バレンシアCF応援サイト VCFJAPAN.ORG

VCFJapan.org is the forum for Valencianistas in Japan. バレンシアCF応援サイト

Navigation
Valencia CF

VCF News

ジョルディ・エスコバルに退団の可能性

マルセリーノの下で昨季、既にプレシーズンマッチでのトップチームデビューを果たしているスペインU-17代表FWジョルディ・エスコバル。このカタルーニャ人ストライカーは今、クラブからの信頼を感じておらず、1月での退団を検討し始めています。

ジョルディ・エスコバルに退団の可能性

この17歳のカンテラーノは、ブラジルで開催されるU-17ワールドカップの代表メンバーに順当に選ばれました。ダビド・ゴルド代表監督の下、これまで通り背番号9を付けてキャプテンとして大会に臨むことになるでしょう。このように代表チームではビッグイベントに向けてモチベーションを高めているジョルディですが、バレンシアでは幸せな日々を過ごせていません。その理由は今季の彼のプレー時間が証明しています。

今季VCFメスタージャはリーグ戦8試合とプレミアリーグ・インターナショナルカップを1試合戦いましたが、ここまで彼のスタメン出場は一度もありません。出場時間もわずか99分のみです。加えて彼をサポートするスポーツプロジェクトも存在していません。ジョルディはクラブの経営陣に失望しており、さらにホルヘ・ロペスの彼への対応が彼のバレンシアでのキャリアを終わらせる可能性があります。

ジョルディは、スーペルデポルテのインタビューにて、バレンシアの自身への扱いについて明確に不満を漏らしました。

「クラブの扱いに満足していません。今季の僕はバレンシアでプレーした時間よりスペイン代表でプレーした時間の方が多いんです。サッカーの世界でそのような状況の選手は居ないのではないでしょうか。ホルヘ・ロペスは僕に"カンテラでは最高のプレーヤーだったが、VCFメスタージャですぐにプレーさせるつもりはない"と言いました。この言葉を聴いてバレンシアから信頼されていると感じることはできません。これはクラブが僕に多くの時間を与えるつもりがないということです。今はU-17ワールドカップで出場機会をもらって、サッカーをすることだけが楽しみです。僕が好きなのはプレーすることですから」

ジョルディは、今季VCFメスタージャのリーグ戦8試合のうちサバデル戦(29分)、オロット戦(30分)、エスパニョールB戦(23分)、ナスティック戦(17分)の4試合に途中出場しました。併せて100分にも満たない出場時間です。彼が今季唯一スタメン出場したのはアムステルダムで行われたUEFAユースリーグのアヤックス戦です。

2018年1月、バレンシアはジョルディの将来に賭けて2022年までの契約を結び、8000万ユーロの契約解除金を設定してオファーを送り続けてくる多くのクラブを牽制しました。しかし、選手に対する経済的な保護と現場での扱いは、現在等しいものであるとは言えません。そして彼の現状を認識している多くのクラブから再び彼にオファーが届いています。これまで多くのカンテラーノに起きたように、1月に「エスコバル事件」が起きる可能性は大いに有り得るでしょう。

また、ジョルディの弟:イスマエル・エスコバルも今季ここまでは不本意なシーズンを過ごしています。2400万ユーロの契約解除金を持つイスマエルは今季フベニールBでわずか25分しかプレーしていません。リーグ戦7試合で一度もスタメン出場は無く、エメルソン・エステベ監督が率いるチーム自体も3勝1分3敗で順位表の中位をさまよっています。

« ナチョ・ビダルのインセンティブ契約 2019/2020 リーガ第9節:アトレティコ・マドリー戦に向けて19名招集 »

VCFJapan.org

El Rat Penat

スペインのサッカークラブ
バレンシアCFを応援する
ウェブサイトです。