バレンシアCF応援サイト VCFJAPAN.ORG バレンシアCF応援サイト VCFJAPAN.ORG

VCFJapan.org is the forum for Valencianistas in Japan.

Navigation
Valencia CF

VCF News

さよならヌーノ監督

クラブはヌーノ監督との2018年まで残っていた契約を解除する事で合意しました。ヌーノ監督は就任から1年半でクラブを去ります。

またヌーノ監督の辞任に伴い、第2監督のルイ・シルバ、フィジコのアントニオ・ディアスもクラブを去りますが、アシスタントコーチのフィル・ネヴィルはクラブに留まる事になりました。

ヌーノ監督は2014年の夏に1年契約でバレンシアにやってきました。就任1年目の昨季、優勝した2003/04シーズンに並ぶクラブ記録の勝点77を獲得し、チームにチャンピオンズリーグの出場権をもたらすと共に2018年までの契約延長も勝ち取りました。一年でバレンシアニスタからの厚い信頼を得たヌーノ監督でしたが、今夏アマデオ・サルボCEOとフランシスコ・ルフェテSDをクラブから追い出した事で評価が変わり始めます。そして、自身の代理人でもあるジョルジュ・メンデスの選手たちを優遇するかのような不可解な選手起用に加え、リーガ、チャンピオンズリーグでの成績不振が重なり、バレンシアニスタの間からは辞任を求める声が日増しに大きくなっていきました。

チーム浮上の兆しが一光に見えない上、チャンピオンズリーグでも自力でのグループステージ突破の目が無くなった事で、オーナーのピーター・リムもしびれを切らしました。セビージャ戦の試合前に行なわれたリム、チャン・レイフン会長、ヌーノ監督の会談で、リムがヌーノに対し「この試合に敗れたら辞任を」と迫ったと報じられています。

ヌーノ監督はバレンシアで公式戦62試合を戦い、32勝16分14敗、得点104失点60という成績を納めました。リーグ戦では51試合で27勝15分9敗、50試合以上指揮を執った監督の中では敗戦率がクラブ史上最少となっています。また、この51試合という数字はポルトガル人監督としては、モウリーニョに次いでリーガ歴代2位となります。

後任監督は現時点では未定ですが、水曜日に行なわれる国王杯:バラカルド戦と今週末に行われるバルセロナ戦は、チーム代表のボロが暫定監督を務めます。ボロはクーマンが解任された2008年、ペジェグリーノが解任された2012年に次いで3度目の暫定監督就任となります。

« ジョエルがレンタル移籍 トップチームの新監督にギャリー・ネヴィルが就任 »

VCFJapan.org

El Rat Penat

スペインのサッカークラブ
バレンシアCFを応援する
ウェブサイトです。