バレンシアCF応援サイト VCFJAPAN.ORG

VCFJapan.org is the forum for Valencianistas in Japan. バレンシアCF応援サイト

Navigation
Valencia CF

VCF News

ハビ・グラシア監督のバルセロナ戦前日会見(2020/12/18)

ハビ・グラシア監督は、バルセロナ戦前日会見で「私たちが唯一考える選択肢は勝つことである。そのために私たちは働いている」と話しました。

ハビ・グラシア監督のバルセロナ戦前日会見(2020/12/18)

──中盤のテコ入れについて
「選手やゲームシステムを変更するためのあらゆるオプションについて常に考えています。その上で、ゲームメイクについてはMF単独で責任を負わせるべきではありません。これはチーム全体の仕事であり、全員で改善する必要があります」

──自身の解任の可能性について
「それについて考えるのは私の仕事ではありませんし、私は考える必要がありません」

──バルセロナ戦の準備について
「11日間で4試合、非常に過密日程です。このような中、最も重要なことは最善の方法で試合を迎えることです。激しい試合の後、重要なのは選手たちを回復させることであり、私たちに与えられている仕事の時間を活用することです。今日は、この試合の課題に最も集中して取り組むことが出来ました」

──冬の補強について
「既に話している通り、私はチームに必要なものを明確に述べており、クラブも会長もそれを知っています。ただ、それについてのリアクションもミーティングもありませんし、正直なところミーティングの機会があるとも思っていません。補強についてはクラブが決断を下すことであり、私の仕事はチームを指導することです。私たちは日々改善に努めています。確かに国王杯ではチームは良いレベルにありませんでしたが、私たちは現在居る選手たちと協力しなければなりません」

──クーマンのバルセロナについて
「日に日に競争力をつけており、それによりポジティブな結果のダイナミクスを持っています。監督を含め成長しているチームという印象です。彼はここに居たこともありますし、皆さんの方が深い知識をお持ちなのではないでしょうか」

──今の状況をあなたは苦しんでいますか?楽しんでいますか?
「楽しむためには苦しむ必要があります。改善の必要があること、私たちはそれを認識しています。私は今の自分たちの仕事が改善して、良い試合をし、良い結果をもたらしてくれると信じています」

──国王杯でデビューした選手たちについて
「既に言いましたが、私も含め、チームの誰もがあの試合に満足していません。なんとか勝ち上がれたことだけがポジティブな成果で、私たちの選手のレベルを証明することが難しい内容でした。私は彼らに殻を破ってもらいたいと考えています。もちろん簡単なことではありませんが。彼らはこれまでほとんどプレーしていませんでしたが、現在のチーム状況ではそれをしなければなりませんし、すぐに自分のベストを出さなくてはなりません。そこまで行くのに本来は長い道のりがあることも理解したうえで言っています」

──バルセロナ戦のプランについて
「私たちが考える唯一の選択肢は勝つことです。その悲願のために私たちは働きます。ボールの有無にかかわらず、アグレッシブに挑もうと考えています。バルセロナにポゼッションで勝つことは難しいことです。なので、守備面で良い仕事をしたいと考えています。私たちは常に何をすべきかを理解しなければなりません。私たちの仕事次第で、同じ結果でも評価が非常に異なる可能性が有ります。私が今言えることは、チームは野心に満ちていて、必要な責任感を持っていることです。」

──国王杯の次の相手ジェクラノ・デポルティーボについて
「これから試合を見ます。日を空けずに試合をする必要がありますので、その時点で誰がフレッシュなのかを確認します。チームと状況に応じて決断を下します」

« 2020/2021 リーガ第14節:バルセロナ戦マッチ・プレビュー フベニールBのルベン・セジェス監督が辞任 »

VCFJapan.org

El Rat Penat

スペインのサッカークラブ
バレンシアCFを応援する
ウェブサイトです。