バレンシアCF応援サイト VCFJAPAN.ORG バレンシアCF応援サイト VCFJAPAN.ORG

VCFJapan.org is the forum for Valencianistas in Japan.

Navigation
Valencia CF

VCF News

ディアカビが右ひざを脱臼(追記あり)

前節:レアル・マドリー戦でディアカビが相手選手との激突で右ひざを負傷し担架で運ばれました。負傷の様子を見た選手たち全員が手で顔を覆う姿から、軽傷ではないことが見て取れました。

ディアカビが右ひざを脱臼(追記あり)

昨日発表されたメディカルレポートによると、最初の診断では右ひざの脱臼という診断でした。ひざの靭帯の複数損傷などの可能性もあります。引き続き臨床検査のためディアカビは入院しながら精密検査を受ける予定です。

ディアカビのSNSには多くの選手・監督・ファンからお見舞いの声が寄せられています。そしてディアカビ自身が昨夜SNSにてコメントを出しました。

「昨夜の試合後、数えきれないほど多くのメッセージを受け取りました。皆さんに感謝しています。これから待ち受ける試練の間、私にモチベーションと力を与えてくれるでしょう。

特に優しさと思いやりを持って、迅速に病院に運んでくれた皆さん、クラブ、医療チームに感謝したいと思います。

残念なことに、怪我はサッカーの一部であり、ハイレベルなスポーツの一部です。長い戦いになるでしょうが、私はそのための準備が出来ています。出来るだけ早く、そして強くなってピッチに戻ってこられるように全力を尽くします」


※追記(3/6)
ディアカビは48時間の臨床検査を終え、一時退院となりました。複数メディアの報道を総合すると、右ひざの前十字靭帯・後十字靭帯を含む膝複合靱帯断裂を伴う脱臼とのことです。

退院したディアカビがまず最初にしたことはパテルナ練習場訪問でした。松葉杖をつきながら練習場に顔を出し、チームメイトやスタッフに挨拶しました。


バレンシアも昨日二度目のメディカルレポートを出しました。それによると、ディアカビはフランス・リヨンに帰り、明日木曜にリヨン市内のジャン・メルモーズ私立病院にてベルトラン・ソヌリー=コテ医師による手術を受けるとのことです。

ベルトラン・ソヌリー=コテ医師はリヨン出身の世界的に有名な整形外科医で、膝靱帯損傷とスポーツ外傷の治療を専門としており、年間600件以上の膝の複数靭帯再建手術の実績があります。過去にはイブラヒモヴィッチ、ネイマール、フェキルらの手術も担当しています。

同カテゴリの前後の記事

« メディカルレポート(2/4) メディカルレポート(3/19) »

VCFJapan.org

El Rat Penat

スペインのサッカークラブ
バレンシアCFを応援する
ウェブサイトです。