてエメリ監督がコメント
試合分析
「我々と相手チームの双方が多くのオプションとエキサイティングなプレーを見せ、非常に面白い試合になったと思う。
2-0となった後も彼らの攻撃は非常に脅威だったし、それに対する我々のカウンターアタックも相手にとって脅威だったはずだ。
相手の2つのゴール(フエンテス、ジョレンテ)は残念なものだが、両チームが良いプレーを見せた事を考えると引分は誇れる結果だ。ただ、ホームで勝てなかった事については反省したい」

PKの判定について
「PKかどうかを判断するのはどんな試合でも非常に難しい事だ。そして私は審判と言う仕事も非常に難しい物だと思っている。主審がPKだと判定したのであれば、私はそれ以上何も言う事はない」

アルベルダのサイドバック起用
「この試合で皆さんが唯一感じた違和感が彼のポジションだったと思う。チームには他の選手を起用するオプションもあったが、我々は最終的に彼に賭けた。
誰を起用するか検討した際、このポジションを務めあげるための唯一の必要な事が、このポジションでプレーしたいという意志があるかどうかという事だった。例えばチモ・ナバーロはBチームでも好調だし、クーロも練習ではポジティブな要素を見せている。しかし、彼らは今話したこの点で数ステップ欠けていると判断した。
結果的にアルベルダは非常に良い仕事をし、チームを助けてくれた。もっとチームとして機能させるため、水曜の重要な試合でもこのまま起用していきたいと思う」

No.2544 / 1231687589
ビジャレアル戦を終えてコメント
バラハ
「ファーストタッチが先制点になったのはラッキーだった。そしてこの1点で自信を得た俺達は、あっという間に2点目を決めた。前半はそのまま俺達のペースだったと思う。ハーフタイムの時点でビジャレアルは試合の流れを変える事、俺達は試合をそのまま終わらせる事がミッションだった。
だが、それを理解していたのに俺達はそれを成し遂げられなかった。最終的に勝点1しか得られなかったんだ。
一般的に今日の俺達の出来を考えたら勝利に値したかもしれない。ただ、ビジャレアルも俺達と同じだけのチャンスを作り出し、クオリティを保っていた。だから引き分けで妥当なのかもしれない」

No.2543 / 1231572397
エメリ監督がコメント
ちょっと時間がないので、ざっと。

ミゲルの代わり
「我々はクーロというRBが本職のプレーヤーをオプションとして持っている」

練習でのCBのコンビがアルビオルとマドゥロだった事について
「そのポジションでプレー出来る選手は全員がオプションのひとつだ。練習では確かにその2人だったが、マルチェナも当然重要なオプションである。ただ、実はマドゥロが膝に違和感を訴えているんだ...」

ウーゴ・ヴィアナについて
「彼のチーム内での態度や練習に臨む姿勢は非常に素晴らしい。ただ我々のチームには彼のポジションでプレーできる選手がたくさん居る。なので、もし彼が充分なプレー時間を得たいと思うなら他のチームを探す必要がある。
もし彼が移籍先を見つけてきたら、我々は何の障害もなく彼を送り出してあげるつもりだ」

カルレトについて
「もう少しチームに適合する必要がある。とはいえポテンシャルは非常に素晴らしいので、出来るだけ長くバレンシアの選手で居てほしい」

No.2542 / 1231572071
ミゲルの処分
スペインサッカー協会からミゲルに対し国王杯1試合+リーガ2試合の、合計3試合の出場停止処分が言い渡されました。
審判への暴言に対する処分は実質2試合分、まぁ妥当じゃないでしょうか。

というわけで、チームはいきなり今夜(日本時間で明日未明)のビジャレアル戦のDFラインに頭を悩ませています。
エメリ監督は会見で「そのポジションにはクーロが居る」と発言している事からクーロの起用が濃厚となっています。

No.2541 / 1231514558
UEFA.comの2008年ベストイレブンに3選手がノミネート
UEFA.comのサイト内で行われている「一般ユーザーが選ぶ2008年のベストイレブン」にて、CB部門の候補にマルチェナ、LH部門の候補にシルバ、FW部門の候補にビジャがノミネートされています。
1/12が投票の締切なので、良かったら皆さんも投票してみてください。

サイト内の記事で「サネッティが選ぶベストイレブン」「アグエロが選ぶベストイレブン」「メッシが選ぶベストイレブン」ってのがあるんですが、
メッシがクリスチアーノ・ロナウドを選んでいないというね、何ともまぁ。

No.2540 / 1231513649
ヘスス・ガメスに興味
クラブはマラガ所属の攻撃的RB、ヘスス・ガメスの獲得を目指しているようです。

スカウト陣が1年程前からレポートをまとめて獲得リストに名前を載せていたそうで、今季開幕前の獲得も検討していたようですが、エメリ監督以下コーチ陣が「もう少し1部リーグの経験を積んでもらって今季終了時に」と判断し、オファーを見送りました。
しかしここに来て、クーロ・トーレスの出来がエメリ監督の期待に添えていない事もあり、半年間のレンタル+買取オプション付きのオファーを出したそうです。

これに対し、マラガはレンタルの移籍金500万ユーロ+買取オプション100万ユーロという条件を出してきました。今のバレンシアにはちょっと厳しい金額のため、交渉がだいぶ難しい状態になっているようです。

No.2539 / 1231512277
フェルナンドとウーゴ・ヴィアナが会談
アトレティコ戦が行われた日、フェルナンド副会長とウーゴ・ヴィアナが会談の席を設けていました。

その席でフェルナンド副会長からヴィアナに対して、エメリ監督の構想外だという事と、2つのクラブからオファー(ステアウア・ブカレスト/ROM からレンタルでの獲得、PAOKサロニカ/GRE から完全移籍での獲得)が来ている事が伝えられましたが、ヴィアナ自身にスモールクラブでプレーする意志がないとの事で、結局破談となったようです。

これまではジギッチと同様にカップ戦での出場機会はありましたが、今後はローテーションする余裕も無くなってきますし、今まで以上に出番が無くなるかもしれません。
そう考えると退団がヴィアナにとっては良いのでしょうが、どちらのクラブに行っても代表招集が遠ざかってしまうような気もします。難しいところですね。

No.2538 / 1231490226
練習(1/8)
サンタンデールから戻って数時間、昼12時からの練習でした。
アレクシスとミゲルは室内ジムでの調整、その他のメンバーでウオーミングアップから練習スタート。
その後、昨日の試合に出場した選手たちは、いつも通り回復メニュー。
試合に出てない選手たちはハーフコートでミニゲームを行いました。

この日、Bチームがベルギーのスタンダール・リエージュとの練習試合を行なったようで、カルレトはそちらに参加。
また、先日加入したと報じられたノルウェー人ストライカーのオルセンもこの試合に出て、
いきなり2ゴールの活躍を見せています。

No.2537 / 1231489221
ポルトガルU-19代表発表
1/12~13で行われる代表合宿に向けたポルトガルU-19代表にフベニールAのマリオ・ルイが選ばれました。

No.2536 / 1231389944
国王杯・ラシン戦を終えてコメント
エドゥ
「僕らは争いをするためでなく、状況を整理して自分たちの意見を伝えるために審判に近づいたんだ。そしたら突然イエローカードを提示された。僕は一言も発していないのに...。
ミゲルへの1枚目のイエローはとても厳しい判定だったと思う。アレがなければ2枚目もなかったと思う。
試合に関してはドローで妥当だろう。難しい試合になる事ははじめからわかっていた。リターンマッチも難しいとは思うけど、このラウンドを通過する自信はあるよ」

ミゲル
「退場宣告を受けて熱くなってしまった。あの時の自分の態度をお詫びしたい。すごくショックを受けていたからこそ出てしまった行動なんだけど、あんな態度をするべきではなかった。言い訳はしないよ。
審判とアシスタントレフェリーに対しても既に謝罪し、後悔している旨を伝えた。もちろんチームメイトにも謝った。
僕はスポーツマンだし、普段ならこんな行動はとらない。だからあの時の自分の精神状態を理解できないんだ」

エメリ監督
「非常に激しい試合となった。相手がPKを外したことを考えるとドローという結果は公正だ。2つのチームの出来は五分五分だったと思う。
彼らの方が我々よりも勢いがある時間帯もなかったわけではないが、相手チームのホームなんだから当然だ。
ミゲルの退場について?きっと主審にも線審にも判断の難しいシーンだったんだろう。ただミゲルは判定が間違っていると信じていたからこその行動だったんだと思う。彼に特別なペナルティ等を科すつもりはない」


ジギッチに関して・・・
ラシンがバレンシアに1試合あたり12万ユーロ払えばバレンシア戦に出場可能という契約になっているそうです。
1stレグでバレンシアがアウェーゴールを奪っていることもあり、2ndレグでは試合に出てくるかもしれませんね。

No.2535 / 1231255243
エスパニョールがミチェルに興味
エスパニョールが今季トップチームデビューしたFWミチェルの獲得を目指しているそうです。

現在、エスパニョールのスカウトを務めているホセ・カルロス・グラネロ(元バレンシアの選手・元アリカンテの監督)が3年前からミチェルに注目している事を、先日放送された現地ラジオにて明言しました。
また、弟のロベルト・グラネロがブルハショットの監督時代にミチェルを指導していた事も影響しているようです。

正式なオファーが来た場合、クラブはこの話を拒否するつもりだそうですが、クラブとミチェルの間にある2010年6月までの契約がアマチュア契約のため、現状では移籍金10~15万ユーロで引き抜かれてしまうとの事。
そのため、フェルナンド副会長がミチェルとプロ契約を結ぶ段取りを始めました。今季終了時までには何らかの動きがあると見られています。

まぁミチェルがバレンシアから離れる事はないでしょう。
念願のトップデビューを飾ったばかりですし、本人が退団を希望するとは思えません。

No.2534 / 1231252010
国王杯・ラシン戦に向けて16名招集
GK レナン、グアイタ
DF アルビオル、マルチェナ、ミゲル、デル・オルノ
MF アルベルダ、フェルナンデス、エドゥ、パブロ、ビセンテ、マドゥロ
FW ビジャ、モリエンテス、アングーロ、シルバ

パブロが復帰しました。バラハが不在なので4-4-2もしくは4-2-3-1でしょうかね。シルバに無理をさせたくないところです。
DF陣はこの4人で決まりでしょう。
カルレトに注目が集まっている今だからこそ、デル・オルノには頑張ってもらいたい。
モレッティが呼ばれてませんが、練習には元気に参加してるようなので単純にお休みです。

No.2533 / 1231251409
練習(1/6)
10:30から負傷中のアレクシスを除く全員での練習となりました。
ウオーミングアップの後、2つのグループに分けてそれぞれロンドとミニゲームを行いミーティングで締めるといった内容。
Bチームからミチェルも参加しています。
アトレティコ戦の完勝の効果ですごく良いムードの中で行われたようです。

サンタンデールへの出発は明日7日の10:30。
約2時間のフライトで、バレンシアに戻ってくるのは翌8日の明け方の予定です。

No.2532 / 1231139638
マドゥロがコメント
アトレティコ戦
「アトレティコは直接のライバルだからね。彼ら相手にホームで勝てたという事はもちろん、練習の通りにチームが機能した事も良かったよ。僕らは上手にペースを握り、試合を支配した。特に中盤の構成は完璧だったはずだ。自信を持ってプレーしたから巧くいったのかもしれないね」

国王杯
「アトレティコ戦の勝利が僕らの自信を深めてくれたよ。このままの勢いでラシン戦でも良いプレーを続けたいな。でもそれとは別に、土曜にビジャレアル戦が控えている事も頭に入れておく必要がある。ラシン戦に集中するのはもちろんだけど、ビジャレアル戦に向けた準備も進めなくちゃね」

自身の状態
「僕個人はすごく調子が良いよ。でもまだ自分の限界点に到達したとは思ってないけどね。シーズン序盤はすごく厳しい状態に置かれていたけど、チームの力になりたいという思いは常に持って練習に取り組んでいた。だから出場機会も徐々に増えていったし、監督からの信頼も勝ち取ることが出来たんだと思う。
今はこうしてプレーできているし、すごく幸せだよ。今の僕はバレンシアの事しか考えられないんだ」

DFとしてのプレー
「一番大事なことはチームを助けることだ。だからセンターバックをやる事に関しては何の問題もないよ。ただサイドバックはちょっと遠慮したいけどね」

No.2531 / 1231139592
練習(1/4)
11時からの練習でした。
全体ミーティングの後、アトレティコ戦出場組は回復メニューを、試合に出てないメンバーは国王杯ラシン戦に向けた戦術練習を行いました。出場組の中でホアキン、アルベルダ、アルビオル、ミゲルは負傷中のアレクシスと共にジムで調整したそうです。
またパテルナ練習場には、アトレティコ戦の快勝の効果もあってか雨にも関わらずファンが練習場に集まったとの事。

1/5は練習お休みです。

No.2530 / 1231139507
アトレティコ戦を終えてコメント
ビジャ
「完璧っすね。イメージ通りの試合が戦いが出来ました。またチームの状態は上がってきてると思います。でも今日だけじゃなくこの後もこの調子を維持していかないとっすね。簡単に勝たせてくれる相手なんて居ないわけですから」

エメリ監督
「この1週間のトレーニングを通じて、チームがアグレッシブにプレーし、勝利という結果を得る力があることはわかっていた。今日の試合では、想定していたとおりの事が行われたという事だ。
シルバ、ミゲルもマドゥロもよくやってくれた。ただ、今日の結果は彼ら個人の力ではなく、チームとしてやるべき事をやった末の結果だと思っている。
今日のアトレティコは戦い方を間違えたと言える。結果的に我々の長所が、彼らの短所に勝ることになった。ただ、この勢いをすべての対戦相手に対して維持し続けなければならない」

アトレティコのアギーレ監督
「おそらく彼らの方がこの一戦に対する気持ちが強かったのだろう。2-1になった時は我々にも追いつけるチャンスがあったと思うが、結果的に自分たちのミスから失点してしまった。チャンスの生かし方を知っている彼らの前でこういったミスをしたらこのような結果になるのは当然だ」

No.2529 / 1231017112
アトレティコ戦に向けて18名招集
GK レナン、グアイタ
DF アルビオル、モレッティ、ミゲル、デル・オルノ
MF アルベルダ、バラハ、フェルナンデス、エドゥ、ホアキン、ビセンテ、マタ、マドゥロ
FW ビジャ、モリエンテス、アングーロ、シルバ

どう考えても1トップしかありえない招集メンバー。
ただ休みを挟んでだいぶケガ人が戻ってきたようですね。マルチェナが出場停止です。
ちなみにアトレティコはキャプテンのマキシが負傷のため招集を見送られています。レンタル中のバネガは契約上出られないみたいです。

No.2528 / 1230956559
カンテラの市場評価
スペインのナバーラ大学が発表した欧州サッカークラブのカンテラ市場評価ランキングで、バレンシアのカンテラチームが3220万ユーロで9位にランクインしました。
このランキングはチーム内のカンテラ出身選手(16~21歳の間に3年以上同チームに在籍した選手、たぶん)の市場評価を合計したものだそうです。
ヨーロッパ全体で9位ならなかなかじゃないですかね。ちなみにスペインのクラブとしては4番目の評価。トップ10は以下の通りです。

1. バルセロナ 1億8720万ユーロ
2. レアル・マドリー 8090万ユーロ
3. ASローマ 5480万ユーロ
4. マンチェスター・シティ 5080万ユーロ
5. エスパニョール 5010万ユーロ
6. リヴァプール 4730万ユーロ
7. リヨン 4460万ユーロ
8. マンチェスター・ユナイテッド 4070万ユーロ
9. バレンシア 3220万ユーロ
10. シュツットガルト 2930万ユーロ

No.2527 / 1230948153
エメリ監督がコメント
アトレティコ
「敬意を持つべき偉大なチームだ。素晴らしいダイナミクスがあり、特にオフェンスに関してはかなり高いレベルにあると言える。さらに彼らは現在我々と同じだけの勝点を得ており、さらにチーム自体が上り調子だ。彼らとの一戦は難しい試合となるだろう。だが我々はこの試合から再び勝利の道を歩き出したいと思っている。メスタージャのファンがスタンドから我々をサポートしてくれる事を願っている」

1月の一ヶ月間
「1月は非常に重要な月だ。そして我々はこの1ヶ月に向けて徹底的に準備を進めている。新年から折り返しまでのリーグ戦3試合で、CL出場権を争う直接のライバル2チームと戦うが、この2チームとの対戦はホームでの試合だし、我々は両方の試合に勝ちたいと思っている。

冬の移籍期間
「今チームに居るプレーヤーに私は満足している。いろいろな噂が出ている事は知っているが、私は何も信じない」

No.2526 / 1230800883
年末年始ニュースまとめ
・ジギッチがラシンに半年間のレンタル移籍。
・トッテナム・ユース所属の19歳のノルウェー人MF(トッテナムではFW登録)オルセンを獲得。
・カステジョン所属の26歳のDFデアルベルトを獲得したい?
・ポーツマスがエドゥに興味?
・エジプト人モハメド・ジダンがバレンシアに行きたいと発言
・今季の国王杯の決勝がメスタージャで行われる事が決定
・休み明け早々にホアキンのフェラーリが故障&そのせいで練習に遅刻

こんなとこですかね。取り急ぎ追いつかないとなもんで。

« 2008年11月~12月のニュース 2009年3月~4月のニュース »

VCFJapan.org

El Rat Penat

スペインのサッカークラブ
バレンシアCFを応援する
ウェブサイトです。