バレンシアCF応援サイト VCFJAPAN.ORG バレンシアCF応援サイト VCFJAPAN.ORG

VCFJapan.org is the forum for Valencianistas in Japan.

Navigation
Valencia CF

VCF News

VCFメスタージャが今季の全日程を終了

先週末、VCFメスタージャがリーグ最終戦を終え、今季のRFEF2部リーグ残留を達成して全日程を終了しました。

VCFメスタージャが今季の全日程を終了

VCFメスタージャの最終戦の相手はアトレティコ・サグンティーノ。最終・第34節を迎えた時点でVCFメスタージャが勝点43で12位、サグンティーノが勝点41で13位という状況でした。

RFEF2部リーグは12位までが残留、13位が残留プレーオフ進出、14~18位以下が自動降格というレギュレーションになっています。つまり、VCFメスタージャは引き分け以上で残留、サグンティーノは勝てば自分たちが逆転残留という、両チームにとって"決勝戦"となる一戦でした。


【第33節終了時点の順位】
11位 アンドラッチ(44pt)
12位 VCFメスタージャ(43pt)
13位 サグンティーノ(41pt)
14位 フォルメンテーラ(41pt)


この試合、VCFメスタージャはホームでの大歓声を背に序盤から試合を有利に進めました。終盤は引き分け狙いの守備固め+カウンターアタックの形態にシフト。カウンターから抜け出したゴサルベスがGKとの1vs1を決めていれば、その時点で残留が確定していたところでした。

そして、後半ロスタイム7分までをしのぎ切り、勝点1を加えたVCFメスタージャは残留を達成。一方のサグンティーノは、14位フォルメンテーラが勝利したため順位を抜かれて自動降格と両チームの明暗が分かれることになりました。


【第34節終了時点の順位】
11位 VCFメスタージャ(44pt)
12位 アンドラッチ(44pt)
13位 フォルメンテーラ(44pt)
14位 サグンティーノ(42pt)


リーグ前半戦を終えた時には16位で降格圏に沈んでいたVCFメスタージャ。上昇の鍵は冬の補強でした。

ヤレク・ガシオロウスキがトップチームに引き抜かれたうえ、タレガをレンタルで放出したことで手薄になったCBの穴埋めにやってきたアレックス・セラ。また、不安定だった6番のポジションをがっちりと固めたセサル・モレーノ。この2人の獲得により、チームのセンターラインに安定感が生まれました。そしてピーテルの獲得により、VCFメスタージャに専念することになったウーゴ・ゴンサレスも後半戦だけで7ゴールを記録するなど大きな"補強"となりました。

そして最終節まで苦しむことになった大きな理由のひとつに、第31節トレント戦での誤審を忘れてはいけません。この試合、終盤までホームで2-1でリードしていたVCFメスタージャでしたが、87分にイケル・コルドバがPA内で存在しないハンドを取られて退場。PKはニル・ルイスが一度は止めたものの、リバウンドを押し込まれて、引き分け。勝点2を落とすことになりました。

翌日、RFEFは誤審を認め、イケル・コルドバのレッドカードは取り消されましたが、失った勝点2は戻りません。結果的に最終節まで残留のために勝点1を争う展開となりました。

同カテゴリの前後の記事

« フットボール・ドラフト2024 第1次審査会

VCFJapan.org

El Rat Penat

スペインのサッカークラブ
バレンシアCFを応援する
ウェブサイトです。