バレンシアCF応援サイト VCFJAPAN.ORG

VCFJapan.org is the forum for Valencianistas in Japan. バレンシアCF応援サイト

Navigation
Valencia CF

VCF News

フルキエ獲得決定、契約直後のコメント

グラナダ所属の元フランスU-21代表DFディミトリ・フルキエ(28)を完全移籍で獲得しました。4年契約で移籍金は260万ユーロ+インセンティブとなります。

フルキエ獲得決定、契約直後のコメント

リーガへの投資を発表したイギリスの投資ファンドCVCキャピタル・パートナーズからの資金注入の恩恵により、クラブはマルコス・アンドレに続いて2人目の完全移籍での選手補強を実現しました。

フルキエはフランス北部の街サルセル出身の右サイドバックを本職とする選手です。レンヌの下部組織で育ち、2013/2014シーズンにグラナダへのレンタル移籍でスペインにやってきました。2017年の夏にイングランドのワトフォードに完全移籍しましたが、ストラスブールやヘタフェなどへレンタル移籍を繰り返し、ほとんど出番がないまま退団。2020年にグラナダに復帰しました。フランスU-18、U-19、U-20、U-21代表でのプレー経験があり、グアドループ代表としての出場資格も持っています。

このフランス人DFの移籍にあたり、グラナダは400万ユーロの移籍金を要求してきていました。これはグラナダがワトフォードから彼を買い戻す際に320万ユーロを支払っており、さらに今回の移籍金の20%をワトフォードに支払うという条項があるためでした。バレンシアは当初250万ユーロでのオファーを出していましたが、最終的に100万ユーロを上乗せし、不足分はいくつかの条件を満たした場合のインセンティブという形で合意に至ることが出来ました。

フルキエ自身は2018/2019シーズンにレンタルでヘタフェでプレーした際にボルダラス監督の指導を受けています。負傷を繰り返しているピッチーニの復帰の目途がつかないこともあり、ボルダラス監督はかつての教え子である彼の獲得を熱望していました。彼の獲得により、ボルダラス監督はヴァスをピボーテに専念させることが出来ます。

フルキエ
「ここに来たいと思っていたので、とても嬉しいです。やっと契約が結ばれました。ここからはクラブの信頼に応えるための時間です。

ボルダラス監督のことは既に知っています。彼がどんな人間であるかを知っていますし、彼もまた僕がどんな選手であるかを知っています。このことは僕が新しいチームに適応するための役に立つと思います。監督はバレンシアにとって最高のものを望んでいますし、僕もその気持ちは同じです。

僕のモットーは献身的に働くことです。働いていてうまくいくこともあればうまくいかないこともあります。でも、最も重要なことはベストを尽くすことです。

ファンの皆さんもクラブにとって最高のものを望んでいることを理解しています。試合に勝つためにファンと団結して働くつもりです」

« ソブリーノ退団 ガランチョ獲得決定 »

VCFJapan.org

El Rat Penat

スペインのサッカークラブ
バレンシアCFを応援する
ウェブサイトです。