バレンシアCF応援サイト VCFJAPAN.ORG

VCFJapan.org is the forum for Valencianistas in Japan. バレンシアCF応援サイト

Navigation
Valencia CF

VCF News

2019/2020 UEFAチャンピオンズリーグRound of 16:アタランタ戦2ndレグに向けて19名招集

GK ジャウメ・ドメネク/シレセン
CB ディアカビ/ギジャモン
SB ヴァス/フロレンツィ/ガヤ
CH パレホ/コンドグビア/コクラン/カルロス・ソレール
SH フェラン・トーレス/チェリシェフ/ゲデス/イ・ガンイン
FW ロドリゴ/ガメイロ/ソブリーノ

2019/2020 UEFAチャンピオンズリーグRound of 16:アタランタ戦2ndレグに向けて19名招集

COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の猛威の影響を受け、この一戦は無観客試合となりました。キャプテンのパレホは公の場でこの決定に不満の声を上げましたが、クラブはスペイン政府のこの決定に従う方針です。また、通常チャンピオンズリーグの試合前日は両クラブの公式会見が開かれるのですが、今回は前日会見、試合後の会見いずれも行われないことになりました。

ガブリエウが出場停止、コレイアとジャウメ・コスタが戦術的理由による招集外となりました。また、怪我が治り、この試合での復帰が期待されていたマンガラが胃腸炎に罹ってしまい、この大一番への出場が絶望的となりました。ギジャモンが出場すればチャンピオンズリーグデビューとなりますが、セラーデス監督は練習でディアカビとコクランのコンビでCBを試したようです。

今回の一戦、バレンシアはアウェーゴールを1つ奪われた時点で逆転突破には4点以上が必要に、2つ奪われた時点で6点が必要となります。2000年以降にバレンシアが欧州カップ戦で6ゴール決めたのは5回ありますが、いずれも当時のバレンシアから見て力の落ちるチーム(ゲンク、バーゼル、ブルサスポル、レギア・ワルシャワ、ラピド・ウイーン)が相手の試合であり、今季のセリエAで4位につける今回の対戦相手に当てはめることは難しいと考えられます。これを踏まえると、バレンシアが狙うべきは相手を無失点に抑えての3-0の勝利であり、2失点した時点で実質のゲームオーバーといえるでしょう。

今季のセリエAで最も高い攻撃力を誇るアタランタは昨年11月10日のサンプドリア戦以降4か月間ゴールし続けており、直近17試合で50得点を記録しています。バレンシアの守備陣はスクランブル状態であり、ミッションの達成は非常に難しいですが、不可能ではありません。2003年にデポルティボがミランを4-0で破ったように、2018年にローマがバルセロナを3-0で破ったように、そしてバレンシアが2014年にピッツィ監督の下でバーゼルを5-0で破ったように、奇跡を期待しましょう。

« 2019/2020 リーガ第27節:アラベス戦に向けて18名招集 5名の選手・スタッフが新型コロナウイルス検査で陽性に »

Valencia.jpn.org

El Rat Penat

スペインのサッカークラブ
バレンシアCFを応援する
ウェブサイトです。