バレンシアCF応援サイト VCFJAPAN.ORG バレンシアCF応援サイト VCFJAPAN.ORG

VCFJapan.org is the forum for Valencianistas in Japan.

Navigation
Valencia CF

VCF News

2008年11月~12月のニュース

2010年2月のリニューアル前の当サイトのニュース記事のログです。
No.の右の10桁の数字はその記事の更新日時(UNIXTIME)です。

No.2525 / 1229145025
エスパニョール戦に向けて18名招集
GK レナン、グアイタ
DF アルビオル、マルチェナ、ミゲル、デル・オルノ、モレッティ
MF アルベルダ、バラハ、フェルナンデス、マドゥロ、ホアキン、ビセンテ、マタ
FW ビジャ、モリエンテス、シルバ、ミチェル

シルバがついに復帰しました。ただいきなりのスタメン出場はないでしょう。
先日のバルサ戦でアンリにも認められたミチェルが再度招集されています。

No.2524 / 1229144851
エルゲラが契約解除
ヒルデブラントに続き、エメリ監督との不和がきっかけとなりエルゲラもクラブとの契約を両者合意の下、解除しました。
エルゲラは今季のリーガに5試合出場していないため、国内の他チームへの移籍も可能です。
今のところ、新天地候補の名前は上がっていませんが、まだ引退してしまうには惜しい存在。出来る事なら1部のどこかでプレーを見たいです。

No.2523 / 1229143925
ヒルデブラントがホッフェンハイムへ
先日、クラブとの契約を解除したヒルデブラントがブンデスリーガで現時点で首位を快走する1899ホッフェンハイムとの契約を結びました。
2010年6月までの1年半の契約、1月からの加入となります。

スムーズに新天地が決まり本当に良かったです。
ドイツ代表のレーブ監督も「非常に良い事だ」なんてコメントしてるようですが、リップサービスでしょう。
ホッフェンハイムでどれだけ活躍しても、恐らくレーブの下で代表に呼ばれる事はないはずです。
これまでの苦労の分、いつの日か彼にスポットがあたる事を祈っています。

No.2522 / 1229143116
UNIBET社とスポンサー契約
以前より話が上がっていたUNIBET社とのスポンサー契約が無事に結ばれました。
メスタージャのVIPルームで、そのプレゼンテーションも行われています。

条件面は以前報じられた通りです。スポンサー料は150万ユーロ。
プラス「来季からの2シーズンのメインスポンサー契約を他企業より優先交渉できる」という条項が盛り込まれています。
リーガと国王杯の試合で着用されるユニフォームにもロゴが入りますが、UEFAカップについては、UEFAの規約により
シーズン途中でのユニフォームのロゴ変更が認められないため、これまで通りとなります。

以下、新ユニフォームの写真です。VE社のロゴ入りユニフォームを無駄にしないための事なのでしょうが、ロゴの位置がなかなか苦しいです。
これでいいのか、UNIBET。
http://www.valenciacf.com/export/sites/default/contenidos/Galerias/Noticias/2008/12/unibet12dic2008b.jpg

No.2521 / 1229001519
シルバの公式サイトがオープン
ケガから復帰し、次節エスパニョール戦でのベンチ入りが期待されるシルバですが、そんなシルバのオフィシャルサイトがオープンしました。
http://www.davidjimenezsilva.com/

幼児の頃の写真や、子供の頃に若きバレロンと一緒に撮った写真、金髪のシルバなどレア写真が満載(ってほどは多くない)です。
自分も時間が出来たらゆっくり見てみたいと思います。

No.2520 / 1229001247
練習(12/11)
フィジカルトレーニングの他、フットバレー等で比較的リラックスした練習が行われました。

パブロが右足ハムストリングに筋肉の痙攣を訴え、練習を欠席。
アングーロ、エドゥが別メニュー調整です。

No.2519 / 1229000999
アレクシスの手術が無事終了
恥骨炎で離脱中のアレクシスが10日、バレンシア市内のヌエベ・ドクトブレ病院にて無事に手術を終えました。
病院にはソリアーノ会長、ヒネール医師もお見舞いに駆けつけました。
アレクシス自身は今朝、退院しており、これから数日間の自宅療養の後、リハビリに入ります。

No.2518 / 1228492330
バルセロナ戦に向けて18名招集
GK レナン、グアイタ
DF アルビオル、エルゲラ、ミゲル、デル・オルノ、ジャウメ・コスタ
MF アルベルダ、バラハ、フェルナンデス、マドゥロ、パブロ、ホアキン、ビセンテ、マタ
FW ビジャ、モリエンテス、ミチェル

マルチェナが出場停止、アレクシスとモレッティがケガという事でブルージュ戦でデビューしたジャウメ・コスタが続けて招集されました。
おそらく4-3-3で行くでしょうが、エドゥもケガのためマドゥロがCBとCHの両方のサブとして重要な存在となりそうです。
ミチェルは今回はノーチャンスでしょう。

No.2517 / 1228491828
アレクシスが手術へ
恥骨炎で戦列を離れているアレクシスですが、週明け早々にも手術を受けることとなりました。
メディコが監督と副会長に状況説明した上で、クラブが許可を出したそうです。
というわけで、年内の復帰は厳しそうですね。

No.2516 / 1228491585
UEFA杯・決勝トーナメントへ
昨日行われたブルージュ戦に引き分け、勝点1を得たバレンシアは、3試合を終えて勝点5となり、UEFAカップ・GLの突破を決めました。
最終節のサンテティエンヌ戦は、勝てばグループ首位。引き分け以下の場合はブルージュの結果如何で2位or3位となります。

No.2515 / 1228400593
UEFA杯・クラブ・ブルージュ戦に向けて18名招集
GK レナン、グアイタ
DF アルビオル、マルチェナ、エルゲラ、クーロ・トーレス、デル・オルノ、アルトゥロ、ジャウメ・コスタ
MF フェルナンデス、マドゥロ、ウーゴ・ヴィアナ、パブロ、ホアキン、ビセンテ、カルレス
FW モリエンテス、ジギッチ

クーロがついに戻ってきました。ビセンテもメンバー入りです。
やはりバルサ戦に備えて、大幅にメンバーを落としてきましたね。
Bチーム不動のピボーテ、カルレスが初のトップチームメンバー入りです。

No.2514 / 1228400322
さよならヒルデブラント
クラブは今季終了時まで残っていたヒルデブラントとの契約を、両者合意のもとに解除する事を発表しました。
残念な別れ方になってしまいましたが、状況改善が見込めない現状では致し方ないですね。
次に所属するチームが、彼にとって力を発揮できるようなチームであってほしいと思います。

自分は昨季の国王杯はヒルデブラントの活躍で獲れたものと思っています。これからもずっと応援していきますよ。

No.2513 / 1228312202
バレンシア州選抜チーム発表
U-18州選抜
練習試合:12/2に行われるムロCF(アリカンテ県)フベニール戦に向けたU-18バレンシア州選抜チームに、フベニールBのMFレベルト、FWマルティの2人が選ばれました。

U-14州選抜
練習試合:12/3に行われるアルコジャーノ・インファンチル戦に向けたU-14バレンシア州選抜チームに、インファンチルAのDFテンディージョが選ばれました。

No.2512 / 1228311649
チモ・ナバーロが手首を負傷
11/30に行われた2部Bリーグ第15節:アルコジャーノ戦で、シモ・ナバーロが手首を痛めていたようです。

試合中に強烈なシュートが手首を直撃し、試合後も痛みを訴えていたようで、
MRI検査を受けた結果、左手首の舟状骨を骨折していた事がわかりました。
この負傷により、UEFA杯ブルージュ戦の招集も見送られるようです。
アルビオルが06/07に同じ個所を負傷し、ほぼ一年間包帯を巻き続けてプレーした通り、治りにくい個所のようです。
今季のバレンシア最大の発見となり得る選手だっただけに、残念ですね。

No.2511 / 1228233757
練習(12/2)
非常に寒い中、戦術練習を中心に行われました。
シルバに続いてビセンテが全体練習に復帰。しかしその一方で、エドゥはMRI検査の結果、
右足ハムストリングの筋繊維に1cm程度の裂傷が見つかたとの事で3週間程度の離脱。
アレクシスは恥骨炎という事で、騙し騙しであればプレーできるでしょうが、完治させるには時間がかかりそうです。
また、モレッティとマタの2人は膝に違和感を訴え、全体練習を外れて理学療法の治療を受けました。
ただ軽傷の見込みで、クラブ・ブルージュ戦には出場可能だろうとの事。アングーロはひとりで理学療法、水治療法を受けました。

離脱者が増えてしまった事もあり、Bチームからミチェル、ジャウメ・コスタ、カルレス、アルトゥロ、オルチナが参加。
このうち数名はブルージュ戦に招集されそうです。

No.2510 / 1228147415
カルレトお披露目
メスタージャのVIPルームでカルレトのお披露目プレゼンが行なわれました。

カルレト

練習に参加してみて
「スペインの偉大なチームで、偉大な選手たちと一緒にプレーする事が僕の夢でした。
今日の練習では、エドゥやミゲル、モリエンテス、シルバといった選手たちにいろいろ助けてもらいましたし、
彼らのような偉大な選手たちの傍でプレーできるなんてとても幸せです」

自身のプレースタイル
「自分は戦術理解力の高いプレーヤーだと思っています。神から与えられた強力なキック力を武器に攻守両面で、
監督が求めるプレーを忠実にこなせる自信があります。
毎日の練習に全力で取り組んで、出来るだけ早く監督に認めてもらえるようになりたいですね」

ニュー・ロベルト・カルロスと言われて
「彼のような偉大な選手と比較される事はすごく嬉しい事ですが、僕はチアゴ・カルレトとして彼以上の成功を収めたいと思っています」


フェルナンド副会長

この時期にカルレトを獲得した事について
「今季終了時にLBを補強する事を考えていたが、夏に彼を獲得するよりも今獲得した方が、経済的にもメリットがあった。
当然、今はモレッティとデル・オルノがファーストチョイスとなるが、ジャウメ・コスタと共に切磋琢磨し、彼らを脅かすようになってもらいたい」

No.2509 / 1228146053
国王杯5回戦の相手が決定
国王杯5回戦、バレンシアの相手はラシン・サンタンデールに決まりました。よりによって相性の悪い相手ですが、
昨季は同じく相性の悪いヘタフェを下しての優勝ですし、今回もポジティブな気持ちで行きましょう。ただターンオーバー出来る相手ではないですね。

1stレグは1/7、2ndレグは1/14に行われます。
このラウンドを突破した場合、準々決勝の相手はセビージャvsデポルティボの勝者との対戦となります。

No.2508 / 1228145818
ベティス戦を終えてコメント
エメリ監督
「我々は起きた事を分析し、原因を見つけ、修正して再びこういった事が起きないようにしなければならない。
我々は変わらなければならない、と口で言うのは簡単で、実際には非常に難しい事であるわけだが。

ビジャ
「試合はすごく難しいものでした。ケガ人も出たうえ沢山のカードが飛び交い、自分らはひとり少ない状態になって...
前半は良かったと思うんです。でもエドゥのケガでチームが混乱しちゃんったんすよ。ピッチに居た22人の中で彼が一番良いプレーをしてましたからね。
その後の立て続けに2つゴールを決められて、自分らは少しナーバスになっていたかもしれません。
でも、なんとか気持ちを切らす事無く最後まで戦いました。3点目を獲れたのがラッキーでしたね」

バラハ
「前半は非常にハイペースで戦えたが、後半は同じペースを維持できなかった。我々は危険にさらされ、PKを奪われた。
10人でプレーするのは本当にきつかった。ただ、一般的にこの展開ならドローが妥当だが、我々は勝点3を得ることが出来た。
だからこそ、この結果はポジティブにとらえたいと思う。
4-3-3? 確かに良い結果を残しているが、まだ改良の余地があると思う。こういった事は一朝一夕で身に付くものではないし、
出来るだけ長く時間をかけて練習したい」

No.2507 / 1228142466
レンタル組&退団組の活躍
ルベン・ナバーロ(エルクレス)今季2ゴール目
2部リーグ第14節:アウェーのナスティック戦で後半ロスタイムに起死回生の同点弾をたたき込みました。試合はそのまま2-2の引き分けに終わっています。

アリスメンディ(サラゴサ)今季2ゴール目
2部リーグ第14節:アウェーのテネリフェ戦で前半30分にチームの先制点を決めました。最終的に1-2でサラゴサが勝利しています。

ハビ・ゲラ(アラベス)今季3ゴール目
2部リーグ第14節:アウェーのカステジョン戦で前半26分にチームの先制点を決めました。このゴールが決勝点となり、アラベスは0-1で勝利しています。

ミクー(サラマンカ)今季2ゴール目
2部リーグ第14節:ホームのコルドバ戦で後半ロスタイムに決勝点となるチームの先制点を決めました。サラマンカが1-0で勝利しています。

ガビラン(ヘタフェ)
1部リーグ第13節:ホームのR・マドリー戦で先制点と2点目をアシスト。3-1での勝利に大きく貢献しました。

No.2506 / 1228057947
バレンシアOBが他界
51/52シーズンから3シーズン、バレンシアに所属したガブリエル・スニェール氏が25日に逝去されました。84歳でした。
在籍した3シーズンで46試合に出場。主にRBを務めました。53/54の国王杯制覇にも大きく貢献した選手です。ご冥福をお祈りいたします。

No.2505 / 1228057449
練習(11/29)
練習自体は非公開でしたが、シルバが全体練習に復帰し、全メニューをこなしました。だいぶ復帰が近付いてきましたね。

またベティス戦翌日の練習からビセンテが全体練習に復帰する他、先日獲得が報じられたカルレトもトップチームの練習に合流します。
そしてもうひとりのケガ人アングーロはさらに7~10日後に全体練習に合流の予定です。だいぶケガ人も減ってきましたね。

No.2504 / 1227991564
ベティス戦に向けて18名招集
GK レナン、グアイタ
DF アルビオル、マルチェナ、アレクシス、ミゲル、モレッティ、デル・オルノ
MF アルベルダ、バラハ、エドゥ、フェルナンデス、マドゥロ、パブロ、ホアキン、マタ
FW ビジャ、モリエンテス

モレッティのケガが軽症だったようで良かったですね。
センターハーフがこれだけ呼ばれているという事は、今回も3センターでしょう。
この試合、バレンシア出身のテニスプレーヤー・ダビド・フェレールがメスタージャのVIPルームで観戦するようです。

No.2503 / 1227991146
テレフォニカがクラブ公認のファンサイトを設立
スペインの通信会社テレフォニカが、バレンシアニスタのための情報サイトを開設しました。

「クラブのオフィシャルサイトのひとつとして今後チームとファンの間を近づけるべく様々な試みをしていきたい」
との事ですが、まだコンテンツは少ない上、ユーザー登録しないとほとんどのページを見られないようです。

No.2502 / 1227990506
メルセデス・ベンツとスポンサー契約
先日のロエベに続き、クラブはドイツの自動車メーカーメルセデス・ベンツとスポンサー契約を結ぶことを28日、発表しました。
ロエベの時と違い、大々的なセレモニーは行わなかったようです。
選手個人への車の提供はないそうで、役員や選手たちの移動・遠征に使われる物のみ用意してくれるそうです。

No.2501 / 1227795092
レバークーゼンの2選手に興味
バレンシアがレバークーゼンに所属するDFゴンサロ・カストロと、MFバルネッタの2選手に興味を示しているとドイツの「キッカー」誌で報じられました。

ゴンサロ・カストロは21歳のスペイン系ドイツ人選手でRBを主戦場とするプレーヤー。
(レバークーゼン公式:http://www.bayer04.de/b04e/en/1202.aspx?guid=1202-6504355C-7444-41A3-949B-0A189F50EF96)
バルネッタはスイス代表のサイドアタッカーとして、ドイツW杯やEURO2008での活躍でお馴染みの選手ですね。
ただ、レバークーゼンのルディ・フェラーSD(今こんなとこに居たんですね)はバレンシアから公式なオファーは無いとコメントしています。

No.2500 / 1227794295
練習(11/26)
ノルウェー・トロンヘイムに到着。雪が凄く、めっちゃ寒いみたいです。「サッカーするためにアイスピックが必要だ」なんて書かれてます。
エメリ監督は記者からの寒さ対策を問われて「しっかり走れば体は温まるものだ」と精神論で返答。
それでも今日は、余りの寒さにまともな練習が出来ず、トロンヘイムから20km程離れた街マルビクにある室内練習場で調整を行う事になりました。
エメリ監督は人工芝での調整を嫌がったようですが、さすがに天候には勝てず、室内での練習をしぶしぶ受け入れたようです。

練習自体は、ウォーミングアップとストレッチ以外は非公開。ただ、デル・オルノが復帰したてな事もあり、
アレクシスをLBで起用する4-3-3が有力と見られています。ジャウメ・コスタは今回も出番無さそうですね。

遠征から外れたメンバーでは、シルバとクーロ・トーレスに動きが。
ケガの回復具合を見るため、フィジコのチモ・ガリンドと一緒にバルセロナのクガート医師の病院を訪問したとの事です。
クーロは実戦への出場OK、シルバは来週にも全体練習に復帰できるだろうとの事です。

No.2499 / 1227705990
アジアツアー計画中
クラブは来夏、お小遣い稼ぎの名目で中国と日本へのツアーを検討しているようです。

財政面で不安を抱えるクラブは近年ユニフォームの売れ行きが伸びているアジア、
特に中国市場に興味を示しており、無限の可能性を秘めた中国をアジア市場の拠点として考えているようです。
ただ最終的な決定はシーズン終盤となるようで、CLの本戦出場権を得た場合はツアー決定。それ以外の場合は再検討との事です。

No.2498 / 1227705395
チアゴ・カルレト獲得決定
ブラジルのサントスFC所属の19歳のLBチアゴ・カルレトを完全移籍で獲得しました。各誌ノーマークの選手です。
契約期間は5年半。移籍金は公開されていませんが、推定60万ユーロくらいではないかと報道されています。

カルレトはフェルナンド副会長が惚れ込んだ逸材で、チェルシー、マンチェスターU.、R.マドリー、イタリアのパレルモ等も興味を示していたとの事。
攻撃的なプレースタイルとプレースキックが得意な事からブラジルでは"ニュー・ロベルト・カルロス"と評されているそうです。
攻撃的でプレースキッカーというと、バレンシアニスタとしてはロベカルよりファビオ・アウレリオを思い出しますね。

現在、メディカルチェックを受けているそうですが、パスした場合、正式に加入するのは1月の予定です。

No.2497 / 1227623606
UEFA杯・ローゼンボリ戦に向けて18名招集
GK レナン、グアイタ
DF アルビオル、マルチェナ、アレクシス、ミゲル、デル・オルノ、ジャウメ・コスタ
MF アルベルダ、バラハ、エドゥ、フェルナンデス、マドゥロ、パブロ、ホアキン、マタ
FW ビジャ、モリエンテス

昨季、ローゼンボリには2敗してます。アウェーですし、寒いですし、油断は敗戦と怪我の元。集中して行きましょう。

No.2496 / 1227623310
練習(11/24・25)
11/24
セビージャ戦に出場したメンバーはジムでリカバリートレーニング。残りのメンバーはピッチで戦術練習を行いました。
ヒルデブラントがドイツから戻り、チームに合流。カンテラからミチェル、チモ・ナバーロ、ジャウメ・コスタも参加しています。
シルバとビセンテはフィールドでフィジコと一緒にリハビリ。
ビセンテの復帰は週末の予定だそうで、ローゼンボリ戦はアウト。ベティス戦での復帰を目指します。
アングーロとモレッティは室内ジムでの調整。モレッティは今日、検査を受ける予定だそうです。
入れ替わる形でデル・オルノが全体練習に復帰。全メニューをこなしたようで、どうやらLB不在という事態は避けられそうです。

11/25
ボールを使ったフィジカルサーキットからスタート。その後2手に分かれての戦術練習。
レギュラー組はグアイタ、ミゲル、マルチェナ、アルビオル、デル・オルノ、アルベルダ、エドゥ、フェルナンデス、
パブロ、マタ、モリエンテスというメンバーで、ローゼンボリ戦のスタメンはこのまま行くのではないかと見られています。
控え組の方にはBチームのガラバト、ジャウメ・コスタ、ミチェルが参加しました。

No.2495 / 1227504976
退団組の活躍
ハンドロ(ヒムナスティック)今季2ゴール目
2部リーグ第13節:アウェーのムルシア戦で前半30分に先制点を決めました。チームはその後に追いつかれ、1-1の引き分けに終わっています。

アジャラ(サラゴサ)今季初ゴール
2部リーグ第13節:ホームのエルチェ戦で後半26分にチームの2点目を決めました。チームはこのまま2-0で勝利しています。

No.2494 / 1227504406
セビージャ戦の採点
レナン:6
それほど多くの仕事はなかったが、ハイボールの処理で巧さを見せた。前半のファビアーノのシュートに対するパラドンは素晴らしかった。

ミゲル:7
試合を通じてバレンシアのベストプレーヤー。本当に良く守り、チャンスを得た時の前方へ飛び出していく思い切りの良さも見事。

アルビオル:6
ファビアーノとカヌーテの2人から試練を受けると予想されたが、2人の不調により穏やかな時間を過ごす事ができた。

アレクシス:5.5
セビージャの攻撃機会が限られていた事もあり、ボールに触れる機会も少なくて済んだ。
しかし、たびたびマークしなければならない相手を放置し、ボールを持っている選手に向かって行ってしまう場面が見られた。

モレッティ:5
マドゥロに交代させられたという事実は、今日の彼のプレーのレベルを示す象徴的な出来事。(モレッティの負傷が公になる前の採点)

マルチェナ:4.5
警告を受けた後も無差別なタックルを繰り出すなど、最後までピッチに居られた事は幸運と言わざるを得ない。
キャプテンとして彼がするべきプレー(チームを助けるプレー)をしていなかった。

バラハ:5.5
前半は悪くなかったが、フェルナンデスが下がった後のパスミスとファウルの数はあまりにも多すぎた。

フェルナンデス:6
バレンシアで最も将来有望なプレーヤーのひとりに見えた。しかし、たびたびボールを持ちすぎる場面も見られた。

ホアキン:6.5
ピッチ上で非常に活気あるプレーを見せた。彼が元ベティスのプレーヤーであったため、目の周りに痣になる打撃を受けた時に
スタジアムから最も大きい歓声を得たが、それでも試合終了まで素晴らしいテクニックを見せ続けた。

マタ:5
素晴らしいポジショニング、素晴らしいランニングを見せたが、彼のシュート精度は試合を決めるのには不十分であった。
3度の決定的なチャンスがあったが、パロップが手を煩わせるのはその中の1度で良かった。

ビジャ:6
チームが彼に居てほしい場所と、彼が居たい場所が一致していなかった。前線で孤立していたため、彼はポジションを下げ、
中盤でボールに触れなければならなかったが、これは戦術による問題であって、彼の問題ではない。

エドゥ:6
彼に試合に影響を与えるための時間はなかった。それでも、相手DFを崩すためのボールタッチを何度か見せた。

マドゥロ、パブロ:出場時間不足。

No.2493 / 1227498439
マドゥロにインタビュー
やっとリーガデビューできたね。
「うん。セビージャ戦でプレーできたのは僅か10分間だったけど、これがようやく僕に訪れたチャンスだという事は確かだ」

10分間で何かアピール出来たかな?
「ほとんどプレーしたとは言えないし、何もアピールにならなかったと思ってる。でも、これから少しずつうまく行くと思うよ。
最近は毎週、招集されてるようになったしね」

でも今回はフィールド中央でプレーできたね。
「サイドバックではプレーしたくないって監督と話したんだ。90分サイドバックでプレーするよりは、
20分でも自分のポジションでプレーする方がチームに貢献できると思ったからね」

センターバックでプレーしろと言われたら?
「センターバックなら過去にもプレーした事があるから、サイドバックよりは良いプレーを見せられると思うよ。
センターバックはアヤックス時代にも何試合か出た事あるけど、サイドバックは本当に経験がないんだ。
でも自分が最も生きるポジションはマルチェナやアルベルダのポジションだと思う」

冬の移籍期間での退団を考えてる?
「まだ先の事だし、その時に自分がどうするかはまだ考えていないんだ。これまでは招集さえされなかったけど、ここ数週間で状況は変わった。
この変化でずいぶんと気がラクになったけど、でもやっぱり僕はもっと試合に出たい。1月になった時に、状況を見て考えるつもりだよ」

でも、あと1ヶ月しかないんだよ。
「1ヶ月は僕にとっては充分な時間だ。12月の最後まで状況を見てから、全てを決めるつもりだ。
僕はまだ23歳だし、クラブとの間に4年の契約も残っている。出来る事なら僕はここで成功を収めたいんだ」

今のような状況になった原因は何だろう?
「オリンピックだろうね。そのせいで僕はプレシーズン合宿にも参加できなかったわけだから」

No.2492 / 1227495961
ロエベとスポンサー契約
クラブは皮革製品で有名なスペインのブランド・ロエベとスポンサー契約を結ぶことを発表しました。
25日に市内のウェスティンホテルで公式発表が行われ、27日のUEFAカップ・ローゼンボリ戦よりオフィシャルスーツとしてロエベ製品を着用するようです。

No.2491 / 1227495176
セビージャ戦を終えてコメント
エメリ監督
「チームが見せた姿に満足している。私は、無失点で終える事は常に重要だと思っているし、その点で良い結果を得られたと思っている。
ボールを支配していたのも我々だし、試合を通じて最も決定的なゴールチャンスも我々の方にあった。
セビージャは危険な選手が多く居るチームだが、我々はそれほど危険な状況に陥る事はなかったと思う。
モレッティの交代は負傷によるものだ。彼が離脱するとなると、チームにとって大きな痛手になる。今はただ診断結果を待ちたい」

エメリ監督はこのセビージャ戦が1部リーグ通算50試合目の指揮となりました。

No.2490 / 1227345543
セビージャ戦に向けて18名招集
GK レナン、グアイタ
DF アルビオル、マルチェナ、アレクシス、ミゲル、モレッティ
MF バラハ、エドゥ、フェルナンデス、マドゥロ、パブロ、ホアキン、ウーゴ・ヴィアナ、マタ
FW ビジャ、モリエンテス、ジギッチ

アルベルダはイエロー累積5枚により出場停止です。

No.2489 / 1227337503
オフィシャルページがリニューアル
バレンシアCFオフィシャルページがリニューアルされました。
ドメインもこれまでと変わります。(http://www.valenciacf.com/)
日本語版も多少記事を増やしてくれていますが、翻訳内容は今まで通りな感じですね。
カンテラの選手リストも更新されたので、こちらでも近々アップしようと思います。

余談ですが、Firefoxで見たらすんごいレイアウトが崩れててビックリしました。

No.2488 / 1227195462
練習(11/20)
ウォーミングアップの後、GKはオチョトレーナコーチの特別レッスン、フィールドプレーヤー全員でフットバレー等の軽い調整を行いました。
スペイン代表に招集されていた4人も練習に復帰。全体練習とは別メニューで、回復プログラムに取り組みました。
シルバがフィジカルコーチとのマンツーマンで、ボールを使った練習を再開。復帰に向けて順調に回復しています。
一方、ビセンテがハムストリングの過負荷のため、練習を途中で切り上げました。セビージャ戦の出場は厳しいとの事です。
アングーロとデル・オルノはリハビリ、ミゲル、ジギッチ、ヒルデブラントは明日合流の予定です。

また、この日の練習を見学しに、スウェーデンのイエーテボリのコーチ陣がパテルナにやって来ました。
トップチームの練習を一通り見て、練習メニュー等をしっかりとチェックし、大満足で帰って行ったそうです。

No.2487 / 1227194494
代表戦の結果
スペイン代表
親善試合:チリ代表戦がビジャレアルで行われ、3-0でスペイン代表が勝利しました。
ビジャが先発出場し、前半38分にPKで先制点をマーク。後半12分に途中交代しました。アルビオルがフル出場、
マルチェナは後半開始時から45分間の出場。マタは出番がありませんでした。

ポルトガル代表
親善試合:ブラジル代表戦がブラジリアで行われ、6-2でポルトガル代表は大敗しました。クラブでは好調のミゲルでしたが、出番がありませんでした。

セルビア代表
親善試合:ブルガリア代表戦がベオグラードで行われ、セルビアが6-1で勝利しました。
ミロセヴィッチの引退試合となったこともあり、ジギッチの出番はありませんでした。

No.2486 / 1227109288
練習(11/19)
本日も代表組抜きの練習です。
ウォーミングアップの後、攻撃人と守備陣の二手に分かれて前節の反省点を踏まえた練習。
人数を合わせるため、Bチームからミチェル、ジャウメ・コスタ、チモ・ナバーロ、トレド、オルチナを参加させました。
ビセンテとアルベルダも全体練習に戻っています。
シルバの回復が順調で、間もなくボールを使った練習も再開できるだろうとの事。
アングーロとデル・オルノはジムでのリハビリ。復帰まではまだまだ時間がかかりそうです。

No.2485 / 1227109275
代表戦の結果
スペインU-21代表
親善試合:ポルトガルU-21代表戦が行われ、4-1でスペインU-21代表は敗れました。
アーロンがフル出場、ジョルディ・アルバが後半33分から途中出場、リージョは出番がありませんでした。

スペインU-17代表
親善試合:アルジェリアU-17代表戦が行われ、1-1の引き分けに終わりました。
フベニールBのMFシーフォは先発出場し、前半の終了とともに交代で下がっています。

No.2483 / 1227108906
クーロ・トーレスがコメント
自身の状態
「既に皆と同じ強度の練習が出来ているし、コンディションも日々良くなっている。来週にもメディカルチームから出場許可が下りる事を祈っているよ。
一日でも早く監督の構想に入りたいんだ。私は自分がサッカー選手である事を感じたいと思っている。チャンスを得るために死ぬ気で働くつもりだ」

家族への感謝
「昔と違い、自分もだいぶ年齢を重ねた。この年齢になって来ると、負傷による長期の離脱は精神的にきついものだ。
ただ、幸せな事に私には妻や子供達がいた。彼らに支えられて、私はサッカーを諦めずに済んだのだ。
今の私にとって最も重要な事は、試合に出た時に自分の最高のプレーを見せる事だ。それが妻たちへの恩返しになる」

ヒホン戦
「ラシン戦とまったく同じ展開であったと思う。2チームとも、よく我々を研究していたのだろう」

今のチーム
「負けたからと言って、我々は自分たちを疑う事無く冷静でいなければならない。それが今、一番大事な事だと思う。
冷静に、ミスを修正するために練習を続けなければならない。そうすれば、いろいろとポジティブな面が見えてくると信じている。
ここ数日のチームは順調だ。この調子で進んでいきたい」

No.2482 / 1227106748
練習(11/17 夜)
代表選手6名を除いての練習。ウォーミングアップの後、ポゼッションの練習を行いました。
シルバとアングーロはフィジコとの別メニュー練習。アルベルダが右足首を打撲、ビセンテはハムストリングの過負荷のため、ジムでの調整。
ヒルデブラントはクラブの許可を得てドイツへ。地元の整骨医で腰を見てもらうようです。
さらにデル・オルノが練習中に右ヒザを負傷し、練習を途中で切り上げました。
翌日検査を行った結果、右ヒザの外側側副靭帯の捻挫との事で2ヶ月程度の離脱となります。

ケガ人が出る一方で、入れ替わる形でアレクシスが全体練習に復帰しました。
また、代表組が戻るまでの間、ミチェルがトップチームの練習に参加する事が決まりました。

No.2480 / 1227024223
メスタージャの売却先が決定
17日、クラブの株主総会が開かれました。
その席で、これまで全く買い手がつかなかったメスタージャの売却の話がまとまった事が発表されました。

ソリオ副会長
「先日あるクライアントと3億5000万ユーロでメスタージャを売却する事で合意に達した。
しかし、最近の金融情勢の問題により、クラブに入る額は3億ユーロ程度になるだろう。
そのクライアント名はまだ明かせないが、その調印はロンドンで行われたとだけお伝えしておこう。
これにより、当初の予算案では3000万ユーロと見込んでいた経常利益が、9800万ユーロになる見込みである。
しかし、3億5000万ユーロかかる新スタジアム建設費の残りを支払わなければならないため、クラブの財政が劇的に改善されるわけではない」

また借金の返済計画についても、あくまで予定ですが目途が立ったようです。

ソリアーノ会長
「2年以内にバレンシアの経営を建て直したい。クラブの負債はスタジアム建設費を含めて推定6億5000万ユーロあるが、
会長はメスタージャの売却益と、新スタジアムでの営業権収入でゼロに出来ると見ている」

そして、厄介以外の何物でもないスポンサー問題についても。

ソリアーノ会長
「Valencia Experience社を正式に裁判に訴えた。実態のないこの企業のせいで我々は600万ユーロの損失を受けた。
私は筆頭株主として株主全員の権利を守るため、最後までVE社と戦うつもりだ。
その一方で、メルセデス・ベンツ社、エル・コルテ・イングレス社、ロエベ社、UNIBET社と新たにスポンサー契約を結んだ事を発表したい。
また、新しいユニフォームスポンサー、スタジアムの命名権について良いニュースを近日中に発表する予定だ」

その他こんな話があったようです。
 ・ビジャロンガはビジャとシルバを売ろうとしていたから、追い出した。
 ・フェルナンド副会長の仕事ぶりについて数名の株主から名指しで高い評価を受けた。
 ・ソレール時代より滞っていたスタジアム建設労働者への賃金(総額推定1600万ユーロ)が支払われた。

No.2479 / 1226932894
レンタル組(+退団組)の活躍
ミクー(サラマンカ)今季初ゴール
2部リーグ第12節:アウェーのアルバセテ戦で後半36分に同点弾となるチームの2点目を決めました。試合はそのまま2-2で引き分けに終わっています。

チスパ(ヌマンシア)今季初ゴール
1部リーグ第11節:エスパニョール戦で後半45分に逆転弾となるチームの4点目を決めました。このゴールでヌマンシアは3-4で勝利しています。

カノッビオ(バジャドリー)今季3ゴール目
1部リーグ第11節:R・マドリー戦で後半3分にチームの先制点を決めました。このゴールでバジャドリーは1-0で勝利しています。

No.2478 / 1226932254
ヒホン戦の採点
レナン:5
2点目はニアポスト側を抜かれるなど、全体的に不安定なプレーであった。

ミゲル:6.5
DFラインの中では最も良いプレーを見せた。唯一批判するとすれば、あまりにも前線でプレーする時間が長かったことだ。
ただ、これは恐らくエメリの指示によるものであろう。

アルビオル:6
マルチェナのミスの尻拭いをさせられることとなった。ただその失点に関しても、もう少し良い対応が出来たとは思うが。
最初の2失点に関しては彼の責任は問えない。

マルチェナ:5
結果的に2失点に絡んでしまった。代表選手にふさわしくない、不安定なパフォーマンス。

モレッティ:4
相手をいとも簡単にプレーさせすぎた。1失点目ではモランを追わず、2失点目はバラールにいとも簡単に欺かれた。悲惨の一言。

アルベルダ:6
序盤は良いプレーをしていたが、失点してからは存在感が薄れていった。いつもの怖さが見られなかった。エドゥとの交代は妥当。

フェルナンデス:6.5
アクティブなプレーで、ピッチの中央部を問題なく保った。にも関わらず60分立たずにバラハと交代させられた事はサプライズであった。

ホアキン:7
サイドに中央にと抜群のポジショニングだった。この試合のバレンシアで、唯一危険な存在であった。

ビセンテ:6
ハーフタイムでの交代は不運であった。今の彼は昔の彼とはもう違うのかもしれない。

マタ:6.5
ゴールに対するずば抜けた嗅覚は見事。しかし、左サイドに入るまでは何のインパクトも見せられなかった。

ビジャ:5
彼のPKは美しいゴールであった。しかし、その場面以外では相手のマークに対し、何も出来なかった。

モリエンテス:6.5
経験豊富な選手らしく、冷静なプレーで巧みにボールを捌いた。
違う日であれば、ゴールを奪っていたかもしれない。

バラハ:7
マタのゴールを生んだパスは素晴らしいものであった。

エドゥ:6
真摯に努力を見せたが、それほどの効果を生み出せなかった。

No.2477 / 1226929563
ビジャが1部通算100ゴール
古巣ヒホン戦でゴールを決めたビジャが、このゴールで1部リーグ通算100ゴールを達成しました。
これは国王杯や欧州カップ戦の数字は含んでいません。
ちなみに今季のリーガでは11試合で11ゴールです。

No.2476 / 1226760657
ヒホン戦に向けて18名招集
GK レナン、グアイタ
DF アルビオル、マルチェナ、ミゲル、モレッティ、デル・オルノ
MF アルベルダ、バラハ、エドゥ、フェルナンデス、マドゥロ、パブロ、ホアキン、ビセンテ、マタ
FW ビジャ、モリエンテス

No.2475 / 1226677866
各国代表発表
スペインU-21代表
親善試合:ポルトガルU-21代表戦(11/18)に向けたスペインU-21代表にアーロン、ジョルディ・アルバ、リージョの
89年生レンタル3人組が選ばれました。3人とも初招集となります。

No.2474 / 1226674732
マタがコメント
A代表初招集
「すごく幸せな気分だよ。全てのスペイン人サッカー選手が小さい頃から持っていた夢を叶えたんだからね。サッカー選手として究極の栄誉だと思う。
練習後にボロからその話を聞いて、2人で抱き合って喜んじゃった(笑)
その後すぐに両親、姉、じいちゃんばあちゃんに電話して、ビジャレアルに行くよう伝えたよ」

ロッカールームでの仲間からの祝福
「ビジャがシャワー室の中から何か叫んでたけど、聞き取れなかった(笑) でもその場に居たチームの全員が祝福してくれたよ。
こうして仲間の良いニュースを皆が喜んでくれるクラブっていいよね」

ヒホン戦
「最高にうれしい事だけど、今はヒホン戦に向けて集中する必要がある。その試合が終わったら代表戦を楽しむよ」

No.2473 / 1226673726
BチームFWミチェルのインタビュー
これまでのキャリアを教えてくれる?
「小学生の時にバレンシアのアレビンで2年間プレーしてました。でも、背が低かったことを理由にクラブから契約を打ち切られてしまったんです。
それからベニマルとブルハショットでプレーしたんですけど、僕のキャリアを気にかけてくれていたホセ・ヒメネスが電話をくれて、
昨年の夏にバレンシアに戻ってくることが出来たんです」

トップチームの選手と一緒にプレーした感想は?
「トップチームのロッカールームに入った時から心臓バクバクでしたよ。席はエルゲラとエドゥの間でした。
2人とも僕が小さい頃から好きだった選手ですし、ずっと感動しっぱなしでしたね。
もちろん彼らだけでなく、他の選手もすごく僕をサポートしてくれました。ナーバスになりすぎないようにって言われたのを覚えてます」

ポルトゥガレテ戦では後半からメスタージャのピッチに立ったね。
「憧れのメスタージャのピッチに立った時は本当に緊張で固まってました。だから僕はピッチに入ってすぐエドゥのそばに行って
"なんとかしてください"って言っちゃいました(笑) でも、不思議とそれからは落ち着いて試合に集中出来ましたね」

そしてその後、君は素晴らしいゴールを決めた。
「ボールがゴールに入った時は、我を忘れてたと思います。その瞬間は自分がどこへ行けばいいか、何をすればいいかわかりませんでした。
ピッチに倒れこんで地面にキスをして、涙が溢れんばかりに出てきて...皆が祝福してくれたんです」

家族は試合を見に来てたの?
「スタンドには両親と兄夫婦が居ました。ゴールの後に母が涙してるのがピッチからも見えました。父は僕のゴールで鳥肌が立ったって(笑)
試合後に皆と会った時には喜びの感情が爆発しましたね。家族全員で抱き合って、皆で涙を流して...。まだ今でも信じられないです」

いい家族だね。
「僕の人生は彼らのサポートなしには考えられません。彼らの誰かひとりでも欠けていたら僕が今バレンシアに居る事はなかったと思います」

祝ってくれたのは家族だけじゃなかったって聞いたよ。
「帰ったら、家の前で友人グループが待ってました。飛びつかれて、地面に転がされて、腕を引っ張られて、皆で歌って(笑) 最高の夜でしたね。
でもまだ、騒ぎが収まってなくて。嬉しい事に試合が終わって2日経つのにまだ祝福の電話をくれるんです。
これ見てくださいよ!バッチリ充電してきた携帯のバッテリーがもう無くなっちゃったんですよ」

今後の抱負
「これまでがんばってきたことが評価されて、メスタージャでプレーする事、メスタージャでゴールする事と2つの夢が実現しました。
これからもトップチームに呼んでもらえるよう、Bチームで頑張っていきたいですね」

No.2472 / 1226668693
各国代表発表
スペイン代表
親善試合:チリ代表戦(11/19)に向けたスペイン代表にアルビオル、マルチェナ、ビジャ、マタの4人が選ばれました。
マタは念願の初代表となります。充分通用する力はあると思います。デビューとなるか楽しみですね。

ポルトガル代表
親善試合:ブラジル代表戦(11/19)に向けたポルトガル代表にミゲルが選ばれました。
フェルナンデスは今回呼ばれていません。今こそ呼ぶべきでしょうに!

No.2471 / 1226596955
練習(11/13)
ポルトゥガレテに快勝した事もあり、明るい雰囲気の中行われました。昨日の試合に出た選手はリカバリーワーク、
試合に出てない選手たちはヒホン戦に向けてミニコートで少々きつめの戦術練習を行いました。
ポルトゥガレテ戦で途中交代したアングーロが右ヒザの内側側副靭帯を捻挫していたようで、練習を欠席していくつかの検査を受けました。
シルバとアレクシスはまだ別メニューです。

No.2470 / 1226499359
国王杯・ポルトゥガレテ戦に向けて16名招集
GK レナン、グアイタ
DF エルゲラ、アルトゥロ、デル・オルノ、チモ・ナバーロ
MF バラハ、エドゥ、マドゥロ、ウーゴ・ヴィアナ、パブロ、ビセンテ
FW モリエンテス、アングーロ、ジギッチ、ミチェル

アウェーで4点取ってますし、十分なメンツだと思います。
SBに万が一の事が起きた時だけ心配ですね。

No.2469 / 1226448047
練習(11/11)
ウォーミングアップの後、ヘタフェ戦で長い時間プレーした選手たちはビジャグラサの下で簡単な調整を行いました。
残りの選手たちにミチェル、ジャウメ・コスタ、アルトゥロを加えたグループはエメリ監督の指示の下で通常練習。
だいぶハードな練習が行われたようですが、内容は非常に充実しており、エメリ監督も大満足との事。
GKはレナンもヒルデブラントも復帰。オチョトレーナコーチの指示の下、グアイタを含めた3人でGK練習に取り組みました。
モリエンテスはクラブの許可を取ってお休み。シルバとアレクシスはフィジカルコーチとの別メニューです。

No.2468 / 1226447101
各国代表発表
スペインU-17代表
親善試合:アルジェリアU-17代表戦(11/18)に向けたスペインU-17代表にフベニールBのMFシーフォが選ばれました。

No.2467 / 1226446843
バレンシア州サッカー連盟表彰式
バレンシア州のチーム所属の選手を対象に2007/2008シーズンの各リーグ王者、各年代優秀選手などの表彰式が、
バレンシア州サッカー連盟の主催で行われました。バレンシアの選手の受賞者は以下のとおりです。

U-16優秀選手
MFネメシオ、MFイスコ(共に2007/2008はカデテA所属)

U-17優秀選手
FWセルジ・ガルシア(2007/2008はフベニールB所属)

優秀監督
オスカル・フェルナンデス(バレンシアB監督)

特別賞
バレンシアB(2部Bへの昇格)

特別栄誉賞
アルビオル、シルバ、ビジャ、マルチェナ、オチョトレーナGKコーチ(スペイン代表にてEURO2008優勝)

No.2466 / 1226335459
フェルナンド副会長がマルチェナを擁護
ソルダードを退場に追い込んだマルチェナのリアクションは大袈裟だ!」とヘタフェの監督や選手達から
やたらと非難されているらしいマルチェナですが、フェルナンド副会長がマルチェナを支持する声明を出しています。

フェルナンド副会長
「バレンシアはマルチェナを全面的に支持する。我々のキャプテンが受けている非難はとても受け入れられるものではない。
ソルダードがマルチェナの顔にヘッドバットした事は事実であり、ソルダードの振舞いは決して良い物ではなかったのだから」

わざわざオフィシャルページで公式に出すくらいですので、結構な大事になってるんですかね。

No.2465 / 1226293169
レンタル組(+退団組)の活躍
パジャルド(レバンテ)今季初ゴール
2部リーグ第11節:テネリフェ戦で後半6分にチームの2点目となるゴールを決めました。試合はそのまま2-0でレバンテが勝利しています。

No.2464 / 1226292610
ヘタフェ戦の採点
レナン:6
前半、カスケーロのロングシュートをパラドンした以外に危険な場面も無し。

ミゲル:8
最終ラインの至る所に出没し、グラネロを消し去った。さらに先制点につながるピンポイントパス等、攻撃面でも大きく貢献。

アルビオル:7.5
非常にソリッドな守備を見せた。いつものように、危険を摘み取る方法と、どこに居ればいいかをよくわかっていた。

マルチェナ:6
集中が切れる場面がたびたび見られたが、最後の一戦はよく守った。キャプテンらしく、頻繁にチームメイトを鼓舞している姿が見られた。

モレッティ:6.5
非常に地味ながら、堅実な働き。彼のサイドが破綻する事はなかった。攻撃も必要以上に参加せず、よいバランスを保った。

アルベルダ:7
チームの後部で整然とプレーした。攻撃面はバラハとフェルナンデスに任せ、ハーフラインより前に出る必要がなかった。

バラハ:5.5
ほとんど存在していないかのようだった。いくつかのタックル以外に、重要なボールタッチは見られなかった。

フェルナンデス:8
オフザボールの時に誰よりも走るなど、素晴らしいハードワークだった。痛烈なシュートで先制点を決めたが、後半は静かになってしまった。

ホアキン:8.5
攻撃的MFとして、この試合で最も効果的なプレーをした。また、美しいボレーで試合を決めた。

マタ:7
派手さはないが、常にどこにボールを回せばいいかを理解してプレーしていた。フェルナンデスへのアシストは見事。

ビジャ:5
走り出すタイミング巧く行かず、結果、彼が放ったシュートの倍の数のオフサイドにかかってしまった。彼個人にとっては良い試合ではなかった。

エドゥ:6
チームが必要としていたフィールド中央部の強化という任務を忠実にこなした。ヘタフェに中央からほとんど攻撃をさせなかった。

ビセンテ:7
DF3人を前にしながら簡単に、しかもケーキにクリームを乗せるような丁寧なシュートで貴重な3点目をマーク。

アングーロ:-
出場時間が短いため採点不可。

No.2463 / 1226292557
ヘタフェ戦を終えてコメント・その2
ホアキンがコメント

ゴラッソ
「僕にとってゴールを決める事は重要な事なんだ。それもボレーが完璧に突き刺さったから気持ち良いよ。今日はついてるね。
試合のカギはソルダードの退場だったと思う。相手がひとり少なくなった事で落ち着いて、試合を終わらせに入れたと思う」

ソルダードの退場は妥当かどうか
「ソルダードとマルチェナの間に何があったかは知らないから、この件については何も言えない。僕が振り向いた時にはマルチェナはもう倒れていたんだ」

新システム
「システムについては、いろいろな練習をしたよ。だから中央に選手を並べるシステムが巧く行くんじゃないかとは思っていた。
たぶん中央に3人居る方が、守備面では安定するんだと思う。今日の試合でポジティブな結果が得られて良かったよ」


アルベルダがコメント

試合を終えて
「勝点3を獲り、首位から離されなかった事は喜ばしい事だ。良くない試合を2試合続けた後だけに、完封試合が欲しかった」

新システム
「システムを変えて守りやすくなったはなったが、チームのクオリティが高い時、システムはそれほど重要ではない」

ビクトル・ムニョスがマルチェナを非難しているが
「私は他の人がどう思うかは気にしないタイプなんだ。仲間としても、キャプテンとしてもマルチェナは素晴らしい人間だし、
彼と一緒に居られる事は幸せな事だ。
試合は11人vs11人でも私たちが勝っていたと思う。ただ相手がひとり少なくなった事で戦いやすくなったのは確かだ」

周囲の反応
「我々は落ち着いた環境を保ちたいと思っている。1~2試合良くなかったからと言って、チームに疑問を持たないでほしい。
私は今季のバレンシアは躍進すると信じているが、それは全ての試合に勝利するという事ではないのだから」

No.2462 / 1226291847
ヘタフェ戦を終えてコメント
エメリ監督
「最も重要な事は勝者のメンタリティをチームに浸透させる事だった。そういう意味で、この試合を勝てた事はチームの士気を上げるためにも大きい。
10人に対して11人でプレーする事は我々にとってアドバンテージとは思わないようにした。ひとり少ない相手に対し、気を抜きたくなかったんだ。
我々のチームはアドバンテージを得る事で集中が切れ、いつもより悪い状態に落ち込む事がある。
結局この試合も、ひとり多いにも関わらずあまり良い内容にはならなかった。
システムの変更は大袈裟なものではない。我々はこれまでの試合から学ばなくてはならない。
そして、この試合では2列目から守備面の安定を得るために小さな変化を加えただけだ。
チームが根本から変わってしまうような大きな変化は加えてはいないと考えている。
ソルダードの退場が妥当かどうか? 審判は退場という決定をしたが、当事者である片方のチームを率いている私には判定できない」

ヘタフェのビクトル・ムニョス監督
「誰もがカルロス・マルチェナはどんな男であるかを知っているはずだ。彼は試合のたびに大袈裟に、芝居じみた態度を取るんだ。
その他にもバレンシアにとって多くの有利な判定-たとえばカードの数-があった事は気に入らない。
11人でプレーしている間、我々のプレーは非常に良かったのだから」

No.2461 / 1226211323
バレンシア州選抜チーム発表
U-18州選抜
11/12の代表合宿に向けたU-18バレンシア州選抜チームに、FWセルジ・ガルシア、MFイスコ、MFポルトゥ、
キケ・トルトーサ、パブロ・レベルトの5人が選ばれました。キケとパブロは今季加入した選手です。

U-16州選抜
11/12の代表合宿に向けたU-16バレンシア州選抜チームに、GKアルバロ・ロペス、FWパコ・アルカセル、FWボルハ・イグレシアスの3人が選ばれました。
3人ともカデテAの所属です。

U-14州選抜
11/11の代表合宿に向けたU-14バレンシア州選抜チームに、GKエクトル・ピサナ、DFサルバドール・ルイス、MFエドゥアルド・ロドリゲス、
MFビクトル・ゴメス、MFフェルナンド・カノ、FWビセント・アルベルトと6人選ばれました。ビクトル・ゴメス以外は初招集となります。

No.2460 / 1226159451
ヘタフェのガビランがコメント
今季のバレンシアを見てどう?
「最高の序盤戦を送っているよね。エメリ監督が来て空気が一新された事が大きかったんだと思う。
誰もが監督を信頼し、伸び伸びとプレーしているように見えるんだ。
今のバレンシアは、僕が知ってるコンパクトなチームに戻ったんだよ。そんなバレンシアとの対戦が難しい試合になるのは間違いないだろうね」

昨季の国王杯決勝では悔しい思いをしたね。
「もちろん、その試合の事は忘れていない。ミーティングでもその件について話が出たし、皆、リベンジしたいという気持ちは持っていると思う」

先日の試合ではLBで起用されたよね?
「より守備的にプレーしようと悩みすぎたかもしれない。初めてプレーするポジションだったからね。
でも監督からそのポジションの適正を求められているのだから、その期待には応えたいと思ってる。
それに、今はどのポジションでもいいから沢山の出場機会が欲しいんだ」

バレンシアとは初めて戦う事になるね。
「僕は今でもバレンシアニスタだ。生まれた時からずっとね。そんな僕にとって今回の対戦はやっぱり特別な思いがあるし、非常に嬉しい事でもあるんだ。
試合に出られるかどうかは当日までわからないけど、もし出られるなら自分のベストを尽くして戦いたい」

今回の対戦について古巣のチームメイトと話した?
「今日か明日、アルビオルやアレクシスとは電話で話すと思うよ。バレンシアの何人かとは今でも良い関係を持っているからね。
もちろんシルバとの関係も昔と変わらない。彼には悪いけど、彼が試合に出ないのはヘタフェにとって本当に大きいよ」

No.2459 / 1226157080
ヘタフェ戦に向けて19名招集
GK レナン、グアイタ
DF アルビオル、マルチェナ、ミゲル、モレッティ、デル・オルノ
MF アルベルダ、バラハ、エドゥ、フェルナンデス、マドゥロ、パブロ、ホアキン、ビセンテ、マタ
FW ビジャ、モリエンテス、アングーロ

19名?最終的にはマドゥロが外れるのかな。
レナンは間に合いましたね。ミゲルも大丈夫でしょうか。

No.2458 / 1226148607
レナンがコメント
ケガの状況
「昨日よりはだいぶ良いよ。ただ、まだヒザのあたりが腫れてるんだよね」

ヘタフェ戦への出場
「明日の状況を見てみないとなんとも言えないね。万全じゃない状態で出場したマラガ戦の時みたいに、我慢できる痛みだったらいいんだけど。
試合までまだ2日あるし、望みを捨てないで治療に専念するよ」

クラブのメディカルスタッフは、レナンのヘタフェ戦への出場にNGを出しているようです。

No.2457 / 1226071497
練習(11/7) サルバがトップチームへ
コペンハーゲン戦でレナンが太腿を打撲したようで、今日の全体練習から外れました。
かなり強い衝撃を受けているようで、ステップワークが思うようにいかず、日曜のヘタフェ戦への出場も微妙な状況との事。
こうなると久々にヒルデブラントの出番!と思われたのですが、運悪く昨季から悩まされている腰痛が再発し、
全体練習から外れ、ジムでの個別トレーニングを余儀なくされているとの事。
そこで、エメリ監督はBチームからサルバをトップチームの練習に合流させました。オチョトレーナGKコーチがサルバに声をかけている事もあり、
レナンが間に合わない場合、ヘタフェ戦のGKはグアイタ&サルバの2人で行くようです。

またこの日の練習ではコペンハーゲン戦で大活躍のミゲルがハムストリングの過負荷により、全体練習を外れて理学療法による治療を受けました。

No.2456 / 1226071454
各国代表発表
スペインU-20代表
11/10~12に行われる代表合宿に向けたスペインU-20代表にBチームのチモ・フォルネルが追加招集されました。
チモ・フォルネルはU-20は初招集。これでレンタル中のアーロンも含め、バレンシアから4人招集となります。

セルビア代表
親善試合:ブルガリア代表戦(11/19)に向けたセルビア代表にジギッチが選ばれました。

No.2454 / 1226069115
ユヴェントスがホアキンに興味
セリエAのユヴェントスがホアキンの獲得を目指してバレンシアと接触した、というニュースがイタリアのガゼッタ誌で報じられました。
ユヴェントスのセッコSDが水曜に行われたCLレアル・マドリー戦終了後にイタリアに戻らず、UEFA杯コペンハーゲン戦を観戦した事から出た話のようです。

現在ホアキンの違約金は4000万ユーロに設定されていますが、ユヴェントス側は1500万ユーロ程度で獲得できると考えているようで、
早ければ今冬の移籍期間、遅くても今季終了後の獲得を決めるべく、積極的にアプローチをかけてきているとの事です。

No.2453 / 1226068216
UNIBET社とのスポンサー契約の件・その後
ペンディングとなっていたUNIBET社とのメインスポンサー契約の件ですが、一転交渉が進展したようで、
正式にスポンサー契約を結ぶことが決まりました。シーズン途中からの半年間の契約で、スポンサー料は150万ユーロ。
さらに「来季からの2シーズンのメインスポンサー契約を他企業より優先交渉できる」という条項も盛り込まれます。
来週中にも正式な契約が行われ、12/1よりロゴマークがユニフォーム他アチコチに登場するみたいです。

ちなみにユニフォームにロゴを付けるのは国内の試合のみです。欧州カップ戦は違うロゴになるんですかね。

No.2452 / 1225977721
UEFA杯・コペンハーゲン戦に向けて18名招集
GK レナン、グアイタ
DF アルビオル、マルチェナ、ミゲル、モレッティ、デル・オルノ
MF バラハ、エドゥ、フェルナンデス、マドゥロ、ウーゴ・ヴィアナ、パブロ、ビセンテ、マタ
FW ビジャ、モリエンテス、アングーロ

No.2451 / 1225950007
エメリ監督がコメント
エルゲラとの確執という報道について
「彼との会話は他の選手と交わす会話と何も変わらないし、その会話もどちらかが激昂するようなものではなく、ごくシンプルなものだ。
そして、私が全体ミーティングで話した事は、全ての選手に同じ方向を向いて仕事をしてほしい、という事と、
バレンシアが必要としているパフォーマンスレベルに届くよう精進してほしいという事だ。
そのミーティングの際に、グループの中心に居たのがたまたまエルゲラだっただけだ。全員の前で彼を晒しあげるような事はしない」

No.2450 / 1225947973
各国代表発表
スペインU-20代表
11/10~12に行われる代表合宿に向けたスペインU-20代表にフベニールAのDFマルコス・ブエノ、
Bチームのチモ・ナバーロ、レンタル中のアーロンの3人が招集されました。
チモ・ナバーロは代表初招集、マルコス・ブエノも久しぶりの代表招集です。

No.2449 / 1225851505
エルゲラがエメリ監督の構想外に?
先日、エメリ監督とエルゲラの間でミーティングが行われました。エメリ監督は、現在のエルゲラがベストフォームから遠く、
練習で改善できる見込みがあると前置きした上で「現状のレベルでは全ての公式戦において招集しない」という事をエルゲラに伝えたとの事です。

ただ、エルゲラ本人はこの報道を否定しています。

エルゲラ
「その記事を聞いて、誰よりも私が一番驚いている。監督は私にそのような事は言ってない。誤報と言っていいだろう。
今の私は自分のベストフォームに達するよう毎日のトレーニングで努力している。
ミーティングでも、監督は私の状態が上向きである事を認めてくれたし、このまま努力を続ければ、やがてチームのプランに入る事が出来ると考えている」

No.2448 / 1225811566
アルベルダがクラブ史上最多イエロー
ラシン戦で今季4枚目のイエローカードをもらってしまったアルベルダですが、このカードにより、
クラブのレジェンド:リカルド・アリアス氏と並んでクラブ史上、1部リーグ戦で最もイエローカードをもらった選手となりました。
ちなみにアリアス氏は376試合で92枚、アルベルダは247試合で92枚なのでペースとしてはダントツです。

参考までに。
アリアス氏は76/77から在籍した16シーズンでリーグ戦376試合に出場。これはフェルナンド副会長に次ぐクラブ史上2位の記録です。
ワイルドな風貌+長い脚で豪快に刈るディフェンスから当時は「バーバリアン」というニックネームもつけられていました。

No.2447 / 1225810940
カリニッチ獲得レース
クロアチアのハイデゥク所属のカリニッチの獲得を目指しているバレンシアですが、
この獲得レースにイタリアのナポリとパレルモも参戦してきました。

この動きを受けたハイデュクの会長はカリニッチの移籍金を1000万ユーロに上げ、バレンシアのオファー額を不服としました。
カリニッチの代理人がクロアチアのスポーツ誌に話した内容によると「本人はバレンシア行きを希望しているが、
ナポリは会長の希望の金額を支払う準備が出来ているらしい。バレンシアは金銭面で苦労するだろう」との事です。

No.2446 / 1225810038
練習(11/4)
「勝利という最良の結果でグループリーグを始めるために、誰の目にも明らかな"集中された練習"が行われている」(byオフィシャル)

ウォーミングアップの後、2ndコーチのカルセドが攻撃陣、エメリ監督が守備陣、オチョトレーナがGKと3つに分かれての戦術練習を行いました。
ホアキンは腓腹筋の打撲により、フィジカルコーチとのマンツーマントレーニング。シルバももちろん別メニューです。
明日の練習は試合前日という事で最初の15分間のみ公開練習、その後は非公開となります。

No.2445 / 1225762385
マヌエル・フェルナンデスがコメント
ファンのサポート
「木曜のコペンハーゲン戦でメスタージャのファンがこれまで通り僕らをサポートしてくれれば、それはすごく僕らの力になります。
リーグ戦で負けた後だからこそ、僕らにはファンの応援が必要なんです」

UEFA杯について
「UEFA杯は偉大な大会ですし、出来るだけ上を目指していきたいですね。ただ、これまではラシン戦に照準を合わせて来たので、
最初の対戦相手のコペンハーゲンについてはこれから研究していくことになると思います」

ラシン戦について
「リーグ戦最初の敗北がチームにとって大きなショックだったのは確かです。今季はホームで負けていませんでしたからね。
ただ、僕らは落ち込む事無くページをめくり、次の試合について考えていかないといけません」

レギュラーとして起用されている現状について
「自分がレギュラーだとは思いません。出場時間は多いかもしれませんが、自分がレギュラーを獲ったという実感が無いんです」

ニュー・バラハとファンから評価されている事について
「バラハと僕はタイプの違うプレーヤーです。僕は彼の後継者でもないし、彼の代わりを務められるとも思っていません」

メンタリティ
「今季の僕をとりまく環境は、昨季とはまったく違います。チームも僕も昨季に比べてメンタル面が強くなったと思っています」

No.2444 / 1225761050
練習(11/3)
コーチングスタッフも含めてのウォーミングアップの後、ポゼッション練習を行いました。
リハビリ中のシルバの他、ホアキンがフィジカルコーチとのマンツーマントレーニング。
ラシン戦で左足の腓腹筋に筋収縮を訴えたアレクシスがMRI検査を受けました。
9日のヘタフェ戦まで休みなしでハードなトレーニングを続けていく予定との事です。

No.2443 / 1225760181
ヒネール医師がコメント
シルバの回復具合について
「回復は順調だ。今日の彼はジムで足首の状態に合わせた効果的なトレーニングを行った後、手術して以来初めてピッチで走る事が出来た。
今週中にも技術的なプログラムを始める事が出来るだろう。そして早ければ来週には通常練習に戻れるかもしれない」

No.2442 / 1225695661
マタとバネガがゴールデンボーイ賞にノミネート
マタとレンタル中のバネガの2人が、イタリアのトゥット・スポルト誌主催の2008年度ゴールデンボーイ賞の候補30人にノミネートされました。
この賞は国籍問わずヨーロッパの各国リーグに所属する21歳以下の年間最優秀選手に贈られる賞です。"U-21のバロンドール"って事ですね。
トゥット・スポルト誌のサイトより投票できますので、ぜひ皆様も投票してみてください。
http://www.tuttosport.com/sondaggi/calcio/vota-65/Vota+il+GOLDEN+BOY+2008

ちなみに私が投票した時の得票数トップはアヤックスのスレイマニって選手です。ぶっちゃけ誰だか知りません。

No.2441 / 1225694807
レンタル組(+退団組)の活躍
モントーロ(レアル・ムルシア)今季初ゴール
2部リーグ第10節:アウェーのシェレス戦で前半18分に先制ゴールを決めました。
試合はその後両チームの打ち合いとなり、最終的に5-3でムルシアは敗れています。

ファンル(テネリフェ)今季2ゴール目
2部リーグ第10節:ホームのラージョ戦で後半17分に先制ゴールを決めました。
試合はその後追加点を奪ったテネリフェが2-0で勝利しています。

No.2440 / 1225694299
ラシン戦を終えてコメント
アルビオル
「今回僕らが最もショックだったのはメスタージャで負けた事です。
ラシン戦での僕らは戦い方をしくじりました。僕らは普段のプレーを続けるべきだったと思っています。
でも僕らは、これから再び浮上する事を確信していますし、この一敗でそれほど悲観的になる事はないと思います。
長いコンペティションを戦っていると、首位というのはしばしば入れ替わるものです。現時点の順位は気にしていません。
ただ、4位以内は常に維持していきたいと考えています」

エメリ監督
「首位を維持するためにも勝利が欲しかったのだが、狙いが外れてしまった。
ラシンの戦い方は見事だった。彼らは偉大なチームである事を証明し、勝利という公正な結果を持って帰った。
我々がチームに求めていた流動性が、二度のリードを奪われた事で全く見られなくなってしまったのが残念だ。
だが、選手たちは精一杯戦い2-2に追いついた後も3点目のゴールを求めて戦ってくれた。
今回は敗れてしまったが、最後まで勝利を目指して戦った事を誇りに顔を上げて次に臨みたいと思う」

No.2439 / 1225546265
ラシン戦に向けて18名招集
GK レナン、グアイタ
DF アルビオル、マルチェナ、アレクシス、ミゲル、モレッティ
MF アルベルダ、バラハ、エドゥ、フェルナンデス、ホアキン、パブロ、ビセンテ、マタ
FW ビジャ、モリエンテス、アングーロ

« 2008年9月~10月のニュース 2009年1月~2月のニュース »

VCFJapan.org

El Rat Penat

スペインのサッカークラブ
バレンシアCFを応援する
ウェブサイトです。