バレンシアCF応援サイト VCFJAPAN.ORG バレンシアCF応援サイト VCFJAPAN.ORG

VCFJapan.org is the forum for Valencianistas in Japan.

Navigation
Valencia CF

VCF News

ボルダラス監督のヘタフェ戦前日会見(2021/8/12)

2021/22シーズンのリーガ開幕を控えて、ボルダラス監督が前日公式会見に臨みました。メディアからの質問はなかなか進まない補強についての話題が多くなり、ボルダラス監督も「期待通りではない」ことを認めましたが、それでも「今はヘタフェ戦に集中することが大事である」と話しました。

ボルダラス監督のヘタフェ戦前日会見(2021/8/12)

──補強の遅れについて
「理想的な状況ではありません。当初クラブと話し合って同意したこともあり、新たな選手たちを欲しています。私たちは競争できるチームになるために、各ポジションを強化するためのより多くのオプションを持てるようにしたいと思っています。早く補強が実現してくれることを願っています」

──新シーズンに向けてのチーム作りについて
「もちろん、すべてを補強だけに頼るつもりはありませんが、苦労していることは確かです。先ほども言いましたが理想的な状況ではありません。私は必要な選手を増やしたいと思っていたからこそクラブと話す機会を設け、彼らに伝え、理解してもらいました。私が来る前に彼らが考えていたことについては、私は考える必要はありません」

──補強がされないことに対する不満について
「まだ15日間残っていますし、新たな選手が来ることを心から信じています。今はまだ落ち着きを失ってはいけませんし、今集中すべきはヘタフェとの試合についてです。彼らは苦戦した昨季一年を終えて、非常に野心的な夏を過ごしています。7人の選手を補強し、今季は非常に競争力を持ったチームになっています」

──新戦力なしでの開幕戦について
「新たな選手を加えた全員で今日を迎えたかったのですが、そうなりませんでした。今は既に私たちのチームに居る選手たちに焦点を当てましょう。クラブは必ず約束を果たしてくれると信じていますし、新たな選手たちがやってくると信じています。他の可能性については考えられません」

──ゲデスの移籍の可能性について
「彼はバレンシアの選手であり、プレシーズンを通じて私たちと一緒に居ました。彼に何が起こるかはこれから見ていきましょう。彼は重要な選手であり、私たちと一緒に続けてくれると信じています。彼ともミーティングを行いましたが、私はそこでの会話に満足しています。彼には私が考えていることと、チームに必要なことについて説明しました。これ以上のことは話せません」

──マルコス・アンドレ獲得の可能性について
「明日の試合に非常に集中しているときです。来週のどこかで、獲得の可能性のある名前について話す機会があるでしょう」

──財政的な理由により選手登録が認められないアルデレーテについて
「私たちはチームの全員を明日の試合で起用できると信じています。クラブが可能な限りのことをしてくれると確信しています」

──シレセンの状態について
「明日の練習が残っているため、それを終えてからどうするかを判断します」

──カルロス・ソレールの状態について
「カルロス・ソレールもチームに合流しました。銀メダリストとしてオリンピックから帰ってきた時から、彼はチームメイトたちと一緒にリーガを始めることを望んでいました。戻ってから数日間の休暇をとっており、コンディションは良好です。彼自身がチームを助けたいと思っていますし、私も彼を頼りにしています。

──ラチッチの状態について
「彼も負傷していましたが既にチームでトレーニングをこなしています。試合のリズムだけ足りていませんが、状態も良く、プレーする準備はできています」

──ヴァスの去就について
「ヴァスは約束された安心感をもたらしてくれる選手です。私は彼に現在の状況を尋ねました。彼は準備が出来ており、プレーすることを望んでいます。欧州選手権から戻ってきてからも調子が良く、私たちは彼を戦力として数えています。重要な選手ですし、私たちのもとに残ってくれることを信じています」

──ジャウメ・ドメネクの状態について
「ジャウメはヒザを負傷していますが、間もなくチームに戻ってこられる状態です」

──トニ・ラトの状態について
「ラトは筋肉系統の負傷です。彼についてもできるだけ早くチームに参加してほしいと思っています」

──古巣であるヘタフェとの対戦について
「私が長い時間を一緒に過ごした選手たちによる非常に堅実なチームです。彼らはお互いをよく理解していますし、刺激的な新しい監督を迎えてチームを改善し、強化しました。強力なライバルであり、難しい試合になるでしょう。私たちは最高のレベルを出さなくてはなりませんが、そのための準備と精神面の集中はできています。ヘタフェは私が長い間過ごしてきた愛しているチームのひとつであり、全ての選手やクラブの職員たちを知っています。今でも素晴らしい関係を持っているといえるでしょう。ですが、今この時点で明日の試合での私の目標は、バレンシアが最高のバージョンとレベルを提供することです」

──リーガの開幕戦について
「リーガの最初の3ポイントであり、とても重要である、ということをチームに伝えています。私たち全員が集中する必要がありますし、全員でバレンシアとしてのアイデンティティを証明したいと思っています。これは私がここでの初日からやってきた仕事です。今、私は落ち着いています。ボルダラスはこのチーム、このクラブ、このファンのために全てを捧げることを約束します」

──プレシーズンマッチの結果について
「今のところ、それについては考えていません。プレシーズンは、チームのレベルを最適化するためのものであり、その結果に夢中になったことはこれまで一度もありません。全てはテストであり、最も重要なのは明日の試合です」

──バレンシアでの公式戦デビューについて
「私にとって非常に重要なことです。大きな熱意と大きな責任を感じていますが、プロとして私は自分の経験を踏まえて穏やかで落ち着いた気持ちでいます。バレンシアには素晴らしい歴史、素晴らしいファン、クラブに思いを持つ多くの人たちが居ます。人生の全てをバレンシアに捧げてる友人たちと一緒に過ごしてきたこともあり、そのことをよく理解しているつもりです」

──メスタージャのファンについて
「彼らのサポートは非常に重要であり、彼らがチームを後押ししてくれることに何の疑いもありません。彼らの存在は私たちにとって大きなアドバンテージとなるでしょう」

──ピーター・リムとの会話について
「とても気さくな人であると感じました。私はチームのニーズを彼に説明し、彼もそれを理解してくれました。とてもリラックスしたミーティングになり、満足しています。彼と話せる機会を持てたことにも満足しています」

──リムからチームの目標はヨーロッパカップ戦と言われたか、という質問について
「その質問については断固としてノーと言えます。私はそのテーマについて何も言われていません。私たちは一日一日のことを考えていきます。監督という立場からその質問に回答しますが、クラブにはその責任を負うべき人たちが他に居ます。私の責任は選手たちを指導し、最高のパフォーマンスを引き出してその全てをピッチで出させることです。そして、これこそが私が毎日選手たちに求めていることです」

──メッシの移籍について
「大きな損失です。長年に亘って私たちを楽しませてくれた世界最高の選手について私自身の意見を何度も述べてきました。非常に大きな損失ですし、非常に大きな悲しみです。メッシは私たちのリーグで続けるべきでした。彼にもっとできたことがあったのかはわかりませんが、彼が去ることを決して認めるべきではなかったと思っています。ショー、タイトル、満足感を与えてくれて、リーガを競争力のあるものにしてくれる選手でした。大変残念な思いです」

« アンドレア・オケネ獲得決定 ヘタフェ戦を終えてボルダラス監督のコメント(2021/8/13) »

VCFJapan.org

El Rat Penat

スペインのサッカークラブ
バレンシアCFを応援する
ウェブサイトです。