バレンシアCF応援サイト VCFJAPAN.ORG バレンシアCF応援サイト VCFJAPAN.ORG

VCFJapan.org is the forum for Valencianistas in Japan.

Navigation
Valencia CF

VCF News

テンディージョの去就について

今夏、スペインU-19代表に招集されたBチームのDFアルベルト・テンディージョ。現在のBチームのCB陣の中で唯一のカンテラ出身者であり、彼の父(バレンシアのレジェンドの一人:ミゲル・テンディージョ)と同じように、バレンシアの将来を担えるポテンシャルの持ち主です。

アマデオ・サルボ会長とカンテラ統括部長のルフェテは、この宝石をクラブに留めるべく、今季で切れる彼との契約を延長する準備を進めています。しかしテンディージョは、バレンシアを去り、実の父でありバレンシアのレジェンドのひとりであるミゲル・テンディージョとは違うキャリアを歩むかもしれません。

テンディージョが"自らの家"を捨てようとしているのにはいくつかの理由があります。1つ目が、スペイン代表での躍進と裏腹に、クラブレベルでの出場機会を得られていない事です。

このモンカダ出身のDFは、今夏U-19代表に招集され、COTIF優勝に貢献するなど代表レベルで華々しい活躍を見せました。しかし奇妙な事に、バレンシアBではニコ・エステベス監督の構想に入っていません。現在18歳の彼はフベニールAでもプレーする事が出来ますが、こちらでもメンバー入り出来ておらず、今季ここまであらゆる公式戦においてたったの1分もプレーしていないのです。現在のバレンシアBにはキンタニージャとカルロス・デルガドという2人の"ベテラン選手"がレギュラーを務めています。3番手にはバルセロナから加入したセルヒオ・アジャラが居るため、テンディージョは4人目のCBとなっています。

2つ目は、彼に興味を持つクラブの存在です。「今季で契約が切れる現役U-19代表DF」という肩書は多くのクラブチームのスカウトの興味を引き付けるのに十分な要素でした。これまでにバルセロナ、レアル・マドリー、エスパニョールの3クラブが獲得リストに彼の名前を記載していると言われています。ロヒータ(若いスペイン代表)の選手を低コストでチームに組み込む施策を進めているプレミアリーグのクラブも今後、彼に目を向けてくる事でしょう。

3つ目に、彼の1歳上で同じスペインU-19代表のパブロ・イニゲスが所属するビジャレアルのトップチームで起用されている事もあげられるでしょう。州のライバルに当たるこの黄色のクラブは、若い選手のミスを覚悟の上で選手の成長のためにチャンスを与える勇気を持っています。これはバレンシアには無いものです。

先日行なわれたトップチームの親善試合:ブルハショット戦で、テンディージョはジュキッチのチームに招集され、90分間プレーしました。試合後にテンディージョは自身のツイッターで「今日の試合は素晴らしい経験だった。長い時間プレー出来た事が嬉しい。僕は若いし、これこそが僕に必要な事なんだ!」と自信が置かれている現在の状況を憂うかのようなコメントを発信しました。その後もテンディージョは何度かトップチームの練習に加わり、ジュキッチ監督の指導を受けています。しかし、現時点で彼がアディル・ラミの代役となる事は無いでしょう。彼はまず、Bチームで出場機会を得る必要があります。

« セサル・サンチェスが指導者としてチームに復帰 バレンシア州U-16選抜発表(2013/10/24) »

VCFJapan.org

El Rat Penat

スペインのサッカークラブ
バレンシアCFを応援する
ウェブサイトです。