バレンシアCF応援サイト VCFJAPAN.ORG バレンシアCF応援サイト VCFJAPAN.ORG

VCFJapan.org is the forum for Valencianistas in Japan.

Navigation
Valencia CF

VCF News

2008年9月~10月のニュース

2010年2月のリニューアル前の当サイトのニュース記事のログです。
No.の右の10桁の数字はその記事の更新日時(UNIXTIME)です。

No.2438 / 1225426644
練習(10/30)
ビルバオから戻ってすぐの11時からの練習でした。
負傷中のシルバと国王杯の試合後に筋肉の痛みを訴えたエルゲラを除くすべてのメンバーでウォーミングアップ。
その後、昨日の試合の疲れを取るための調整を行い、セクションごとにわかれての練習。ここではエメリ監督がDF陣とMF陣を重点的にチェックし、
カルセドがFW陣のロンドをチェックしました。バラハとビセンテは個別にジムで調整を行ったようです。最後に、全員での攻撃練習を行いました。

No.2437 / 1225424882
ケイリソン獲得レース
フェルナンド副会長が熱心に獲得を目指している"ニュー・ロマーリオ"ことケイリソンですが、
この獲得レースにバルセロナ、リヴァプールが参戦してきたようです。こうなると難しいかな。
バレンシア入団のメリットとしては「出場機会が得られますよ」という事ぐらいでしょう。金銭面だと全く叶わないですしね。

No.2436 / 1225335603
ビジャがFIFA年間最優秀選手の候補に
FIFAが毎年選定している年間最優秀選手賞の候補23人にビジャが選ばれました。
スペイン人選手は他にシャビ、イニエスタ、カシージャス、トーレス、セスクと全部で6人選ばれています。受賞者の発表は来年1/12です。

No.2435 / 1225328699
ビジャのインタビュー
今季は調子良いみたいね。
「今はとても幸せっすよ。自分の仕事が上手くいっている事ももちろんですけど、
何よりも昨季のバレンシアに対するイメージを変えられた事が嬉しいっすね」

家族はなんて言ってくれてる?
「自分が苦しい時に自分と同じように苦しんでくれた家族ですからね。今は自分と同じように喜んでくれてますよ。
皆、僕についてきてくれています。いつもそばで、自分の喜びも悲しみも共有してくれるんです」

ケンペスやペネフといったチームOBが"ビジャはボロンドール受賞に値する"と言っていたよ
「サッカー界における重要な選手たちからそう言ってもらえたり、新聞社が紙面で僕の受賞を後押ししてくれるのは嬉しいっす。
でもバロンドールに選ばれるために、自分に出来る事はピッチで結果を出す事だけですからね。
毎日トレーニングを続けて、バレンシアと代表で大きなタイトルを獲得したいです」

バロンドール受賞に最も近い選手が3~4人居ると思うけど、誰が受賞するかな?
「3~4人?わからないっすね。その3~4人がスペイン人選手だったらいいなとは思いますけど。
投票者全員が独自の評価基準を持っていますし、誰を選ぶかわからないっすよ」

ソレールについて
「自分に多くの愛情を注いでくれた人っすね。彼はクラブを去る最後の一日まで、自分を信頼してくれました」

ソリアーノ会長について
「ソレールとは違うタイプの人っすよ。どちらも素晴らしい人です」

ビジャロンガについて
「よく知らないっす。ミーティングで2時間くらい話しただけですし。ただ、その中で自分を高く評価してくれた事には感謝しています」

ミヤトヴィッチの審判批判に対してエメリが"恥ずかしい"と発言した事についてどう思う?
「試合後の熱くなっている時だったら、誰でも審判に不満を言う事はあると思います。ただ"裏で手が回っている"とか
"誰かが共謀している"とか言い始めたら、自分も"恥ずかしい奴だな"とは思いますね。
審判も人間ですし、間違う事もあります。でもその間違いが自分たちに有利に働く事もあるし、不利に働く事もある。
結局トータルではバランスは取れてると思うんですよ。マドリーに対してだけ不利な判定が下る...考えられないっすね」

でも、君もよく審判に文句言ってるよね?
「試合中、熱くなってる時はしちゃいますね。すんません。
スペインの審判に批判が多い事は知っています。でも、圧力を加えたり審判協会に介入したりする事が
この問題を解決するための最善の方法だとは思えないっす。
だから、ミヤトヴィッチの発言には何の賛同もできませんね。頭を冷やさないと」

ラモン・カルデロンはどう思う?
「別に何も。その人がマドリーの会長だって事しか知らないっす」

バレンシアでなんで7番を選んだの?
「本当は9番か10番、特に9番が好きなんですよ。ただこのチームに来た時に7が空いていたからそれにしたんです。
最初のシーズンに30ゴール決められたのと、娘が6月7日に生まれた事で、7が自分のラッキーナンバーなんだと思うようになりましたね。
可能であれば、引退する日まで7番を付けていたいっす」

代表でも7番にこだわってるの?
「ラウルやシャビ、アルベルダのような選手が"7番をつけたい"と思ったら彼らが付けるでしょうし、その時は自分は他の番号を付けるだけっす。
その事について別に何の問題もないっすよ。自分は7を取り続けてますけど、それを義務にはしたくないんで」
(スペイン代表は国際Aマッチに多く出ている選手から順に好きな背番号を選ぶ)

No.2434 / 1225242263
マンチェスター・シティからビジャにオファー
今季、いきなり億万長者になったマンチェスター・シティが移籍金5000万ユーロでビジャの獲得を狙っているようです。
元バルセロナの選手でもあるシティの監督マーク・ヒューズが、ビジャのプレーにゾッコンだそうな。

帰れ、帰れ。
今のビジャにマドリーより低い額を提示してくるとはふざけてるにも程があるわ。

No.2433 / 1225245254
エメリ監督がコメント
国王杯に向けて
「国王杯で勝つために必要な選手を揃えた。非常に競争力のあるチームになっていると思う。さらにカンテラの選手たちも我々の力となってくれるだろう。
あらゆる面で問題なく行けば我々の方が有利だ。だが、ポルトゥエンセに対する敬意を忘れてはならない。
この試合は公式戦のひとつであり、我々は高いモチベーションを持って試合に臨む必要がある。しっかり勝ってこのカップに価値を与えたい」

対戦相手のポルトゥエンセについて
「彼らは3部(実質4部)のチームだが、彼らにも自分たちが誇る武器があるはずだ。
我々は選手と共に自分たちのサッカー哲学を示すつもりでいる。試合に勝つ準備は出来ているよ」

ジギッチ、マドゥロ、ウーゴ・ヴィアナについて
「ジギッチのチームやスタッフに対する姿勢は称賛すべきだ。彼は自分がすべき事をこなし、戦力のひとりとなった。
難しい時期を乗り越えるだけの素質と強さを持っている事を証明したのだ。
マドゥロとウーゴ・ヴィアナについても同じ事が言える。彼らの練習に臨む姿勢には感服する」

ヒルデブラントついて
「私は彼と何度も何度も話している。私が最も多く会話の機会を設けているのが彼だ。彼を招集しないのは技術的な判断だ。
彼は今の状況を乗り越えるのに苦労している。繰り返し練習を重ねる事で、彼に成長してもらいたい。
私の手は常に差し出されている。私は全ての選手の力になりたいんだ」

レアル・マドリーSDのミヤトヴィッチが審判批判をしている事について
「あまり触れたくない話題だが...オサスナが不満を言うのであればまだ気持ちはわからないでもないが、
リーガで3位につけているマドリーのようなチームがそれを言うのは、他人事とはいえ恥ずかしく思う。
自分たちのミスを正当化したいだけではないだろうか」

No.2432 / 1225237925
国王杯・ポルトゥエンセ戦に向けて16名招集
GK レナン、グアイタ
DF マルチェナ、エルゲラ、デル・オルノ、チモ・ナバーロ、ジャウメ・コスタ
MF バラハ、エドゥ、マドゥロ、ウーゴ・ヴィアナ、パブロ、ビセンテ
FW モリエンテス、ジギッチ、ミチェル

大胆にローテーションを採用してきました。ビジャも不在ですし、マリティモ戦のように苦しまなければ良いですが。
ここでヒルデブラントを招集しないという事は、冬の移籍期間での退団はほぼ決定的でしょう。
そしてミゲルが招集外となったので、アルシラ戦で高評価を得たチモ・ナバーロが公式戦デビューを飾りそうです。
フォーメーションは、このメンバーだと1トップしか考えにくいですね。

No.2431 / 1225175484
各国代表発表
スペインU-16代表
11/3~5に行われる代表合宿に向けたスペインU-16代表にカデテAのGKアドリアン、MFファン・ベルナト、MFルーカス、MFロベルト・イバニェス、FWアルカセルと
5人が選ばれました。アドリアンとアルカセル以外の3人は代表初招集です。

ポルトガルU-19代表
11/10~11で行われる行われる代表合宿に向けたポルトガルU-19代表にフベニールAのマリオ・ルイが選ばれました。

No.2430 / 1225069180
レクレアティーボ戦を終えてコメント
マルチェナ
「アウェーだし、勝点1でも獲れた事は満足だ」

ビジャ
「勝点を獲り続けているって事が重要なんです」

エメリ監督
「この引き分けは、素晴らしい要素を持った2つのチームが激しくぶつかり合った成果だ。
この結果について何かを言うならば、その事を考慮しなければならない」

No.2429 / 1225068090
カンテラチームのプレゼンテーション
本日、現地時間19時よりパテルナでBチーム以下カンテラチーム全カテゴリのチームお披露目プレゼンテーションが行われます。
ソリアーノ会長、下部組織責任者のハビエル・クビージョらが参加します。

これで、オフィシャルの選手リストも更新されるかも知れません。

No.2428 / 1225067854
クラブ史上最高のスタート・更新
レクレ戦のドローで開幕からの8戦で勝点20を獲得。これはクラブ史上最も成績の良いスタートです。
バルサ、マドリーが共に取りこぼさず、ピッタリ後ろに付かれてるのがイヤな感じですが、
選手たちはプレッシャーを感じる事なく、このまま戦い続けてもらいたいところです。

No.2427 / 1224943116
レクレアティーボ戦に向けて18名招集
GK レナン、グアイタ
DF アルビオル、マルチェナ、アレクシス、ミゲル、モレッティ
MF アルベルダ、バラハ、エドゥ、フェルナンデス、ホアキン、パブロ、ビセンテ、マタ
FW ビジャ、モリエンテス、アングーロ

No.2426 / 1224812159
カリニッチに興味
クロアチア1部リーグ・ハイデュク・スプリトに所属する21歳のクロアチア代表FWニコラ・カリニッチの獲得を目指しているようです。
このカリニッチ、クロアチアのU-17から随時各年代の代表に選ばれてきており、2007/2008シーズン、若干20歳ながら
ハイデュクで公式戦38試合に出場し26ゴールを記録。その活躍を買われてEURO2008の代表メンバーにも選ばれました。

フェルナンド副会長がクロアチアに飛び、冬の移籍期間での獲得を目指して移籍金700万ユーロを提示したという話が出ています。
ただ今季既にハイデュクでUEFAカップ予選に出場しているため、加入してもUEFAカップでは出場できません。

No.2425 / 1224811109
パブロがコメント
出場機会
「僕が求めているものは昨年と同じ、出場機会を得る事です。そして出来るだけ多くの試合に出場し、自分のレベルを上げたいですね。
全ての試合に出られるようになるには、まだまだ時間がかかるでしょうけど。でもこれから数週間、チームは沢山の試合をこなします。
監督は選手全員に信頼を置いてくれていますし、僕らにも出場機会が回ってくると思っています」

今季のチーム
「すごく快適ですよ。カンテラ時代に一緒にプレーした仲間も沢山居ますし、すぐチームに馴染めました。
今、僕ら全員が求めていた平穏な日々が訪れています。チームはすごくポジティブな空気で溢れていますし、
これがピッチのプレーにも反映されて様々な面で上手くいってるんだと思います」

リーガ首位の座
「僕らが首位に居るのは偶然ではありません。選手、監督、スタッフ、皆が素晴らしい仕事をし、クラブが首位にとどまれるようにしているんです。
今のバレンシアは得点王を抱える攻撃陣、無失点試合を重ねる守備陣と、各ブロックが良い仕事をしています。
そして、多くの勝点を獲れた事で僕らにはアドバンテージもありますし、何より自分たちに自信を持つ事ができるんです。
ライバルチームにとって今の僕らから勝利する事は非常に難しいはずです」

No.2424 / 1224811031
ビセンテがコメント
チームが好調な理由
「このチームが、誰かひとりによって成り立っているチームではないからだと思います。
ここまで充分な出場機会のない選手たちも含めて、全員でひとつのチームですからね」

ホームでの好成績
「ホームで素晴らしい戦いをして沢山のゴールを奪えているという事、これは本当にエキサイテキングな事だし、チームにとって重要な事だと思います」

これからのハードな日程
「今この瞬間、僕らは素晴らしい成績を収めていますが、浮かれるような事があってはならないと思っています。
これからの2ヶ月は沢山の試合が組まれていますし、僕らはきっと苦しむでしょう。
これまでにい得た勝点を元に自信を持って、冷静に戦っていきたいと思います」

スペイン代表への復帰
「今の代表チームはかなり高いレベルで機能していると思います。ただ、常に代表へのドアが閉じられる事はないと思っています。
ただ選ばれるためには、まずバレンシアで常時プレーしなければいけません。試合に続けて出る事が唯一、試合勘を取り戻す方法ですから。
でもそれは今のバレンシアでは非常に難しい事です。練習を重ね、今与えられている出場時間で結果を残す事で、出場時間を増やしていきたいですね」

No.2423 / 1224728901
メディカルレポート(10/22)
デル・オルノ
足の裏に痛みを訴え数日全体練習から外れていたが、午前中の練習(22日は2部練習)で全体練習に復帰。

マタ
夕方からの練習中に外転筋に痛みを訴える。
雨の中での練習だったため、エメリ監督の指示により練習を途中で切り上げる。
次節レクレアティーボ戦の出場には問題ないとの事。

No.2422 / 1224727958
欧州首位
7試合で勝点19を獲得している今のバレンシアですが、1試合平均の獲得勝点2.71という数字は現在の欧州各国リーグの中で最も高い数字だそうです。
要するに、欧州で最も勝点を取りこぼしていないチームだ(今のところ)という事らしいです。
これに続くのはイングランド・プレミアリーグ首位のチェルシー&リヴァプールとオランダリーグ首位のNAC(3チーム共に2.5)だそうです。

あんまり意味のない記録かなと思いますが、まぁ調子の良い今だから喜べる記事という事で。

No.2421 / 1224645166
ミゲルがコメント
リーガ優勝の可能性
「過去の戦いを振り返っても、3位より上のチームには常に優勝の可能性があると思う。だから今季の俺達もリーグ優勝を成し遂げる事は出来るはずだ。
ただそれについて話すのはまだ早すぎるよ。リーガはまだ4分の1も終わってないんだから。でもまぁ、いつでも首位に居る事は気持ち良いよね」

エメリ監督について
「監督は1週間かけてそれぞれの選手たちと充分に話す時間を取るんだ。そこで監督は"次の試合でどんなプレーをしてもらいたいか"という事を
それぞれの選手たちに熱心に伝えてくれる。時々重たく感じる事もあるけどね(笑)
でも、監督が常に選手と話す機会を持ってくれるというのは最高の環境だと思う。
全ての選手に同じように接してくれるというのは俺にとってとても重要な事なんだ。なんせケガをしてる選手に対してもそうなんだから。
今季チーム内でいちばん変わった所がここだと思う。監督と選手の間にコミュニケーションがあるんだ」

マヌエル・フェルナンデスについて
「今季、アイツが戻ってきて一番最初に顔を合わせた時にアイツと話したんだ。
"昨季のチームは、沢山の人間がオマエを使い物にならないという間違った判断を犯した。オマエにはその評価を変えられるだけの才能がある。
なぁブラザー、一緒に昨季の俺達とは違うんだって事をみせてやろうぜ"ってね。
アイツに必要だったのは俺と同じ"監督から信頼される事"だった。その点エメリ監督が巧くやってくれているんだと思う。
アイツは若いけど既に国際大会の出場経験もある。これまでは何度も壁にぶち当たっていたけど、その壁もようやく破れたはずだ。
これから先、アイツはバレンシアに高いレベルで貢献してくれるはずだよ」

No.2420 / 1224645848
ミニ情報
・Las Provincias誌が行っているアンケート「バロンドールに相応しいのは誰か?」で80%近くの人がビジャと回答。
 2位がカシージャスで7%、3位がロナウドで4%。地元紙とは言えすごい票数です。
・ミランのカカがビジャを称賛。「ビジャはバロンドールの最有力候補5人に入ると思う。クラブではそれほどの成績を収められなかったけど、
 代表では偉大な事を成し遂げたのだから」だそうです。ただカカは「でも自分が投票するとしたらメッシ」だそうです。なんやねん。
・2週間でソレールに追い出されたビジャロンガさんが、レアル・マドリーの次期会長選に出馬したいと話しているようです。
 別にバレンシアが好きってわけじゃなかったみたいですね。
・現ベンフィカのキケ・フローレス監督がアトレティコの監督に?という噂が出ているそうです。
 今アギーレ監督を解任したらアトレティコは元の中位を彷徨うクラブに戻ると思う。

No.2419 / 1224573546
ビジャのバロンドール賞を後押し
ビジャのバロンドール賞ノミネートを受けて、クラブはビジャの功績を讃える特設サイト(トップページだけですが)を作成しました。

http://www.villabalondeoro2008.es/
画像の切り抜きがやっつけ過ぎでイイ感じです。

No.2418 / 1224470368
ヌマンシア戦を終えてエメリ監督がコメント
試合結果
「4-0という結果はヌマンシアにとっては厳し過ぎるものだと思う。1-0の時点では彼らはアグレッシブさを見せたし、
同点に追いつかれてしまう可能性もあったのだから。
我々が効果的にゴールを奪えたからこそこういう結果になったわけで、これからも大勝に浮かれる事無く振る舞わなくてはならない」

ホームで無敗
「ホームで力を発揮出来るという事は、ファンに喜んでもらえるという意味でも良い事だ。
チームが上位に居るという事でもファンの信頼を得られていると思う。我々が素晴らしいサッカーをしているという事は、誰も否定できないはずだ」

バラハを招集外にした事について
「彼の回復具合を気にしたからだ。プレーできる状態まで戻ってきているのは知っているが、ケガをしていた間のブランクを埋めるのは
どんな選手にとっても簡単な事ではない。シーズンはまだ長いし、チームに元気な状態の選手たちが居るのだから、無理をさせないという判断も大事だ」

アルベルダを途中で下げた事について
「アルベルダが下がった時のファンからの拍手は、彼が昨季受けた傷を癒すのに最も良い薬となるだろう。
彼を下げたのは、ハムストリングに若干の違和感を抱えていたためだ。試合では素晴らしいプレーを見せていた彼だが、
試合展開を考えたら、これ以上プレーさせる必要はないと判断した」

No.2417 / 1224437663
クラブ史上最高のスタート
開幕からの7戦で勝点19というのは、03/04のベニテス監督と並びクラブ史上最も成績の良いスタートです。新任監督としてはもちろん最高の成績。
さらにこの後は調子の上がらないレクレ、ラシンとの対戦です。記録更新も狙えるかもしれません。

ただ、03/04シーズンは第4節からの4試合(アトレティコ、R・マドリー、バルサ、エスパニョール)を10得点無失点で切り抜けてるんですよね。
まだビッグクラブと当たってない今季は、この後がキツイです。

No.2416 / 1224427256
あの選手は今・パート1
過去にバレンシアに所属した懐かしの選手たちをたまには追いかけてみます。
2冠達成後の04/05シーズン、ラニエリ監督・アントニオ・ロペス監督に抜粋された若手選手たちの現状。

ニコ・カルラモフ
元U-21フランス代表も完全に伸び悩んでしまった模様。
05年夏にバレンシアを退団した後も所属クラブが見つからず、フランスアマチュアリーグ(実質4部)のAFCコンピエーニュに入団。

パジャルド
昨季所属したヘタフェでは本職のDHではなくCBで使われたりと振るわず。今季より2部リーグ・レバンテへ。

ファンル
昨季所属していたグラナダ74の2部B降格に伴い、今季より2部リーグ・テネリフェへ。

サンタクルス
昨季所属していたセウタで構想外となり、今季より2部Bリーグのリナレスへ。

ルス
昨季所属していたグラナダ74の2部B降格に伴い、今季より2部リーグのエルクレスへ。

No.2415 / 1224423859
ビジャが2008年度バロンドールにノミネート
フランス・フットボール誌が定める2008年度のバロンドールの候補者30名の中に、ビジャがノミネートされました。
2006年度に初めてノミネートされて以来、3年連続になります。

その他のスペイン人選手では、カシージャス、セスク、セナ、フェルナンド・トーレス、セルヒオ・ラモス、シャビらが選ばれています。

No.2414 / 1224339685
バレンシア州選抜チーム発表
U-18州選抜
10/22の代表合宿に向けたU-18バレンシア州選抜チームに、FWセルジ・ガルシア、MFシーフォ、MFポルトゥ、パレデス、カルメロの5人が選ばれました。
パレデスとカルメロは今季加入した選手のようです。オフィシャルがカンテラの選手リストを更新してないので、所属カテゴリはよくわかりません。

U-14州選抜
10/21の代表合宿に向けたU-14バレンシア州選抜チームに、DFテンディージョ、DFカルボネル、MFビクトル・ゴメスの3人が選ばれました。
3人とも昨季はインファンチルBに所属していた選手です。

No.2413 / 1224337642
グアイタがコメント
首位の重圧
「僕らは首位に居る事をプレッシャーと感じる必要はない。ただ勝利を求めて戦うだけだ」

待たれるリーガデビュー
「試合に出るチャンスは常に伺ってる。毎日の練習には必死に取り組んでいるし、いつでもプレーする準備はできているよ」

ヌマンシア戦について
「ヌマンシアは昇格したてで大きな野心に溢れているチームだ。セットプレーからの攻撃も良い物を持っているし、難しい戦いになると思う。
僕らは90分間、絶対に気を抜いてはいけないと思う。もし僕らがプレーのレベルを落としたら、どんなチームでも僕らを下す事が出来るんだ」

ビジャについて
「僕が言うまでもなく偉大なプレーヤーだよ。彼のような選手とチームメイトで居られる事を誇りに思う」

No.2412 / 1224335232
ヌマンシア戦に向けて18名招集
GK レナン、グアイタ
DF アルビオル、マルチェナ、アレクシス、エルゲラ、ミゲル、モレッティ
MF アルベルダ、エドゥ、フェルナンデス、ホアキン、パブロ、ビセンテ、マタ
FW ビジャ、モリエンテス、アングーロ

No.2411 / 1224286571
ヌマンシア戦の主審
この試合、敵はヌマンシアの選手11人だけじゃないかもしれません。

メスタージャで行われるバレンシアvsヌマンシアの一戦、主審はメヒア・ダビラ(マドリッド州協会所属)に決まりました。
メスタージャに戻ってくるのは一昨年の国王杯デポル戦以来およそ2年半ぶりです。コインが投げ込まれた試合と言えば思い出す方も多いでしょうか。
バレンシア嫌いでお馴染みの主審で(本人はもちろん否定)、この人が裁く試合では毎度バレンシアの選手が退場になったりPKを取られたりします。
あまりの事態にLFPから"バレンシア関連の試合をしばらく担当しない"という異例の措置が取られたほどの関係です。
ヌマンシアという難敵を相手にするだけでも厳しいのに、嫌な審判がついちゃいました。

No.2410 / 1224208029
メディカルレポート(10/16)
マドゥロ、デル・オルノ
筋肉の過負荷のため、全体練習を欠席。理学療法による治療を受ける。

No.2409 / 1224207630
マルチェナが契約交渉
マルチェナが給料アップを求めて、クラブと交渉中のようです。

マルチェナの代理人ガルシア・キロン氏がソリアーノ会長・フェルナンド副会長と話し合いを行いましたが、
クラブ側は「全ての選手に対して今季途中の給料改定は無い」と答えました。
会長・副会長共に、現状の給料が国際的な水準で考えても妥当だと考えているようです。

キロン氏
「シルバとビジャ同様に、マルチェナもクラブに不可欠な選手であると認識している。クラブが門戸を開いてくれる来夏に、再度話をしたいと思う」

No.2408 / 1224206080
アルビオルがコメント
良いシーズンになりそうですね。
「僕らはピッチで全力を出して戦える良いチームを作れていると思います。エメリ監督がチームの空気を変え、選手たちとの繋がりを作りました。
選手全員がこのまま素晴らしいシーズンを続けたいという思いを持っているし、監督がそう導いてくれています」

最高のスタートになりました。
「良いスタートを切れました。僕らはこの調子でどんどんチーム力を高めていかないといけません。それができれば、
これから先の日程はキツイですが、勝点を積み重ねていくことが出来ると思います。まずは日曜の試合に勝ちたいですね」

ヌマンシア戦について
「日曜の17時というのは悪くない時間です。とにかく良いプレーをして、勝点3を獲りたいです。
でも僕らが勝ちたいと思うのと同じで、彼らもメスタージャで果敢に立ち向かってくるでしょうね」

代表戦で出番がなかったことについて
「合宿初日はケガの影響で練習に参加できませんでした。日に日に少しずつ参加できるようになり、今はだいぶ良い状態です。
代表チームがピッチに出る時、最も重要な事は信頼です。僕はデル・ボスケ監督を信頼しているし、監督も僕に信頼を寄せてくれている。
礼節を重んじるタイプだし、サッカーをよく知っているし、選手の扱い方も巧い。僕は彼を尊敬しています。
今の代表チームには幸運の女神がついているような気がします。出来るだけ早く本大会出場を決めたいですね。

No.2407 / 1224204681
Bチームのチモ・ナバーロがコメント「
2部Bリーグでの戦い
「ピッチ上で何をすれば良いか、僕ら全員がわかっています。2部Bというリーグにも適応してきましたし、
大きな事を成し遂げるための準備も出来ています」

トップチームに招集されている事
「とても幸せな事だし、ここでのプレーを楽しんでます。トップチームに混ざって練習している事も、
エメリ監督がアルシラ戦に招集してくれた事も大変な名誉です。
ただ今の僕はBチームの選手ですし、浮かれる事無くBチームでしっかり戦いたいと思います。
そしていつかはエメリ監督に信頼してもらえるようになりたいですね」

Bチームのレギュラーとして
「今の僕はこれまで戦ってきた全ての試合で出場機会を貰えています。これについてはオスカル監督に感謝したいですね。
ただ僕は、チーム全体が重要な存在だと思っています。勝利を積み重ねる事は、チームとしての結びつきが強める事だと思います」

No.2406 / 1224203365
各国代表戦の結果
スペイン代表
W杯予選:ベルギー代表戦がブリュッセルで行われ、1-2でスペイン代表が逆転勝利しました。
ビジャがフル出場、後半43分に決勝点となるスペインの2点目をマーク。アルビオルとマルチェナは出番がありませんでした。

ポルトガル代表
W杯予選:アルバニア代表戦がブラガで行われ、0-0の引き分けに終わりました。ミゲルが先発出場し、後半30分に途中交代。
フェルナンデスはフル出場しましたが、勝利に貢献できませんでした。

セルビア代表
W杯予選:オーストリア代表戦がウイーンで行われ、1-3でセルビア代表が勝利しました。ジギッチがフル出場しています。

No.2405 / 1224078126
代表戦の結果
スペインU-21代表
U-21欧州選手権2009最終予選:スイスU-21代表戦がロルーカで行われ、延長戦までもつれこんだ結果3-1でスペインU-21が勝利しました。
1stレグを1-2で落としていたスペインU-21は、スイスU-21に先制され2点のビハインドとなりますが、
後半ロスタイム5分にシシのボレーシュートによる逆転弾が決まり、トータル3-3で延長戦に突入。
ラウル・ガルシアの決勝点で本戦出場を決めました。マタが120分フル出場しています。本当にお疲れ様でした。

No.2404 / 1224033957
冬の補強は無し
フェルナンド副会長が冬の移籍期間では選手の獲得を行わないと表明しました。
これにより噂に上がっていたケイリソンの獲得も早くて来夏という事になります。

No.2403 / 1224033175
アングーロがコメント
エメリ監督はベニテス元監督と比較される事が多いですが。
「若くして成功を収めた監督という事であればその2人はよく似てるかもしれないが、2人のサッカーはそれぞれ違うものだ。
エメリ監督の方がオフェンシブでボールポゼッションを重視する監督だ」

アトレティコvsリヴァプールがバレンシアで行われる事になったら、ベニテスがメスタージャに戻ってきます。
「そうなった場合確かに興味深い状況になるが、何よりもビセンテ・カルデロンのファンがこの偉大な2チームの対戦を見られないという事が残念だ」

エメリ監督の招致でクラブは良い方向に進んでいます。
「クラブはチームを正しい方向に導ける監督を必要としていた。この状況でウナイ・エメリと契約したのは大きな成功だと思う。
エメリ監督は何人かの選手にバッテリーを入れた。そしてクラブは再び動き出したんだ」

代表ウイークで少し休めましたね。
「これから3日毎に試合がやってくる。そのまま12月まで休みなく戦い続ける俺達にとって、練習もできて休みも取れるこの1週間は大きい。
シーズンの最終戦までエキサイティングな戦いを続けるためにも、俺達にはガソリンが必要なんだ。
巧く調整し、この先もこれまでと同じように戦い続けていきたい」

バロンドールは誰になると思いますか?
「個人的にはビジャを推したい。また、EURO2008の優勝でスペイン代表のメンバーの何人かもノミネートに値すると思う。
他には、偉大なタイトルと得点王を獲ったクリスチアーノ・ロナウドが相応しいのではないだろうか」

シュスターがビジャの事を"野心不足"と発言した事について
「ビジャは自身の決定を後悔していないはずだ。アイツはバレンシアで大きな事を成し遂げられると確信し、ここに残ったんだ。
アイツほど野心に溢れている選手はそう多くない」

No.2402 / 1223994322
Valencia Experienceが窮地に
スポンサー料金の支払い滞納でクラブとのスポンサー契約を解除したValencia Experience社ですが、
社員への賃金が4ヶ月未払いという状態である事がわかりました。
しかも、その状態に不満を唱えた社員たちを解雇してしまったため、解雇された社員達によりの裁判を起こされてしまいました。

この企業、どんどん深みにはまっていきます。
この様子だとクラブが訴えても違約金を取れないかもしれません。。。

No.2401 / 1223908031
代表戦の結果
スペイン代表
W杯予選:エストニア代表戦がタリンで行われ、0-3でスペイン代表が勝利しました。
ビジャが先発出場し前半37分にPKでスペインの2点目をマーク。後半25分に途中交代しています。アルビオルとマルチェナは出番がありませんでした。

ポルトガル代表
W杯予選:スウェーデン代表戦がソルナで行われ、0-0の引き分けに終わりました。ミゲルとフェルナンデス2人共に出番がありませんでした。

セルビア代表
W杯予選:リトアニア代表戦がベオグラードで行われ、3-0でセルビア代表が勝利しました。
ジギッチはフル出場し、後半37分にセルビアの3点目をマークしています。

スペインU-21代表
U-21欧州選手権2009最終予選:スイスU-21代表戦がスイスのアーラウで行われ、2-1でスペインU-21は逆転負けしました。
マタがフル出場しています。2ndレグは14日です。

No.2400 / 1223627359
アルシラ戦の内容
前半
・アルシラが胸を借りるとばかりにアグレッシブなプレーで、バレンシアを慌てさせる。
・チモ・ナバーロはミゲルの控えが居ないRBのオプションとなり得る可能性を見せた。
・アルシラの2点目はグアイタのクリアミスから。エメリは我慢して使い続けるつもりなのだろうか。
・モレッティはこの試合でCBを務めたが、LBの層が薄いためリーガでこのポジションを務める事はないだろう。

後半
・アルシラの選手たちのフィジカルが落ちてきたところを逃さず逆転するあたりに今季のバレンシアの強さが見える。
・パブロはまだホアキンを超えるには時間がかかるか。ホアキン投入後はRBでプレー。
・アルシラOBのアルベルダ投入で、バレンシアが俄然引き締まった。
・ヒルデブラントは無難なプレーを見せた。グアイタより安定しているがエメリはどう判断しただろうか。

以上、ラス・プロビンチャス誌とレバンテ誌の試合評です。

No.2399 / 1223511487
代表選手発表
スペインU-17代表
10/13~15の代表合宿に向けたスペインU-17代表にフベニールBのMFイスコとMFシーフォの2人が選ばれました。

No.2398 / 1223424510
UEFA杯の抽選結果を受けてコメント
バラハ
「我々にとって良いグループと言えるだろう。もちろん勝ちあがってきたチームはどこも実力のあるチームだし、グループ内の全てのチームを
リスペクトしなくてはならないが、我々がこのラウンドを突破できる見込みは充分にある。ただ、同時に簡単な試合は一つもないとも思っている。
UEFAカップはCLより権威の低い大会と捉えられているが、このタイトルも充分に大きなタイトルであり、
獲得できるか否かでチームに大きな影響力がある。この大会を過小評価するべきではない」

エメリ監督
「抽選結果は悪くないと思う。ライバルチームは皆、各国を代表する名門クラブだが、このラウンドをメスタージャで始められる事が嬉しい。
最も手強いライバルはサンテティエンヌとローゼンボリかもしれない。冬場に気温がぐんと下がるこの2つの都市で試合をする事は非常に厳しい」

フェルナンド副会長
「寒い国のチームが揃ったグループになった。論理的に言えば、バレンシアは次のラウンドに進むグループ3位以内に入らなければならない。
おそらくグループで最も手強いライバルになるであろうチーム(サンテティエンヌ)との一戦を
アウェーで戦わなければいけない事が、唯一我々が望まなかった事だ。
サンテティエンヌについては我々は情報を持っている。他の3チームに関してはこれから調べる事になるだろう」

No.2397 / 1223422626
親善試合・アルシラ戦に向けて21名招集
GK ヒルデブラント、レナン、グアイタ
DF アレクシス、エルゲラ、デル・オルノ、モレッティ、ジャウメ・コスタ(B)、アルトゥロ(B)
MF アルベルダ、バラハ、ホアキン、パブロ、ビセンテ、ウーゴ・ヴィアナ、マドゥロ、X.ナバーロ(B)
FW モリエンテス、アングーロ、ミチェル(B)、オルチナ(B)

代表に招集されていない選手にBチームの選手を加えたラインナップです。
ヒルデブラントに出番をあげたいですね。

No.2396 / 1223375304
UEFA杯組み合わせ
UEFA杯グループリーグの抽選が行われ、バレンシアはグループGに入りました。
同じグループにはベルギーのクラブ・ブルージュ(ポット2)、ノルウェーのローゼンボリ(ポット3)、デンマークのコペンハーゲン(ポット4)、
フランスのサンテティエンヌ(ポット5)が入りました。他のグループに比べ、比較的組みやすい相手が揃ったと思います。
ローゼンボリには昨季のリベンジを果たさないとですね!

他のグループではシャルケ、パリSG、マンチェスターC、ラシンが入ったグループA、
ベンフィカ、オリンピアコス、ガラタサライ、ヘルタ・ベルリンが入ったグループB、
トットナム、スパルタク・モスクワ、ウディネーゼ、ディナモ・ザグレブが入ったグループDあたりが厳しいですね。

No.2395 / 1223349120
代表追加招集
ポルトガル代表
W杯予選:スウェーデン代表戦(10/11)とアルバニア代表戦(10/15)に向けたポルトガル代表にフェルナンデスが追加招集されました。

No.2394 / 1223349000
ビジャがマルカから表彰される
07/08シーズンのタイトル獲得者の表彰式がマルカ誌主催で行われました。
1部リーグのピチチ(得点王)&サーラ(スペイン人最多得点)にグイサ、2部リーグのピチチにシェレスのジョルディ、
1部リーグのサモーラにカシージャス、2部リーグのサモーラにカステジョンのカルロス・サンチェス、
1部リーグ最優秀監督にビジャレアルのペジェグリーニと、2部リーグ最優秀監督にヒホンのマヌエル・プレシアド監督が選ばれました。

また、この席で同時にEURO2008のタイトル獲得者表彰式が行われ、MVPのシャビ、サモーラのカシージャスと共に、
得点王を獲得したビジャも表彰されました。

No.2393 / 1223348188
親善試合
10/8、急遽2部BのUDアルシラとの親善試合が組まれました。
ルイス・スニェル・サンチス杯という大会で、アルシラ版ナランハ杯みたいな感じでしょうかね。

No.2392 / 1223259904
ミニ情報
10/4
・アレクシスとシルバが2人でミュージカル「ジーザス・クライスト・スーパースター」を見に行ったそうです。

10/5
・コルテス元会長がパテルナ練習場を訪問。個人練をしていたマルチェナが出迎えました。
・普段はマイカーで練習に来るヒルデブラントが、この日はタクシーで出勤。練習を終えて帰る際には、報道陣に対して顔を隠して帰っていったとの事。
 だいぶナーナスになってますね。かなり心配です。
・バジャドリー戦、VIPスタンドに何故かソレール元会長夫妻が観戦に来ていたそうです。モレッティの胃腸炎の原因はこれだ。

No.2391 / 1223259076
グアイタが契約延長へ
フェルナンド会長がグアイタとの契約延長をすべく、グアイタの代理人と密に連絡を取り合っているようです。

現在グアイタには2011年までクラブとの契約がありますが、プロ契約ではないため、
他クラブから市場価格より遥かに安い値段で引き抜かれてしまう可能性があります。
そのためフェルナンド副会長はグアイタとのプロ契約をまとめ、早急に囲いたいようです。

No.2390 / 1223258239
クラブ史上最高の新監督
これまでのリーグ戦、開幕からの6戦で5勝1分の勝点16ですが、この成績はバレンシアの新任監督史上最高の成績だそうです。
UEFA杯を含め、今季全ての試合でゴールを奪っている事もお見事ですね。
選手たちも監督も「優勝は考えていない」ようですが、このまま粘り強い戦いを続けていければ、自然とそういった声も聞かれてくるかもしれません。

No.2389 / 1223258833
メディカルレポート(10/5)
モレッティ
バジャドリー戦の途中で腹痛を訴えて途中交代。診断の結果、胃腸炎との事。
ここ数日間の間にモリエンテス、マタ、ビセンテ、マルチェナに続いて5人目です。

No.2388 / 1223258017
バジャドリー戦を終えてコメント
ビジャ
「難しく厳しい試合でしたけど、ゴールを奪って完封で勝てた事が大きいっすね」

エメリ監督
「非常に拮抗した試合だった。結果は妥当であると思う。相手も多くのチャンスを作っていた。特にペドロ・レオンのプレースキックは危険だった。
0-1となった時点で我々は守りに入ったが、それは我々のチームに効果的なカウンターアタックを演出できるプレーヤーが揃っているからだ。
フェルナンデス?前半の彼は苦しんでいるように見えたが、後半は存在が際立っていた。
彼には偉大な才能があるし、これからもチームを助けてくれると思う」

No.2387 / 1223155954
招集メンバー変更
マルチェナが胃腸炎のため、急きょ招集メンバーから外れました。代わりにバラハが招集されています。
胃腸炎はクラブで流行っているようですね。

No.2386 / 1223129664
エメリ監督がコメント
バジャドリー戦
「今季これまでの試合の中で最も難しい試合になるだろう。バジャドリーは本当に厳しい相手だ。
彼らが2部リーグに居た時のチームを私は知っているが、彼らほどピッチで意思統一されているチームはそれほど多くない。
我々にはハイレベルな危険察知能力と、集中力が必要とされる。チームを高いレベルで機能させないと、失望させられる可能性は高くなるだろう。
特に彼らはホームでその強さを発揮する。アトレティコのような強豪チームが、1人多いにも関わらず敗れたのが代表例だ」

マリティモ戦の途中交代時に握手を拒否したエルゲラについて
「その後に私はエルゲラと話した。そこではいつも通りのごく自然な会話が行われた。
彼のプレーには満足しており、マリティモ戦で彼を下げたのは彼がイエローカードを1枚もらっていたからだ。
練習を見てもらえればわかると思うが、彼のチーム内での態度に何ら問題はない」

マルチェナ
「彼はとても強い意志の強い選手だ。日曜日の試合に出場する準備も出来ている。
まだベストの状態には戻っていないが、代表に呼ばれた事も彼のモチベーションアップに繋がっているだろう」

今節バルサvsアトレティコという試合も行われますが、あなたはアグエロとメッシどちらの選手が好きですか?
「我々は欧州選手権の得点王を抱えているし、マタも頭角を現している。他にも目立たないかもしれないが、
我々は優秀な選手を抱えているんだ。彼らには興味ない」

リーガ、UEFA杯、国王杯、どのコンペティションに最も力を入れて戦うつもり?
「これから先、我々はその3つのコンペティション全てで沢山の試合を戦う(勝ち進む)つもりでいる。
そのため、我々はそれに耐えうる強固なチームを作る必要がある。全てのプレーヤーがいつでも試合に出られる準備をしていなければならない」

No.2385 / 1223125562
バジャドリー戦に向けて18名招集
GK レナン、グアイタ
DF マルチェナ、アレクシス、エルゲラ、ミゲル、デル・オルノ、モレッティ
MF アルベルダ、フェルナンデス、ホアキン、パブロ、ビセンテ、マタ、ウーゴ・ヴィアナ
FW ビジャ、モリエンテス、アングーロ

No.2384 / 1223120440
各国代表発表
スペイン代表
W杯予選:エストニア代表戦(10/11)とベルギー代表戦(10/15)に向けたスペイン代表にアルビオル、マルチェナ、ビジャの3人が選ばれました。

ポルトガル代表
W杯予選:スウェーデン代表戦(10/11)とアルバニア代表戦(10/15)に向けたポルトガル代表にミゲルが選ばれました。

セルビア代表
W杯予選:リトアニア代表戦(10/11)とオーストリア代表戦(10/15)に向けたセルビア代表にジギッチが選ばれました。

スペインU-21代表
U-21欧州選手権2009最終予選:スイスU-21代表戦(1stレグ 10/11、2ndレグ 10/14)に向けたスペインU-21代表にマタが選ばれました。

No.2383 / 1223111238
メディカルレポート(10/3)
アルビオル
マリティモ戦で左足内転筋の痙攣を訴える。10/3にMRI検査を受けた結果、筋繊維に傷が見つかる。バジャドリー戦への出場は難しいとの事。

シルバ
10/3にチームドクターのヒネールと共に、執刀医のクガート医師の元へ術後診断に向かう。経過良好で、予定通り術後3週間となる来週よりリハビリに入る。

ロンバン
精密検査の結果、右ヒザの前十字靱帯が断裂していた事が判明。全治6ヶ月となる見込み。

2年前にも左ヒザに同じケガを負ってしまったロンバンは相当落ち込んでいる様子ですが、
パブロやマタ、ソリアーノ会長がお見舞いに訪れたりして元気づけたりしているそうです。

No.2382 / 1223110031
UEFAカップ・マリティモ戦を終えてコメント
デル・オルノ
「このゴールの味は格別だよ。僕個人にとってもとても重要なゴールになったし、チームにとっても次ラウンド進出に繋がるゴールになったからね。
バレンシアは本当に素晴らしい形でシーズンをスタートしている。この状態を維持していけるよう自分たちの力を信じて戦っていきたい」

ビジャ
「マリティモのサッカーで自分らはかなり苦しみました。でもこれだけ悪い内容のサッカーでも最終的に勝てた事は、自分らにとって本当に大きいっすね」

エメリ監督
「我々はマリティモを舐めてなど居ない。彼らに対して最大限の敬意を持って戦った。
彼らがメスタージャで見せたサッカーは素晴らしいものであったし、称賛に値するライバルだった。
出場機会の少ない選手を起用した理由は、彼らのフィジカル面が良く、力が有り余っている状態だったからだ。
我々はピッチにフレッシュな選手を送り込まねばならない。さもないと、今日のアルビオルのように負傷してしまう事になる。
実際に今日の試合では、エルゲラやフェルナンデス、ウーゴ・ヴィアナらのような選手たちが完璧なプレーを見せてくれた。
それに我々のチームには26人の選手がおり、全員がバレンシアでプレーする力を持っているこそ此処に居る。彼らはピッチでその事を証明してくれた」

No.2381 / 1222948210
UEFAカップ・マリティモ戦に向けて18名招集
GK レナン、グアイタ
DF アルビオル、マルチェナ、エルゲラ、ミゲル、デル・オルノ、モレッティ
MF アルベルダ、フェルナンデス、ホアキン、パブロ、ビセンテ、マタ、マドゥロ、ウーゴ・ヴィアナ
FW ビジャ、アングーロ

ローテーション+マルチェナの復帰というのもあるんでしょうが、アレクシスが外れたのはデポル戦のミスもあるんでしょうか。
エドゥは小さい負傷を抱えているため、招集から外れました。このメンバーだとビジャは休めないですね。

No.2380 / 1222902937
マタ インタビュー
想像以上のスタートを切れたんじゃない?
「何一つ文句はないね。全てがうまく行ってるよ。日曜にデポル相手に勝てたけど、仲間にアシスト出来た事もあったしすごく良い気持ちで家に帰れたよ」

バレンシアに来る前からビジャの事は知っていたの?
「うん、少しだけね。僕がオビエドのカンテラに居た時...カデテだったから14歳の頃だと思うけど、
ビジャがオビエドに来たからサインを貰いに行ったんだ。その頃すでに偉大な選手になりそうなオーラが出てたよ」

ビジャとこんなに合うとは思わなかったよ
「ビジャと理解し合うのはすごく簡単な事だよ。僕だけじゃなくね。誰でも自分のプレースタイルをそのまま出せばいいんだ。
彼は常に相手のマークを外す方法を探し、ゴールを約束してくれるプレーヤーだ。
難しい場面も彼が解決してくれるから、一緒にプレーするのはすごく簡単なんだよ」

バレンシアはビジャに依存し過ぎじゃない?
「ビジャはバレンシアだけでなく代表でも世界有数の選手だ。それは誰もが疑いようのない事だと思う。
彼が違いを生み出せる選手で、僕らが彼に頼っているのは確かだと思う。彼は間違いなくバレンシアにとって無くてはならない存在だよ。
ただ、バレンシアには偉大なチームがあり、他にもゴールを生み出せる選手がいる事も忘れちゃいけない」

君は目眩がするくらい急速に成長している。自分で怖くならない?
「全然怖くないよ。幸運な事にどんな事にも僕は動じない性格だからね。
バレンシアに来た当初プレー出来なかった時も落ち着いてた。落ち込むのは簡単な事だけど、そう居られるよう僕は我慢したんだ。
今もその時と変わらず落ち着いているし、その時と同じだけもっと多くの事を学びたいという気持ちで溢れてる。
というか、僕は学ばなきゃいけないんだよ。だってまだ20歳なんだから」

このまま成長を続ける事が出来たら、君はどこまで辿り着きたい?
「バレンシアに来てからずっと僕は地に足をつけ、謙虚な気持ちで練習に取り組んできた。今でもその気持ちを忘れてはいない。
チームの一員として試合に出る事が難しい事だと思ってたのに、予想してたより早くプレーの機会を得られ、徐々にその機会も増えていった。
でも、僕の中では何も変わっていないんだ。今は続けて試合に出られるという状況を楽しんでるし、このまま続けていきたいけど、
もし試合に出られなくなっても、チームがうまく行っているだけで僕は充分満足。チームの良い雰囲気がより一層その思いを強くさせるよ」

マタとビジャのホットラインが凄すぎて、誰もシルバの名を呼ばなくなったね
「確かにそうかもしれない。でも僕とビジャがどうこうってのは違うよ。この世界では誰かがケガをしている時、その選手の事はあまり話されないんだ。
シルバに対して僕はすごく尊敬の気持ちを持っている。僕がここに来て以来、彼からは沢山の事を学んだからね。彼には早く戻ってきてもらいたいよ」

メスタージャは新しいアイドルとして君をとらえている。そのことについてどう思う?
「自分がどう見られているかって考えた事は無いかな。自分がアイドルだとも思わないし。
だって僕はまだ20歳で、プロとしてのキャリアもスタートしたばかりなんだよ」

ソリアーノ会長が"マタとの契約を予定より早く見直さなければならない"って言ってたけど、どうするつもり?
「僕には2012年までと充分長い契約があるからね。今は特に考えてないかな。
僕の気持ちとしては監督に認めてもらい、継続してプレー出来るようにする事だけだ。契約に関しては僕の親父とクラブに任せるよ」

でもそう言われて嬉しいでしょ?
「そりゃあね」

これまでに君が関わってきた人の中で誰が一番印象深い?カルボーニ?ミヤトヴィッチ?キケ・フローレス?クーマン?
「当時の僕にもっと経験を積む必要があったのは確かだと思う。だからマドリーでのミヤトヴィッチの判断も、
ここに来てからのキケの判断も妥当だったと思う。クラブのプランに入れなかった時期を乗り越えるのは簡単な事ではなかったけどね。
でもその4人の存在を僕は忘れないと思う。僕を試合に出してくれたのはクーマンだけど、
その4人の誰かが欠けた時点で僕はここに居る事が出来なかったわけだから」

19歳でマドリーとケンカ別れした時の気持ちは?
「カンテラからトップチームに上がるのが難しい事だというのは誰もがわかっている。でも、個人的にマドリーを離れるのは喜ばしい事ではなかったね。
当時のカスティージャ(マドリーB)に居た選手の中で、8~9人がフリーまたは移籍金と交換で出る事になったんだ」

ほぼ同じメンバーで、どうしてバレンシアは一年前とこんなに変わったんだろう?
「チーム自体は何も変わらないよ。でも、昨季1年間は多くの事が変わりすぎたんだと思う。違うのは今季サッカーに集中できる環境が整った事だ。
実際、今季は開幕前からチームは良い雰囲気で、手応えも感じていた。リーグ戦もまだ5試合終えただけだけど、見通しの明るいスタートを切れたと思う」

今季はリーガのタイトルを再び狙えるね
「あまり急がない方がいい。僕らの今季の目標は欧州カップ出場権を獲得する事で、それを目指して日々戦っているんだ。
チームはまだ新しいプロジェクトを始めたばかりだし、ちょっと調子がいいからと言って目標を修正するのは良い事だと思わない」

ロッカールームで誰も"リーガ優勝"とか言わないの?
「確かに僕らは自分たちのサッカーに手応えをつかんでいる。デポル戦では良いサッカーが出来たしね。
でも、チームの誰もが浮かれてはいない。たぶん僕らが首位でもそうじゃなくてもそれは変わらないと思う。
全ての試合を全力で戦って、出た結果を受け入れるだけだよ」

デル・ボスケから声がかかりそうだね
「そうなれば最高だよ。でも、僕はまだU-21の選手だし、A代表については考えていないんだ。本当に呼ばれたらその時に考えるよ」

No.2379 / 1222823599
ビジャがコメント
好調な滑り出し
「今はすごく調子が良いっすね。自分の仕事にも満足してますし、たぶんこれからもっと良くなります。
今のようなチーム状態であれば試合だけに集中し、落ち着いて試合に臨めるんすよ。
自分の頭の中はバレンシアで素晴らしいシーズンを送る事でいっぱいです。この調子を維持して、自分のゴールでチームを勝利に導きたいっすね。
全てが上手くいっていますし、今季は沢山のゴールを決める自信があります。なんてったって心強いサポートをしてくれる仲間が居ますからね。
ただ、何ゴール決めるとかの目標は立てないつもりです」

クラブを取り巻く環境
「クラブは落ち着きを取り戻しました。全てが良い方向に変わり、今はこうしてスポーツ的な話題だけ話せば良くなりましたからね。
そうなってくるとプレーしていても楽しいんですよ。昨季の沢山の失敗は監督によってもたらされたと僕らは考えています。
今のチームでは快適にプレーできますし、それが今の結果につながっているんだと思います」

ローテーション
「監督はローテーションを採用していますけど、それでチームの力は落ちる事はないっすね。実際自分らは勝ち続けてますし。
僕らは全員が同じ方針でプレーしているし、誰がプレーしようともベストのプレーが出来なければいけないんです」

No.2378 / 1222819389
9/30の練習
バラハも全体練習に復帰し、クーロ・トーレスを除く全員で練習を行いました。
UEFAカップ、マリティモ戦に向けてフィジカルトレーニングとボールポゼッション・スピードを生かした戦術練習を行なったようですが、
練習の合間にジョークを言い合ったりハグし合ったりと、選手たちにも笑顔がこぼれ、チームは非常に良い雰囲気のようです。

No.2377 / 1222818874
ソリアーノ会長が筆頭株主に
ソレール元会長が持つバレンシアの株式をソリアーノ会長が買い取るという話がようやく実行されました。
これで、ソリアーノ会長がクラブの筆頭株主となり、ソレールの影響を完全に払拭した事になります。(メディコとスポンサー問題が片付いていませんが)

さらに、ソリアーノ会長から経営計画も発表されています。詳しい事はよくわかりませんでしたが、
08/09シーズンの間にメスタージャの土地売却のみで1億4000万ユーロの利益をあげるつもりだそうです。
借金もどんどん増えてますので、改めて新会長に頑張ってもらいましょう。

No.2376 / 1222658295
デポルティボ戦を終えてコメント
ビジャ
「僕は常にこのチームで幸せだと言ってきました。チームが勝った時にはその思いがさらに強くなりますよ」

マタ
「イレギュラーな形で生まれた相手のゴールから始まったけど、僕らは追いつく方法、逆転する方法を知っていたからね。
ゴールを決めた選手だけでなく、全員が良い仕事をしたと思うよ」

エメリ監督
「最初の僅かな時間はデポルティボの時間だったが、僅かな時間で我々は立て直してみせた。
これで昨季チームに起こった問題が既に解決したという事を証明できたと思う。
我々は難しい相手を前に70分は高い集中力で戦う事が出来た。首位に立つに相応しい試合が出来たと満足している。
チームとしてはまだ100%の状態ではないが、この調子で続けていけば近いうちにそこまで辿りつけるだろう」

No.2375 / 1222654950
カステジョンBのカルロス・ロペスに黙祷
デポルティボ戦の試合前、9/26に交通事故のため20歳で他界したカステジョンBのカルロス・ロペスへの黙祷が行われました。
同日行われたバレンシアBの試合でも黙祷が行われています。ご冥福をお祈りいたします。

No.2374 / 1222568023
デポルティボ戦に向けて19名招集
GK レナン、グアイタ
DF アルビオル、エルゲラ、アレクシス、ミゲル、モレッティ、デル・オルノ
MF アルベルダ、エドゥ、フェルナンデス、ホアキン、パブロ、マタ、ビセンテ
FW ビジャ、モリエンテス、アングーロ、ジギッチ

前節のメンバーに加え、ビセンテが復帰しました。
マルチェナはもう少しかかるでしょうか。

No.2373 / 1222508561
マルチェナがコメント
新キャプテンに選ばれて
「皆から選んでもらえた事は嬉しいよ。責任を持って引き受けたい。僕らには既にバラハという素晴らしいキャプテンが居て、
彼の経験から沢山の事を学んだ。僕ら4人のキャプテンもチームのために最善を尽くしていくことが必要だ」

ケガの状態
「毎日、少しずつ回復していると実感できるよ。ただ復帰の時期は僕からはなんとも言えない。監督が考える事だからね」

チーム状態
「チームの雰囲気は非常に良いよ。実際の戦いにおいても良い状態を維持できている。ここから良くなるも悪くなるも自分たち次第だけど、
今のクラブの方針が続いていくなら、僕らはきっとうまくいくだろう」

No.2372 / 1222505302
メディカルレポート(9/26)
ロンバン
先日行われた2部Bリーグ、サバデル戦で負傷。
検査の結果、右ヒザの前十字靱帯損傷、内側側副靭帯を3度の捻挫により、しばらく戦列を離れる事になりました。復帰時期については発表されていません。

No.2371 / 1222386726
ホアキンが公式戦100試合出場
ホアキンがマラガ戦の途中出場で、バレンシアでの公式戦100試合出場を達成しました。
内訳としてはリーガ72試合、国王杯11試合、CL13試合+CL予備戦2試合、スペイン・スーペルコパ2試合となっています。

No.2370 / 1222386752
マラガ戦を終えてコメント
エメリ監督
「良い結果が得られたが、改善すべき点がまだまだある。チームをもっと成長させていかなければならない。
試合に関しては、勝利という結果を得られた事で50%は満足している。あと50%の課題は、もっと相手のゴールを脅かせるようにする事だ」

No.2369 / 1222266846
エメリ監督がBチームのGKサルバを評価
先日行われた2部Bリーグ第4節オリウエラ戦で、ビッグセーブを連発し、10人になってしまったチームを敗北から救う活躍をした
BチームのGKサルバを、この試合をスタンド観戦していたエメリ監督が高く評価しているようです。
エメリ監督は現在ヒルデブラントを外し、グアイタを2番手GKとしてトップチームの試合に招集していますが、
グアイタとの入れ替えでサルバの招集も検討しているそうです。

ヒルデブラント、どんどん立場が厳しくなっていきますね。

No.2368 / 1222266272
UNIBET社とのスポンサー契約の件
クラブが新しいメインスポンサー(ユニフォームのスポンサー)の候補として契約交渉を進めていたベルギーのUNIBET社。
そのUNIBET社が昨日、メインスポンサー契約についての結論を出すのを今季終了後まで延期する事を発表しました。
ただサブスポンサー契約(ウェブサイトやオフィシャルマガジン、スタジアムのフェンスなど)は結ばれるようで、
今季は100万ユーロ、来季は120万ユーロの契約金がクラブに入ってくるとの事です。
そして、あてが外れたメインスポンサーには、UNIBET社の動きを見たReb Bull社が名乗りを上げているようです。

No.2367 / 1222264837
エメリ監督がコメント
試合に対する準備
「私の頭は常に勝利という結果を得るためにどうするかという事でいっぱいだ。残念ながら常にその結果を得られるわけではないが。
そして、我々は既に自分たちがやりたいサッカーを明確に理解している。
あとは1週間に3試合をこなすというハードな日程で、負傷者がこれ以上出ないで欲しいと祈るばかりだ」

現在の順位
「4節を迎えた時点で我々が首位に居るというのは興味深い結果だ。できるだけ今の状況を長く続けようと思っている」

マラガについて
「私はマラガというクラブと監督のアントニオ・タピアにリスペクトを感じている。試合は簡単にはいかないだろう。
我々は自分たちのフィロソフィーを信じ、相手の上をいかなければならない」

4人のキャプテン
「新しいキャプテンと共にチームは良い方向へ進みだしている。この4人は選手たちによって選ばれた者であるし、私からは異論はない」

No.2366 / 1222263155
マラガ戦に向けて18名招集
GK レナン、グアイタ
DF アルビオル、エルゲラ、アレクシス、ミゲル、モレッティ、デル・オルノ
MF アルベルダ、エドゥ、フェルナンデス、ホアキン、パブロ、マタ
FW ビジャ、モリエンテス、アングーロ、ジギッチ

プレーできるとはいえ、小さなケガを抱えた状態のビジャは少し休ませてあげたい気もします。
順当にいけばスタメンはオサスナ戦と同じとなりそうですが、ターンオーバーを使ってくるでしょうか。

No.2365 / 1222246008
メディカルレポート(9/23)
マルチェナ&ビセンテ
全体練習に復帰。全練習メニューを問題なくこなす。

バラハ&クーロ・トーレス
理学療法による治療を受ける。

No.2364 / 1222245748
各国代表発表
スペインU-16代表
9/29~10/1の代表合宿に向けたスペインU-16代表にカデテAのGKアドリアンとFWアルカセルの2人が選ばれました。2人とも代表初招集です。

スペインU-19代表
10/2~10/7で行われる欧州U-19ミニトーナメントに出場するスペインU-19代表が発表されましたが、バレンシアからはひとりも招集されませんでした。
アーロンやリージョ、ジョルディ・アルバは次の機会を目指して新天地で頑張ってもらいましょう。

No.2363 / 1222244953
レナンがコメント
ヒルデブラントとの関係
「2人の仲間(ヒルデブラントとグアイタ)とは良い関係を保っているよ。僕らはプロだし3人それぞれがお互いに敬意を持ってるんだ。
だから、すごく良い雰囲気で練習にも取り組んでる」

自身の現在の状況
「僕にはまだまだ練習で改善する余地がある。そして監督の信頼の有無にかかわらず、自分がレギュラーで起用される事について
誰もが疑問を持たなくていいようなプレーを、試合のたびに見せる必要があると思ってるんだ」

メスタージャ
「最高のスタジアムだよ。僕が夢に見ていた世界そのものだった。最高のスタジアムに最高のファンが居てくれるから、
僕らはホームで2連勝というスタートをきる事が出来たんだ」

マラガ戦
「僕らは常に勝ちたいと思ってる。アルメリアではそれが出来なかったけど、今回のアウェーゲームでは勝点3を奪って、首位を維持したいね」

No.2362 / 1222172513
08/09シーズンのキャプテン決定
トップチームの08/09シーズンのチームキャプテンが選手投票によって決まりました。
第一キャプテンはマルチェナ、副キャプテンはアルビオル、第3キャプテンにビセンテ、第4キャプテンにビジャが選ばれました。

トップのイメージ画像をマルチェナ&アルビオルにしといて良かったです(笑)

No.2361 / 1222049227
ビジャがコメント
UEFA杯でのエメリの起用ミス
「UEFA杯で僕がプレーして、ケガしちゃったからってウナイを責めるのは間違ってますよ。
バレンシアはウナイによってどんどんよくなってます。昨季より良いイメージを与えられてるんじゃないっすかね。
ウナイからは体を作っておくようにと言われていたし、自分が出るのは予定通りだったんです。
それにモリエンテスの事もリスペクトしなくちゃですよ。彼はマリティモ戦で最初から飛ばしていって素晴らしい活躍を見せてました。
オサスナ戦もすぐ後に控えてましたし、彼に休息を与えるために自分は試合に出されたんだと思います」

ケガの具合
「ケガについては最初は出場は難しいと思ってました。ただ、金曜になってから急に痛みが軽くなったんです。この時に自分ではいけると思ってました。
で、土曜の練習では全メニューを何の問題もなくこなせたんすよ。そしたらウナイが
"大丈夫なの?"って聞いてきたんで"大丈夫みたいっすね"と答えました」

マタ
「若いのに凄いヤツですよね。試合に出るたびに何かしらやってくれるんですから。
彼の獲得はチームにとって大きな成果ですよ。しかもマドリーから移籍金なしで引っ張ってきたんですから。
アイツは日々の練習でも、自分が偉大なプレーヤーなんだって事を仲間に見せてくれてますよ」

オサスナ戦
「相手は10人になってから賭けに出てきましたね。プレッシャーはスーペルコパのベルナベウでの一戦のようでした。
ただ、あの時と違って今回は落ち着いて対処できたと思います。後半に入ってからスペースを使い、試合を支配できるようになりましたね」

No.2360 / 1222049103
アングーロがバレンシア歴代4位に
オサスナ戦に途中出場したアングーロが、この試合で1部リーグ通算305試合出場となり、カニサレスと並んでバレンシア歴代4位となりました。
あと18試合に出場すれば、先日他界したメストレ氏の記録に並びます。うまくいけば今季中に達成できるかもしれません!

No.2359 / 1222048883
アルビオルがバレンシアでのリーガ100試合
アルビオルがオサスナ戦の出場で、バレンシアでの1部リーグ通算100試合出場を達成しました。
記念すべき試合にキャプテンマークを巻いて完封勝利。節目の試合でこの結果は嬉しいでしょうね。

No.2358 / 1222048764
オサスナ戦を終えてコメント
ホアキン
「見ての通り苦しい試合だったよ。なんでそうなったかは説明できないな。相手は10人になってからそれまでよりもだいぶ良くなったんだ。
たぶん僕らに焦りがあったんだと思う。出来るだけ早くゴールを奪いたかったからね。それでも90分の間にゴールを奪えてよかったよ。
試合に出る事は大事な事だ。前半はちょっと疲れるような展開だったけど、後半に入ってからは自分のプレーにも納得してる。
メディアプンタ(トップ下)でプレーする事には問題ないよ。すごくやりやすかった。うまくいけば、次の試合では今日よりもっとよくなるはずだ」

エメリ監督
「オサスナは非常に粘りのある良いチームで、試合を通じてアグレッシブだった。
危険なシーンも何度か作られたし、特にDF陣が多くの忍耐を必要とする試合だった。
1人少なくなってからも攻撃的に、我々から勝利を奪いにきた。そのため、カウンターから我々のチャンスも生まれたわけだが。
耐え続けた我々が先にゴールを奪えたのは、幸運だった。我々は今、いい流れに乗っている。
ビジャは金曜の時点で驚異的な回復が見られた。土曜になってからさらに状態も良くなっていた。ただ、一番重要なのは
ビジャ自身が出場したいという強い意志を持っていた事だ。我々は彼のその思いに感謝したい。彼はこの試合でもチームに重要な存在であり続けた」

No.2357 / 1222045818
チームOBのマノーロ・メストレ氏に黙祷
オサスナ戦の試合前、9/1に73歳で他界したバレンシアのレジェンドのひとりマノーロ・メストレ氏への黙祷が行われました。

メストレ氏は55/56シーズンにバレンシアBから昇格し、68/69シーズンに引退するまでの14シーズンで
バレンシア歴代3位となるリーグ戦323試合に出場しています。
また75/76、76/77シーズンにそれぞれ不調のチームを引き受ける形でシーズン途中からトップチームの監督にも就任しています。
訃報を見落としており、遅くなってしまいましたがご冥福をお祈りいたします。

No.2356 / 1221926841
オサスナ戦に向けて19名招集
GK レナン、グアイタ
DF アルビオル、エルゲラ、アレクシス、ミゲル、モレッティ、デル・オルノ
MF アルベルダ、エドゥ、フェルナンデス、ホアキン、パブロ、マタ、ウーゴ・ヴィアナ
FW ビジャ、モリエンテス、アングーロ、ジギッチ

出場が微妙なビジャもメスタージャでの試合という事で一応招集されました。が、19名呼ばれていますので、明日の様子を見てベンチに入るか外れるか決める事になるでしょう。
ビジャがベンチに入る場合は、ウーゴ・ヴィアナがベンチから外れる見込みです。

No.2355 / 1221882754
ケイリソンに興味
ブラジル1部リーグ・コリチーバに所属する19歳のFWケイリソン・デ・ソウザの獲得を目指しているようです。
フェルナンド副会長も「彼は我々が獲得を目指している選手の一人だ」とケイリソンへの興味を公式に認めています。

No.2354 / 1221881771
メディカルレポート(9/19)
ビジャ
UEFA杯・マリティモ戦で相手選手のタックルを受けて左足首を捻挫。理学療法による治療を受ける。
軽症だが、オサスナ選への出場は難しいとの事。

シルバ
予定通り、病院を退院。バレンシアに戻る。

No.2353 / 1221881368
UEFA杯・マリティモ戦を終えてコメント
モリエンテス
「初戦で結果を出す事が重要だった。0-1というスコアは試合内容を見ても妥当だと思う。
我々のプレーは美しいものではなかったかもしれないが、こういう大会のフォーマットにおいては有効な結果を残せとと思う。
ゴールはもちろん嬉しいよ。体を巧く使う事が出来た」

アングーロ
「難しい試合だったが勝てて良かった。マリティモについての情報が俺達の元にそれほどなかったが、
ロングボールをベースにした戦い方をしてくるというのはわかっていた。
その点、いくつかのミスも確かにあったが、概ね俺達は巧く対処できていたと思う。
ただ、まだ勝負は終わっていない。次の対戦で俺達は確実に勝ち抜けを決めなければならない」

No.2352 / 1221750117
シルバがコメント
「手術が無事終わり、ほっとしています。今は、出来るだけ早く回復してチームの助ける事で頭がいっぱいです。
そのために短いリハビリ期間で済むように出来る事は何でもやるつもりです。ただ、もちろん再発しないよう完全に治さないとですけどね」

No.2351 / 1221610178
ユニフォーム胸のスポンサーが無くなる?・続
「Valencia Experience」とのスポンサー契約を契約不履行により完全に解消する事になりました。
既にオフィシャルページからもバナー&ロゴが消されています。
また、この企業の実態(ソレールが立ち上げた架空の会社という話)を知りながらクラブと契約した
ウォルステイン元取締役(ソレールの影武者)も解雇されました。

代わりのメインスポンサーですが、副会長のソリオがオンラインスポーツブックメーカーのUNIBET社とのスポンサー契約の話を進めており、
今週中にも結論が出る見込みだそうです。また、UNIBET社との話が決裂した場合に備えてフランスに本社を構える携帯通信会社Orange社、
日本のマツダ株式会社、オーストリアのRed Bull社との話も出ているようです。
来年3月に「クラブ創設90周年記念ユニフォーム」を発売する予定もあり、近いうちにどこかしらとの契約が発表されると思います。

No.2350 / 1221608603
シルバの手術
9/16、バルセロナの病院でクガート医師の執刀で足首の手術が行われ、無事に終わりました。
予定通り3ヶ月程度での復帰見込みだそうです。シルバは18日に退院します。

ヒネール医師
「シルバは3ヶ月ほどでプレー出来る状態に持っていけるだろう。深刻な状態ではなかったが、放っておけば慢性的な炎症を起こす可能性があるものだった。
3週間ほど足首を固定したまま生活し、それからリハビリに入る。我々メディカルスタッフは、彼が退院する2日後からのプログラムを考えている」

No.2349 / 1221607635
UEFA杯・マリティモ戦に向けて18名招集
GK レナン、グアイタ
DF アルビオル、エルゲラ、アレクシス、ミゲル、モレッティ、デル・オルノ
MF アルベルダ、エドゥ、フェルナンデス、ホアキン、パブロ、マタ
FW ビジャ、モリエンテス、アングーロ、ジギッチ

No.2348 / 1221431521
アルメリア戦を終えてエメリ監督がコメント
「この調子でいけば、このチームはうまく行くと信じている。厳しい相手との対戦だったが、
試合を通して見ると、それぞれのチームの時間帯というのがあったと思う。恐らくチャンスも同じぐらい作りだしていたはずだ。
トータルで見て今日のチームの出来には満足している。そしてここからさらに進歩する事も必要だ。明日には今日よりも良いチームになっているだろう」

(モリエンテスとビジャのコンビで最初から行くべきだったのではという質問に対して)
「選手起用を誤ったとは思わない。問題は誰がプレーするかではなく、アルメリアのような効果的なプレスを我々が出来なかった事にある。
メンバーを変えてないのに、後半に入ってからチームが生まれ変わったようなプレーを見せた。選手交代はその後に起こした行動だ」

No.2347 / 1221312667
アルメリア戦に向けて18名招集
GK レナン、グアイタ
DF アルビオル、エルゲラ、アレクシス、ミゲル、モレッティ
MF アルベルダ、エドゥ、フェルナンデス、マドゥロ、ホアキン、パブロ、マタ
FW ビジャ、モリエンテス、アングーロ、ジギッチ

再びヒルデブラントが招集外、厳しいですね。まだグアイタより頼りになると思うのですが。
そしてケガ人が出てる事により、構想外だったマドゥロとジギッチも招集されています。

No.2346 / 1221312470
メディカルレポート(9/12)
シルバ
足首のケガに回復の兆しが見られないため、手術に踏み切る事に。
16日にバルセロナの病院で手術を受ける。全治3ヶ月程度の見込み。

No.2345 / 1221187699
エメリ監督がコメント
選手たちに中には前所属チーム相手にゴールを決めた場合、祝わない選手もいますが。
「バレンシアの監督である私は、自分のチームがゴールを決めたら、状況によってはガッツポーズが出てしまうくらい嬉しいものだ。
マジョルカ戦のゴールの時に喜んだようにね。だから古巣相手と言っても、私はその時の気持ちに正直に居るつもりだ」

という事は喜ぶという事ですね?
「アルメリアの監督時代、過去に率いたロルーカ相手にゴールを奪った時もそうしたし、
自分の家族がプレーしていたレアル・ウニオン相手に点を奪った時もそうしてきた。
お世話になったチームに対しての敬意の表し方というのは、喜ぶのを自粛する以外にもいろいろとある。一番大事なのは試合終了後の振舞いだ。
アルメリアでは2年過ごし、サッカーの面でもそれ以外の面でもフレンドリーに過ごしてきた。私のそういった精神は受け入れてもらえると思う」

アルメリアの人々にコメント
「家族も幸せに過ごしていたし、ファンのサポートを受けて非常に良い環境で仕事が出来た。このチームのおかげで私が監督として大きく前進できた。
アルメリアという街、クラブのすべてに深く感謝している。そして1部リーグで指揮するというプロジェクトを私に預けてくれた会長にも」

アルメリアの新監督アルコナーダについて
「チームを成長させる事について極めて優秀な監督だ。彼のこれまでのキャリアがそれを証明している」

負傷者が多い事について
「チームにとって確かに痛手だ。ただ我々にはプレー出来る状態の選手たちも充分に信頼しているので、チームが壊れてしまうような事はない」

シルバの離脱
「重要な選手である事には違いないが、バラハやマルチェナ、ビセンテら...名前を挙げればきりがないが、他の負傷者も同様に重要な選手たちだ。
シルバの不在も他の選手の不在も同じ。負傷者が出ても彼らと同じ効果をチームにもたらす事の出来る選手たちが居る」

No.2344 / 1221184988
マタがコメント
アルメリア戦
「開幕戦から続いて僕らは幸運を持ったチームだ。アルメリアのスタジアムはとてもハードなところだけど、
この良い流れが続く事を願ってるよ。そして、僕らは勝点3を持ち帰ってくる」

ビジャの存在
「彼はお手本にすべき存在だ。妥協しない精神、プロフェッショナリズム、そしてゴールに対する高い意識。
彼のようなFWは世界でも数人しかいないと思う。国際大会で得点王を獲ってしまうような選手と同じチームでプレー出来る事は幸せだよ」

昨季のアルメリア戦は君の1部リーグデビュー戦だったね
「デビュー戦の時みたいな酷いプレーはしないと約束する。あの時のように試合には勝ちたいけどね。
昨季の僕と比べると、今の僕は沢山の経験を得たし、全てが素晴らしいものだった。今季も同じように経験を積んでいきたい」

シルバの離脱
「代表チーム合流中にその悪いニュースを知ったけど、とにかく驚いた。言うまでもなく彼はチームにとって非常に重要な選手なんだ。
ただ、バレンシアには彼の不在を埋められるだけのチーム力がある。
彼も若い選手だし、まだまだ長いキャリアの間に沢山の試合に出られるはずだ。今は一度立ち止まって、ケガを完全に治してほしい」

シルバ不在時のポジション
「僕はサイドだけでなく、純粋なトップ下でもセカンドトップでもプレーする準備は出来ている。既に代表チームでもそのポジションを務めているからね」

No.2343 / 1221182468
トップチームとBチームが練習試合
昨日の練習時に、トップチームとBチームが練習試合を行いました。

トップチーム
GK ヒルデブラント
DF ミゲル エルゲラ アレクシス デル・オルノ
MF アルベルダ エドゥ
MF ホアキン ウーゴ・ヴィアナ パブロ
FW モリエンテス
途中出場 モレッティ、マドゥロ、マタ

Bチーム
GK グアイタ
DF バジェステル C.ダビド アルトゥロ ジャウメ・コスタ
MF カルデロン X.フォルネル カルレス オルチナ
FW ミチェル トレド
途中出場 X.ナバーロ、リアウ、ピエリック、モルガド

得点
【ト】ミゲル、エドゥ、マタ
【B】X.ナバーロ

No.2342 / 1221181252
ヒルデブラントがコメント
マスコミに対して
「スーペルコパで第2戦での僕のプレーにミスがあった事は認める。だが、マスコミの僕に対する中傷は酷すぎる。
カニサレスが僕を批判していたという事も知っている。確かに僕と彼の間には良い関係など一度もなかったけど、
僕に言わせれば、こういう形で昔の仲間を批判する彼は本当に品が無い。彼と僕はプレースタイルも違うんだから」

マジョルカ戦の招集外について
「監督は僕をマジョルカ戦に招集しないと言った。僕の技術面に対して、監督は満足していないどころか、失望し立腹していた。
僕はその決定を受け入れるしか出来なかった。
今、僕が置かれている立場は厳しいものだ。この状況をできるだけ早く変えたいと思ってる。
マジョルカ戦のメンバーから外された直後は悩んだけど、タオルを投げるような真似はしない事に決めた。
僕は努力を重ね、次のチャンスを待つよ。その時は絶対にそのチャンスを生かしてやるつもりだ」

冬の移籍期間での退団の可能性
「今は考えていない。ただこれからの3ヶ月間で状況が何も変わらないようであれば、監督は僕を戦力外とするだろう。
もしそうなってしまったら、将来の事はその時に考えるよ」

今シーズンについて
「プレシーズンはすごく良かったんだ。すごく沢山のトレーニングをして、すごく良いプレーが出来ていた。
新しい監督と新しい戦術、若い選手と一緒に全ての面において最高のスタートが切れたんだ。
スーペルコパ第1戦の勝利で、最初のタイトルを獲れるという自信もあった。それなのにね...」

最近ブログを更新していない事について
「何も書きたくない時もあるんだ。特にここ数週間はいろいろな事がありすぎた。
ただ、ファンの人たちが察してくれたのか、ここ数日沢山のeメールが届くんだ。とても勇気づけられたよ。この場を借りて皆に感謝したい」

No.2341 / 1221101284
代表戦の結果
スペイン代表
W杯予選:アルメニア代表戦がアルバセテで行われ、4-0ででスペイン代表が快勝しました。
アルビオルとビジャは共にフル出場、ビジャは2ゴールの活躍です。絶好調!
同組のライバルであるトルコとベルギーが共に引き分けたのでグループ単独首位に躍り出ました。

ポルトガル代表
W杯予選:デンマーク代表戦がリスボンで行われ、2-3でポルトガル代表は敗れました。ミゲルは出番がありませんでした。
試合終了間際に2点獲られての逆転負けです。これで順位もスウェーデンとデンマークの下に落ちてしまいました。

セルビア代表
W杯予選:フランス代表戦がサンドニで行われ、2-1でセルビア代表は敗れました。ジギッチは出番がありませんでした。
前節フランスが敗れているだけに、せめて引き分けには持ち込んでおきたかったですね。

ブラジル代表
W杯予選:ボリビア代表戦がリオデジャネイロで行われ、0-0の引き分けに終わりました。レナンは出番がありませんでした。
ボリビア相手にホームで勝点を落とすとは...。

No.2340 / 1221058396
エルゲラがコメント
出場機会の少なさについて
「今のチームはすごく自信に満ち溢れている。全てのポジションに穴がないと言えるだろう。この状況で私が試合に出るのは難しい事だと思う。
もちろんプレーしたいよ。いずれはその機会もあると信じてる。私の中から戦う気持ちは消えていないんだ。
いつでも試合に出られるようイメージトレーニングはしてるよ。いつも試合のビデオを見てエメリの戦術を頭に叩き込んでいるからね」

エメリ監督の練習方法
「彼はチームの練習メニューを根本から変えた。今はほとんどの練習でボールを使っている。そしてハードだ。
彼のトレーニングに対する取り組み方はイタリア人監督のようだよ。
個人的にはボールを使った練習は好きだし、毎日の練習に満足している」

この夏の移籍を考えなかったのか
「最初に監督と話はできたんだ。そこで自分の納得いく話が出来た。監督は私を戦力として見てくれている。
私はスタメンに拘っているわけではないんだ。サッカー選手は先発の11人に入れなくても他にやれる事がある、という事を皆さんにお見せしたい」

No.2339 / 1221056589
ユニフォーム胸のスポンサーが無くなる?
今季からスポンサー契約を結んでいる「Valencia Experience」が契約されたスポンサー料を未だにクラブに払っていないそうで、
その件についてソリアーノ会長が法廷に持ち込むそうです。

スポンサー料の支払いが滞っている事について、再三に渡り督促してきたクラブは「これが最後」と24時間の猶予を与えたようですが、
結局進展が無く、ソリアーノ会長がキレたというわけですね。クラブとしては契約不履行による損害賠償を求める構えのようです。

No.2338 / 1221055255
Bチームが練習試合
パテルナにイングランド2部リーグのワトフォードFCを迎え、練習試合を行いました。
両チームともにサブメンバーをラインナップに揃えたこの一戦は、アンヘル・セルダとイアゴのゴールにより2-2の引き分けに終わりました。

No.2337 / 1221054908
U-21代表戦の結果
ポルトガルU-21代表
U-21欧州選手権2009予選:アイルランドU-21代表戦がポルトガル(マデイラ諸島)のフンシャルで行われ、2-2の引き分けでした。
マヌエル・フェルナンデスはキャプテンマークをまいてフル出場、前半ロスタイムにチームの2点目となるゴールを決めましたが、
後半に入って、2-0から追いつかれるというフラストレーションの溜まる試合になってしまいました。

スペインU-21代表
U-21欧州選手権2009予選:ロシアU-21代表戦がパレンシアで行われ、2-0でスペインU-21が勝利しました。
マタが背番号10を付けてフル出場、先制点となるPKも決めています。

No.2336 / 1220974780
ビセンテがコメント
今日の練習では別メニューだったようだが。
「今現在、ちょっとした痛みを抱えているせいで全体練習から外れています。ただ、そのケガは深刻なものではありません。
週末のアルメリア戦も問題ないレベルです。ぜひ試合に出たいですね」

シルバの離脱により出番が増えそうですね
「仲間のケガにより回ってきた出場機会というのは、正直うれしくないです。それに代わりに誰が出るかは監督が決める事です。
エメリ監督は沢山のオプションを持っているので、誰が入ってもチームの力は変わらないと思いますよ」

シルバの手術について
「僕はドクターでは無いのではっきりした事はわかりません。ただケガの状況が良くないのであれば、
一度立ち止まって回復に努めた方がいいでしょうし、それが一番早く試合に戻れる方法だと思います。
チーム全体でみると、シルバが抜ける事は大きな損失ですよ。彼の攻撃センスはチームにとって大きな武器ですから。
それでもこのチームがひとつになれば彼の穴を埋める事が出来ると信じています」

目標
「個人的な目標をあげるとすれば、まずはレギュラー奪取ですね。試合に出てサッカーを楽しんで、それでチームに貢献したいです。
そしてチームの目標としては何が何でも4位以内に入り、CLの舞台に戻る事です。今季のバレンシアにとってリーグ優勝は一番の目標ではありません。
というのも、キケと一緒に過ごした2年間、チームの雰囲気は非常に良かった。でも昨季は誰が見ても厄年でした。そこで全てが壊れてしまったんです。
ただ僕らの中では、悪かった時の記憶は既に消しました。今、新しい監督と一緒に新しい目標に向かって歩いています。
僕らはエメリと死ぬまで一緒。今のチームにはそれくらいの覚悟が出来ているんです」

バラハ不在のアルメリア戦
「僕らは誰がキャプテンを務めるかを知りません。監督が決めるでしょう。
それに最も大事なのは誰がキャプテン代理を務めるかではなく、チームが勝利する事です」

No.2335 / 1220972818
アングーロがコメント
今季の抱負
「昨季はいろいろあったが、沢山の希望を持って俺は今季一年戦うつもりだ。再び実戦に向けた緊張感を持ち続けていきたい」

エメリ監督
「監督とはよく話している。最初は招集外になる事もあったが、彼は俺の事を重要なプレーヤーであると言ってくれている。俺はその声に応え、
連続して試合に出られるよう彼に認めてもらいたいと思っている」

起用方法
「監督は俺はFWの選手としてチームに貢献できると言っていた。もちろんその他のポジション、たとえば右サイドバックでも
問題なくプレー出来ることを監督はわかっている」

好きなポジションについて
「自分の力を最も発揮できるのはFWか右サイドアタッカーなんだと思う。ただ、チームが緊急事態であれば左サイドだってやるよ」

No.2334 / 1220971675
Bチーム初勝利
2部Bリーグ第2節アルシラ戦で、バレンシアBがリーグ戦初勝利を上げました。

アマリージャ、エクトル・ピラン、アレックス、ロメロなど元バレンシア勢が揃った相手だけに戦いづらい点もあったでしょうが、
新加入選手が途中出場で試合終盤にゴールを決める、というとても気持ちの良い勝ち方で初勝利を飾っています。
また、この試合でGKグアイタが先発出場(後半ロスタイムに退場)しています。グアイタは行ったり来たりで忙しいですね。

No.2333 / 1220971175
メディカルレポート(9/8)
シルバ
左足の脛から踝にかけての足首踵腓靭帯に痛みを訴えている状態。
かなり前から負傷していたようで慢性的な炎症を起こしていたが、マジョルカ戦でプレーした事により、痛みが脛骨の先端(足首側)まで達したとの事。
15日間安静にして様子を見て、回復が見られないようであれば手術に踏み切るだろう、との事です。

バラハ
ジョギング出来る程度にまで回復。
ピッチでの個別トレーニングをフィジカルコーチと共に行う。

No.2332 / 1220798676
デル・オルノがコメント
監督との関係
「ウナイとの関係はすごく良いんだ。彼はボールを使ったトレーニングに時間を割いてくれるんだけど、それがすごく楽しいんだよ。
今、僕は自分の出番がいつ来る日を、沢山の夢と共に待ち望んでいる。出来るだけ早く先発の11人に選ばれるよう、努力を続けるよ」

出場機会に恵まれていないことについて
「今はそんなにストレスは溜まっていない。心身共に良好だよ。そりゃ試合に出られない状態を好む選手なんか居ないと思う。
でも試合に出るためには、それは毎日の練習で監督を納得させるだけのトレーニングを続けなければいけないんだ。
今はただこの状況に耐える事が必要だよ。それは簡単な事ではないけどね」

今季のチーム
「今季のバレンシアは相当強いと思う。開幕戦で見せた戦い方をこの先も続けていける自信があるんだ。
それに、このチームはまだまだ強くなる。マドリーに敗れたスーペルコパの試合とマジョルカ戦を見てもらえば、
僕の言ってる事も理解してもらえるだろう」

No.2331 / 1220741802
代表戦の結果
スペイン代表
W杯予選:ボスニア・ヘルツェゴビナ代表戦がムルシアで行われ、ビジャのゴラッソにより1-0でスペイン代表が辛勝しました。
PKを外したりもしたビジャですが、勝利に貢献できてよかったです。ケガの心配も無さそうですね。
そのビジャは86分にグイサと交代、アルビオルがフル出場しています。

ポルトガル代表
W杯予選:マルタ代表戦がマルタのタ・アーリで行われ、0-4でポルトガル代表が勝利しました。
ミゲルは出番がありませんでした。

セルビア代表
W杯予選:フェロー諸島代表戦がベオグラードで行われ、2-0でセルビア代表が勝利しています。
ジギッチがフル出場し、チームの2点目となるゴールを決めています。

No.2330 / 1220741822
U-21代表戦の結果
ポルトガルU-21代表
U-21欧州選手権2009予選:イングランドU-21代表戦がロンドンで行われ、2-0でポルトガルU-21は敗れました。
マヌエル・フェルナンデスはキャプテンマークをまいてフル出場しました。

スペインU-21代表
U-21欧州選手権2009予選:カザフスタンU-21代表戦がアルマトイで行われ、1-2でスペインU-21が勝利しました。
後半41分に相手のオウンゴールが決勝点となるギリギリの勝利でした。
マタがセカンドトップの位置でフル出場しています。

No.2329 / 1220543271
イアゴ&トレド獲得決定
2部Bのルーゴからレンタルで元スペインU-21代表MFイアゴと、2部Bのカルタヘナからフランス人ストライカーのトレドを獲得しました。
2人共にBチームの一員として2部B残留を目指して戦います。

No.2328 / 1220500913
ジギッチは残留
ラシンへのレンタルの話が出ていたジギッチですが、本人の意向によりバレンシアに残ることになりました。
とても明るく、仲間にもファンにも丁寧に応対する選手です。人格的は何の問題もないと思いますので、
まずはエメリ監督に認めてもらえるように頑張って欲しいですね!

No.2327 / 1220367297
ホアキンがコメント
バレンシアへの残留が決まって
「僕は今バレンシアで幸せなんだ。ここでプレー出来て本当に満足してるよ。
クラブとは4年の契約が残っていて、監督は僕に信頼を寄せてくれている。ここを離れる理由は無いよ。
この幸せな気持ちはファンが僕に与えてくれたものだ。僕を応援してくれるファンには、プレーでお礼をしたいと思ってる」

上がるモチベーション
「昨季は最悪な一年だった。でも今季のチームは素晴らしいプロジェクトを計画しているし、大きな野望もある。
個人的な目標としては一年通じていいシーズンにする事かな。そしてスペイン代表への復帰ももちろん目標の一つだ」

エメリ監督
「監督はこのチームの鍵となる存在だね。彼は常に僕らをサポートし信頼してくれる。そして、常に僕らに全力のプレーを要求してくるんだ」

No.2326 / 1220366160
メディカルレポート(9/1)
バラハ
マジョルカ戦で負傷。左足ハムストリングに筋肉の痙攣を訴える。

パブロ
練習中に左足ハムストリングに痛みを訴える。
全体練習を途中で切り上げ、フィジカルコーチとのマンツーマントレーニングに切り替える。

マルチェナ&クーロ・トーレス
リハビリプログラムのメニューをこなす。

No.2325 / 1220365696
各国代表発表
ブラジル代表
W杯予選:チリ代表戦(9/7)とボリビア代表戦(9/10)に向けたブラジル代表にレナンが招集されました。

ポルトガルU-21代表
U-21欧州選手権2009予選:イングランドU-21代表戦(9/5)とアイルランドU-21代表戦(9/9)に向けた
ポルトガルU-21代表にマヌエル・フェルナンデスが選ばれました。

No.2324 / 1220365547
今季の登録選手
今季のリーガとUEFA杯への登録選手が発表されました。
未登録になると言われていた選手たちも無事に背番号をもらえたようですね。マドゥロやヴィアナも一応これで試合への出場は可能です。

選手たちの背番号はSQUADページをご覧ください。

No.2323 / 1220365159
ビュテルがレンタル移籍
今季構想外となり、なかなか去就の決まらなかったビュテルですが、移籍期間最終日に駆け込みで
フランスリーグ、リールへの1年間のレンタル移籍が決まりました。とりあえずキャリアに穴を開けずに済んで良かったです。
...が、完全移籍で出してあげれば良かったのにと思います。

No.2321 / 1220279284
ナチョ・ゴンサレス獲得
ウルグアイのダヌビオからウルグアイ代表MFナチョ・ゴンサレスを獲得しました。完全移籍で契約期間は4年です。

ただし今季はエメリ監督の構想外という事で、イングランドのニューカッスルにレンタルで出されるようです。
エメリ監督としてはナチョの実力は認めているものの、今季のチームには不必要なため、他チームで経験を積んでもらいたいというところでしょうか。

« 2008年7月~8月のニュース 2008年11月~12月のニュース »

VCFJapan.org

El Rat Penat

スペインのサッカークラブ
バレンシアCFを応援する
ウェブサイトです。