バレンシアCF応援サイト VCFJAPAN.ORG バレンシアCF応援サイト VCFJAPAN.ORG

VCFJapan.org is the forum for Valencianistas in Japan.

Navigation
Valencia CF

VCF News

ADU Mediterráneoとメスタージャ売却で合意

メスタージャの土地の買い手を見つけ、頓挫したまま10年以上が経過している新スタジアム建設を進めるためにデロイト社と提携してからおよそ一年、クラブはようやく長いトンネルの終わりを見つけることができそうです。

クラブのGMを務めるマテウ・アレマニーは昨夜公式会見を行い、1億1300万ユーロでメスタージャの土地を売却することでADUメディテラネオ住宅協同組合(La Cooperativa ADU Mediterráneo)と合意したことを発表しました。

ADU Mediterráneoとメスタージャ売却で合意

アレマニーは会見の最初に「不動産売買について話すためには、あらゆる面で正確性が求められる。現時点で我々はこの売買の詳細について話す状態からは程遠い。ただ、メスタージャの未来に関して法的拘束力のある最初の契約をしようとしている。相手はADUメディテラネオだ」と話しました。

ADUメディテラネオ住宅協同組合は、スペイン住宅協同組合連合会(Confederación Española de Cooperativas de Vivienda/通称:Concovi)の公的支援を受けている団体です。このADUはメスタージャの土地について「将来的に複合型集合住宅を建設する」プランを持っていることを明らかにしています。具体的には97,225m²の土地のうち57.36%にあたる55,769m²を住宅用、残りを商業施設用として使用する予定で、住宅用地には現時点で485の高級住宅建設が含まれています。また、これはバレンシア市内で過去10年間で最大規模の土地取引となります。

クラブは売却希望価格を1億2000万ユーロに設定(ピーター・リムは1億5000万と見積り)していましたが、バレンシアの実業家José Luis Santa Isabelが率いるこの団体からのオファーは、事前審査をパスした4つのオファーの中で最もクラブの希望額に近いものでした(ADUは営利企業ではないため、別の企業からのオファーよりも好条件になりました)。クラブは10月に売却契約書にサインする予定とのことです。

また、新スタジアムの建設費用についてアレマニーは「入札前にコストを見積もることは難しい。新たな建設会社と話した後、ADUからの資金で支払われることになる」として明確な数字を答えませんでした。オープンの時期については「工事完了までに18~22ヶ月かかるとみている。全てがうまくいけば、2022/2023シーズン中にメスタージャを離れて新スタジアムに行ける見込み」と述べています。

« 公式戦16戦無敗のクラブタイ記録 1部リーグ通算4500ゴール達成 »

VCFJapan.org

El Rat Penat

スペインのサッカークラブ
バレンシアCFを応援する
ウェブサイトです。