バレンシアCF応援サイト VCFJAPAN.ORG バレンシアCF応援サイト VCFJAPAN.ORG

VCFJapan.org is the forum for Valencianistas in Japan.

Navigation
Valencia CF

VCF News

コクランの公式会見(2018/11/28)

11月28日の練習後に行われたコクランの公式会見の模様です。

コクランの公式会見(2018/11/28)

──あなたのこれまでのキャリアで最高の状態にありますか?
「自分は今、調子が良い状態にあると思ってる。とても難しい怪我から復帰し、快適にプレーしている。このレベルに戻すために、とてもハードな練習をしてきたんだ」

──次節レアル・マドリーとの対戦をどのように見ていますか?
「マドリーはヨーロッパ最高のチームの一つだ。偉大なライバルチームとの難しい試合になるだろうね。でも僕らのチームにもそこに行き、良い試合をするための質がある」

──今季のチームはうまく守れていますが、攻撃面に関しては不安定な数字を出しています。
「守備面ではチームが非常に堅固に守れているのは間違いないね。でも、攻撃については指摘のとおり、ユヴェントスのような相手に決定的なチャンスを作り出すことは難しい状態だ。チャンスを作り、3点を決めたラージョ戦のような試合を再び繰り返したいと思ってる」

──チームは、これからの数試合の重要性を理解していますか?
「非常に重要な試合が続くことはわかってる。チャンピオンズリーグ敗退という結果はチーム全員を落胆させる結果だったけど、僕らは良い試合をしたと思う。ヤング・ボーイズ戦の結果が僕らの運命に大きく影響を与えてしまった。でもユナイテッドとユーヴェとは、高いレベルで戦えていたんじゃないかな。トリノでも僕らは良い試合をしたから。今、僕らは重要な2試合(マドリー、セビージャ)を控えている。リーガに集中しなくてはならない」

──ヨーロッパリーグはバレンシアにとって目標ですか?
「チャンピオンズリーグが始まった時、僕らの目標はグループステージ突破だった。今、ヨーロッパリーグでは可能な限り上を目指していきたいと思っている。このチームには上に行くための力がある。もし優勝できれば、来季もチャンピオンズリーグでプレーできる。だから、優勝を狙っていくよ」

──もしチャンピオンズリーグにVARがあれば、(マンチェスター・ユナイテッドvsヤング・ボーイズ戦後半ロスタイムの)フェライニのゴールはハンドで認められず、バレンシアも最終戦に望みを繋げました。
「そう、あれはハンドだった。でも、残念ながらチャンピオンズにVARは無いんだ。僕らにとって残念な判定となってしまったけど、まだ僕らには戦わなければいけない試合が沢山ある。まずはリーガに集中し、2月に入ったらヨーロッパリーグという本を開くよ」

──いわゆるビッグチームと呼ばれる相手に勝つためにチームに欠けているものはなんでしょうか?
「このタイプの試合は些細な要素が大きく展開を変えることになる。もし前半のディアカビのゴールが決まっていたら、試合結果も変わっていたはずだ。マドリー戦もこういうタイプの試合になるね。僕らは勝つという気持ちでマドリードに行くよ。彼らに傷をつける力が僕らにはあるはずだから」

──マドリー相手にどのように戦うか、あなたの中に既にアイディアはありますか?
「マドリーはマドリーだ。もし彼らが彼らの持つ最高レベルでプレーした場合、試合は非常に難しくなる。特に今回は向こうのスタジアムでの開催だからね。でもチームは良い状態にある。勝利を目標にベルナベウに行こうじゃないか」

──長期負傷離脱から復帰した人とは思えないくらい信頼と安心のおけるレベルまで回復した、とあなたを見た全ての人が言います。どのような回復期間を過ごしたのですか?
「とても辛い時間だった。僕のキャリアで始めての重傷だった。でもチームのメディコと、皆と一生懸命に働いた。バケーション中も働くためにフランスに戻った。このレベルに戻すことは難しいことだったけど、今は毎週ピッチ居られて満足しているよ」

──マドリー戦はチームのダイナミクスを変える絶好の機会でしょうか。
「とても難しい相手に勝てるチャンスだ。今の僕らは良い状態に居るし、ユヴェントス戦では敗れたもののチームは高い競争力を披露できた。マドリー戦は僕らが順位表の上位に入れることを証明するための完璧な試合だ」

──今のコンドグビアの状態をどう見ますか?
「フィジカルの問題を抱えていたけど、少しずつ彼の最高のレベルに戻ってきてると思う。すぐに最高の彼を見られることになると思うよ」

──フランス代表入りの可能性についてはどうでしょうか?
「無いね。特に今は想像もできない。フランスの中盤には才能あふれる選手が揃っている。代表でプレーするレベルを持った選手は沢山居るし、僕はその筆頭ではない。おまけに今のフランスはワールドカップチャンピオンだ。考えられない、という答えが妥当だと思うよ」

──あなたは既にファンにとって新たなアイドルの一人となりました。ファンへのメッセージをお願いします。
「トリノまで来てくれたことに心から感謝しています。本当に多くのファンが居たし、いつでも僕らと共に居てくれると感じています。チャンピオンズでの結果は残念だったけど、今はリーガを戦わなくてはなりません。チームは良い状態だし、良いレベルに戻るため、そして勝ち続けるために全てを出すつもりです」

« レンタル移籍中のビジャルバのインタビュー マルセリーノ監督の公式会見(2018/12/03) »

VCFJapan.org

El Rat Penat

スペインのサッカークラブ
バレンシアCFを応援する
ウェブサイトです。