バレンシアCF応援サイト VCFJAPAN.ORG バレンシアCF応援サイト VCFJAPAN.ORG

VCFJapan.org is the forum for Valencianistas in Japan.

Navigation
Valencia CF

VCF News

VCFメスタージャとメリトンの失敗

VCFメスタージャが絶対に失敗してはいけないシーズンがあったとしたら、それは今季でした。2部Bリーグ(1977年誕生/3部相当)、3部リーグ(4部相当)の消滅とリーガ・プリメーラRFEF(1ª RFEF/3部相当)、セグンダRFEF(2ª RFEF/4部相当)、テルセーラRFEF(3ª RFEF/5部相当)の誕生という今夏施行されるスペインサッカーのカテゴリー再構築は、2部Bリーグで成績の悪かったチームから2つのカテゴリーを失うことを強制します。

VCFメスタージャとメリトンの失敗

VCFメスタージャは、前節も勝利を逃したことにより数学的な可能性は残すものの、事実上のダブル降格(3部→5部)が決定しました。もちろん、今季22試合でわずか2勝(10分10敗)という成績が要因であり、彼らより悪い成績を残しているのはCD Covadonga、SD Leioa、CD Marino、CF Lorca Deportiva、CP Villarrobledoの5チームのみです。

昨夏のメリトン・ホールディングスの混沌としたスポーツプロジェクトは、VCFメスタージャをスペインの5部リーグに引きずり込みました。これは、経済危機に瀕したクラブが宣言した若手選手育成計画「メリトン・ユース・ポリシー」の中期的な将来に致命的な影響を与えるものです。

VCFメスタージャの降格によりトップチームとサテライトチームの間に大きな距離が置かれることになり、カンテラーノたちの成長・育成の自然なプロセスが成り立たなくなります。最もわかりやすい点としてはカンテラーノがエリートサッカーに飛躍する準備が出来ていない状態でトップチームにやってくることです。5部リーグでプレーする選手が、突然1部リーグでプレーすることの難しさを想像できるでしょうか。

そしてもう1点は、他のプリメーラのクラブのサテライトチームの大多数がより高いカテゴリーに所属することです。メリトンが本当にカンテラのプロジェクトに賭ける場合、プリメーラのほとんどのチームと比較して不利な立場におかれることでしょう。

プリメーラRFEF(1ª RFEF):サテライトチームにとって最も適切な場所

ライバルチームたちのサテライトチームのほとんどが、スペインサッカーの新しい3部リーグとなる1ª RFEFの所属チームとなることが確定しています。このリーグには20チームずつ2グループの合計40チームが参加します。現在、この新たなカテゴリに分類が決まったチームは既に30あり、そのうちの8つはプリメーラに所属するチームのサテライトチームです(バルセロナB、レアル・マドリー・カスティージャ、ビジャレアルB、アトレティックB、レアル・ソシエダB、ベティス・デポルティボ、セルタB、バジャドリー・プロメサス)。そして、そのいくつかは来季のセグンダに参加する可能性も持っています。加えて、セビージャ、オサスナ、レバンテ、カディスなどのサテライトチームが1ª RFEFを目指して2ndフェーズを戦っています。

そして、VCFメスタージャの損失はスポーツ面だけにとどまりません。RFEFは、このカテゴリに所属するチームが約30万ユーロを受け取ることを目標として、放映権の一括販売(1200万ユーロ)に取り組んでいます。

セグンダRFEF(2ª RFEF)からも脱落するということ

VCFメスタージャは、来季の4部相当の2ª RFEFにも参加できません。このカテゴリーは地理的な基準によって作成された18チーム×5グループの90チームで構成されます。アトレティコ・マドリー、グラナダのサテライトチームがここの所属になることが決まっています。また、ウエスカ、エイバル、エルチェのサテライトは現在3部リーグで、来季2ª RFEFに参加するための最後の戦いを続けています(エルチェは昇格がほぼ絶望的)。

また、ビジャレアルCが現在、3部リーグで2ª RFEFに参加するためのリーグで首位に立っています。彼らがこのままリーグ優勝を決めた場合、来季はVCFメスタージャよりも高いカテゴリーでプレーすることになります。

テルセーラRFEF(3ª RFEF)という井戸

現在の3部リーグから継承されます。26チームが現在の2部Bリーグからの降格チーム、234チームが現在の3部リーグのチーム、残りの64チームが各州リーグからの昇格チームとなり、合計324チームが18チーム×18グループに分けられます。プリメーラに所属するチームの中ではバレンシアの他にヘタフェが2部Bリーグからの降格組として参加が決定的、アラベスも2ndフェーズの成績によってはVCFメスタージャと同様のダブル降格の可能性が残されています。

以上の通り、ほぼすべてのサテライトチームがVCFメスタージャよりも健康的でより上のレベルに所属することになります。メリトンの経営がどんなものであるかを説明するのに、どうやらこのケースも役に立ちそうです。

関連記事
VCFメスタージャが1リーグ降格

« 2020/21 División de Honor Juvenil (Grupo 7) 2ª fase Jornada 3 ママルダシュヴィリ獲得決定 »

VCFJapan.org

El Rat Penat

スペインのサッカークラブ
バレンシアCFを応援する
ウェブサイトです。