バレンシアCF応援サイト VCFJAPAN.ORG バレンシアCF応援サイト VCFJAPAN.ORG

VCFJapan.org is the forum for Valencianistas in Japan.

Navigation
Valencia CF

VCF News

2007年5月~6月のニュース

2010年2月のリニューアル前の当サイトのニュース記事のログです。
No.の右の10桁の数字はその記事の更新日時(UNIXTIME)です。

No.1612 / 1183128539
アルベルダが契約延長
メスタージャのVIPルームでアルベルダ、2人の契約延長セレモニーが行なわれました。
現行は2009年6月までの契約でしたが、これを2011年6月までとさらに2年延長しました。
また、違約金はバラハらと同額の6000万ユーロ(約99.3億円)に設定されました。アルベルダはこれで精神的に落ち着けるかもしれませんね。

No.1611 / 1183128328
ポルトガルU-19代表発表
7/2~4にリスボンで行なわれる代表合宿に向けたポルトガルU-19代表にフベニールAのヤーゴ・フェルナンデスが選ばれました。
本大会メンバーの発表はまだみたいですね。

No.1610 / 1183000478
07/08シーズンのユニフォーム発表
07/08シーズンのバレンシアのユニフォームが発表されました。
http://www.valenciacf.es/images/noticias/suda27ju2007b.jpg
ホームは白シャツに黒パンツ、アウェーはオレンジシャツに青パンツです。GKシャツは微妙...。
今季のお披露目会のモデルは、ビセンテと加入したばかりのアレクシス、3年連続のGKグアイタ君です。

No.1609 / 1182957168
コパ・アメリカ2007
ペルー代表vsウルグアイ代表の試合が行なわれ、3-0でウルグアイ代表は敗れました。出だしで躓いてしまいましたね。
レンタル中のエストジャノフが先発出場し、後半35分に途中交代しています。

No.1608 / 1182956731
広報部門・新スタッフ発表
クラブの広報部門のトップにファン・マヌエル・ドメネク氏が就任することが決まりました。
元々はスポーツ誌「the Provinces」やバレンシア州のラジオ局でスポーツジャーナリストとして活動しており、そのキャリアは23年強との事。
バルセロナ五輪(1992)、バスケW杯(1986)、アメリカズカップ(2007)等の大きなイベントでも活躍したとの事です。

No.1607 / 1182956218
アレクシスがコメント
アレクシスの入団セレモニーがメスタージャのVIPルームで行なわれました。


アジャラとアレクシス
「アジャラはサッカー界で多くのことを成し遂げてきた経験豊富で偉大なプレーヤーだ。
でも僕はキャリアも浅いし、アジャラとは違う。そもそも僕は、他の誰とも比較されるのは好きじゃないんだ」

豊富
「僕は今、バレンシアという素晴らしいチームの一員となった。これから多くの希望を抱いて、タイトルを獲得するためにプレーするつもりだ。
僕ら全員が力をあわせれば、大きなことが成し遂げられると信じている」

クラブの印象
「バレンシアは3年前から僕に興味を示してくれていた。そして僕も、バレンシアのユニフォームを着てみたいという好奇心をずっと持っていた。
だから僕は常にバレンシアに来たいと思っていたんだ。バレンシアの選手からもポジティブな話ばかり聞かされていたしね」

野心
「CLは、僕にとって初めての大会なんだ。この大会でプレーするのが小さい頃からの夢だったから、それが叶った事が嬉しくてね。
だから敢えて大口を叩かせてもらうと、CLを含めたいくつかのタイトルを獲得したい。もちろん、全部のタイトルを取れるにこしたことは無いけどね」

アルビオルとのコンビ
「アルビオルと僕はU-19代表のヨーロッパ・チャンピオンだよ。彼のスゴイところはよくわかっているし、意思疎通もバッチリのはずだ。
ただ、今季のバレンシアと同じぐらい堅い守りをするためには相当の努力をしないとね。
なぜなら今季、彼とコンビを組んでいたのはあのアジャラなんだから。
僕ら2人はまだ若いし、マルチェナやアルベルダ、ビジャ、カニサレスら偉大な選手達から多くのことを学びたいと思ってる」


セレモニーには、アレクシスの友人でもあるレドンド(元バレンシア・現ヘタフェ)も駆けつけたようです。

No.1606 / 1182868921
ゴールドカップ2007(北中米カリブ海選手権)
アメリカで行なわれていた「ゴールドカップ2007」は、開催国アメリカの優勝で幕を閉じました。
バレンシアOBのアングロマ氏が選出されているグアドループ選抜チームは、準決勝でメキシコ代表に敗れ、大会を3位で終えています。
アングロマ氏はFW登録でこの大会5試合3ゴール。大会ベスト11からは漏れたものの、サブメンバーで優秀選手18人の中に入っています。
トレゼゲを逃した今、FWの補強はアングロマ氏でどうでしょうか(笑)

No.1605 / 1182866725
アレクシス獲得決定
今季ヘタフェでプレーしたアレクシスの獲得が正式発表されました。明日27日にメスタージャのVIPルームで入団発表が行なわれます。
移籍金650万ユーロ(約10.8億円)で6年契約、違約金は6000万ユーロに設定されたそうです。

No.1604 / 1182865548
ルイス新SDがコメント
キケ監督との共存
「仕事をする上でお互いが目指しているものは一緒だし、キケ監督との間には何の問題も生まれないと信じている。
彼の事はまだ彼が現役だった頃から良く知っている。全ての面で通じ合える私たちの関係は、完璧なものになるだろう」

補強について
「私は既に監督と話し、チームの分析を行なった。今後もそういう機会を設けるつもりだが、
その話し合いは、決して新しい選手を獲得するための話ばかりでは無い。今のバレンシアは、統率された素晴らしいプレーヤーが揃っていて、
ヨーロッパのベストチームの一つとしてリーガを戦ってきたチームだ。私は今のメンバーをチームに留める事が最高の補強だと思っている」

クラブの方針
「スペイン人選手で代表に選ばれるくらいの人材を揃えようというポリシーが感じられる。しかし、私は国籍で人を判断するのが好きではない。
スペイン人の方が、当然チームに適応しやすいかもしれないが、他の国の選手でもそんなに大きな問題は無いと思う。
そして私はカンテラの選手を重視しており、アトレティコ時代にもその方針で成功を収めている。
一般的に、アトレティコが2冠達成した年の事だが、この年にBチームが2部に昇格したことも含め、
私はこの年のアトレティコを"3冠チーム"と言い続けている。この時と同じ事をバレンシアでも達成したい。
そのためにも、恐らく私は最初にカデテとフベニールのカテゴリを見に行くだろう」

No.1603 / 1182861936
スペインU-19代表発表
7/2~13にラス・ロサスで行なわれる代表合宿、7/16~28にオーストリアで行なわれる
U-19欧州選手権に向けたスペインU-19代表にFWアーロンとMFモントロが選ばれました。
スペインU-19はポルトガル、ギリシャ、開催国のオーストリアと同グループです。

No.1602 / 1182827301
広報担当のスタッフ2名が解任
バレンシアサッカーライフさんによると、バレンシアの広報担当として活躍してきたマノーロ氏、ジョルディ氏の2人が解任されたそうです。
ソレール会長のワンマン体制への移行による影響を受けての解任で、これで今月解任されたスタッフは7人となります。

No.1601 / 1182826325
新SD発表
解任されたカルボーニ氏の後任に、ミゲル・アンヘル・ルイス氏が就任する事が決まりました。
バレンシアサッカーライフさんによると、1994~2000年にアトレティコでSDを務めた実績があるそうです。
他チームよりだいぶ出遅れていますが、これでようやく選手の獲得・放出の話が進むことになりますね。

No.1600 / 1182685867
フベニール国王杯
アルバセテ・フベニールAチームとの決勝戦がマラガ行なわれ、フベニールAチームは1-2で敗れました。
先制点を奪われ、試合終盤に追いつくも直後に決勝点を奪われると言う展開でした。
ここまで快進撃を続けてきたバレンシア・フベニールAですが、3冠ならず惜しくも準優勝となります。


これで、いよいよバレンシアの06/07シーズンが終わりですね。

No.1598 / 1182650227
ウルグアイ代表発表
コパ・アメリカ2007に向けたウルグアイ代表にレンタル中のエストジャノフが選ばれました。
他のメンバーにはカノッビオやフォルラン、ディオゴらが選ばれています。
また、ケガから復帰したばかりのレゲイロは漏れています。

No.1597 / 1182650092
アルゼンチン代表発表
コパ・アメリカ2007に向けたアルゼンチン代表にアジャラが選ばれました。「バレンシアのアジャラ」としては最後の大会になりますね。
他のメンバーにはアイマールやガゴ、ミリート兄弟にアボンダンシエリらが選ばれています。

No.1596 / 1182644775
バレンシアに喝
TBSのサンデーモーニングで、リーガ最終節のソシエダ戦でオウンゴールが3つ飛び出した件について
大沢親分&張本勲さんからダブルで喝を入れられました。

No.1595 / 1182606491
アリスメンディがコメント
決断
「バレンシアに行くっていう決断は簡単なものだった。全てのサッカー選手が夢見る偉大なクラブの一員になれるんだから。
全ての面でハイレベルの事を要求されるのはわかってる。でも、大きな事に挑戦する際に怯えていては何も出来ない。
僕はこのチャンスを最大限に利用してみせるよ」

ポジション争い
「全ての偉大なクラブがそうであるように、バレンシアも当然ポジション争いはもちろん厳しいだろうね。
でも僕は日々の練習を全力でこなし、チームにポジティブな競争をもたらすつもりだよ。
そして、自分自身としてもその競争を通じてこのクラブで成長したい」

欲しいタイトル
「どれか一つを選ぶ必要はないんだ。一年で無理なら何年もかけて必ず全てのタイトルを獲るつもりだよ。
でも、まずはリーガのタイトルが欲しいかな」

監督からの信頼
「大事なことだよね。特にスポーツ面では自分にとって最も重要な存在となる人だろうから。
そして、僕は監督の信頼に答えられるようなプレーをしたい」

No.1594 / 1182600911
アリスメンディ獲得決定
今季デポルティボでプレーしたアリスメンディの獲得が決定し、メスタージャのVIPルームで入団発表が行なわれました。
移籍金は600万ユーロ(約10億円)で6年契約、正式には保有権を持つアトレティコからの獲得となります。今オフの獲得第1号ですね。

No.1593 / 1182600386
ビセンテ・ソリアーノ副会長が辞任
クラブの副会長を務めるビセンテ・ソリアーノ氏が辞任しました。ソレール会長のワンマン体制に抗議の意を込めての行動のようです。
後任には会長秘書を務めていたエンリケ・ルーカス氏とマリオラ・ホジョス女史が務める事になります。

このオフに入り、副会長が辞任し、スポーツディレクター、GKコーチ、フィジカルコーチと次々とフロント陣が解任されています。
これだけ混沌とした状況からクラブを立て直す事が出来るのでしょうか。

No.1592 / 1182600248
代表戦の結果
親善試合:ベネズエラ代表vsバスク州選抜戦がベネズエラのサン・クリストバル行なわれ、3-4でベネズエラ代表は敗れました。
Bチームのミクーが先発出場し、前半いっぱいで交代しています。また、バスク州選抜の方ではデル・オルノが先発出場し、後半10分に交代しています。

No.1591 / 1182434906
トップチームのスタッフ3名が解任
GKコーチのエミリオと、フィジカルコーチのパコ・デ・ミゲルさん、プエブラさんの3名が今季いっぱいで解任される事になりました。
カルボーニ元SDに次いで、トップチーム大改革ですね。

No.1590 / 1182434708
バラハとシルバが契約更新についてコメント
バラハ
「まずは、バレンシアと契約更新した事を非常に幸せに感じている事を強調しておきたい。
7年間、俺がクラブのためにプレーしてきた事を評価してもらえたからこそ、今回の話をもらえたのだと思う。
クラブの尽力にはいつもながら感謝している。俺自身もバレンシアに強い愛情を感じ、クラブの近い将来について常に考えている。
個人的に今季は多くの試合に出ることが出来なかったので、これからの3年間でその分を取り戻したい。
ちょうど今、クラブはいろいろな変化が起きている所だが、そういった決定をしなければいけなかった時点で、
現在のクラブの状況が良いものではない事を表している。
ただ、サッカーの世界ではこういった変化は付き物だ。選手達はクラブの決定を尊重し、未来について考えなければならない」

シルバ
「違約金が6000万ユーロから9000万ユーロに増えたからといって自分の中で変わることは何もありません。
最も重要な事は、これからの6年間をバレンシアでプレー出来るという事です。
僕は小さい頃から何年もこのクラブで過ごしてきましたが、常にバレンシアのトップチームでサッカーをしたいと言ってきました。
そしてその夢が叶った今季、全てがうまく行き、充実した一年を過ごせました。だから僕の第一希望は、いつでもバレンシアに残ることだったんです。
今、こうしてバレンシアに居られる事に非常に満足しています。そしてこんなにも長い期間の契約を提示してくれたクラブにも感謝したいと思います」

No.1589 / 1182434655
ソレール会長がコメント
バラハについて
「バラハは我々のクラブで7年間過ごしてきたが、世界中のどこにも彼のプロフェッショナリズムを疑う者はいないだろう。
彼がバレンシアに来る前、アトレティコに居た頃から彼はサッカー選手としての模範を常に示してきたのだから。
今日の契約延長で、彼はバレンシアでトータル10年過ごす事になるが、10年もの長い間、
彼のような全ての面でトップレベルの選手が居てくれるという事は、バレンシアにとってこの上なく幸せな事だ。
彼がこの契約延長の話を受け入れ、全てのバレンシアニスタと共に居てくれる事に感謝したい」

シルバについて
「約1年前にバレンシアのトップチームのプレーヤーになるプレゼンテーションを行ったばかりのシルバだが、
昨年のこの時期にはパルマからオファーが来ており、話は立ち消えになったが、レンタルで修行してもらう可能性もあった。
だが、その思いは間違いであったとハッキリ言える。今では彼の力を疑う者は皆無だ。
我々も彼の能力を信じており、彼の力がチームに必要だからこそ、彼の代理人と話を進めたのだ。
クラブとしては、契約更新する事に何の迷いも無かったし、これからの6年間の契約を受け入れてくれた彼に心から感謝したい。
10年戦士のバラハと同じように、長くこのクラブのシンボルとなってくれるだろう」

No.1588 / 1182434551
バラハとシルバの契約延長オリエンテーション
メスタージャのVIPルームでバラハとシルバ、2人の契約延長セレモニーが行なわれました。

バラハは、現行の2008年6月までの契約を2010年6月までと2年延長。違約金は6000万ユーロ(約99.3億円)に設定されました。
シルバは、現行の2011年6月までの契約を2013年までと延長。違約金は9000万ユーロ(約149億円)に設定されました。

ビジャほどではないですが、2人ともスゴイ違約金です。

No.1587 / 1182388442
バラハとシルバが契約更新へ
クラブは、今日6/21にバレハとシルバの契約を更新する事を発表しました。
バラハとは、あと1年で切れる契約の延長をします。カルボーニ氏が解任されましたので、複数年契約が提示される事になるでしょう。
また、今季大活躍のシルバの契約も、年俸・違約金を大幅に見直される見込みです。
契約内容は本日(日本時間深夜)発表されます。

No.1586 / 1182354607
移籍関連まとめ
オフィシャルからの正式発表はまだひとつもありませんが、とりあえずまとめてみます。

獲得内定
GKヒルデブラント(ドイツ代表/シュツットガルト)
DFアレクシス(スペインU-21代表/ヘタフェ)
MFサニー(スペインU-20代表/ポリ・エヒード)
FWアリスメンディ(スペイン代表/デポルティボ)
FWマタ(スペインU-20代表/レアル・マドリーB)

退団内定
DFアジャラ(ビジャレアル)
MFホルヘ・ロペス(アトレティック?)
MFパジャルド(ヘタフェ/レンタル?)
FWパブロ(ヘタフェ/レンタル?)

放出の噂
GKモラ()
GKビュテル(ムルシア?バジャドリー?オゼール?)
DFミゲル(アーセナル?チェルシー?)
DFクーロ・トーレス(サラゴサ?)
DFヤーゴ・フェルナンデス(フベニールA)(アーセナル?)
MFエストジャノフ(レンタル中)(デポルティボ?)
MFレゲイロ()
MFアルベルダ(バルセロナ?)
MFバラハ(ユヴェントス?)
FWシシ(レンタル中)(ラシン?)
FWタヴァーノ(レンタル中)(ウディネーゼ?)

獲得の噂
DFキヴ
MFスナイデル
MFサパテル
MFミゲル・ヴェローゾ
FWフォルラン
FWバティスタ
FWトレゼゲ
他いっぱい

No.1585 / 1182352495
フベニール国王杯に向けてトップチームの選手達がコメント
ビセンテ
「彼らは今季最高のシーズンを過ごし、フベニールカテゴリーでスペインのベストチームだという事を既に証明しています。
全てのバレンシアファンが彼らの活躍により、クラブに誇りを感じているんです。
もう1つタイトルを獲って、最高の形でシーズンを終えてもらいたいですね。フベニールの皆が国王杯のタイトルを獲れるよう祈っています」

アルベルダ
「決勝の舞台では、ピッチで冷静にプレーを続ける事が大事だ。ただ、彼らは既に決勝戦と言う舞台での経験もあり、
その大一番でも勝利している。だからこそ、彼らはその大事さを身をもってわかっているだろう。彼らがタイトルを獲ってくれると確信している」

No.1584 / 1182352443
フベニール国王杯に向けてフベニールAの選手達がコメント
MFファン・カルロス
「僕らの精神面や経験は、同年代の中では充分優れていると自負しています。監督からはあまり多くのことを言われなくなりました。
それは、言われなくても監督の考えを理解してプレーしなければいけないということだと思いますし、試合当日もそう実践したいですね」

FWオルチナ
「もし僕らが新しいタイトルを獲得する事が出来れば、それは自分達が取り組んできた事に対する大きなご褒美になると思います」

DFアルトゥロ
「僕らは今季、既に決勝の舞台を経験し、タイトルをひとつ獲っています。アルバセテ戦に向けて、タイトルを勝ち取るための戦い方や、
心がけておくべき大切な事を、僕らははっきりとわかっています」

GKサルバ
「勝ってタイトルを持ち帰らなければならないと思っていますし、その自信もあります。
僕らのサッカーがシーズン通して優れていたという事を、今回の試合でも証明したいですね」

DFリジョ
「僕はアルベルダと話しましたが、その時に彼は、僕の腕にキャプテンマークを巻いてくれたんです。
一生忘れないだろうってくらい嬉しかったですよ。僕らのような若手は、上のカテゴリの選手達から気にかけてもらえると、
すごく勇気が出るんです。決勝戦に向けて幸運を分けてもらったような気分ですね」

No.1583 / 1182350483
アレビンBが国際交流
バルセロナのエトーが代表を務めるカメルーンのサッカークラブから、12人のサッカー少年がスペインに来ているようで、
その少年達とバレンシアのアレビンBチームが親善試合を行なったそうです。国際交流ですね。

No.1582 / 1182297599
カルボーニSD解任
キケ監督と共に、チームに残るのかどうかが注目されていたカルボーニSDですが、解任が発表されました。
後任には、バレンシアでの公式戦出場数歴代No.1で現在テレビ解説者のフェルナンド氏か、
アトレティコのSDを務めるトニ・ムニョス氏の就任が濃厚だそうです。

No.1581 / 1182265855
ゴールドカップ2007(北中米カリブ海選手権)
現在アメリカで行なわれている「ゴールドカップ2007」に、グアドループ選抜チームの一員として、
バレンシアOBのアングロマ氏が大会に参加しています。

グアドループ選抜チームは、グループリーグこそ勝点4の3位でしたが、その後決勝トーナメントを勝ち上がり、
準々決勝ではホンジュラスを撃破。6/21の準決勝では強敵メキシコ代表と戦います。

また、アングロマ氏はここまでの4試合中、3試合に出場し2ゴール決めています。

No.1580 / 1182264887
スペインU-20代表発表
カナダで行なわれるワールドユース2007に向けたスペインU-20代表が発表されましたが、バレンシアからは一人も選出されませんでした。
ただ獲得決定が報じられている2人、マドリーBのFWマタと、ポリデポルティボのMFサニーが招集されています。

No.1579 / 1182165468
メディカルレポート(6/18)
アルビオル
シーズン中に負った舟状骨(手首の親指側の骨)骨折のケガに対する手術を受ける。

シルバ
大胸筋嚢胞(のうほう)という病気にかかってしまう。病院にて診察を受ける。

アルベルダ
ソシエダ戦で、試合中にアルビオルの蹴ったボールが腹部に当たり途中退場。軽い打ち身との事。

No.1578 / 1182162065
リーガ全日程終了
大混戦の末、優勝はレアル・マドリーに決まりました。4年ぶり30回目の優勝です。
バルサが同勝点での2位、セビージャが3位と、結局順位は入れかわらずでした。セビージャはまだ国王杯がありますね。
バレンシアは4位、ビジャレアルが5位、レバンテが15位ですので、来季もバレンシアダービーが2つ残ります。
降格したのはセルタ、ソシエダ、ヒムナスティックの3チーム。セルタは3年ぶり、ソシエダは40年ぶりの降格です。

代わって2部リーグから昇格してくるのはバジャドリー、アルメニア、ムルシアの3チームです。
バジャドリーは4年ぶり、ムルシアは3年ぶり、アルメリアは1989年創設の新しいチームで初の1部昇格となります。
そしてレアル・マドリーBチームが2部Bに降格しています。

No.1577 / 1182161219
ソシエダ戦を終えてコメント
ビジャ
「勝ちたい、という思いがどれほど強いかを、自分らはこの試合で証明出来たと思います。
今週いろいろあった自分らにとって、これは重要な事っす」

ホルヘ・ロペス
「非常に感慨深いです。ファンの皆さんからピッチでお別れの言葉を頂けた事もすごく嬉しかったですね」

キケ監督
「オウンゴールにアルベルダの負傷...今日の試合はいろいろな事があった今季を象徴するようなゲームだった。
結局、我々は最後まで負傷という不運に見舞われてしまった。
この1試合の結果で私の進退が変わるとは思っていない。会長は私の処遇についての発表をまだ控えているが、
1年間トータルでの成果を評価してもらいたいと思っている」

No.1576 / 1182095304
フベニール国王杯
ラシン・サンタンデールのフベニールAチームと対戦する準決勝、第1戦を1-0で落としていたフベニールAチームですが、
第2戦をモントロとオルチナのゴールで2-0と勝利し、トータル2-1で逆転での決勝進出を決めました!

46年ぶりの優勝まであとひとつ!
6/24に行なわれる決勝戦はマラガにて、相手はアルバセテのフベニールAチームです。

No.1575 / 1182094912
U-21欧州選手権2007
U-21欧州選手権2007グループリーグ:イスラエルU-21vsポルトガルU-21の試合がフローニンヘンで行なわれ、ポルトガルU-21代表は0-4で勝利しました。
この結果、グループリーグ勝点4を獲得したポルトガルU-21ですが、オランダ、ベルギーにつぐグループ3位となり大会から敗退しました。
Bチームのジョアン・モレイラは後半22分より途中出場しています。

No.1574 / 1182010633
UEFAクラブチーム・ランキング06/07
06/07シーズンのヨーロッパカップ戦が終わり、07年度のクラブチームランキングが発表されました。
過去5年間のヨーロッパカップ戦での成績を元に算出されるこのランキングですが、バレンシアは前年と変わらず9位でした。
CLもUEFA杯もあっさり負けた04/05、インタートトで負けた05/06のポイントが最悪ですので、
07/08、08/09シーズンで連続でいい成績を残してトップ10を維持したいですね。

ちなみに今季1シーズンだけで見ると、最もポイントを稼いだのはエスパニョールです。
ついでセビージャ、リヴァプール。CLを制したミランは5位、バレンシアは10位です。

No.1573 / 1182008470
ホルヘ・ロペスがコメント
練習場で起きたウルトラスとのトラブルについて
「人は自由に自己表現をし、自由にそれぞれの考えを言う事が出来るものです。
チームが結果を出せていない場合、批判を受けるのは仕方の無いことです。その場合、私たちは何の言い訳も出来ません。
しかし最終的に、私たちは4位以内に入るという義務は果たしました。だから、練習場で起きたあの行為は納得いかないですね。
ただ、残念な事にサッカーではこういった事が起こってしまいます。私たちが嫌な気持ちになったのは初めてではないですからね」

シーズン最終戦
「非常に難しい試合ですね。我々のモチベーションと相手チームのモチベーションがあまりにも違いすぎます。
彼らは勝って降格ゾーンを脱出しなければいけないわけですからね」

バレンシアでの最後の試合
「今日、バレンシアでの最後の練習を終えました。今日の練習も含め、私はこれまで、毎日のトレーニングに真摯に取り組んできました。
もっとプレーしたかったですね。サッカー選手として、出場機会を与えてもらえるだけの事はしてきたと自負しています。
明日のソシエダ戦が私のバレンシアの最後の試合になりますが、勝っても負けても特別な一日、そして悲しい一日になると思います。
もしかしたら、バレンシアに加入した03/04シーズンにタイトルを獲得した事よりも、個人的に特別な思い出になるかもしれませんね」

No.1572 / 1182008446
ソシエダ戦に向けて18名招集
GK ビュテル、モラ
DF アルビオル、クーロ・トーレス、モレッティ、コルコレス
MF アルベルダ、バラハ、ホルヘ・ロペス、ガビラン、レゲイロ、パジャルド、ロメロ
FW ビジャ、モリエンテス、シルバ、インサ、アーロン

カニサレス、アジャラ、マルチェナ、ホアキンが出場停止。
ミゲル、デル・オルノ、ウーゴ・ヴィアナ、アングーロは負傷のため招集外です。
DFラインはクーロが左に入ってこの4人で決まりですかね。もしくはレゲイロか...。

No.1571 / 1182008413
メディカルレポート(6/16)
ウーゴ・ヴィアナ
左ヒザに水が溜まり練習欠席。ソシエダ戦への出場を見送る。

No.1568 / 1181969155
メディカルレポート(6/15)
アングーロ
練習中に右足ハムストリングの筋繊維を一部裂傷。理学療法による治療を受ける。

デル・オルノ
練習中に足首を負傷。理学療法・水治療法による治療を受ける。

ミゲル、モリエンテス、ビセンテ
理学療法による治療を受ける。

エドゥ
理学療法・水治療法による治療を受ける。

No.1567 / 1181797171
U-21欧州選手権2007
U-21欧州選手権2007グループリーグ:オランダU-21vsポルトガルU-21の試合がフローニンヘンで行なわれ、ポルトガルU-21代表は2-1で敗れました。
Bチームのジョアン・モレイラは出番がありませんでした。

No.1566 / 1181742451
スペインU-15代表発表
6/22~24にカナリア諸島で行なわれる「サンチャゴ・デル・テイデ国際カップ」に出場するスペインU-15代表のメンバーに、
カデテAのモンレオンと、カデテBのネメシオが選ばれました。
トルコU-15代表と、カナリア諸島U-15選抜チームの3チームによる総当たり戦です。

No.1565 / 1181708189
エミレーツ・カップ
7/28~29で開催されるイングランドのアーセナルが主催のエミレーツ・カップにバレンシアが招待され、参加する事が決まりました。
当初、参加するはずだったドイツのハンブルガーSVが辞退したことによる代替出場との事です。
バレンシアの他、主催者のアーセナル、インテル、パリ・サンジェルマンによる4チームでの大会で、
バレンシアは7/28にインテルと、7/29にパリ・サンジェルマンと戦います。インテルとは遺恨試合になってしまいましたね。

この大会は勝利=勝点3、引分=勝点1という一般的な勝点計算の他に、試合でゴールを決めるたびに勝点が入るという大会方式だそうです。
1-0で勝つのと4-4の引き分けは勝点が一緒という事でしょうか。

アーセナルに狙われているという噂のあるフベニールAチームのヤーゴ・フェルナンデスや、アーロン、ロンバン等の若手選手が
この大会をきっかけに引き抜かれないことを祈ります(^_^;)

No.1564 / 1181708165
マルチェナのイエローカードに物申す
クラブは、レバンテ戦でマルチェナに提示された2枚目のイエローカードの取り消しを求めて、そのシーンのビデオをRFEFの懲罰委員会に提出しました。
エシエンがシミュレーションした、という事らしいです。私には足が引っかかっ(てしまっ)たように見えましたが...どうなるでしょうか。
もしこの訴えが認められれば、マルチェナは最終節出場可能となります。

No.1563 / 1181703163
U-21欧州選手権2007
U-21欧州選手権2007グループリーグ:ポルトガルU-21vsベルギーU-21の試合がフローニンヘンで行なわれ、0-0の引き分けでした。
Bチームのジョアン・モレイラは出番がありませんでした。

No.1562 / 1181575664
Bチームが3部降格
2部B残留を目指して戦っていたBチームですが、レアル・バジャドリーBチームとの降格プレーオフに敗れ、降格が決まってしまいました。
レギュレーションを勘違いしておりました。間違った情報流して申し訳ないですm(_ _)m

そして、また3部でのプレー。。。

No.1561 / 1181487500
フベニール国王杯
フベニールAチームは国王杯・準決勝第1戦でラシン・サンタンデールのフベニールAチームと対戦し、1-0で敗れました。
第2戦はホームですので、しっかり勝ってもらいたいですね。

No.1560 / 1181436845
マルタ・アレグリア氏が逝去
長い間バレンシアCFのフロントで尽力されていたマルタ・アレグリア氏がご逝去されました。
アレグリア氏は1988年、当時のアルトゥーロ会長時代に会長秘書としてバレンシアCFに入社。以後、歴代会長の補佐を勤め、
現在はパテルナ練習場の事務局長を勤めておられました。
レバンテ戦では氏への追悼の意を表し、選手全員が喪章を付けてプレーしました。それなのにこの結果はないですよね。

No.1559 / 1181436762
レバンテ戦を終えてコメント
デル・オルノ
「序盤に失点をするというミスを連続して犯してしまった。こんな事では試合に負けるのも無理はない」

マルチェナ
「僕らは非常に厳しい仕打ちを受けた。3人も失った状態でプレーするなんて」

アルベルダ
「これほどまでに沢山のミスが出るなんて、本当に馬鹿げた事だ」

キケ監督
「私は今夜、非常に奇妙な物を見た。僅かなプレーヤーによって行なわれるサッカーだ。
だが、そのサッカーをプレーしていたのは我々の選手達だった。こうなってしまっては作戦通りプレーするというのは困難な事だ。
こんな事が起こるのはごく稀な事かもしれない。だが、我々はこんなにも情けない試合をした事を忘れる事があってはならない」

No.1558 / 1181320710
新オフィシャルグッズ
夏ですからね。新グッズ・VCFビーチサンダルが登場です。
http://www.valenciacf.es/images/noticias/chanclas8ju2007a.jpg

価格は12ユーロ(約1900円)。お求めはオフィシャルサイトまで。
確か送料が8000円くらいかかりますけどね。

No.1557 / 1181320416
レバンテ戦に向けて18名招集
GK カニサレス、ビュテル
DF アジャラ、アルビオル、マルチェナ、クーロ・トーレス、モレッティ、デル・オルノ
MF アルベルダ、バラハ、ウーゴ・ヴィアナ、ホアキン、ホルヘ・ロペス、ガビラン、レゲイロ
FW ビジャ、モリエンテス、アングーロ、シルバ

モリエンテスは未だ治療を受けている状態ですが、メンバー入りしました。ビュテルも間に合いましたね。

No.1556 / 1181270565
ジャパンツアー中止に
7月に来日していたジャパンツアーが中止となりました。

公式に発表している中止の理由としては、
  ・現在も負傷者を多数抱えている。
  ・シーズン終了後に手術を受ける予定の選手を複数抱えている。
  ・CLの予選があり、シーズン開幕に向けて他チームよりも早い段階から準備をしないといけない。
という点を踏まえ、メディカルスタッフより「この夏のヨーロッパ圏外への移動は選手たちに大きな負担になる」という報告が出されたためです。

ただし、クラブいわく「日本はバレンシアCFにとって第2の故郷」だそうで、近いうちに来日計画を実現させてくれるとも言ってくれています。

また、日本ツアーの代わりですが、今季のプレシーズンと同様にオランダ・エルメロでの合宿を行なう予定です。

No.1555 / 1181235126
U-21代表戦の結果
U-21欧州選手権07-09予選:グルジアU-21vsスペインU-21の試合がグルジアの首都トビリシで行われ、
元バレンシアのホセ・エンリケのゴールにより0-1でスペインU-21が勝利しました。
パジャルドとレンタル中のシシがフル出場しています。

No.1554 / 1181234745
ビセンテがコメント
来季の抱負
「今シーズンがまだ終わってないのに、来季のプレーのことを考えるのは賢いとは言えないと思います。確かに今季は個人的にひどいシーズンでした。
しかし、ピッチ上でのバレンシアは充分な力を見せていましたし、自分が加わった時もチームのレベルは非常に高いように感じられました。
ただ負傷者が続出した事が、チームから可能性を奪っていったんだと思います。あまりにも多くの不運が重なりましたからね。
自分もやっと足首のケガが治り、さぁこれから、という時に筋肉の負傷。本当についてないですよ」

精神的外傷
「自分に降りかかる不運に落ち込んだこともありますよ。ただ、そういった気持ちは何をするにもよくありません。心身共に100%の状態になった時に
初めて復帰できるわけですから。そういったストレスを解消するために、自分がどういう心理状態であるかをドクターとはよく話しています。
その効果もあるんでしょうね、今の自分は既に精神面の準備は出来ていますよ」

復帰に向けての意気込み
「たくさんのポジション争いが待ち受けていることはわかっています。ただ、それは自分がバレンシアに入団してからずっとあった事ですし、
今のチームにも非常に素晴らしい選手が揃ってますから、こういった争いはチームにとってプラスの影響を及ぼすと思います」

レバンテとのダービー
「希望としては出場したかったですが、テレビで見る可能性が高いでしょうね。自分はレバンテで何年も過ごしてきましたし、
今でも愛着あるクラブですから、このダービーでプレーする事にすごく憧れてたんですけどね。」

今季
「目標が達成できたという点で、いいシーズンだったと言えると思います。
特に一時、多くの負傷者が出たというスキャンダラスな状況を考えると尚更ですね。
CLでもベスト8まで勝ち上がり、さらに強敵チェルシーを追い詰めましたし」

メディカルスタッフの働き
「スタッフの働きは素晴らしいと思いますよ。彼らに対しての不満は何もありません。
今季、自分が何度もヒザを痛めてしまった事も、スタッフのせいじゃなくて不運が原因なんですから」

No.1553 / 1181234592
モリエンテスがコメント
ケガの完治
「復帰するために必要なトレーニングは随時こなしている。明日も一人で調整だ。2日以内に全体練習に復帰できるかどうか様子を見る事になる。
そして、それと同時に次のレバンテ戦への出場は見送る事になるだろう。
シーズンももうすぐ終わるし、試合に出たい気持ちは強いが、ケガを悪化させないためにも完治するまでガマンするよ」

レバンテとのダービー戦
「我々は既に今季の目標を達成しており、残り2試合が消化試合になることは事実だ。それでも我々は試合を投げるような事はしない。
スタジアムに応援に来てくれるファンが満足して帰れるように、新たに勝点3を追加したい」

今季の成果
「来季のCL出場権を得た事には満足している。これは非常に厳しい目標で、誰もが達成できる目標ではない。
もちろんリーガや国王杯を制したいという願望もあるが、今季に限って言えばライバルチームの方が、我々より少しばかり幸運だったのだと思う。
今季の我々は本当に多くの選手が苦しい思いをしたし、それを考えるとCL出場権を得た事は非常に大きな成果だ。
それに、優勝の可能性は無くなってしまったが、残り2試合までタイトルを争う事も出来た。
11月のバレンシアを見た人で、我々がここまで勝点を積み上げるとは誰も予想していなかったと思う」

サラゴサvsマドリー
「大きな意味を持つ一戦だと思う。両方のチームが目標を達成するために勝点3を必要としているのだから。
今季、サラゴサはCL出場を目指して戦ってきた。そしてその夢が破れた今、彼らはUEFA杯への出場権を逃すわけにはいかないだろう。
そしてもしマドリーが勝った場合、リーガのタイトルは彼らの元へいくような気がする」

ファンからのブーイング
「監督に対してのものと選手達に対してのものの両方を聞いたが、我々にタイトルを求めているからこそ、そういった声が上がるのだろう。
私はその行為自体を否定はしない。むしろ、偉大なチームのファンとはそうあるべきだと思う。
拍手もブーイングもせず、我々がどんなプレーをしても満足してしまっているファンよりも、
チームに勝利やタイトルを要求するファンの方が私は好きなんだ」

No.1552 / 1181234433
ポルトガルU-19代表発表
7/2~4で行なわれる代表合宿に向けたポルトガルU-19代表にフベニールAのヤーゴ・フェルナンデスが選ばれました。
7/16から始まるU-19欧州選手権のメンバー入りに向けて重要なアピールチャンスです。

No.1551 / 1181227870
メディカルレポート(6/6)
ミゲル
代表戦の試合中に、右足ハムストリングの筋繊維断裂。理学療法による治療を受ける。

ビュテル
練習中に、右足ハムストリングの筋肉を痛める。練習を途中で切り上げ、理学療法による治療を受ける。

モリエンテス
(右足内転筋)理学療法による治療を受ける。ピッチでのリハビリを行なう。

ビセンテ
(左足ハムストリング)理学療法による治療を受ける。

エドゥ
(右足前十字靱帯)術後のリハビリメニューをこなす。理学療法による治療を受ける。

No.1550 / 1181207197
各国代表戦の結果
EURO2008予選:リヒテンシュタイン代表vsスペイン代表の試合がリヒテンシュタインの首都ファドゥーツで行われ、スペイン代表が0-2で勝利しました。
マルチェナ、ホアキン、ビジャがフル出場し、ビジャが2ゴール決めています。
また、シルバが先発出場し後半32分に途中交代、アルベルダとアングーロは出番がありませんでした。

親善試合:クウェート代表vsポルトガル代表の試合がクウェートの首都アルクウェートで行なわれ、1-1の引き分けに終わりました。
ウーゴ・ヴィアナが後半開始時から途中出場しています。ミゲルは負傷のため出場見送り、カネイラは出番がありませんでした。

親善試合:アルゼンチン代表vsアルジェリア代表の試合がスペイン・バルセロナで行なわれ、4-3でアルゼンチン代表が辛勝しました。
アジャラがフル出場し、歴代最多キャップを再び更新しています。

親善試合:ベネズエラ代表vsカナダ代表の試合がベネズエラのマラカイボで行なわれ、2-2の引き分けでした。
Bチームのミクーは出番がありませんでした。

No.1549 / 1181205870
U-19代表戦の結果
U-19欧州選手権最終予選:ノルウェーU-19vsスペインU-19の試合がノルウェーのフレドリックスタッドで行われ、2-5でスペインU-19が勝利しました。
これでスペインU-19は3戦3勝の勝点9でグループ首位、U-19欧州選手権本線出場を決めました。
Bチームのアーロンは先発出場し、前半30分に先制点となるゴールを決め、後半9分に途中交代しています。また、モントロはフル出場しています。
ちなみに、獲得が噂されているFWマタが再びフル出場し、1ゴール決めています。絶好調ですね。

No.1548 / 1180947363
各国代表戦の結果
EURO2008予選:ラトヴィア代表vsスペイン代表の試合がラトヴィアの首都リガで行われ、スペイン代表が0-2で勝利しました。
マルチェナ、ビジャがフル出場、アルベルダが先発出場し後半21分に途中交代、
アングーロは前半の45分間プレーし、ホアキンが後半の45分間出場しています。

EURO2008予選:ベルギー代表vsポルトガル代表の試合がブリュッセルで行なわれ、1-2でポルトガル代表が勝利しました。
ミゲルが先発出場しましたが、後半8分に負傷のため途中交代しています。カネイラとウーゴ・ヴィアナは出番がありませんでした。

親善試合:スイス代表vsアルゼンチン代表の試合がバーゼルで行なわれ、1-1の引き分けに終わりました。
アジャラがフル出場し、歴代最多キャップを更新しています。

親善試合:オーストラリア代表vsウルグアイ代表の試合がシドニーで行なわれ、ウルグアイ代表が1-2で勝利しました。
レンタル中のエストジャノフが後半43分から途中出場しています。

親善試合:ベネズエラ代表vsホンジュラス代表の試合がベネズエラのメリダで行なわれ、ベネズエラ代表が2-1で勝利しました。
Bチームのミクーがフル出場しています。

No.1547 / 1180945143
U-19代表戦の結果
U-19欧州選手権最終予選:スペインU-19vsアゼルバイジャンU-19の試合がノルウェーのサルプスボリで行われ、4-0でスペインU-19が勝利しました。
Bチームのアーロンがフル出場し、先制点となるゴールを決めています。モントロは出番がありませんでした。
ちなみに、獲得が噂されているFWマタは再びフル出場し、2ゴール決めています。

No.1546 / 1180775627
代表チームに合流中のビジャがコメント
モリエンテス、トーレスの負傷
「いやー、スペイン代表にとっては痛いっすよ。もちろんルイス・ガルシアとソルダードは代表に相応しいレベルの選手っすけど、
仲間のケガによる代替招集っすからね。心から喜べないところもあるみたいっすよ。
自分ら3人でよく話すんですけど、ホント、これ以上不運が起きないといいっすよね」

スペイン代表のエース
「監督から呼ばれた時にいつでも応じられるように、ずっと心がけてますからねー。継続して招集してもらえるのは嬉しいっすよ。
この間の代表戦でも先発で起用してもらえましたし、今は代表でのプレーが楽しいんですよね。
たぶんですけど、自分のプレーを監督には気に入ってもらえてると思います。今度の試合でも、監督に喜んでもらえるように頑張りますよ」

代表チームのビジャ依存
「いやいやいやいや、それはないっすね!スペインにはスゴイFWが沢山いるじゃないですか。
でも、代表に呼ばれた当初はほとんどプレーの機会も無かったですけど、多くの時間を練習に費やして、
やっと認めてもらえるようになったわけですからね。やっとつかんだ出場機会を他の選手に奪われないようにしなきゃとは思ってますよ」

EURO2008予選
「2試合とも重要っすよ。勝つ事意外は考えてません。自分たちのプレーが出来ればラトヴィア戦とリヒテンシュタイン戦の両方とも
良い結果を残せると思います。ただ、戦力的に劣る相手だから、と油断が生まれた場合は苦しむことになるでしょうね」

No.1545 / 1180775498
代表チームに合流中のアジャラがコメント
アルゼンチン代表
「長い間、代表チームでプレーを続けてきているが、今でも代表チームのユニフォームを着ると、初めて袖を通した時と同じくらいの喜びを感じる。
私にとって代表チームでプレーする事は、言葉では言い表せないくらい特別なことなんだ」

チームの成熟具合
「技術面はもともと心配していない。スイス、アルジェリアとの親善試合ではチームの方向性を確認する事になるだろう。
これまでに我々が進めてきた事が正しかった、と自信をつけるための試合にしたい」

コパ・アメリカ
「我々アルゼンチン代表は、全ての試合でアルゼンチンらしい積極的なサッカーを見せ、全ての試合を勝つつもりで大会に臨む。
アルゼンチンには優秀な選手が沢山居るし、オリンピックの時と同様に達成可能な目標だと思う」

目標
「出るからには目標は当然優勝だ。コパ・アメリカのトロフィーを国に持ち帰り、アルゼンチンサッカー界に威厳を取り戻したい。
2004年大会では、決勝でPK戦で敗れるという苦い経験を味わった。その大会に出場していた私個人にとっても、
今大会には特別な思いがある、と言っても復讐とはまた違う意味合いのものだが。
まずは、本大会メンバーに選出されることを期待したい」

No.1544 / 1180693961
モレッティがコメント
イタリア代表
「選ばれませんでしたね(笑) イタリア国内でプレーしている事が代表選考に有利に働いたとは思いません。
選ばれた選手は私よりも良い状態に居たんだと思います。だから不満はありませんよ。これに落ち込むことなく、もっと努力していかないといけませんね」

優勝争い
「まだ2試合残ってますし、どうなるかさっぱりわかりませんね。ただ、私の予想ではバルサが有利だと思います。
マドリーはサラゴサとの対戦が残っていますからね。でもマドリーがその試合に勝てば、マドリーが優勝するでしょう」

今季を振り返って
「CLでは試合終了間際のゴールでチェルシーに敗れましたが、リーガでの最低目標は達成しました。
確かにシーズン前には、チーム全員がもっと上を目指して戦ってましたけど、今季私たちに降りかかった運命、
特に12月の悪夢を踏まえたら、この結果は納得のいくものです」

ビジャレアル戦のゴール
「ビジャが私に当たったんだから私のゴールだ、と言ってくれました。DFというポジションがら、
ゴールチャンスはそんなにありませんからね。素直に嬉しいです」

レバンテ戦
「ダービーですからファンの勝利を求める声が大きいことはよくわかっています。ただ、アウェーゲームですし難しい試合になるでしょうね」

ビジャレアル戦のブーイングについて
「個人的にはそんなに気にしていません。サッカーとは誰もが自由に意見を言えるもので、
ファンもそれぞれの意見を持っているわけですから。皆が同じ考えを持つ必要はないと思います」

No.1543 / 1180625150
U-19代表戦の結果
U-19欧州選手権最終予選:スペインU-19vsアイスランドU-19の試合がノルウェーのハルデンで行われ、3-2でスペインU-19が勝利しました。
Bチームのアーロンが後半4分から途中出場、モントロは出番がありませんでした。
ちなみに、獲得が噂されているFWマタとMFサニーはフル出場しています。

No.1542 / 1180624767
レゲイロがコメント
CL出場権獲得
「僕らの最低限の目標だった事けど、達成できて嬉しいよ。アチコチでいろいろと言われているけど、今季の僕らはそんなに悪いとは思わない」

ファンからのブーイング行為
「一時は多数の負傷者を抱え、この最低限の目標さえ達成不可能と思われた時期もあった。
それでも、こうして4位以内に入れたんだから、少なからず皆が満足しているとは思う。
まぁ、最後の3試合まで優勝の可能性もあったからね。期待していたファンの気持ちも理解できるよ。
ただ上位陣は安定しているし、これ以上の結果を望んでもおそらく実現はしなかったんじゃないかな」

レゲイロの将来
「僕にはあと3年の契約が残っている。それに、今のところクラブから具体的な話も無いんだ。
今の僕にはケガをする前と同じ感覚がある。ほぼ治っていると言っても問題ないね。
すぐにでも試合に出て、プレー機会を得たいよ。そして、シーズンが終わってから来季の事に着いて考えたい。
余計な事を考えず、純粋にサッカーがしたいんだ。今はっきりしているのは、あと3年はバレンシアとの契約が残ってるって事だけ。
僕の将来について様々な噂を聞くけど、もうそんな噂を立てるのは止めてほしい。
記者の皆さんはこういう類の話に慣れてるだろうけど、代理人と僕はもうウンザリしてるんだ」

No.1541 / 1180532215
メディカルレポート(5/30)
モリエンテス
理学療法による治療を受ける。

ビセンテ
全体練習に合流し、全メニューをこなす。理学療法による治療を受ける。

エドゥ
スペインでの再手術を無事に終える。今後、リハビリプログラムに取り組む事に。理学療法による治療を受ける。

アルビオル
内転筋を痛めて、練習を途中で切り上げる。理学療法による治療を受ける。

シルバ
代表チームに合流中だが、ケガが完治していないため練習欠席。

アングーロ
代表チームに合流中だが、ハムストリングを痛めてしまい、練習欠席。

No.1540 / 1180532167
フベニール国王杯
ラシン・サンタンデール・フベニールAと対戦する事になりました。第1戦はホームで6/9or10、第2戦はアウェーで6/16or17の予定です。
決勝に勝ち上がった場合、アルバセテ・フベニールvsソシエダ・フベニールの勝者との対戦になります。

No.1539 / 1180532148
2部Bリーグ・降格プレーオフ
初戦でレアル・バジャドリーBチームと戦う事になりました。
ホーム&アウェー方式の戦いで、第1戦はアウェーで6/3、第2戦はホームで6/10の予定です。
勝てば残留決定、負けた場合はUDパハラvsエクストレマドゥーラの敗者と残留をかけての対戦となります。

No.1538 / 1180532120
U-19代表戦の結果
U-19欧州選手権最終予選:ポルトガルU-19vsスコットランドU-19の試合がスコットランドのパースで行われ、4-2でポルトガルU-19が勝利しました。
これでポルトガルU-19は2勝1分の勝点7でグループ首位、U-19欧州選手権本線出場を決めました。
フベニールAのDFヤーゴ・フェルナンデスは後半43分から途中出場しています。

No.1537 / 1180268320
Bチームが降格圏脱出、プレーオフへ
前節まで降格圏内の18位に居たバレンシアBですが、最終節、リーグ2位のウエスカ相手に、後半ロスタイムのアーロンのゴールで0-1で勝利しました!
オサスナB、サン・アンドリューが引き分けたため勝点45で並び、3チーム間の直接対決の結果でバレンシアBは16位に浮上。
3部リーグの昇格候補とのプレーオフ行きとなりました。勝ち残れば残留です!
何はともあれ、最悪の事態は免れました。アーロンのゴールはまさに起死回生となりましたね!

No.1536 / 1180268236
キケ監督が公式戦100試合指揮
今回のビジャレアル戦で、キケ監督がバレンシアの監督として公式戦100試合指揮を達成しました。
100試合で50勝26分24敗、勝率はちょうど5割ですね。内訳はリーガ74試合、国王杯10試合、インタートト杯4試合、CL12試合です。

No.1535 / 1180268201
ビジャレアル戦を終えてコメント
モレッティ
「とても悲しい結果です。全員がショックを受けています」

アルベルダ
「我々にもゴールチャンスはあったと思うが、非常に厳しい試合となってしまった」

アルビオル
「ファンは失望している事でしょう。当然です。僕らも今日の結果に失望しています」

キケ監督
「大きな敗戦だという事を実感しながらロッカールームに戻った。我々は負けるべくして負けた」

No.1534 / 1180195423
フベニール国王杯
フベニールAチームは国王杯・準々決勝第2戦でデポルティボのフベニールAチームと対戦し、第1戦と同様に
FWオルチナのゴールで0-1で勝利しました。2戦合計2-0で勝ち上がり、準決勝に進みます。
途中、PKを奪われるなどピンチもありましたが、GKサルバがスーパーセーブで止めて勝利に貢献したようです。

No.1533 / 1180194859
U-19代表戦の結果
U-19欧州選手権最終予選:トルコU-19vsポルトガルU-19の試合がスコットランドのダンディーで行われ、0-1でポルトガルU-19が勝利しました。
フベニールAのDFヤーゴ・フェルナンデスは出番がありませんでした。

No.1532 / 1180094686
ビジャレアル戦に向けて19名招集
GK カニサレス、ビュテル
DF アジャラ、アルビオル、マルチェナ、ミゲル、クーロ・トーレス、モレッティ、デル・オルノ
MF アルベルダ、バラハ、ウーゴ・ヴィアナ、ホアキン、ホルヘ・ロペス、ガビラン、レゲイロ
FW ビジャ、アングーロ、シルバ

モリエンテスが間に合いませんでしたが、レゲイロが復帰!でも19人招集されているので、直前で外れるかもしれませんね。

No.1531 / 1180094480
スペイン代表発表
EURO2008予選:ラトビア代表戦(6/2)とリヒテンシュタイン代表戦(6/5)に向けたスペイン代表に、
マルチェナ、アルベルダ、ホアキン、シルバ、アングーロ、ビジャと総勢6人が選ばれました。
DFラインを除く前6人、全部バレンシアでいけるじゃないすか!でも疲労が心配...。

No.1530 / 1180094238
スペインU-21代表発表
U-21欧州選手権07-09予選:グルジアU-21代表戦(6/5)に向けたスペインU-21代表に、パジャルドとレンタル中のシシが選ばれました。
これから本大会なのに、もう次回大会の予選が始まるんですね。

No.1529 / 1180093489
メディカルレポート(5/24)
モリエンテス
全練習メニューをこなす。

ビセンテ
グラウンドでのリハビリメニューをこなす。

レゲイロ
理学療法・水治療法による治療を受ける。一部全体練習に復帰。

シルバ
グラウンドでのリハビリメニューをこなす。

No.1528 / 1180093466
モリエンテスがコメント
コンディション
「先週、仲間と一緒にハードなトレーニングから始めたら、水曜に再び痛みを感じるようになってしまった。
だから今週は逆に軽い練習から始めている。今は非常にイイ感触だ。この感じだとビジャレアル戦への出場は問題ないと思う」

リーガタイトル
「今はまだ夢かもしれないが、これは実現可能な夢だ。勝点差は僅か4しかないのだから。
それに、これまでに大逆転優勝が達成された例はたくさんある。だから、我々は逆転する可能性があるうちはタイトル争いを諦めない。
そして、もしその可能性が無くなってしまっても、その時は2位を。2位が難しければ3位と、少しでも上を目指していくつもりだ」

今季のリーガ
「我々は良い時期と悪い時期を過ごした。そして我々が大きなミスを犯した事もあった。
もしそういったミスが無かったら、今頃は違う角度からリーガについて話していただろうと思う」

ビジャレアルとのダービーマッチ
「ビジャレアルもシーズン前半戦、我々と同様に非常に悪い時期を過ごした。しかし今、その時期が幻であったかのように両チームとも良い状態だ。
今彼らと戦える事は、両チームのファンにとって良いことだろう。個人的に、ダービーマッチは常に盛り上がるし楽しみにしているイベントだ。
良い試合になり、試合後に勝点がメスタージャに残っている事を願っているよ」

スペイン代表
「今週は代表について全く考えなかった。というのも、代表とは100%の状態でプレー出来るものが集まるところだと思っているからだ。
今の自分は、自分のコンディションが良かった時の感覚を取り戻す事だけを考えている。現状では、代表チームの要求に答える事が出来ない」

ホアキン
「今のホアキンは絶好調で、チームに多くのオプションをもたらし、監督をて助けることの出来る存在だ。
私の予想だが、次の招集メンバーが発表される時はリストに彼の名前が入っていることだろう」

CL決勝
「試合を見ることは出来なかったんだ。ダイジェストを見たけど、私は元リヴァプールの選手だからね。
友人たちの下にタイトルが行くことを願っていたが、勝ったのはミランだった。非常に残念だよ」

No.1527 / 1180004741
ベネズエラ代表発表
親善試合:ホンジュラス代表戦(5/25)、カナダ代表戦(6/1)、に向けたベネズエラ代表にBチームのFWミクーが選ばれました。
6/26開幕のコパ・アメリカ2007への出場に向けてアピールのチャンスです。

No.1526 / 1180001822
アルゼンチン代表発表
親善試合:スイス代表戦(6/2)に向けたアルゼンチン代表にアジャラが選ばれました。歴代最多キャップ更新の可能性大です。
アイマールやサビオラの他、ダビド・ナバーロに鼻骨を折られたブルディッソも選ばれています。

No.1525 / 1180001630
ウルグアイ代表発表
親善試合:オーストラリア代表戦(6/2)に向けたウルグアイ代表にレンタル中のエストジャノフが選ばれました。
レコバやフォルラン、カノッビオも選ばれています。

No.1524 / 1180001566
ポルトガル代表発表
EURO2008予選:ベルギー代表戦(6/2)と親善試合:クウェート代表戦(6/5)に向けたポルトガル代表に
ミゲルとウーゴ・ヴィアナ、レンタル中のカネイラの3人が選ばれました。

No.1523 / 1180001385
U-19代表戦の結果
U-19欧州選手権最終予選:ポルトガルU-19vsグルジアU-19の試合がスコットランドのパースで行われ、0-0の引き分けに終わりました。
フベニールAのDFヤーゴ・フェルナンデスは出番がありませんでした。

No.1522 / 1179915681
スペインU-19代表発表
U-19欧州選手権最終予選:アイスランドU-19代表戦(5/30)、アゼルバイジャンU-19代表戦(6/1)、ノルウェーU-19代表戦(6/4)に向けた
スペインU-19代表にFWアーロンとMFモントロが選ばれました。
獲得が噂されているポリデポルティボ・エヒードのMFサニーや、マドリーBのFWマタも選ばれています。

No.1521 / 1179915651
U-17世界選手権組み合わせ決定
8/18から9/9で韓国で行われるU-17世界選手権のグループリーグの抽選が行われました。スペインU-17はアルゼンチン、ホンジュラス、シリアと同組です。
アルゼンチン以外は...とも思いますが、この年代はどこの国が強いかわからないですね。
チモ・フォルネルはケガさえ無ければ選出されるでしょう。モラガも今度こそという思いがあるでしょうね。
ちなみに日本U-17代表はナイジェリア、フランス、ハイチと同組です。

No.1520 / 1179915624
ポルトガルU-19代表発表
U-19欧州選手権最終予選:グルジアU-19代表戦(5/23)、トルコU-19代表戦(5/25)、スコットランドU-19代表戦(5/28)に向けた
ポルトガルU-19代表にフベニールAのDFヤーゴ・フェルナンデスがポルトガル以外のクラブからただ一人選ばれています。

No.1517 / 1179912951
ポルトガルU-21代表発表
6/10から6/23まで行われるU-21欧州選手権に向けたポルトガルU-21代表にジョアン・モレイラが選ばれました。
ポルトガルU-21はベルギー、イスラエル、開催国のオランダと同グループです。

No.1516 / 1179912901
ホルヘ・ロペスがコメント
マジョルカ戦
「幸運にも出場機会を与えてもらえたので、何が何でもチームに貢献しなければと思っていました。
そして、ホアキンがゴールを決めたプレーに絡むことが出来ました。私にとって幸運が続きましたね。
ただ、優勝を争う直接のライバルチームが全て勝利した事だけが残念でした。同じ勝点差のままですからね」

決勝ゴールにつながるアシスト
「個人的にマジョルカ戦は非常に重要でした。ここ最近2~3分プレーする事はありましたが、この短時間で何かするのは難しいことです。
実質ほとんどプレーしていないと言ってもいいでしょう。それがこの試合では、幸運にも膠着した状態から勝利を決定付けるプレーが出来ました。
そして、このプレーに関して多くの人からの反響があったんです。
これまでチームにとって有益な仕事が出来ていませんでしたし、嬉しかったですね」

ホルヘ・ロペスの将来
「今季いっぱいで契約が切れるのは確かです。ただ、シーズンの終わりまで、自分の今後について考えるつもりはありません。
私にとって最も重要な事は、今こうしてバレンシアに居る事なんです。
うまくいけば、残り3試合でいくらかはプレーのチャンスをもらえるかもしれません。
その時間を生かして私は、出来る限り最も良い形でシーズンを終えたいと思っています」

ツライ一年
「私のことをよく知っている人は、私がすべてをバレンシアに捧げる覚悟でいる事を知っています。
しかし現実は、必要戦力として常に起用される事はありませんでした。
この一年を考えると個人的には成功ではないですね。
私はプロですし、他のプレーヤーと同じように出来るだけ多くの試合でプレーし、チームに貢献したいと思ってますから。
そのために私は、常に自分のコンディションを良い状態に保っていましたが、それでも出場時間は限られていました。
シーズンの終わりまで今の私の立場は変わらないと思っています」

次の相手、ビジャレアル
「私にとって常に特別なチームです。私をサッカー選手として成長させてくれただけでなく、
1部リーグでプレーする機会を与えてくれた最初のチームですからね。いつまでも思い入れは残ると思います。
それにあのチームには、まだ友人がたくさん居るんですよ」

No.1515 / 1179737707
崖っぷちBチーム
セグンダBで奮闘しているバレンシアCFメスタージャですが、37節の試合でも試合終了間際に追いつかれるという展開で、
勝点3を獲れませんでした。依然、降格圏の18位です。
それでも、まだ僅かに残留の可能性はあります。来週末の今季ラストゲーム、とにかく勝ってライバルチームの取りこぼしを期待したいですね。

ちなみに、37節のテラッサ戦は会長の他、マルチェナやカルボーニSD、ファン・サンチェスにアルビオル父らも観戦に来ていました。

No.1514 / 1179737413
フベニール国王杯
フベニールAチームは国王杯・準々決勝でデポルティボのフベニールAチームと対戦し、第1戦をオルチナのゴールで1-0でモノにしました。
チモ・フォルネルも先発出場、FWモラガも久しぶりに先発出場しています。第2戦は5/27にアウェーでの試合です。

No.1513 / 1179718002
マジョルカ戦を終えてコメント
モレッティ
「今日の試合は私達に大くの可能性を与えてくれます。それくらい大きな勝点3でした」

ホルヘ・ロペス
「この勝利で我々は夢を見続けることが出来る。リーガを獲る事だって可能なんだ」

ラウル・アルビオル
「勝点3を獲れた事に大満足です」

シルバ
「今は休息が必要ですね。ケガを治す事に専念して、来週の試合には調子を戻したいです」

ホアキン
「僕らの当初の目標は4位以内に入ることだ。でも、今の僕らには優勝の可能性も残されている」

キケ監督
「この勝利は大きい。上が見えてきた事で我々は非常に満足しているし、これでシーズン最終節まで戦い続ける事が出来る。
我々には自力での優勝は無いが、他力でもその可能性を信じていられる事は大事な事だ。
今季、我々は多くの不運に苦しめられた。それにもかかわらず、我々は順位表でも誇れる位置に居続けている。
全ては夢を叶えるためだ。その思いが我々に力を与えてくれるのだ」

No.1512 / 1179501222
キケ監督がコメント
土曜の試合
「難しい試合だ。マジョルカはリーガ後半戦で最もノっているチームのひとつだ。
しかも彼らはホームで7連勝中だし、UEFA杯の出場権が見えてきてモチベーションも高まっている。
それでも我々は、彼らを倒し、目標を達成するためにベストを尽くす事を約束する」

エドゥについて
「もちろん戦力として欲しい人材だ。だが、今季中の復帰は難しいだろう。我々が予想していた状態よりも悪い」

ヴィアナとバラハ
「ウーゴとルベンというチームに決定的な違いをもたらせる選手を我々は2人抱えている。
しかし我々には、マルチェナとアルベルダという高い生産性を誇る2人の存在も頭にある。
大事なことはチーム全体のダイナミクスだ。この点を踏まえ、私は誰を起用するか冷静に考えている」

ジャパンツアー
「詳細はまだ聞いていない。はっきりしている事は、チームのイメージアップとマーケティングの面を考え、
プレシーズンの1ヶ月の間にツアーを行なうという事だけだ。その事に関しては何の問題もない。
しかし、状況によってはツアーの無いプランBを行なう、という話もある。
どちらになるか、我々現場の人間には決定権は無い。全て会長とクラブの執行役員で決める事だ」

アレクシス
「彼はこの国の最も優れたCBの一人だ。以前に彼の獲得を希望した事があるが、その時からまた一段と成長し、
既にアルビオルと同じくらいのレベルに達しているように思う。
それでも、バレンシアに来たら彼はたくさんの事を学ぶ事になる。我々は、彼をさらに上のレベルへと育て上げるつもりでいるからだ。
私の予感だが、彼はやがてワールドクラスの選手になるだろう。
まだ若く、未来のあるプレーヤーだし、加入後はチームに良い影響を与えてくれると期待している」

No.1511 / 1179496542
マジョルカ戦に向けて18名招集
GK カニサレス、ビュテル
DF アジャラ、アルビオル、マルチェナ、ミゲル、クーロ・トーレス、モレッティ、デル・オルノ
MF アルベルダ、バラハ、ウーゴ・ヴィアナ、ホアキン、ホルヘ・ロペス、ガビラン
FW ビジャ、アングーロ、シルバ

シルバはフルタイム出場できるでしょうか。

No.1510 / 1179496445
メディカルレポート(5/18)
モリエンテス
練習中に再び右足内転筋を痛めてしまう。マジョルカ戦への出場は見送る事に。

No.1509 / 1179465251
シルバがコメント
ケガの具合
「明日の練習に参加する予定なんですけど、その時の感覚によって決めるつもりです。自分で問題ないと判断できれば試合に出られるよう努力します。
でも、そうでなければ、出場は見送ることになるかもしくは20分程度のプレーという事になるかもしれませんね」

髪切った?
「ここ最近、気温が高くなってきたんで鬱陶しかったんですよね。似合っていないっていう声は信じていません(笑)自分では気に入ってますよ」

U-21代表時代の同僚アレクシス
「彼は偉大な選手で...って、そんな事は皆さん既にわかってますよね。彼はすごくイイヤツです。
周りの人を和ませるキャラですかね。自然とチーム内の空気を良くしてくれるんですよ」

UEFA杯を獲ったセビージャの気の緩み
「タイトルがセビージャを油断させることは無いと思います。彼らはあと2つのタイトルを獲得する可能性を残してますし、
1つ獲ったからって満足はしていないでしょう。シーズンの最後までこれまで通りの強いセビージャだと思いますよ。
彼らがタイトルを獲った事を羨ましくは思いませんね。むしろ嬉しいです。
セビージャとエスパニョールが決勝にたどり着いた事は、スペインサッカーにとって喜ばしい事ですから」

シルバの将来
「まだシーズンは終わっていません。何度もいいますが、僕はバレンシアで満足していますし、クラブと話し合うのもシーズンが終わってからです」

エドゥの合流
「早く復帰してチームを活気付けてほしいですね。彼は大事なチームメイトですし、チームに必要な選手です」

リーガのタイトル
「どこが優勝するか、全くわかりません。どのチームにも均等に可能性があると思います。
えぇ、均等です。数字を見比べてみても、僕らにもそれだけの可能性があると思います。
リーガが終わる最後の日に僕らの願いが叶うといいですね」

No.1508 / 1179462247
メディカルレポート(5/17)
シルバ
練習中に左足ハムストリングの筋肉を痛めてしまう。理学療法による治療を受ける。

ビセンテ&レゲイロ
リハビリ最終段階に突入。プエブラコーチと一緒にボールを使った練習を行う。

エドゥ
理学療法・水治療法による治療を受ける。18日にパテルナで受けた検査の結果が出る予定。

No.1507 / 1179462217
カンテラチームの活躍
バレンシアのカデテA、カデテBチーム、インファンチルB、インファンチルCチームがそれぞれのリーグで優勝を決めました。
フベニールAに続いてのカンテラの活躍嬉しいです。トップチームも続けるといいですね。

No.1506 / 1179462185
シルバが新しいヘアースタイルに
突然バッサリ髪を切りました。
http://www.valenciacf.es/images/noticias/image14ma2007a.jpg
   ↓
http://www.valenciacf.es/images/noticias/SILVADOS17MAYO07.jpg

No.1505 / 1179462159
ビジャがテレビ出演
ビジャがアラブ系のテレビ局アル・ジャジーラのサッカー番組「アル・ジャジーラ・スターズ」のインタビューを受けました。
これで中東でもビジャ人気が爆発するでしょうか。

No.1504 / 1179462092
デュケ監督が練習場に
不整脈による入院の後、自宅療養をしていたBチームのデュケ監督が、退院して以来初めて練習場に顔を見せました。
1時間弱の滞在でしたが、残留に向けた残りのシーズンの戦い方について選手達と話をし、
その後、カルボーニSDと今後のことについて会談したようです。

No.1503 / 1179462071
クラブがセビージャに祝辞
UEFA杯で優勝したセビージャに公式にお祝いの電報を出しました。相変わらず、こういうところだけはしっかりしているフロント陣です。

No.1502 / 1179461995
ラウル・アルビオルがコメント
残り4試合勝つために
「残りの4試合、ホーム・アウェー関係なく全ての試合を自分たちのペースで進めたいですね。そうすれば、僕らは勝つことが出来るでしょうから。
そのいい流れに乗るためにも、今週土曜の試合で勝点3を持ち帰ってくる事が大事だと思います。
1つの試合で勝点3を獲ること、今の僕らにとってそれが唯一価値があるものなんです。
ラスト4試合で勝点12を獲れれば、リーガを制する事も可能だと信じています」

負傷者の復帰
「いいことですね。ケガから戻ってきた選手達はチームに新鮮な空気を持ち込み、チームを助けてくれます。
シーズンは長く険しいものですからね。このキツイ時期にフレッシュな選手が居るというのは大きいですよ。
ラスト4試合を全勝するためには彼らの存在は欠かせません」

UEFA杯決勝(試合前のインタビュー)
「決勝で戦う両チームは共に力のあるチームですから、イイ試合になると思いますよ。コンディションの良い方が勝つと思いますね」

マジョルカ戦
「満足できる結果で試合を終えるために、このチームで自分に何が出来るかを考えています。終わった試合の事は頭にありません。
今節はライバルチームも難しい相手との試合ですし、この週末は何かが起きる気がしています。
サッカーでは全ての可能性を捨ててはいけません。もし僕らが優勝できれば、もちろん嬉しいですし自信になりますね」

No.1501 / 1179296994
メディカルレポート(5/15)
モリエンテス
全体練習に復帰。

エドゥ
母国でのリハビリプログラムを終え、15日に予定より大幅に遅れてのバレンシア到着。
今日16日に練習場にて再度検査を受け、治療の経過を確認する予定。

No.1500 / 1179296104
ミゲルがコメント
リーガ優勝の可能性
「僕らは"その可能性はある"と考えてないといけないと思うんだ。そうじゃないと、試合に勝つ事も難しくなってくると思う。
そうして2位でシーズンを終えて、本戦からのCL出場権られればそれは僕らにとって成功だよ。もちろん、優勝できればその方がいいけどね」

優勝の行方
「皆は優勝の行方についてセビージャ、マドリー、バルセロナの名前を出してるけど、僕らにもその可能性があることを忘れてない?(笑)
まぁ名前が挙がらなければ、かかってくるプレッシャーも少ないから僕らにとってはイイ事だ。
雑音に惑わされず、自分たちがやるべき事をして残りの試合を勝つだけだよ。
そして、彼らが勝点を失う事を祈ってる。3チームとも残りの試合は難しい相手ばかりだからね」

一番手強い相手
「今はマドリーとセビージャが強いし、勢いがあると思う。でも、セビージャは選手層がそれほど厚くない上、
3つのタイトルを目指して戦っている最中だ。だから、個人的に一番のライバルと意識しているのはマドリーだよ」

バレンシアにとって好ましい日程
「マジョルカやレバンテには前回対戦で快勝しているけど、それは僕らのホームだからね。
残り4試合で当たる彼らとのアウェーでの対戦でも同じように勝てるとは思えない。
カレンダー上ではラクな日程に見えるのかもしれないけど、戦ってみないことにはね」

今節のライバルチーム
「バルセロナはアトレティコという強敵と難しい試合を戦わないといけない。マドリーは前回対戦でレクレに完敗してるし、こちらも難しい試合になると思う。
土曜のマジョルカ戦に勝って、彼らの試合を落ち着いて見られるようにしたいね。もちろん、セビージャの試合にも興味はあるよ」

厳しいアウェーゲーム
「マジョルカと戦う土曜日は、かなり厳しい一日になるだろうね。昨季、僕らはあのスタジアムで相当苦しめられた上に敗れた。
あのスタジアムでは、マジョルカは非常に勇敢なチームになれるんだ。
僕らは昨季の失敗を繰り返したくない。大事なものを勝ち取るために、試合を支配し、勝つつもりだよ」

UEFA杯決勝
「セビージャが有利じゃないかな。でも、エスパニョールもずっと良い試合をしているんだよね。
個人的にはエスパニョールを応援してる。でも、セビージャが勝ちそうな気がするね」

バルセロナのスランプ
「何の驚きも無いね。こういった事は全てのチームに起こる事なんだから。マドリーもすでに経験したし、僕らのところにも多数の負傷者と共に訪れた。
そしてセビージャも一時的にスランプに陥った。今はバルセロナがその時期に当たっているだけだよ」

No.1499 / 1179296024
フベニール国王杯
フベニールAチームは国王杯・準々決勝でデポルティボのフベニールAチームと対戦する事になりました。
5/20にホームで第1戦、5/27にアウェーで第2戦が行われます。

No.1498 / 1179295606
フベニールAのチモ・フォルネルがコメント
優勝の瞬間
「とにかく嬉しかったです。今季は、まずチームでスペイン・チャンピオンになることが出来ました。
そして代表チームでヨーロッパ・チャンピオンになれたんです。これ以上の事は望めませんよ。
これから生きていく上で、この一年は忘れられない一年になると思います」

ヨーロッパ最高のチーム
「この代表チームには力のある選手が多く揃っています。その中でも、監督が僕を信じて、全試合に使ってくれた事を誇りに思います。
その監督の思いに応えるためにも、常にピッチでベストを尽くすことを考えていました」

バレンシアでの将来
「僕はまだまだヒヨっ子ですし、沢山の事を学ばないといけません。サッカー選手としてもっと成長するためには、
ずっと先の事を考えるのではなく、毎日の練習の事を考えなくてはいけないと思います。
この大会が終わった今、僕はBチームとフベニールの練習に戻って、これまで通り練習に取り組んでいくだけです」

トップチームのサラゴサ戦前にフベニールチームのリーグ優勝報告会が行われた事について
「メスタージャでああいう形でお祝いして頂いた事は嬉しかったです。仲間とも話したんですけど、
多くのファンから僕たちの名前を呼んでくれた事に、すごく感動しました」

国王杯
「僕らフベニールの全ての人間が野心に溢れています。そして、このタイトルを獲るためにやらなければいけない事を僕らはハッキリ理解しています。
もちろん簡単ではないでしょうが、僕らの力を認めてもらうために、また、歴史に名を残すために僕らは頂点を目指します」

トップチームのリーグ優勝の可能性
「非常に難しい状況ですが、もしバレンシアが最後まで戦う気持ちを忘れなければ、タイトルを獲れる可能性はあると思います。
レアル・マドリーやバルセロナ、セビージャの方がバレンシアより有利なのは確かですが、彼らが取りこぼす可能性もあるわけですからね」

No.1497 / 1179108324
U-17欧州選手権・決勝
スペインU-17代表vsイングランドU-17代表の試合が行なわれました。

準決勝を一人少ない人数で延長~PK戦まで戦い、疲労が心配されていたスペインでしたが、
後半8分のメリダ(アーセナル)のパスを受けたボハン(バルサB)がゴールを決め、1-0で勝利。
そのまま逃げ切ったスペインが6年ぶり7回目の優勝を決めました。大会MVPにはこの試合でも決勝点を決めたボハンが選ばれています。

チモ・フォルネルは先発出場し、後半38分に途中交代しています。全試合先発出場で優勝に大きく貢献しましたね!

No.1496 / 1179107984
サラゴサ戦を終えてコメント
モレッティ
「まだまだです。夢を実現させるために、私たちは勝点12を獲らないといけません」

シルバ
「今日の試合は僕らにとってすごくイイ結果になったと思います」

アジャラ
「最も偉大な目標は、勝利によって呼び込まれる」

ホアキン
「僕らはもう負けたくないんだ。残りの試合、全勝を目指して最後まで戦い続けるよ」

キケ監督
「最低限の目標であるCL出場権獲得に向けて非常に大きなステップだ。さらに首位との勝点差を縮めることが出来た。これも我々にとって朗報だ」

No.1495 / 1179061488
レミオロメンがパテルナ練習場に登場
レミオロメンがWOWOWのドキュメンタリー番組のロケでバレンシアに来ているそうです。
ホアキン、モリエンテス、カニサレス、ビジャにインタビューしたとの事で、この後バルセロナに向かうそうです。放送日が待ち遠しいっすね!

No.1494 / 1179060071
フベニール国王杯
フベニールAチームはエスパニョールフベニールAチームと対戦し、2戦合計2-1で準々決勝進出を決めました。
第1戦をアウェーで1-1で引き分けていたバレンシアフベニールは、この第2戦を0-0でも突破が決まる状況でしたが、
またしてもエースのピエリックが決勝ゴールを決めました。
中心選手のMFチモ・フォルネルを欠いての勝利。今季のフベニールは強いですね。

No.1493 / 1179059352
サラゴサ戦に向けて18名招集
GK カニサレス、ビュテル
DF アジャラ、アルビオル、マルチェナ、ミゲル、モレッティ、デル・オルノ
MF アルベルダ、バラハ、ウーゴ・ヴィアナ、ホアキン、ホルヘ・ロペス、ガビラン
FW ビジャ、アングーロ、シルバ、ゲラ

バラハ復帰きました!モリエンテスは間に合いませんでしたね。

No.1492 / 1178849910
U-17欧州選手権・準決勝
スペインU-17代表vsベルギーU-17代表の試合が行なわれました。

スペインは後半開始早々に退場者を出してしまい、さらにOGで先制点を奪われるという展開。
終了8分前にバルサのボハンのゴールで追いつき、80分を終えてドロー。延長20分戦っても決着が付かずPK戦へ突入。
PK戦ではスペインの一人目が相手GKに止められ、劣勢を強いられるもベルギーの5人目が枠を外してしまいサドンデスへ。
ベルギーの8人目のシュートを止めたスペインが3年ぶりの決勝進出を決めました。
決勝では6年ぶり7回目の優勝を目指して、イングランドU-17代表と対戦します。

チモ・フォルネルは100分間フル出場し、イエローカードを1枚頂戴した他、PK戦では7番目のキッカーとして登場して見事に決めています。

No.1491 / 1178848706
メスタージャがレベルアップ
クラブは、メスタージャに18台の換気装置を設置しました。夏場の高温多湿による、芝生の傷みを軽減させるための装置だそうです。
間接的にですが、試合中に発生するケガも減らせますよね。

No.1490 / 1178848667
メディカルレポート(5/10)
モリエンテス
練習中に右足太腿の内転筋を痛める。大事をとって練習を早退。

No.1489 / 1178794020
フベニールAのチモ・フォルネルがコメント
センターハーフのポジション
「アトレティコ・フベニールのカマチョとは、代表で1年間一緒にプレーしてきてきましたからね。僕らは心からお互いを信頼しあっているんです。
だから試合では、ボールをつなぐ以外にもいろいろな影響をチームにもたらす事が出来ると思いますよ」

U-17欧州選手権
「グループリーグは上手く戦えたと思います。ただ次の試合は相当キツイでしょうね。ベルギーは今大会のホスト国ですし、
グループリーグでは、オランダやイングランドを困難な状況に追い込むほど力のあるチームですから。
でも、僕らはここで挫けたりはしません。チーム全員がタイトルを獲るつもりでいます」

No.1488 / 1178791447
サニー獲得決定
バレンシアサッカーライフさんによると、噂に上がっていたスペイン2部、ポリデポルティボ・エヒードの
MFステファン・"サニー"・サンデーの獲得が正式に決定したようです。
6年契約で移籍金は180万ユーロ(約3億円)ただし、来季はヘタフェへのレンタルとなるそうです。

No.1487 / 1178776307
ウーゴ・ヴィアナがコメント
自身の状況
「僕は常に、プレーの機会がもらえるよう全力で練習に取り組んでいる。デポル戦でゴールを決めることが出来たが、
このゴールによって僕の置かれた状況が100%変わるとは思っていない。だから僕はこれまで通り、練習を続けるだけだ」

チームの目標
「試合が残っているかぎり、出来るだけ上に行こうと考えるのは当然だ。今節はセビージャが勝点を失い、差を縮める事ができた。
次節、僕らに同じことが起きないよう願っている。
好不調の波がある今の僕らのプレーでは、リーガを制するのは難しいと思う。それでも、可能性はある。
第一目標は4位までに入ることだ。でも、理想を言えば優勝を目指したいし、もしその夢が叶えば最高の気分だろう」

バラハの復帰
「バラハの復帰によって、僕が変わることは特にない。僕はいつものようにプレーするだけだ。
ただ、彼が戻ってくるとチームには大きな力が与えられる。これは大きな意味があることだ」

出場機会について
「ひとつ確かなことは、ピッチには試合に勝つために選ばれた11人しか立てないことだ。
僕は他の選手と同様に、単なるひとりのプレーヤーで、キケ監督に起用されれば試合に出るし、されなければ仲間をサポートする。
ただ、サンチャゴ・ベルナベウでプレー出来なかったことは個人的に残念だった」

No.1486 / 1178771564
スペインU-21代表発表
ラス・ロサスで行なわれるスペインU-21代表合宿(5/14~5/16)に、パジャルドとレンタル中のシシが選ばれました。
U-19代表と同じ場所、同じ日程での合宿です。

No.1485 / 1178771497
シルバがコメント
リーグ終盤のサラゴサ戦
「順位の近いライバルですし、苦しい戦いになるでしょうね。でも、もし僕らがサラゴサに勝ったら、CL出場権はほぼ手に入れたと言えると思います。
残り4試合で勝点7差となれば、僕らが極端に大崩れしない限りはひっくり返されないでしょうからね」

チームリーダーとしての自覚
「デポル戦での僕はチームでやるべき仕事をこなしただけです。僕が自分がリーダーに相応しいとは思いませんし、僕自身は何も変わっていません」

アイマールとシルバ
「選手同士を比較する事は、意味のある事ではないと思います。それに、彼と比べられるなんて僕にとって恐れ多い事ですよ」

契約更新
「その事については夏に話しましょう。チームと話し合いの場を持つとしてもシーズンが終わってからになるでしょうし。
今はまだ5試合残っていて、CL圏内を維持し続けるためにその5試合全てに集中しなければいけませんからね」

残りの5試合
「今は全てのチームが残された5試合で何が出来るかを考えている時期だと思います。それは当然のことです。
僕らは今、リーガ優勝ではなくCLの出場権を目標に戦っています。ただ、今の僕らはイイ状態ですし、
先日のような良い試合を続けていけば、もしかしたら最高の結果が出るかも知れません。
ただ、バルセロナも非常に良いですし、残りの対戦相手を見ても他チームより有利だと思います。
僕らはこのシーズン終盤を粘って踏ん張って、彼らを簡単に優勝させないようにしたいですね」

個人タイトル
「僕の頭の中にあるのは、日々の練習と残りの試合、そしてその試合にどうやって勝つか、だけです。
そういった個人賞については一切考えたりしないですね」

他チームからのオファー
「僕がバレンシアという偉大なチームに居るからこそ、そういう話が出て来るんでしょうね。
他のチームから興味をもってもらえる事はサッカー選手として素直に嬉しいですし、感謝したいです。
でも、今はバレンシアでプレーを続ける以外の選択肢は考えられませんね」

No.1484 / 1178637937
メディカルレポート(5/8)
ビセンテ
理学療法による治療を受ける。グラウンドでのジョギングを始める。

バラハ
全体練習に復帰。練習の全メニューをこなす。

アルベルダ
ヒザの治療を終える。全体練習に復帰。

レゲイロ
理学療法、水治療法による治療を受ける。ジョギング、フィジカルコーチとのエクササイズ。

エドゥ
5/9にバレンシアに戻ってくる。今後はパテルナ練習場などでリハビリを続ける。

No.1483 / 1178637456
スペインU-19代表発表
ラス・ロサスで行なわれるスペインU-19代表合宿(5/14~5/16)に、Bチームのアーロンとモントロの2人が選ばれました。
代表合宿っていつもラス・ロサスでやりますよね。

No.1482 / 1178635990
Bチーム、アーロンがコメント
エスパニョールB戦
「こういう試合が僕らには必要だったと思います。カマラサコーチは、この1週間僕らを鍛え上げ、チームに重要な勝利をもたらしてくれました。
選手それぞれの個性が生かされたいい試合だったと思います。プレーしていて非常に気持ちよかったですし、チームにも多くの自身が生まれたはずです」

試合後のチームの雰囲気
「試合後はチーム全員で喜びましたよ。長い間見放されていた"快勝"でしたからね。
それでも日付が変わってからはグラマネット戦について考えてます。
試合後は出来るだけ早く気持ちを切り替えないといけませんよ。僕らにはもっともっと勝利が必要ですからね」

No.1481 / 1178635931
Bチーム、クリスチャン・ブストスがコメント
シーズン初ゴール
「ゴールの後は、嬉しいと言う気持ちと、この2ヶ月間の僕らの出来に対する怒りが混じったような不思議な気持ちでした。
速攻が見事にはまったエキサイティングなゴールだったと思います。シーズン最初のゴールが久しぶりの勝利につながり満足です。
試合後は、チーム全員でこの勝利をデュケ監督に捧げようと話しました。監督に喜んでもらえるように残りの試合も勝って順位を上げていきたいです」

残り試合
「数字を計算しながら戦いたくはないですね。このカテゴリに残留するために何ポイント必要なのかはわかりませんから。
今の僕らはひとつひとつ目の前の試合をこなしていくだけです。つまり、エスパニョールBとの試合が終わった今、
考えるべきは次の強敵グラマネットとのアウェー戦の事です」

No.1480 / 1178633950
U-17欧州選手権・グループリーグ 第3節
スペインU-17代表vsドイツU-17代表の試合が行なわれ、メンバーを落として臨んだスペインU-17代表は0-0で引き分けました。
チモ・フォルネルは先発出場し、後半23分(40分ハーフ)に途中交代しています。
これで2勝1分となり、グループリーグを首位で突破です。5/10の準決勝ではホスト国のベルギーU-17代表と対戦します。

No.1479 / 1178500788
レンタル組の活躍
シシ(バジャドリード)
2部リーグ第36節/アルメリア戦(AWAY)でチームの2点目となる今季3ゴール目を決めました。
しかし、その後3点を奪われたバジャドリードは3-2で試合に敗れています。
それでも、既に1部昇格は決めていますからね。痛い敗戦ではないでしょう。

No.1478 / 1178460698
カネイラ復帰?
ポルトガルのスポルティングにで出されているカネイラに、今季終了後のバレンシア復帰の可能性があるようです。
現在、スポルティングで充実したシーズンを過ごしており、代表にも継続して選ばれている現状を買われての話だそうです。
DFラインの全てをこなせるユーティリティ性は、今のバレンシアに必要な能力ですよね。

No.1477 / 1178460414
デュケ監督が退院
入院していたBチームのデュケ監督が5/4、無事に退院しました。
ですが、しばらくは安静にしていないといけないようで、今季中の現場復帰は難しいようです。
残留をかけた残りの試合はセカンドコーチのカマラサが指揮する事になります。

No.1476 / 1178460260
デポルティボ戦を終えてコメント
モレッティ
「試合を完全に支配できました。今日の私たちのプレーは勝利に値したと思います」

マルチェナ
「今日の出来は良かったです。試合の流れを上手く読めましたね」

キケ監督
「デポルティボがフレキシブルで手ごわい相手だという事は最初からわかっていた。
しかし、今日の彼らに対する我々は突出の出来だった。彼らより我々が優れていたと言う事だ。
ウーゴは重要な仕事をしてくれた。しかも彼はゴールを喜んでベンチまで来てくれた。
アウェーで最後に勝った試合は覚えてないくらい遠いものだ。そう考えると今日勝てたことは非常に大きいし、チームは再び前に進むことが出来る」

No.1475 / 1178459698
U-17欧州選手権・グループリーグ 第2節
スペインU-17代表vsウクライナU-17代表の試合が行なわれ、3-1でスペインU-17代表が勝利しました。
チモ・フォルネルは先発出場し、後半20分(40分ハーフ)に途中交代しています。

No.1474 / 1178172751
アリスメンディ獲得決定?
バレンシアサッカーライフさんで情報が出ていますが、デポルティボのMFアリスメンディの獲得が決まったと報じられたようです。
移籍金は600万ユーロ(約10億円)で、さらにエストジャノフを完全移籍させるそうです。
さらにレゲイロをアトレティコへ放出するとの情報もあるようです。レゲイロは貴重なオプションだと思うのですが...。
オフィシャルの発表はシーズン終了後になるでしょうね。
エストジャノフもバレンシアのユニフォームで一度見たかったです。

No.1473 / 1178172289
U-17欧州選手権・グループリーグ 第1節
フランスU-17代表vsスペインU-17代表の試合が行なわれ、0-2でスペインU-17代表が勝利しました。
チモ・フォルネルが先発出場し、後半29分(40分ハーフ)に途中交代しています。

No.1472 / 1178097747
ビジャがコメント
バレンシアの居心地
「僕はこのチームが好きなんすよ。たぶん長いことバレンシアに居ることになると思いますね。
でも、代理人のタマルゴさんが言った通り、次のシーズンオフには、とりあえず彼と話をするつもりです」

チェルシーやバルサからのオファーを受けて
「僕は冷静ですし、まったく悩んでないっすね。この話題については何度も言ってきたように今は考えられないんです。
今の自分の頭の中には、所属するバレンシアで残された6試合を戦い抜くことしかありません。
そしてリーガが終わった後に、正式に来ているオファーについてだけ代理人と話をする事になっています」

リーグ優勝の可能性
「現実的に今は厳しい状況だと思います。沢山のケガ人が出てしまい、タイトル争いから遅れをとってしまったことが残念でした。
ケガさえなければ、もっと上の順位に居られたと思います」

No.1471 / 1178097696
ビュテルがコメント
レクレ戦
「レクレはスピーディーで危険なチームなので、すっごく苦しい試合でしたねー。
ただ自分らは巧く試合をコントロールしたと思いますよ。攻守両面でうまくいきましたからね。
そして、試合を完封できた時はやっぱ嬉しいっすね。また次の出場機会が来るまで、気合入れて練習し続けますよ」

勝ちたいという気持ち
「この勝点3はリーグを戦い続けるためにめっちゃ重要っすよ。今の自分らは残りの試合に勝ち続けないといけないですからね。
そのためにも次も同じような気持ちで戦わないとっすね。気は抜けないですよ」

目標
「あと6試合残ってますけど、これだけあれば何事も可能っすよ。数字的には充分な可能性があるんですから。
もちろんバルサ、マドリー、セビージャを見据えて戦わないとですけどね。
自分らの目標は6試合全部に勝つ事です。これは相当難易度が高いと思います。
マジョルカ、レバンテ、デポルティボ、ソシエダと順位は下ですけど、充分な力があるチームとの対戦が続きますし。
それでも、改めて言いますよ。自分らには全ての可能性があります」

今季のビュテル
「自分は今季これまで10試合に出場しました。僕の目標は10~15試合の出場だったので、とりあえず満足してます。
でも、常にピッチでプレーしていたいと思いますよ。そりゃそうですよ。他のサッカー選手と同じっすよ。
監督は自分の事をすごく信頼してくれてますし、シーズンが終わるまでにまたチャンスが来ればいいっすね」

移籍の可能性
「今の自分はチームの中心選手ではないです。来季以降はどうなるかわかりませんけど。
それでも今は残りの6試合に勝ってシーズンを終える事しか考えていません。シーズンが終わってから自分の事を考えますよ」

No.1470 / 1178033557
ファウスト昇格
フベニールBのファウストが飛び級でBチームに昇格し、2部Bリーグ第34節・バルセロナB戦に後半ロスタイムからですが出場しました。
モラガやチモ・フォルネルと同じ1990年生まれの選手です。

No.1469 / 1178033400
スペインU-17代表発表
5/2から始まるU-17欧州選手権に向けたスペインU-17代表にフベニールAのMFチモ・フォルネルが選ばれました。
モラガは残念ながら落選しています。フベニールチャンピオンズカップにも出ていませんでしたし、ケガでしょうか。

No.1468 / 1178033033
メディカルレポート(5/1)
モリエンテス
右足内転筋に腫れ。明日の練習では大事をとって様子見。理学療法による治療を受ける。

ミゲル
左足ふくらはぎに痛みを訴える。理学療法による治療を受ける。

アルベルダ
ヒザに痛みを訴える。理学療法による治療を受ける。

カニサレス
全練習メニューをこなす。理学療法による治療を受ける。

No.1467 / 1177992630
シルバがコメント
ホアキン
「レクレ戦ではチームの全員が素晴らしいプレーをしたと思います。その中でもホアキンは文句なしの活躍でしたね。
もちろん、僕ら仲間全員にとって、彼の活躍はすごく嬉しい事です」

チームの状態
「僕のパスから最初のゴールが生まれた事で、今自分がやっていることにも自信がもてました。
そして最も嬉しかったことは、試合後に、個人の名前ではなくバレンシアという"チーム"についてポジティブな話題が話されていたことですね。
チームがすごくイイ状態であることを示していると思います」

次のライバル、デポルティボ
「CLや代表戦があった今までと違い、僕らは充分な休息を取った上で1週間まるまるデポルティボ戦に向けた準備が出来ます。
それに、僕らはデポルティボのホーム、リアソールがどういうスタジアムか熟知していますからね。
簡単な試合にはならないでしょうが、勝利を勝ち取ることは充分に可能だと思っています」

No.1466 / 1177992602
マルチェナがコメント
レクレ戦の勝利
「引き分けでは、全てが終わってしまうと感じていた。だから僕らの頭の中には勝利しかなかったんだ。
僕らはいつも良い試合が出来るよう心がけているけど、今回はその通り、良いプレーが出来たと思う。
この勝利のおかげで優勝の可能性が残った。僕らはまだ戦い続けることが出来る。残りの6試合すべてで、勝点3を獲りにいきたいね」

出場停止明けのプレー
「1週間空いちゃったからね。レクレ戦でプレーしたいという気持ちはすごく大きかった。
だから、90分間で2つのポジションでプレー出来た事には満足してる」

ホアキン
「改めて言うまでもなく素晴らしい出来だった。入院しているお父さんに捧げるゴールが奪えた事も良かった。
彼は移籍初年度という事でだいぶ苦しい時間をすごしたと思うけど、環境にも慣れたてきたせいか、本来の彼が出始めてるよね」

No.1465 / 1177992492
フベニールA・FWオルチナがコメント
スペイン・チャンピオンの栄冠
「決定的なゴールを決めることが出来ました。チームがチャンピオンになるための力になれたことに大満足です」

モチベーション
「僕らのモチベーションは非常に高かったです。このタイトルを逃さないぞって、チームの皆で話してましたから。
監督やコーチ達は、僕らに重要な試合の戦い方を教えてくれ、偉大な仕事を成し遂げました。
僕らが素晴らしいチームであるという事はわかっていましたし、素晴らしい内容の試合が出来ました。僕らが勝つべくして勝ったんだと信じています」

ファンの声援
「マドリーのサポーターがおよそ2000人居たのに対し、僕らのサポーターは600人でした。でも、相手のサポーターの方が多いのに
僕らは全くと言っていいほどプレッシャーは感じませんでしたよ。自分達がタイトルを勝ち取るために何をするべきか、はっきりわかっていましたからね。
僕らのサポーターは本当に素晴らしかったし、ありがたかった。勝利で喜びを分かち合う事が出来て本当に良かったです」

No.1464 / 1177992378
フベニールA・FWピエリックがコメント
スペイン・チャンピオンの栄冠
「勝ち取りたいと思っていたタイトルでしたが、こうして手に入ったことが未だに信じられないです。勝利の女神が僕らの方を向いてくれたんでしょうね。
ただ、僕らは優勝に相応しいプレーをしていたと思います。チームの全員でこの偉大なタイトルを喜んでいますよ」

バレンシアについて
「母国カメルーンでは、スペインのチームと言えばバルセロナとレアル・マドリーについてしか話をしませんからね。
小さい頃の僕はバレンシアという街やクラブを良く知らなかったんです。
でも今は、こんなにも偉大なクラブに所属していることを非常に誇りに思っています」

アイドル
「小さい頃からのアイドルは、僕と同じカメルーン出身のFWエトーですね。今目標としているのはトップチームのエース、ビジャです」


「僕は、努力次第で上のレベルでもプレーできると信じています。僕の夢は、フベニールの仲間たちと共にいつの日かトップチームでプレーする事です」

« 2007年3月~4月のニュース 2007年7月~8月のニュース »

VCFJapan.org

El Rat Penat

スペインのサッカークラブ
バレンシアCFを応援する
ウェブサイトです。