バレンシアCF応援サイト VCFJAPAN.ORG バレンシアCF応援サイト VCFJAPAN.ORG

VCFJapan.org is the forum for Valencianistas in Japan.

Navigation
Valencia CF

VCF News

2007年3月~4月のニュース

2010年2月のリニューアル前の当サイトのニュース記事のログです。
No.の右の10桁の数字はその記事の更新日時(UNIXTIME)です。

No.1463 / 1177856278
フベニールAチームのタイトル獲得を受けてコメント
ソレール会長
「フベニールAの監督、コーチ、チーム代表他このチームに関わる全てのバレンシア関係者に、今回の成功に対する祝福を申し上げたい。
今回の偉大なタイトルは、バレンシアCFの全てのカテゴリーのチームにとって誇らしい事であり、クラブの未来に明るい光を与えてくれる物だ。
また、我々には日々成長を遂げている素晴らしい才能を持った若手選手が揃っている、という事もスペイン中に証明された」

ビセンテ・シジャ(チーム・アドバイザー)
「感無量だ。夢のような気持ちでいっぱいだ。トップチームでタイトルを勝ち取ったときと同じ気持ちが再び込み上げている。
いつの日かバレンシアを支える事が出来る選手達に出会えた事を心から感謝したい。
チームは試合が終わるまでずっと、攻勢だったと思う。マドリーに1点獲られてしまったが、
ピエリックの最初のゴールが決まった瞬間に、私は勝利を確信していたよ」

No.1462 / 1177854908
フベニールAがスペイン王者に
バレンシアのフベニールAチームが、バレンシア州代表として臨んだフベニールチャンピオンズカップの決勝で、
ピエリックの2ゴールなどの活躍で3-1でレアル・マドリー・フベニールAを下し、フベニールカテゴリーのスペイン王者となりました!
この試合に出場した選手のうち数名は、今季Bチームでもデビューしていますし、数年後が楽しみです。

No.1461 / 1177854884
レクレアティーボ戦を終えてコメント
ビジャ
「苦しい試合になるんじゃないかってのは予想してましたね。先制点を決めてから、自分らに気持ちにゆとりが生まれたような気がします」

シルバ
「相手は今季、最もノっているチームのひとつでした。それでも、今日の僕らは相手から見て
驚異的なチームであったと思います。勝点3を獲れて良かったです」

キケ監督
「とても難しく、苦しい試合だった。しかし、率直に今日のチームが素晴らしかったので、勝利と言う目標が達成できたのだと思う」

No.1459 / 1177731005
レクレアティーボ戦に向けて18名招集
GK カニサレス、ビュテル
DF アジャラ、アルビオル、マルチェナ、ミゲル、クーロ・トーレス、モレッティ、デル・オルノ
MF アルベルダ、ウーゴ・ヴィアナ、ホアキン、ホルヘ・ロペス、パジャルド、ガビラン
FW ビジャ、モリエンテス、アングーロ、シルバ

ガビラン復帰きました!

No.1458 / 1177730924
メディカルレポート(4/27)
カニサレス
理学療法による治療を受ける。一部全体練習に参加。

バラハ&レゲイロ
理学療法、水治療法による治療を受ける。フィジカルコーチと共にボールを使った練習を行なう。

ビセンテ
理学療法による治療を受ける。

エドゥ
ブラジルでのリハビリメニューを終え、来週中にバレンシアに戻ってくる予定。
バレンシアでも、新たなリハビリメニューを組んで取り組む予定。

No.1457 / 1177730896
デュケ監督が不整脈
Bチームの監督を務めるデュケ監督が体調不良を訴え、検査の結果、不整脈が発見されたようです。
すぐさま治療を受け、現在は落ち着いている状況との事です。大事にならなければ幸いです。お大事に。

No.1456 / 1177554641
モレッティがコメント
7試合を残したリーガ
「セビージャと戦った週から状況は変わってないですよ。私たちは首位と勝点6差のままです。
現状、全チームに等しく7試合ずつ残されていて、毎週上位のどこかしらのチームが躓いているんですから、
どこのチームにもチャンスはあると思いますし、どこのチームも優勝争いから離脱する可能性があります。
私たちはこの戦いから離脱しないよう、残された全ての試合で勝利を奪い、リーガの最後まで優勝争いに絡むつもりです」

目標
「もちろん優勝ですよ。それ以外に目指すものが何かあります?(笑)
リーガを折り返した直後、私たちは絶好調でした。そして今、リーガ前半戦よりもハイペースで勝ち点を稼いでいます。
もし残りの7試合を全部勝てば、私たちは目標とする順位に届くと思いますよ」

CBでの起用される事は不本意ではないか?
「その逆ですね。私はセンターでのプレーも楽しんでいます。いつもと違うポジションをこなすことで、プレーの幅が広がりますから」

チームのフィジカルコンディションは悪いか?
「私にはそう言われる理由がよくわかりません。いろいろ言われているマドリー戦でも、相手を押し気味に戦えたわけですし。
後半の私たちは良い状態で、マドリーと比べてもフィジカルの差は感じませんでしたよ」

上位チームの差
「わかりませんね。私たちの今の順位は5位ですが、上位の4チームにバレンシアを含めた5チームの中で抜きんでたチームがあるとは思いませんし、
逆に劣っているチームもないと思います」

先発出場
「今日の守備練習では控え組でしたし、昨日の練習ではレギュラー組でした。でも特に思う事はありませんね。
そうやって日々いろいろ試す事は普通ですし、そうする事で監督がベストの選択肢を考えるわけですから。私としては毎日の練習を続けるだけです」

悲観的な意見に対して
「私たちに対し、沢山の批判がありますが、今の私たちは首位と勝点6差に居るんです。
それに取り損ねた勝点の中には、私たちの試合内容にそぐわずに失ったものもあります。
そう考えると、悪いと言ってもそんなに悲観するほどじゃないと思いますけどね」

No.1455 / 1177511375
メディカルレポート(4/25)
カニサレス
練習中に右ヒザ内側側副靱帯を損傷。理学療法による治療を受ける。

ホアキン
理学療法による治療を受ける。グラウンドでの練習に復帰。

No.1454 / 1177462771
フベニールカテゴリーの国王杯
フベニールAチームは5/6と5/13に行われる1/8ファイナル(ベスト16)でエスパニョールのフベニールAチームと対戦する事になりました。
このカテゴリーの国王杯があるなんて知りませんでした。

No.1453 / 1177462600
メディカルレポート(4/24)
ビセンテ
理学療法による治療を受ける。

バラハ
理学療法、水治療法による治療を受ける。フィジカルコーチと一緒に筋トレ。

レゲイロ
理学療法、水治療法による治療を受ける。ジョギングをこなす。

ホアキン
マドリー戦で、試合中に左足内転筋を痛める。理学療法による治療を受ける。全治1週間程度。
レクレ戦には出場できる見込み。

エドゥ
ブラジルでリハビリ中。

アングーロ&マルチェナ
右足内転筋の負傷から完全復帰。

ガビラン
右ヒザ十字靱帯損傷から完全復帰。

カニサレス
髪の毛を切りました。

No.1452 / 1177411541
ミゲルがコメント

「僕らの当初の目標はCL圏内に入る事だった。でも、リーガのタイトルを獲得する事は僕にとって大きな夢のひとつなんだ。
まだ、まだこの夢を叶えることは可能なはずだよ」

マドリー戦
「両チームとも互角だったと思う。モリエンテスのゴールは僕らをひとつにさせた。そして僕らは試合を支配していた。
それでも、残念なことに僕らは負けた。僕らに与えられるはずのPKが無かったりと、不運が続いた事も大きいと思う。
それでも僕らは出来るだけのことはやったし、僕は僅かばかりでもバレンシアが勝利に値していたと思ってる。
でもまぁ、それがサッカーだからね。終わった事を話すのは止めるよ。重要なことは戦って戦って、戦い続けることだ」

負傷者
「今季の僕らを話す際に欠かせない話題だね。僕らはシーズン序盤から沢山の負傷者を抱え、彼らを外した状態で非常に悪い時期を過ごした。
そして僕らは上手くその時期を乗り越えたはずだったんだけど、不運は止まず続くばかりだ。
それでも、今季の僕らはプレーが可能な選手たちで出来る最高のパフォーマンスをしていると思う」

No.1451 / 1177411513
ホアキンがコメント
試合分析
「前半のマドリーはしっかり統率されていて、前線からプレスをかけてきた。
だから、あまり多くのチャンスが作れなかったね。
でも後半、僕らはゴールを奪った。その後も僕らはいろんな形で相手を押し込み、試合をモノにするチャンスがあったのに
再びチームは...というか僕個人だね。不運に襲われちゃったんだ。
悔しいけれど、僕はフィジカル的な問題でピッチを後にするしかなかった。そしてその後に2-1にされてしまったんだ」

自身のパフォーマンス
「悪くなかったよ。ただ今季ずっと悩まされている怪我人の問題もあって、試合に勝てなかったけど。
幸運なことに、僕はここまでケガに悩まされることなく戦ってこられた。
でも、ついに自分にもケガという不運が降りかかってしまって...本当に悔しいよ」

難しいシーズン
「こんなに沢山の怪我人が出てなかったら、状況はまったく変わっていたと思う。
常に多くの仲間がピッチの外に居たし、他のチームについていくためには、もう何人かのプレーヤーが必要だった。
皆、相当な疲労が溜まっているし、CL敗退したショックも残っていないといったら嘘になる。
チームが完全な状態であれば、どのコンペティションでもまだ優勝争いに絡めていただろうからね」

目標
「僕らの目標は明確だよ。シーズンの終わりまでに、奪える勝ち点を全部奪うこと。まずはレクレアティーボに買って、CL圏内に復帰する事が大事だね」

今季の自分
「バレンシアに来た事が自分にとって良かったのは間違いないね。土曜の試合でも自分自身が成長している事を実感できたし」

レクレ戦
「今の自分は調子がいいし、心からチームの力になりたいと思ってるんだ。この好調をケガなんかで終わらせたくない。
このケガが試合までに完治すると強く祈ってる。そして、メスタージャのファンに僕のプレーを楽しんでもらうんだ」

No.1450 / 1177381802
ビジャがUEFA年間最優秀選手の候補に
UEFA主催の"ファン選出"年間最優秀選手の候補にビジャが選ばれました。
主にCLで活躍した選手(マンオブザマッチになった回数が多い選手)がノミネートされています。
現時点での本命はミランのカカーでしょうか。

No.1449 / 1177376865
マドリー戦を終えてコメント
デル・オルノ
「個人的には素晴らしい試合内容だったと思う。ただセットプレーから失点してしまった事だけが致命的だったね」

ホルヘ・ロペス
「私たちが負けるような試合ではなかった。非常に拮抗した戦いだった」

ホアキン
「僕らは出来るだけ多くの勝利を求めてシーズンの終わりまで戦わなければならない」

シルバ
「僕らは互角に戦ったと思います。特に後半最初の10分間は素晴らしい出来でした。ただ、最終的には
これまでの疲労が祟ってしまったような気がします」

アルベルダ
「非常に苦しい戦いだった。残念な結果だが、今の我々に出来る全てを出し切ったのは確かだ」

キケ監督
「非常にバランスの良い試合だった。我々は敗戦に値しなかったと思うが、残念な事にこの大事な試合を落とす事になってしまった」

No.1448 / 1177376843
セビージャ戦→マドリー戦
更新さぼりましたm(_ _)m

No.1447 / 1176564022
セビージャ戦に向けて19名招集
GK カニサレス、ビュテル
DF アジャラ、アルビオル、マルチェナ、ミゲル、クーロ・トーレス、モレッティ、デル・オルノ
MF アルベルダ、ウーゴ・ヴィアナ、ホアキン、ホルヘ・ロペス、パジャルド
FW ビジャ、モリエンテス、アングーロ、シルバ、ゲラ

モリエンテス、シルバ、アルビオル、マルチェナは万全の状態ではありません。苦しい戦いが続きますね。
そして、4位以内に返りざくためには勝利しかありません。

No.1446 / 1176458510
メディカルレポート(4/12)
アルビオル(↓)
チェルシー戦で試合中に左ヒザを打撲。冷却処理・理学療法による治療を受ける。

シルバ(↓)
練習中に右足首を打撲。大事をとって練習を途中で切り上げる。冷却処理・理学療法による治療を受ける。

ビセンテ(→)
理学療法による治療を受ける。

モリエンテス(→)
肩パットをつけたまま練習に参加。

バラハ(↑)
理学療法・水治療法による治療を受ける。フィジカルコーチとマンツーマンでのトレーニングを開始。

モラ(♪)
全練習メニューをこなす。

ガビラン(→)
理学療法・水治療法による治療を受ける。フィジカルコーチとボールを使ったトレーニングを行う。

レゲイロ(→)
理学療法・水治療法による治療を受ける。グラウンドでのジョギング。

エドゥ(→)
ブラジルで、主治医が組んだリハビリプログラムをこなす。

No.1445 / 1176340745
クラブがRFEFに遺憾の意
アトレティック戦で、試合後にキケ監督が審判団に詰め寄った件で、審判団がキケ監督に何かしらの制裁を課そうとRFEFに訴えている模様です。

しかし、この試合を担当したメフート主審が試合前にアトレティックのエチェベリアに「心配するな、お前たちは残留する」と話しかけており、
そのシーンがテレビにバッチリ映っていたとの事で、クラブはRFEFに逆提訴するつもりでいるようです。
また、公式にもコメントを出し、遺憾の意を表明しています。

No.1444 / 1176340425
フベニールBがイビサ・カップ優勝
4/4~8で行われたスペイン・イビサ島(バレアレス諸島)で行われたイビサ・カップでフベニールBチームが優勝しました。
ユースチームによるトーナメント形式の国際大会で、スペインからはムルシアやヘタフェ、エスパニョールやビジャレアルらが出場していました。
CBのアントニオ・ロペスが大会MVPに選ばれています。

No.1443 / 1176340406
スペインU-20、U-21代表発表
4/16~18にラス・ロサスで行われるスペインU-20代表、U-21代表共同合宿に、ロンバンとパジャルドの2人が選ばれました。

No.1442 / 1176340380
CL・チェルシー戦を終えてコメント
アルベルダ
「最後の最後でこの結果...痛恨の極みだ」

ホアキン
「こういう結果になってしまった以上、僕らがやらなければならない事は、このショックを乗り越えリーガを戦うことだ」

モリエンテス
「前半あった何回かのゴールチャンスで、もし2-0に出来ていたら、結果は全く違っていただろうと思う」

キケ監督
「我々はヨーロッパのベスト4に入るチームではなかったということだ。沢山の負傷者を抱えた我々には
チェルシーに対抗できるほどの選手層がなかった。それでもここまで戦えた事で、バレンシアは再びヨーロッパでの名声を回復できたと信じている。
選手たちはクラブの誇りをかけて、全てを出して戦いきってくれたと思う」

No.1441 / 1176174356
キケ監督がコメント
チェルシー戦
「選手たちにはピッチ上でチェルシーを圧倒してほしいと思っている。ファーストレグが存在しなかったものと思い、
アウェーでゴールを奪ったというアドバンテージの事を忘れて、試合に臨むように選手たちに話した。
非常に激しい夜になるのは間違いない。モウリーニョが言っている通り、些細なことで試合が決まるだろう」

勝利の鍵
「対戦相手にドログバやシェフチェンコのようなハイレベルなプレーヤーがいる場合、自分たちのペナルティエリアから
出来るだけ長い時間、彼らを遠ざけるように努めるのは常套手段だ。
だからこそ、チェルシーの最近の試合で見られるロングボールを、簡単に利用されないようにと選手たちに繰り返し言い聞かせている」

空中戦
「我々はドログバを最も警戒している。そして、たとえ空中で競い負けても、セカンドボールを拾えるようにしなければならない。
さもないと、決定的な場面を作られてしまうだろう」

モウリーニョについて
「私は彼にものすごい敬意を抱いている。彼は多くのタイトルを勝ち取ってきた尊敬に値する人物だ」

モウリーニョの審判に対するコメントを聞いて
「彼と全く同感だ」

No.1440 / 1176174215
チェルシー、モウリーニョ監督がコメント
終盤に強いチェルシー
「今季の我々は、最後の10分間で20のゴールを奪っている。ただし今回の対戦では失点しない事も重要だ。
おそらく最後の1分まで重要な戦いとなってくるだろう」

バレンシア戦
「この大会は勝点制ではないからね。最も重要な事は勝利ではなく、このラウンドを突破する事だ。バレンシアがどんな作戦で来るかは知らないが、
試合は0-0からのスタートで、もしそのままのスコアで終わった場合、彼らが準決勝に進み、我々は大会から去ることになる。
しかし、我々が彼らから1ゴール奪えば、我々の方が遙かに有利になるだろう。
チーム内には非常に良い雰囲気が生まれている。ホームでは引き分けたが、ポジティブな結果が出る事を確信しているよ」

審判について
「私は勇敢なレフェリーを愛している。私は、今回の主審が多くの経験を積んだ審判であると信じている。
良いレフェリングをし、良い試合にしてくれる事を祈っている」

メスタージャのプレッシャー
「プレッシャーを受ける事で我々は委縮する事もないし、何の問題もない。バルセロナと対戦した時も我々に相当なプレッシャーがかかったが、
我々は問題なく勝利し、首位でグループリーグを突破したのだから。
私はメスタージャもメスタージャのファンもよく知っている。チームに多くの愛情を与える非常に素晴らしい存在だ。
我々のスタンフォードブリッジのファンと似たポジティブな雰囲気を感じるよ。こういう雰囲気が現代のサッカー界には必要なんだ」

No.1439 / 1176174166
メディカルレポート(4/9)
シルバ
練習中に右足首を打撲。冷却処理と理学療法による治療を受ける。チェルシー戦への出場は可能。

モリエンテス
未だ肩にプロテクターをつけた状態。チェルシー戦への出場は無理すればOKというところ。

No.1438 / 1176133658
CL・チェルシー戦に向けて18名招集
GK カニサレス、ビュテル
DF アジャラ、アルビオル、ミゲル、クーロ・トーレス、モレッティ、デル・オルノ
MF アルベルダ、ウーゴ・ヴィアナ、ホアキン、ホルヘ・ロペス、パジャルド、インサ
FW ビジャ、モリエンテス、アングーロ、シルバ

モリエンテスが復帰です。リーガよりCLを優先したわけですから、チェルシー撃破は至上命題ですよ!

No.1437 / 1176086759
レンタル組の活躍
パブロ(カディス)
2部リーグ第32節/スポルティング・ヒホン戦(HOME)で前半36分に同点弾となる今季4ゴール目を決めました。
試合はそのまま1-1で終了しています。パブロはカディス加入以来、15試合で4ゴール。新加入の選手としてはまずまずじゃないでしょうか。

タヴァーノ(ローマ/イタリア)
セリエA第31節/カターニア戦(AWAY)で先制点となるゴールを決めました。今季2ゴール目です。
試合はその後、追加点を奪ったローマが0-2で勝利しています。

No.1436 / 1176085834
ユニフォームに新しいロゴマーク
アトレティック戦でTOYOTAの新車「AURIS」のロゴが入ったユニフォームを着用しました。
http://www.valenciacf.es/images/noticias/auris8ab2007.jpg
2005年に「AYGO」のロゴを入れた以来ですね。この位置のロゴは、無い方がカッコイイ気がします。

No.1435 / 1176085805
アトレティック戦を終えてコメント
マルチェナ
「僕らのプレーは良かったと思う。特に後半は僕らが試合を支配していたんだ。だからこそ、こんな結果になるなんて残念だよ」

デル・オルノ
「最初から試合を捨ててなんかいない。後半の僕たちは勝利を目指して死に物狂いで戦った」

キケ監督
「今日の我々は敗戦するようなチームではなかった。少なくとも勝利に値するくらい積極的な攻撃を見せたはずだ」

No.1434 / 1175909003
アトレティック戦に向けて18名招集
GK カニサレス、ビュテル
DF アジャラ、アルビオル、マルチェナ、ミゲル、クーロ・トーレス、モレッティ、デル・オルノ
MF アルベルダ、ウーゴ・ヴィアナ、ホアキン、ホルヘ・ロペス、パジャルド、インサ
FW ビジャ、アングーロ、シルバ

No.1433 / 1175908877
メディカルレポート(4/6)
ビセンテ
CL・チェルシー戦で試合中に大腿二頭筋を負傷。RNM検査の結果、1.8cm程度の筋繊維断裂が確認される。全治5週間程度。

モラ
左足腓骨を痛める。レントゲン検査を受ける。

モリエンテス
肩パッドをつけたままグラウンドでの個人練。理学療法による治療を受ける。

バラハ
理学療法・水治療法による治療を受ける。ジョギングを行なう。

ガビラン
理学療法・水治療法による治療を受ける。完全復帰まであとちょっとの見込み。

レゲイロ
理学療法・水治療法による治療を受ける。ジョギングを行なう。

エドゥ
ブラジルでリハビリプログラムをこなす。

No.1432 / 1175761602
CL・チェルシー戦を終えてコメント
ミゲル
「僕らの第一の目標はアウェーで負けないことだったからね。その目標を達成できた事は満足だよ」

デル・オルノ
「失点しちゃったことだけが痛いけど、1-1というのは良い結果だと思うよ」

アルベルダ
「アウェーでこの結果なら上出来だろう。ただ、リターンマッチで気を抜けるほどのスコアではない」

キケ監督
「このラウンドを突破する可能性を出来るだけ多く残してメスタージャに戻る事が目的だった。現状では突破の確立は50%だろう。
この結果には満足だ。特に試合を通して守備陣がよくやっていたと思う。ただ、ビセンテが筋肉系のケガをしてしまったのは本当に痛い。
彼はチームの力を1ランク押し上げる大きなアクセントを与えてくれていたのに」

No.1431 / 1175608906
ビジャがコメント
チェルシー
「今のチェルシーは、アブラモビッチがオーナーになったばかりの頃の無敵のチームとは違うと思いますよ。
国内リーグでも苦戦してますしね。それでもチェルシーのプレーヤーは全員が世界最高クラスの選手っすからね。
この2試合での自分らの目標は、試合展開を相手のリズムにさせないことっすよ」

CLへの意気込み
「代表に合流していた10日間で行われた2試合の結果で、精神的にすっごくラクになったんすよ。
バレンシアに戻ってきた時には、ゴール出来ないわけがないってくらいノってましたからね。
その通りにエスパニョール戦ではゴール決めて勝ちましたし、CLに向けてどんどん気持ちが高まってますよ。
チェルシーとの2試合は楽しめるんじゃないっすかね」

チーム内アシスト王
「自分の一番の目標はゴールを決める事なんすけどね。それでもエスパニョール戦みたいに、自分のパスから味方がゴールしてくれれば
そりゃ嬉しいっすよ。FWの選手というのは様々な攻撃の形を作ることが大事っすからね。
こうやってシーズンが終わるまでにゴールもアシストもどんどん増えてくれりゃいいんすけどね」

ファンのサポート
「ファンの方々の存在は大きいっすよ。自分らがインテルを破った日のように、
ファンの方々はいつもいつも僕らを奮いたたせ、このラウンドを突破するための力をくれます」

CL優勝の可能性について
「優勝する事しか考えてないっす。って、今勝ち残っている8チームの誰に聞いても同じように答えるんじゃないすかね?」

CLでの作戦
「いつも話してますけど、こういう方式の大会ではアウェーでゴールを奪い、敗戦しない事、
ホームでの第2戦に向けてより多くの可能性を残す事が大事なんすよ。
決着はメスタージャでつきます。その時に、勝利の恩恵を受けるのが自分らであるよう祈ってますよ」

No.1430 / 1175596949
メディカルレポート(4/3)
レゲイロ(↑)
ボールを使った練習を開始。練習後に理学療法による治療を受ける。

モリエンテス(↑)
グラウンドでのジョギング&エクササイズを行う。練習後に理学療法による治療を受ける。

No.1429 / 1175586667
アングーロがコメント
チェルシー戦
「負けない事とゴールを奪う事。こういったアドバンテージを獲る事が大事だな。
こういった大会では、ほんの些細な差が勝敗を決めるという事を俺達は今までの経験から良く知っている」

プレミアリーグの印象
「俺はイングランドのプレミアリーグが好きでね。実は結構沢山の試合を見てるんだよ。
昔、移籍騒動でちょっとロンドンに行ったけどすごくイイ街だった。何がイイって、雰囲気がイイな。
で、そこでチェルシーみたいなビッグクラブと戦えるんだぜ。ロンドンに行くのが本当に楽しみだよ」

CLとの相性
「俺達はCLの決勝に2度立った。チームにとって重要な物を勝ち取るチャンスだったが、それが実現する事はなかった。
だからといって、CLという大会がバレンシアにとって鬼門であるとは思わない。こういう不本意な運命を俺達はもう繰り返すつもりはない。
俺達はケガ人を多く抱えているにも拘らず、2つのコンペティションで魅力的なプレーで旋風を巻き起こし、
多くの可能性を残している素晴らしいチームなんだ。
CLという短距離走で良いゴールを迎えられるように、今まで以上にチーム一丸となって俺達の力を見せていくつもりだ」

エスパニョール戦
「水曜の試合に自信を持って臨むためにも、勝利の味を取り戻せた事はデカイな。
特に相手が、エスパニョールのようなアウェーでもしぶとく戦うチームだったから尚更嬉しいよ」

今季のアングーロ
「今季の俺は、相手GKに向かっていくアタッカーとしてだけでなく、ピッチ上のあらゆるポジションでプレーしている。
その利便性を認められたからこそ、ピッチに立つ時間も例年より増えているんだろうし、
そうしてアピールする時間が増えたからこそ繰り返し起用してもらえるのだと思う。
全てが良い連鎖反応を起こし、さらに代表に選ばれるという名誉まで得た。このままのイイ感じをキープしたままシーズンを終えたいね」

No.1428 / 1175513684
CL・チェルシー戦に向けて19名招集
GK カニサレス、ビュテル、モラ
DF アジャラ、アルビオル、ミゲル、クーロ・トーレス、モレッティ、デル・オルノ
MF アルベルダ、ウーゴ・ヴィアナ、ホアキン、ホルヘ・ロペス、ビセンテ、パジャルド、インサ
FW ビジャ、アングーロ、シルバ

マルチェナとナバーロのペナルティが痛いですね。マルチロールなインサが呼ばれたのもその辺に期待してでしょうか。

No.1427 / 1175511916
フベニールAがリーグ優勝
バレンシアのフベニールAがオナー・フベニール・リーグ10年ぶりのリーグ優勝を決めました。29試合で勝ち点64を獲得し、最終節を残しての優勝です。
前節までバレンシア・フベニールAは首位をキープするものの、勝点3差でビジャレアル・フベニールAに追われる展開でしたが、
第29節でバレンシア・フベニールAが勝利し、ビジャレアル・フベニールAが破れたため、優勝が決まりました。
このチームにも各年代の代表選手が何人も居ますからね。数年後のトップチームでの活躍が期待されます。

No.1426 / 1175511865
エスパニョール戦を終えてコメント
ビジャ
「いやー、苦しかったっすね。でも苦しい思いをしないで試合に勝てる事なんてそうそうないっすよ」

モレッティ
「エスパニョールはいいチームで、試合を変えられる選手も居ますからね。非常に苦しい試合でした」

ビセンテ
「僕らは、苦しみながらも試合をモノにする方法をわかっていました。今日の僕らは勝利に値したと思います」

キケ監督
「試合終盤は想定していたものとは違う展開になってしまった。ただ、前半は素晴らしい展開だったと思う」

No.1425 / 1175478910
U-17代表戦の結果
U-17欧州選手権最終予選:スペインU-17代表vsポーランドU-17代表の試合がスペイン・アルムネカールで行われ、
1-0でスペインU-17代表が勝利しました。
フベニールAのFWホセ・カルロス・モラガは後半32分より途中出場しています。

この結果、スペインU-17代表は3連勝でグループ首位。本線への出場を決めています。
本線はスペインの他、ドイツ、ウクライナ、イングランド、オランダ、フランス、アイスランドに開催国ベルギーを加えた8チームで
2つのグループに分かれての総当り→上位2チームが準決勝に進むという大会方式です。5/2から始まります。

No.1424 / 1175268663
エスパニョール戦に向けて18名招集
GK カニサレス、ビュテル
DF アジャラ、アルビオル、マルチェナ、ミゲル、クーロ・トーレス、モレッティ、デル・オルノ
MF アルベルダ、ウーゴ・ヴィアナ、ホアキン、ホルヘ・ロペス、ビセンテ
FW ビジャ、アングーロ、シルバ、ゲラ

ビセンテ復帰は朗報ですが、FWの層が厳しいですね(>_<)

No.1423 / 1175235138
ダビド・ナバーロがコメント
ポジティブに考える
「委員会の一部からは"より厳しい処分を"という声も出ていましたから、そう考えると今回下された裁定には納得しています。
僕は今まで通り毎日の練習に没頭していますが、今までと違い、今季はチームの力になれないままシーズンを終えなくてはなりません。
それでも、来季からは試合に出られると前向きに考えていこうと思います」

問題のシーン
「写真を見たので、自分が何をしたかはわかっています。お騒がせして申し訳ありません。
全ての責任が自分自身にあります。誰のせいでもありません」

ブルディッソ
「あれから彼と会い、起きた問題について話しました。その時、僕らは握手をしました」

上告委員会でのやり取り
「会長は今回の問題について、僕ら選手たちを含む委員会の全ての人に"クラブとしてフェアプレー精神が足りなかった事を反省し、
様々な社会奉仕活動にクラブとして取り組んでいく"という事を話してくれました。
僕もその意見に賛成です。今後、僕らは子供たちと話したりする機会を増やしていくつもりです」

今後について
「既に会長と話しました。会長は落ち着いて、今回の件で僕を処分する事はないと言ってくれました」

No.1422 / 1175235096
マルチェナがコメント
クラブの尽力
「最終的に下された裁定には納得してるよ。インテル戦で起きた事について、しっかりと伝える事が出来たし。
何より、こちらの言い分を全て認めてもらえた事が嬉しいね。僕を信じて、僕を支えてくれて、僕を守ってくれたクラブと
ソレール会長、クレスポ弁護士にも御礼を言いたい」

裁定について
「最高の結果ではないけど、出場停止を2試合まで減らしてもらえた事は良かった。これが0試合だったらもっと良かったんだけどね。
僕の行為は明らかな正当防衛だし、UEFAの僕に対する反応も悪くなかったから、軽減してもらえるだろうなとは思っていたよ」

裁定委員会へ上告する時
「遠征先の部屋からビデオで参加しろって事だったから仲間と一緒に朝食を食べず、朝から部屋に居たよ。
全体練習にも遅れて、ストレッチからの参加になっちゃった。全部で25分くらい話したかな。僕は事実だけを話し、説明したよ」

インテルの選手たち
「僕は彼らに対してどんな裁定が下りたかは知らない。僕が気にしているのはナバーロへの制裁の事だけだから。
彼の行為は僕を守るためにやった事で、直接僕に関係のある事だからね。
そして、ナバーロに下りた裁定は非常に厳しい。この裁定に対して、ナバーロはプレーしたくても出来ないという不安に駆られると思う。
これから、彼の不安を取り除くために仲間全員で彼をサポートしていきたい」

No.1421 / 1175234983
ガビランがコメント
代表戦
「僕を含めた全てのバレンシアファンが魅了されたんじゃないでしょうか。僕らのチームから6人のスペイン代表選手が選ばれ、全員が出場!
しかも彼らはアイスランドとデンマーク相手に余裕ある試合運びで2連勝!
この2試合で勝点6が必要だった事を考えれば、彼らの活躍はバレンシアの全ての人にとって非常に誇らしい事だと思います」

勝因
「個人的にはデンマーク戦のビジャとモリエンテスのゴールを推したいです。そして、この試合のベストプレーヤーだった
僕の大親友、シルバの存在も大きかったと思います。
彼はバレンシアだけでなく、代表チームにとっても無くてはならない選手となりましたね。各方面からの彼に対する評価は非常に高いですよ」

チームメイトのプレーについて
「マルチェナは長期のケガを乗り越えて、再びスペインの壁となりました。
アルベルダに関しては、もう何も言う事は無いですよ。彼は代表にとって特別な存在です。
そして、アングーロ。彼の活躍も忘れられません。2試合とも後半からの出場でしたが、試合が膠着した時に彼が入ると
試合の流れが変わるのがはっきりわかります。
この調子で、僕はスペイン代表がEURO2008への出場を決めてくれると確信していますよ」

No.1420 / 1175160925
エスパニョールのルフェテがコメント
メスタージャ凱旋
「初めて行く場所みたいな不思議な感覚なんじゃないかな。エスパニョールに来てからだいぶ時間が経ったけど、
元々僕はバレンシア出身の人間だし、実家もバレンシアにあるからね。街の人やファンに会うのが楽しみなんだ」

バレンシア時代のキケ監督との衝突
「終わった話を蒸し返すつもりは無いよ。今のエスパニョールでの日々に満足してるし、いつもエスパニョールの事だけを考えてる」

もしバレンシア戦でゴールを決めたら
「パフォーマンスはしないだろうね。ゴールを決められたらそりゃ嬉しい気持ちは隠せないだろうけど、
それが5年間僕をさせてくれたバレンシアファンへの感謝の気持ちを伝える方法だと思ってるからね」

バレンシアでの5年間
「すごく充実した時間だったよ。沢山のタイトルに恵まれ、間違いなくそれまでのサッカーライフで一番イイ時期だった。
でもマラガに居た頃も、それはそれで幸せな時間だったと思ってる。
サッカー選手として自分自身が歩いてきた道に後悔は全く無いんだ。だって、所属した全てのチームで僕は幸運に恵まれてきたんだから」

No.1419 / 1175158856
メディカルレポート(3/28)
モリエンテス(↓)
アイスランド代表戦で試合中に右肩を負傷。検査の結果、脱臼との事。全治1ヶ月。

No.1418 / 1175158616
改めてUEFAからの制裁
先日発表されたCL・インテル戦の乱闘騒ぎに対する制裁にバレンシア&インテル共に上告していましたが、
その上告に対してUEFAからの返答が出ました。

ダビド・ナバーロ:全ての公式戦7ヶ月間→全ての公式戦6ヶ月間(3/14~9/19)+執行猶予
(今後2年以内に再び問題を起こしたら、その問題に対する裁定+2ヶ月間の出場停止)
マルチェナ:UEFA主催の試合4試合→UEFA主催の試合2試合+執行猶予
(今後2年以内に再び問題を起こしたら、その問題に対する裁定+2試合の出場停止)

ブルディッソ:UEFA主催の試合6試合→UEFA主催の試合6試合+執行猶予
マイコン:UEFA主催の試合6試合→UEFA主催の試合3試合
コルドバ:UEFA主催の試合3試合→UEFA主催の試合2試合
クルス:→UEFA主催の試合2試合→そのまま

両クラブ:25万スイスフラン(約2400万円)の罰金

バレンシア側はだいぶ軽減されましたね。ブルディッソにはちょっと厳しい再制裁となりました。

No.1417 / 1175157755
U-17代表戦の結果
U-17欧州選手権最終予選:スペインU-17代表vsスウェーデンU-17代表の試合がスペイン・アルムネカールで行われ、
3-1でスペインU-17代表が勝利しました。
フベニールAのFWホセ・カルロス・モラガは出番がありませんでした。

No.1416 / 1175156807
各国代表戦の結果
EURO2008予選:スペイン代表vsアイスランド代表の試合がマジョルカで行われ、スペイン代表が1-0で勝利しました。
マルチェナ、シルバ、ビジャがフル出場、モリエンテスは先発し前半43分に負傷退場、
アングーロが後半開始から途中出場、アルベルダは先発し後半33分に途中交代しています。

EURO2008予選:セルビア代表vsポルトガル代表の試合がベオグラードで行なわれ、1-1のドローに終わりました。
ミゲルが先発出場し、後半27分にカネイラと途中交代、ウーゴ・ヴィアナは出番がありませんでした。

親善試合:ベネズエラ代表vsニュージーランド代表の試合がベネズエラのマラカイボで行なわれ、ベネズエラ代表が5-0で勝利しました。
Bチームのミクーが後半買い指示から途中出場し、PKでベネズエラの4点目を決めています。そしてこれが国際Aマッチ初ゴールとなります。

No.1415 / 1175153479
アジャラがコメント
この1週間強の練習
「練習ではありとあらゆる事を試した気がする。監督は100万通りの作戦を発見したんじゃないだろうか...。
しかし、重要な事はその発見をチームの効果的な武器となるよう鍛錬する事だ。
そして我々選手たちは、緊急の場合でもごく自然に実行できるよう、日頃からプレーの用意をしていなければならない。
ただ、一般的なCBが何をするべきか、モレッティはまだまだわかっていない点が多い。
今のままで試合を迎えたら、アルビオルがCBに戻ってくることになるかも知れない」

リーグ戦とチェルシー戦
「どの試合も重要だ。スポーツマンは、全ての試合をプレーしたい、全ての試合を勝ちたいと思わなければならない。
今季の私達は、時々気が抜けたかのような試合をした事があったが、試合ごとに気持ちの差が出ていては勝てない」

エスパニョール
「心からリスペクトしているチームだ。UEFA杯ではアウェーゲームでも素晴らしい内容で勝って好調を維持している。
今週の私達は、練習で代表組を欠いているし、代表組のコンディションがどのような状態かもわからない。その分練習を重ねて彼らに立ち向かうしかない」

スペイン代表
「今の若い代表チームがユーロ予選の残り試合を勝ち続けるというのは簡単ではない事は確かだ。
デンマーク戦の前半は間違いなく素晴らしい出来だった。しかし、後半は完全に受けに回っていた。
スペイン代表が何故こんなにナーバスになってしまったのか、どんな問題に直面していたのかは私にはわからない。
ただアイスランド戦には期待している。選手たちには疲労があるだろうが、チームとしてデンマーク戦の課題を克服してくるはずだ」

No.1414 / 1175153309
クーロ・トーレスがコメント
代表選手の居ない練習
「普段の練習よりイイ感じだよ。こっちは人が少ない分、普段よりいろんな練習が出来るからね。
彼らは代表で貴重な経験を得て帰って来る代わりに疲労も溜まっているだろう。土曜は僕ら居残り組にとってチャンスだ」

アルビオルのピボーテとモレッティのCB
「個人的な事だけど、僕は今季、経験した事が無いポジション(LB)でプレーした。そしてチームにフィット出来たという自負もある。
そう考えると、アルビオルはピボーテの経験が充分にあるし、モレッティも初めてのポジションじゃないんだから何の問題も起こらないと思うけどね。
そもそもプロのサッカー選手っていうのは、あらゆるポジションでプレーする用意が出来てるものだよ」

目標達成のために
「ひとつのミスも犯さない、というのは有り得ない事だと思うんだ。でも、勝点が必要な事には間違いない。
出来るだけポイントを稼いで、これ以上首位から離されないようにしたい。追いつければ最高かな。そして、最終節まで優勝を争いたいね」

ダビド・ナバーロ
「健康面では問題ないみたいだけどね。ただ、やっぱりだいぶ落ち込んでるよ。彼にはみんなのサポートが必要だ。
僕らは彼に対して通常の制裁が課される事を祈ってる。だってインテルの選手に課された制裁はナバーロほど厳しくないんだから」

6人のスペイン代表
「たくさんの代表選手を抱えている事をクラブは誇りに思わないとね。彼らが国のために力を注ぐ事でチームのイメージアップにもなるんだし」

エスパニョール戦とチェルシー戦
「その2試合は事情が違うから戦い方も変わるよ。エスパニョール戦は勝点3を得て上に行く事が最も重要な事で、
チェルシー戦はただ勝つだけじゃダメだ。リターンマッチの事も踏まえて良い結果を出さないといけないからね」

エスパニョール戦
「ホームでラシンに負けた事は考えないで、平静を保つ事が大切だ。数字的にはまだまだ可能性があるんだからね。
この可能性を保ち続けるためにも、エスパニョールに一泡吹かせてやりたいよ」

No.1413 / 1175033190
UEFAがマルチェナに温情措置
インテル戦の乱闘騒ぎについて3/28にUEFA本部で事情聴取が行なわれますが、マルチェナは特例で
ビデオ出演という形がとられることになりました。ソレール会長が頑張って交渉したのかな?
これで心おきなくアイスランド代表戦にも出場できます。デンマーク戦の出来考慮して先発出場が濃厚のようです。

No.1412 / 1174954878
U-17代表戦の結果
U-17欧州選手権最終予選:スペインU-17代表vsスイスU-17代表の試合がスペイン・アルムネカールで行われ、1-0でスペインU-17代表が勝利しました。
フベニールAのFWホセ・カルロス・モラガはバルセロナの至宝ボージャンとの2トップで先発出場し、後半6分に途中交代しています。

No.1411 / 1174919414
ガビランがコメント
リハビリの状況
「僕は5ヵ月半でチームに復帰するつもりです。ただ、試合に招集されるまでには6ヶ月かかるでしょうね。
でも、これは当初立てた予定通りです。手術してからは全てが順調ですよ」

2つの大会
「沢山の負傷者を出して苦しい時間を過ごしたにもかかわらず、まだ2つの大会で優勝の可能性を残していると言うのは、非常に立派な事だと思います。
リーガでは、先日僕らが勝利を逃したように、僕らより上に居るチームも取りこぼす可能性がありますからね。
このまま6ポイント差を離されないようにしないといけませんね」

CL・チェルシー戦
「バレンシアの選手としてロンドンに行く機会なんてそうそうないですからね。すごく行きたいという気持ちは強いですよ。
でも僕は行けません。今は一人でチームに復帰することだけを考えないといけませんからね。
だからこの試合は家で見る事になると思います。僕は小さい頃からバレンシアのファンでしたから、
その頃のように今回はファンとして応援し、仲間に力を与えてあげたいですね」

代表におけるバレンシアの選手の重要性
「バレンシアには力のあるスペイン人選手が揃っていますからね。選ばれて当然じゃないでしょうか。
アラゴネス監督はバレンシアの選手を6人招集しましたが、6人全員が代表チームで素晴らしいプレーをしていると思いますよ」

No.1410 / 1174919374
モリエンテスがスペイン代表歴代3位に
デンマーク代表戦で、モリエンテスが国際Aマッチ通算27点目となるゴールを決め、ゴール数でスペイン代表歴代3位となりました。
2位のイエロが通算29点ですので、これも射程圏内ですね。

No.1408 / 1174918564
メディカルレポート(3/26)
バラハ
練習場にて理学療法・水治療法による治療を受ける。

ビセンテ
全体練習のメニューを一部こなす。理学療法による治療を受ける。

ガビラン
フィジカルコーチと一緒にグラウンドで練習。理学療法・水治療法による治療を受ける。

レゲイロ
グラウンドでの歩行訓練。理学療法・水治療法による治療を受ける。

エドゥ
ブラジルでリハビリメニューをこなす。

No.1407 / 1174907750
デンマーク代表戦を終えてコメント
モリエンテス
「我々が最も必要としていた先制点をいい形で奪えた事が大きかった。相手のDF陣を破った事で、我々に落ち着きと勇気を与えてくれたからね。
そしてその後のビジャのゴールも、いい形で組み立てられた素晴らしいゴールだった。
しかし、その後デンマークにゴールを奪われた事でナーバスになってしまったんだ。デンマークには空中戦に強いプレーヤーが居る事は
ビデオで何度かチェックしてわかっていたし、注意していた形だったから尚更ショックだった。
研究できていた事を実践できなかったのだから油断といっていいだろう。
この失点をきっかけに、これ以上の失点をせず勝点3を守ろうとする気持ちが我々に生まれた。だから後半は相手に押される展開になったのだろう。
とにかく結果が出たことが良かった。パーフェクトな試合ではないが、前半の我々の出来は良かったと思う」

シルバ
「僕らより上の順位のチームに勝利出来た事が大きいと思います。ここで勝つことがどれだけ重要なのかをわかったうえで
試合に臨んでましたから、その通りの結果が出せて満足です。
そして、すぐ次の試合が控えてます。デンマーク戦の後半に見えた課題を水曜日までに克服しないといけません」

No.1406 / 1174905630
代表戦の結果
親善試合:ベネズエラ代表vsキューバ代表の試合がベネズエラのメリダで行われ、3-1でベネズエラ代表が勝利しました。
ミクーは後半7分から途中出場しています。

やっと情報見つけたぜぃ(-_-;)

No.1405 / 1174799043
今更ですがベネズエラ代表発表
親善試合:キューバ代表戦(3/24)、ニュージーランド代表戦(3/28)に向けたベネズエラ代表メンバーに、Bチームのミクーが選ばれてました。
キューバ戦、どこにも情報ないっすよ(>_<)

No.1404 / 1174798738
各国代表戦の結果
EURO2008予選:スペイン代表vsデンマーク代表の試合がサンチャゴ・ベルナベウで行われ、
モリエンテスとビジャのアベックゴールで、スペイン代表が2-1で利しました。
アルベルダ、シルバ、マルチェナがフル出場、モリエンテスは先発し後半19分まで、ビジャも先発で後半31分にアングーロと交代しています。

EURO2008予選:ポルトガル代表vsベルギー代表の試合がリスボンで行なわれ、4-0でポルトガル代表が勝利しました。
ミゲルがフル出場、ウーゴ・ヴィアナが後半33分からの途中出場、カネイラは出番がありませんでした。

親善試合:韓国代表vsウルグアイ代表の試合がソウルで行なわれ、ウルグアイ代表が0-2で勝利しました。
レンタル中のエストジャノフが先発出場しています。

No.1403 / 1174614453
アレクシス獲得決定?
以前から獲得を目指し動いてきたヘタフェのDFアレクシスですが、一部で獲得決定と報じられました。
6年契約で、移籍金600万ユーロ+パジャルド&カンテラの選手一人の完全移籍、
パジャルド&カンテラの選手を買い戻す場合は200万ユーロ支払う、という内容の契約との事です。
しかし、カルボーニSDはこの内容を否定しています。

No.1402 / 1174614041
ソレール会長がサッカー協会にお願い
3/28にスイスのUEFA本部から呼び出されているマルチェナですが、この日がアイスランド代表戦とかぶるため、
ソレール会長が、デンマーク代表戦後にマルチェナをスイスへ向かわせる許可を出してもらうよう、スペインサッカー協会にお願いしているそうです。
たまにはガンバレ、会長!

No.1401 / 1174613096
サニー獲得決定?
スペイン2部、ポリデポルティボ・エヒードのMFステファン・"サニー"・サンデーを獲得したとマルカで報じられました。
バレンシアのオフィシャルではまだ未発表ですが、エヒードの会長が同誌に対して認める発言をしたようです。

サニーは1988年生まれのナイジェリア人選手で、母国にあるタリボ・ウエストのサッカースクールを卒業後、17歳でスペインに来ました。
また、スペイン国籍を今年の2月に獲ったばかりで、バレンシアサッカーライフさんによるとスペインU-19代表の候補としても名が挙がっているそうです。

No.1400 / 1174609980
スペインU-17代表発表
U-17欧州選手権最終予選:スイスU-17代表戦(3/26)、スウェーデンU-17代表戦(3/28)、ポーランドU-17代表戦(3/31)に向けたスペインU-17代表に、
フベニールAのFWホセ・カルロス・モラガが選ばれました。
本線出場出来るのはグループ首位のみです。強豪国ばかり揃ったグループですが、頑張って欲しいですね。

No.1399 / 1174559629
アルベルダがコメント
契約問題について
「あぁ、会長には失望している。これまでに話してきた時間を返してもらいたいくらいだ。
今は私の契約期間についても見直されている。これは私にとって重大な問題だ」

今後の話し合い
「私自身の契約更新の事よりも、クラブには改善してもらいたい問題がある。そして、キャプテンである私だけが
その問題を止める事が出来ると信じている。
今は一切の話をするつもりは無い。シーズンが終わった6月に改めて話し、クラブの考えを聞くつもりだ。
そしてその時に、私も自分の主張をはっきりと伝える事になるだろう」

現在の心境
「私が今置かれている状況が良いものでない事は間違いない。クラブは"お金は全く無い"とアングーロと私に言った。
そして、その会長がスタジアムを新設しようとしている。
カルボーニ?彼はクラブの方針に従って仕事をしているだけだ。全てを決めているのはクラブのオーナーなんだ」

バルサからの興味
「全く興味ない。私にはバレンシアと3年の契約があり、もしどこかのクラブが"私を獲得する"と言えば、
クラブは契約どおりに違約金を払うよう相手クラブに伝えるだろう。そしてその金額は簡単に払えるものではない」

No.1398 / 1174559418
ビセンテがコメント
度重なるケガ
「確かに、今の僕には苦しみが連続してやって来るという災難な状況です。でも、それはサッカーではよくある事で、
プレーを続けたいと思うなら乗り越えないといけない問題です。
幸いにも僕のケガは治らないぐらいヒドイものではないですからね。チームを助けられるようになるためにも乗り越えて見せますよ」

優勝争い
「6ポイント差というのはちょっとだけ厳しいかもしれませんね。ラシンに勝っていればたったの3ポイント差で済んだんですから。
でも僕らには、まだまだチームを押し上げるための力が残っていますよ」

CLについて
「どちらのチームから見ても、勝ち上がるのに苦労すると思いますよ。でも、僕らはインテルを破りましたし、
今はどこのチームが相手でも恐くありませんね」

No.1397 / 1174556904
ガビランがコメント
全体練習への復帰
「全メニューをこなせてるわけではないですが、全体練習に復帰できたのは嬉しいですね。3~4週間後には完全復活といきたいところです。
僕は、毎日パテルナに来るたび、皆と練習したいって強く望んできました。その方が1人で練習するよりも沢山の事を学べますからね。
ケガで何ヶ月も苦しみましたし、すぐにでも皆と同じ練習メニューをこなしたいですよ」

皆からのサポート
「監督も毎日のように僕の調子を聞いてくれますし、プエブラさんも僕の状態を毎日、監督に伝えてくれる。
本当に、全ての仲間から心強いサポートをしてもらってるんですよ。
チームメイト達もピッチで僕とプレーする事を楽しみにしてる、って言ってくれてますしね」

残された試合
「僕らは全力で戦い続けないといけないんです。まだ何も成し遂げていませんから。今季のリーガは決着が付くのがギリギリになると思うんです。
だからこそ早くチームに戻りたいですね。今なら、これからまだ2ヶ月続く重要な戦いを楽しめますから」

No.1396 / 1174547767
FIFAからの制裁
CL・インテル戦の乱闘騒ぎに対する制裁として、FIFAからダビド・ナバーロに対して7ヶ月間、全ての公式戦への出場停止処分が下されました。
クラブはこの決定に対し、すぐさま上告しています。
また、この上告に関してマルチェナとナバーロの2人は3/28にスイスのUEFA本部へ向かうとの事です。

No.1395 / 1174547591
ミゲルにお子様誕生
3/20にミゲルに第二子となるお子様が産まれたそうです!
久しぶりに嬉しいニュース♪(^-^)

No.1394 / 1174546538
U-20代表戦の結果
親善試合:スペインU-20代表vsチェコU-20代表の試合がシウダー・レアルで行われ、3-1でスペインU-20代表が勝利しました。
噂のマタが後半2分に先制点を決める他、Bチームのロンバンが後半11分から途中出場しています。

No.1393 / 1174370303
各国代表発表
親善試合:韓国代表戦(3/24)とに向けたウルグアイ代表にレンタル中のエストジャノフが選ばれました。
レコバが1年4ヶ月ぶりに招集されたそうです。カノッビオも選ばれています。

EURO2008予選、ベルギー代表戦(3/24)とセルビア代表戦(3/28)に向けたポルトガル代表に
ミゲルとウーゴ・ヴィアナ、レンタル中のカネイラが選ばれました。

No.1392 / 1174359718
練習試合・コロラド・ラピッツ戦に向けて20名招集
GK カニサレス、ビュテル、モラ
DF アジャラ、アルビオル、クーロ・トーレス、モレッティ、デル・オルノ、カステルス、コルコレス
MF パジャルド、ホアキン、ホルヘ・ロペス、インサ、ロメロ、モントロ、クリスチャン・ブストス、
FW ゲラ、アーロン、ミクー

ほぼ、Bチームのメンバーですね。アルビオルは出ずっぱりですが大丈夫でしょうか。

No.1391 / 1174301582
ピエリック昇格
フベニールAのピエリックがBチームに昇格し、2部Bリーグ第28節・バルバストロ戦に出場しています。
先日のメリディアンカップにも参加したカメルーン出身のピエリックは、アーロンと同い年のFWです。

No.1390 / 1174268818
マタ獲得決定?
以前からカルボーニSDが獲得を目指して動いていたレアル・マドリーB所属のスペインU-19代表FWファン・マタの
獲得が決定したと現地新聞で報じられました。ちなみにバレンシアのオフィシャルではまだ発表されていません。
正式決定となればフリーでの獲得ですし、チームにとっては大きいですね。

No.1389 / 1174268501
ハッピーバースデー・バレンシア
3/18で1919年創設のバレンシアCFは88歳となりました。
昨年の3/19にもラシンに敗れていますので、2年連続で同じ相手に破れ、創設記念日を祝えなかった事になりますな。

No.1388 / 1174268256
ラシン戦を終えてコメント
デル・オルノ
「僕らは次の試合に向けて、戦う気持ちを取り戻さないといけない」

アルベルダ
「次のホームでのエスパニョール戦で勝つために、今の悪い空気を入れ替えなければいけない」

キケ監督
「今日は我々の出来が酷すぎた。ラシンの試合運びは狙い通りだっただろう」

No.1387 / 1174049011
ラシン戦に向けて18名招集
GK カニサレス、ビュテル
DF アルビオル、マルチェナ、ダビド・ナバーロ、ミゲル、クーロ・トーレス、モレッティ、デル・オルノ
MF アルベルダ、パジャルド、ウーゴ・ヴィアナ、ホアキン、ホルヘ・ロペス
FW ビジャ、モリエンテス、アングーロ、シルバ

アジャラが出場停止です。
また、クラブが上告中&FIFAから制裁に対する承認が下りていないため、ナバーロは出場可能となっています。

No.1386 / 1174048832
スペイン代表発表
EURO2008予選、デンマーク代表戦(3/24)とアイスランド代表戦(3/28)に向けたスペイン代表に
アルベルダ、シルバ、アングーロ、モリエンテス、ビジャ、マルチェナの6人が選ばれました。
マルチェナは久々の招集ですね。こんなに呼ばれて疲労が気になります_| ̄|○

No.1385 / 1174040112
メディカルレポート(3/15)
モリエンテス(♪)
全体練習に復帰

バラハ(→)
理学療法による治療を受ける。

ビセンテ(→)
ジョギングを始める。理学療法による治療を受ける。

No.1384 / 1174040062
フベニールAvsコロラド・ラピッツ
パテルナ練習場でフベニールAとコロラド・ラピッツが練習試合を行ない、
0-1でコロラド・ラピッツが勝利しました。

No.1383 / 1174040008
クラブがUEFAからの制裁に対して上告
ダビド・ナバーロとマルチェナに対する出場停止処分、クラブに課された罰金処分に対して、
「処分が厳しい」とUEFAの規律委員会に上告するようです。
2人に課された出場停止の対象は、この訴えに対する判決が下りてからになります。

No.1382 / 1173923880
マルチェナがコメント
ラシン戦の目標
「チームは良い状態を保ってるよ。この状態を出来るだけ維持していきたいな。
今季のリーガは最後まで接戦になると思う。僕らはそこから置いていかれないためにも、ラシン戦で勝点3を獲る事は絶対条件だ」

ラシン・サンタンデールというクラブ
「曲者だよ。彼らにはいつもいつも苦しめられる。勝つにしても楽に勝ったことはないし。
今回もどのように彼らを攻略するか、一生懸命対策を練っているところなんだ。良い試合をして、対戦を楽しむ事が出来るといいね」

イレギュラーな試合開始時間
「土曜の18時試合開始なんて珍しいよね。しばらく無かった事じゃないかな。個人的にはファンの生活体系を考えると好ましい事ではないと思う。
まぁ、僕らにはそれほど関係ないんだけどね。すでに試合を楽しむための準備は出来ているから」

ピボーテのポジション
「初めてのポジションじゃないから問題ないよ。プレーしやすいし、ボールに触る機会が多いポジションだから楽しんでる」

CL・インテル戦の一件(UEFAからの制裁が発表される前のコメント)
「メディアの情報は何も見ていないんだ。周囲の人からの噂程度は耳にしたけどね。個人的な意見だけ言わせてもらえば、
僕は潔白だしUEFAからの制裁を待つ必要なんて無い。あの場面でも僕は冷静だったし、何も悪い事はしていない。潔白なんだ。それ以上話す事は無いよ」

スペイン代表について
「選ばれない事に焦りは無いね。僕はバレンシアで自分のプレーを続けるだけだ。
アラゴネス監督は僕がチームのために出来る事が何かを知っているし、
もし再び僕に注目し、呼んでくれる事があれば、その時はその恩に報いるつもりでいるよ」

No.1381 / 1173919699
UEFAからの制裁
CL・インテル戦の乱闘騒ぎに対する制裁としてダビド・ナバーロに7ヶ月間、マルチェナに4試合、
インテルのブルディッソとマイコンに6試合、コルドバに3試合、クルスに2試合の出場停止処分が下されました。
また、両クラブにも25万スイスフラン(約2400万円)の罰金が科されました。

この出場停止は、UEFA主催の公式戦(CL、UEFA杯、インタートト杯、UEFAスーパー杯、EURO2008予選)が対象となっています。
というわけで各選手ともリーグ戦には出場できるようです。

が、ナバーロに関してはUEFAからリーグ戦・代表戦を含めた全ての公式戦の出場停止処分となるよう、UEFAからFIFAに申請が出されています。
FIFAから承認が下り次第、ナバーロは練習試合以外での試合出場が出来なくなります。

No.1380 / 1173918850
コロラド・ラピッツの選手がバレンシア入り
3/20に対戦するアメリカのコロラド・ラピッツのメンバーがバレンシア入りしました。
20日までパテルナ練習場でトレーニングしたりユースチームとの練習試合などで調整する予定です。

No.1379 / 1173835422
マンチェスター・Uvs欧州選抜
ローマ条約施行50周年を記念して、マンチェスター・ユナイテッドvs欧州選抜の試合が行われ、4-3でマンチェスター・ユナイテッドが勝利しました。
カニサレスとアジャラの2人が前半の45分間、出場しています。アジャラはマテラッツィとのコンビでしたよ。

No.1378 / 1173835177
ウーゴ・ヴィアナがコメント
オサスナ戦
「ライバルチームの結果を知っていたから、最低でもゴールを奪ってドローには持ち込みたかったんだ。だから最終的に追いつけた事は良かった。
もし勝ってれば首位と1ポイント差だったんだけどね。でもドローでも3差だし、悪くないよ」

試合分析
「僕らにはゴールチャンスがたくさんあったけど、オサスナのGKは最高のプレーをした。間違いなく彼がマンオブザマッチだ。
試合序盤のそのチャンスを生かせなかった事が、結果的に自分たちを苦しめる事になった。最後の方は完全に疲れが足に来ちゃってたし。
それでもその状態でゴールを奪えたので、勝利したのと同じくらいの満足感はあるよ」

No.1377 / 1173800807
メディカルレポート(3/13)
ビセンテ(↑)
ジョギングを始める。理学療法による治療を受ける。

モリエンテス(↓)
左足親指の関節を痛める。理学療法による治療を受ける。

No.1376 / 1173799941
ラウル・アルビオルがコメント
オサスナ戦でのドロー
「僕らは一時期のスランプを脱して、再び優勝を争える位置に戻ってきました。
リーガはまだたくさんの試合が残されていますし、焦る必要はないですよ。
これからの試合をひとつひとつ大事にしていけば、最終的にタイトルを獲れると思います」

土曜のラシン戦
「ホームですし、チームの全員がこの試合に勝ちたいと思っています。
タイトルを獲るためには、勝点3を獲る事と、試合の後すぐに休息をとる事の2つが重要ですね」

UEFAの制裁
「正式な処分は発表されてませんけど、たぶんバレンシアからは2人の選手が対象になると思います。
2人とも大事な仲間ですし、処分が出来るだけ軽い物になるよう祈ってますよ。
でも僕は、マルチェナが制裁を受けるのは納得いきません。彼は自分の身を守ろうとしただけで、誰かを攻撃したわけではないですから。
それでも処分が発表されたら、その決定をチームとして受け入れるでしょう。そして、その処分が解けるまで全員で2人をサポートしていくつもりです。
今回の一件については出来るだけ早く忘れたいですよ。準々決勝を突破するための方法について考えないといけませんから」

スペイン代表について
「今は代表については全く考えていません。周囲からそういう声が聞こえてくるのは知ってますけど、
現時点で僕の頭にあるのは土曜のラシン戦の事だけです」

No.1375 / 1173746398
カニサレスとアジャラが欧州選抜チームに
ローマ条約施行50周年を記念して行われるマンチェスター・ユナイテッドvs欧州選抜の試合に、
カニサレスとアジャラが欧州選抜の一員として選ばれました。
試合は今夜オールド・トラッフォードで行われるそうです。発表が急だなーおい(+_+)

No.1374 / 1173710054
ダビド・ナバーロに罰金
CL・インテル戦での乱闘騒ぎに対して、クラブからダビド・ナバーロに6000ユーロ(約90万円)の罰金が課されました。
これに対し、マルチェナが「自分にも責任がある」と半額の3000ユーロを負担するよう申し出たそうです。

No.1373 / 1173667947
オサスナ戦を終えてコメント
キケ監督
「前半から我々が試合を支配し決定的な場面を2度作っていたが、PKで全てが変わってしまった。
非常に攻撃的な試合となり、双方のチームのGKに見せ場がある試合だった。沢山のゴールは奪えなかったが、この結果は妥当だろう。
我々は最後までゴールを求めて走り続け、最後の最後でそれを手にした。諦めないという点がこのチームの長所だと思う」

オサスナ・シガンダ監督
「疲れた...とにかく疲れた試合だった。両方のチームのGKが活躍するという、一進一退の拮抗した試合だったと思う。
ただ、勝てた試合だけに、最後に引き分けに持ち込まれたのは痛かった」

No.1372 / 1173620131
オサスナ戦に向けて18名招集
GK カニサレス、ビュテル
DF アジャラ、アルビオル、マルチェナ、ダビド・ナバーロ、ミゲル、クーロ・トーレス、モレッティ、デル・オルノ
MF アルベルダ、パジャルド、ウーゴ・ヴィアナ、ホアキン、ホルヘ・ロペス
FW ビジャ、モリエンテス、アングーロ

シルバが出場停止。ナバーロ&マルチェナは汚名返上となるでしょうか。

No.1371 / 1173619981
アングーロがコメント
クラシコについて
「俺たちから見たら引き分けが好ましいだろう。どちらのチームも勝点3を獲れないというのは大きい。
俺たちが勝てばマドリーを突き放し、バルサに接近できるわけだからな」

ポジションについて
「利き足ではないが、左サイドをやれと言われればもちろんやる。特に今回はケガや出場停止が重なっているからな。
ただ、最も重要なのは良い結果を得る事で、誰がどのポジションを務めるとかそういう事じゃない。
俺たちは出られるメンバーで出来る限り良いサッカーをするだけだ」

オサスナ戦
「全く気を抜いちゃいない。インテル戦と同じくらいの緊張感を維持してるよ。
ひとつ試合を終えたらすぐ次の試合の準備を始める。それがプロフェッショナルというものだ」

リーガのタイトル
「3月は重要な一ヶ月になるよ。一歩一歩確実なステップを踏んでいかないと、タイトルを獲れる可能性は小さくなっちまう。
そしてその可能性を持ったまま4月につなげないといけない。4月には上位陣との直接対決もあるしな。
俺が思うに、セビージャとの戦いが一番キツイだろう。アイツらはホント、良いチームだよ」

No.1370 / 1173619940
CL・ベスト8の組み合わせに対するコメント
ホアキン
「2回戦で強力なチームと当たるのは当たり前だよ。だって、1回戦の相手が既にすごく強かったもん(笑)
チェルシーは優勝候補のひとつだね。選択肢の中で最も厳しい相手かもしれない。
でも幸運な事にファーストレグがアウェーだからね。インテル戦と同じように、全てが決まるのはメスタージャに戻ってからだ」

ビジャ
「チェルシーは完成されたチームっすね。安定感とディフェンスに関しては、ヨーロッパで最高レベルですし。
あっ、もちろん攻撃面もレベル高いっすよ。すっごいタレントが揃ってますから。
でも自分で言うのもなんだけど、僕らも素晴らしいチームですからね。勝ち抜いてやるって気持ちは強いっすよ」

フラン/第2コーチ
「残っているチームの中で、一番の強敵と当たる事になってしまった。相手は各セクションに偉大なプレーヤーを揃えた、
おそらく現時点の世界最強チームではないだろうか。我々は間違いなくこのラウンドで苦しめられるだろう。
ただし、簡単な相手では無いが、決して勝つことが不可能な相手ではない。この抽選結果は我々にとって最悪だが、
ファンを喜ばせるためにも勝ちに行くつもりだ」

マルチェナ
「素晴らしい監督と素晴らしい選手達で構成された、とても強く、パワフルな相手だ。彼らとの対戦は、激しくも見応え充分な
互角の戦いになるんじゃないかな。というのは、僕らも強くてパワフルなチームだからね。
チェルシーがどんな作戦で来るかはさっぱりわからないけど、僕らの中に彼らに対する恐怖感は全く無いよ」

ソレール会長
「チェルシーと当たった事が不運だとは思わない。準々決勝に勝ち上がった8つのチーム全てが簡単に勝てる相手ではないし、
そもそも、我々の目標である頂点に立つためには、どんな偉大なチームにも勝たないといけないのだ。
インテルを倒した今、我々に対する評価はぐんぐん上っている。今頃ロンドンでも"バレンシアとの対戦は厳しい"という会話がされているはずだ」

No.1369 / 1173497770
CL・ベスト8の組み合わせが決定
バレンシアチェルシーと戦う事になりました。公式戦では初対決となります。
94/95のプレシーズンに一度だけメスタージャにて練習試合で対戦しており、その時のスコアは1-1(PK戦で2-3で敗戦)でした。
当時の両チームのメンバーで今もチームに残ってる選手はさすがに居ませんが。

チェルシーを下す事が出来れば、次はリヴァプール×PSVの勝者との対戦です。
リヴァプールにはぜひ勝ち上ってもらい、ベニテスさんに今のバレンシアを見せてあげましょう。

No.1368 / 1173429796
CL・ベスト8が出揃う
バレンシア、チェルシー、バイエルン、リヴァプール、マンU、ミラン、ローマ、PSV

次のラウンドからはどのチームとも当たる可能性があるわけですね。さらにこれで決勝までの道のりも見えてきます。その抽選会は今夜です。

ちなみに、オフィシャルの「当たって欲しいチームランキング」ではPSVがダントツのトップ。
以下、ローマ、バイエルン、チェルシーと続きます。自分はPSVよりミランの方がいいけどなぁー。

そして、皆さんリヴァプールとは当たって欲しくないようです。

No.1367 / 1173427864
メディカルレポート(3/8)
バラハ(↓)
CL・インテル戦で右足半膜様筋(ハムストリングの一部)を損傷。全治2ヶ月程度の見込。

ビセンテ(↓)
練習中に左足ハムストリング(大腿二頭筋)のハリを訴える。RNM検査を今日受ける予定。

ダビド・ナバーロ(↓)
CL・インテル戦後の乱闘時に左足太腿を打ち身。広い範囲でアザが残っている状態。理学療法による治療を受ける。

ガビラン&レゲイロ(→)
理学療法・水治療法による治療を受ける。グラウンドでのリハビリ。

エドゥ(→)
ブラジルにて、執刀医の組んだリハビリメニューをこなす。

No.1366 / 1173427815
スペインU-19代表発表
3/13と3/15にポルトガルで行なわれる親善試合ポルトガルU-19代表vsスペインU-19代表のスペインU-19代表メンバーに、
アーロンが招集されました。ヤーゴ・フェルナンデスとのマッチアップですね。

No.1365 / 1173427786
カニサレスが大学で講義
カニサレスがバレンシア市内のカルデナル・エレーラ大学に招待され、「エリートスポーツマンとマスメディア」というテーマで
学生相手に講義を行ないました。学生さんが羨ましい。
ちなみに、クラブはこの大学と昨年11月より業務提携しているみたいです。

No.1364 / 1173427738
ダビド・ナバーロがコメント
オフィシャルページの転載ですが、日本語表現がおかしい点については、発言の意図が変わらない範囲で、敢えて手直ししています。


乱闘騒ぎに関して
「まず初めに、昨夜の一件について公の場で深く謝罪します。サッカー界やサポーター、クラブに対し、著しく礼を欠いた行動をとりました。
直接の被害者であるブルディッソ選手には公の場で謝罪したいと思っています。
困難な状況ではありますが、わたしはこれまで暴力的なプレーをしたことがなく、
それが原因で退場処分を受けたこともありません。これが唯一の言い訳です。
下部組織出身の選手としても良い見本とは言えません。若い選手はフェアープレーを心がけるべきです。
この場をお借りして全世界の方々に深くお詫びいたします。上位進出を決めた試合について、楽しく話し合っているはずの一日を、
気分の悪いニュースで非常に悲しい一日に変えてしまいました。わたしの悪行は疑いの余地がなく、
わたしも含め家族全員が苦しい時間を送っています。あの一日を、なかったものとして消すことができればと祈るほどです」

一夜明けて
「一晩中、父と話し合いました。今回の不祥事について、父もわたしも苦悩しています。
二人で涙を流しました。自分自身、説明ができません。一晩まったく眠ることができませんでした」

チームメートたち
「わたし自身にも、チームにも良い状況ではないのを知りながらも、チームメートたちは、わたしを落ち着かせようとしてくれました」

試合の緊張感はあったが、言い訳にはならない
「緊張感はありました。特に最後の10分は緊張が走り、ベンチにいたわたしはビュテルに話しかけたのを覚えています。
サポーターに挨拶するためにピッチに出た時、マルチェナの周りが騒がしくなっている事に気が付きましたが、
このような行動に出る気持ちはまったくありませんでした。しかし、緊張が気持ちを高め、決して起こしてはいけない行動に出てしまいました。
その後いくつもの反撃を受け、その負傷で練習に参加することができませんでしたが、これは自業自得です」

関係者への謝罪
「キケ監督と話をしてから、この場に来ました。監督は、
"緊張のせいで平常心を失うことはある、その兆しは常に潜んでいる、でもサッカーでは決して起こしてはならない"とわたしに言いました。
その前には会長にも直接連絡し、話しをしました。そしてクラブや会長にご迷惑をおかけたしたことをお詫びしました」

制裁の可能性
「当然、処罰が下ると思っています。UEFAが制裁を加えるのは当然ですし、それを受け入れる気持ちで居ます。
改めてこの場をお借りして、クラブ、UEFAならびにブルディッソ選手に深くお詫びいたします」

このイメージを消す
「もちろん、暴力行為をした姿は普段のわたしの姿ではありません。今まで暴力的な部分はありませんでした。
いつか、このイメージを消せればと願うばかりです。これが唯一言えることです」

その後の事態
「異常な事態でした。すでに一つの不祥事が起こり、それ以上のことがあってはなりませんでした。
インテルの選手がわたしを探しにロッカールームまで来たと後で聞きました。映像を見るのが怖いです」

クラブへの制裁の可能性
「クラブに対して、どのような処罰が下るかわかりません。わたしの行動は完全に間違っていました」

ブルディッソ選手への謝罪
「繰り返しますが、今まで一度も暴力的なプレーをしたことがありません。試合でプレーする選手の緊張、インテルの決定的なチャンス、
ベンチでの無力感、ピッチへの焦り。インテルの選手だからという理由はまったくありません。
ブルディッソ選手に直接会って謝罪するために、彼を探しています。イタリアまで行かなければならないなら、イタリアまで行くつもりです」

No.1363 / 1173258131
CL・インテル戦を終えてコメント
アングーロ
「非常に緊迫した激しい試合だった」

アルビオル
「ベスト8に勝ちあがれた事に満足しています」

カニサレス
「俺達はヨーロッパで最高のチームに勝つ事が出来たんだ」

モリエンテス
「自分達のペースで戦う事が出来た。我々は勝ち抜けるに相応しいチームであると思う」

マルチェナ
「最も興奮していたのはブルディッソだよ。僕らは比較的冷静だった。彼が僕に向かってきたので、僕は後方に身を交わしただけだ」

ビジャ
「試合後に起きた事はすごく見苦しく悲しい出来事でした。残念な事に、双方のチームに、興奮を抑えられない人が数人居ましたね。
試合に関しては、僕らは180分間完璧に任務をこなしました。2試合とも思い通りの試合運びができたからインテルに勝てたんだと思います。
この勝利がリーグ戦の戦いにも良い影響を与えてくれると信じてます。週末はパンプローナで勝点3をもぎ取りたいっすね」

キケ監督
「この戦いがとても苦しいものになる事はわかっていた。そんな中、選手たちがその時その時に応じたプレーを自ら考え、
実践出来た事には非常に満足している。今日の勝ち抜けで、バレンシアはヨーロッパのベストクラブのひとつへ返り咲く事が出来た。
ここまで勝ち上がってくる事は決して簡単な事ではないのだ。幸いな事に我々はまだ夢の続きを見ることが出来る。
ただ、試合後の乱闘については非常に遺憾だ。ブルディッソがマルチェナに突っかかってきて、ナバーロがその行為に応戦してしまった。
ブルディッソのケガが出来るだけ軽いものである事と、出来るだけ最小限の処罰で済む事を祈っている」

ダビド・ナバーロ
「インテルの選手たちが僕の仲間を攻撃しようとしているのを見て、我を忘れてしまった。こんなひどい事をしてしまったのは生まれて初めてだし、
もう二度と同じ過ちを犯すような事はしない。本当に恥ずかしい事をしてしまったと、心から反省している。
インテルの選手がバレンシアのロッカールームに来た時、僕は違う部屋に居たのでその様子を直接は知らないけれど、
数人の仲間からただ事ではないと聞かされ、心から悲しい気持ちになった。
先程カルボーニに相談し、インテルと連絡を取ってもらった。今すぐブルディッソとインテルに謝罪しにいきたい。
そして、今回の僕の行動で影響を受けるであろう全ての方にもきちんとお詫びしたい」

No.1362 / 1173164609
バラハがコメント
ファーストレグの結果
「結果はとてもポジティブなものになった。しかし、我々はまだ何も勝ち得ていない。
もしセカンドレグで良い試合が出来なければ、勝利は遠のいてしまうだろう」

リベンジ
「ここ数年、欧州の舞台で我々は常にインテルに息の根を止められてきたのは確かだ。
しかし我々は、インテルとは相性が悪いなんてこれっぽっちも思っていない。今回こそは、インテルというスペシャルなチームの壁を破るつもりだ」

フィーゴについて
「フィーゴは、自身に降りかかる疑問の声を自らの力で払拭した。マドリーでの最後のシーズンで彼は、各方面から衰えを指摘されていたが、
インテルではその意見が間違いであった事を証明した。未だに彼は偉大な才能を持ったプレーヤーだ」

No.1361 / 1173142792
CL・インテル戦に向けて18名招集
GK カニサレス、ビュテル
DF アジャラ、アルビオル、マルチェナ、ダビド・ナバーロ、ミゲル、クーロ・トーレス、モレッティ、デル・オルノ
MF バラハ、ウーゴ・ヴィアナ、ホアキン、ビセンテ
FW ビジャ、モリエンテス、アングーロ、シルバ

DF陣が全員招集されています。前線はマルチロールな選手が多いですもんね。

No.1360 / 1172974392
カニサレスがリーガ通算400試合出場
カニサレスがセルタ戦の出場でリーガ通算400試合出場を達成しました。
セルタで1部デビューしてから15年間での達成です。完封勝利で飾れてよかったですね!
ちなみにバレンシアに来てからは285試合目となります。来季には300試合達成いけるでしょうね。

No.1359 / 1172974039
セルタ戦を終えてコメント
デル・オルノ
「しばらくプレーしていなかったからどうなるかと思ったけど、うまくいって良かったよ」

アルベルダ
「確かに良い試合ではなかったが、最も重要な事は試合に勝つ事だ」

モリエンテス
「チームには勝点3は絶対に必要だった。長い時間耐える展開になるだろう事は想定していたよ」

キケ監督
「我々の出来は悪かった。非常に難しく、困難な試合になってしまった。インテル戦が控えている事は言い訳にはならない。
選手達は動いてスペースを作るという行為を忘れていたように見える。
勝利のために変化が必要だと感じたから、ピッチ上から消えていた選手を違うタイプのプレーヤーと交代した。それが上手くいったことは良かった。
またカニサレスの2つの素晴らしいプレーで救われたという事も忘れてはならない。彼は自分が偉大なGKである事を今日も見せてくれた。
火曜の試合は今日とは全く異なった性質の試合で、全ての要素が今日とは違う。これからインテル戦の準備を進めたい」

No.1358 / 1172934436
セルタ戦に向けて18名招集
GK カニサレス、ビュテル
DF アジャラ、アルビオル、マルチェナ、ミゲル、クーロ・トーレス、モレッティ、デル・オルノ
MF アルベルダ、バラハ、ウーゴ・ヴィアナ、ホアキン、ビセンテ
FW ビジャ、モリエンテス、アングーロ、シルバ

ビセンテ復帰です。デル・オルノはデビューとなるでしょうか。

No.1357 / 1172933651
UEFA/CAFメリディアンカップ・セカンドレグ
アフリカU-18選抜チームvsヨーロッパU-18選抜チームの試合が行なわれ、0-4でヨーロッパU-18が勝利しました。
2試合トータル10-1です。
アーロンは後半15分からの途中出場、ピエリックは2試合連続のフル出場です。2人ともお疲れ様でした。

« 2007年1月~2月のニュース 2007年5月~6月のニュース »

VCFJapan.org

El Rat Penat

スペインのサッカークラブ
バレンシアCFを応援する
ウェブサイトです。