バレンシアCF応援サイト VCFJAPAN.ORG バレンシアCF応援サイト VCFJAPAN.ORG

VCFJapan.org is the forum for Valencianistas in Japan.

Navigation
Valencia CF

VCF News

フランシスコ・グアイタさんの葬儀

グアイタのご尊父様フランシスコ・グアイタさんの葬儀が今日4/4、11:30よりトレント市内のヌエストラ・セニョーラ・デル・モンテシオン教会(Parroquia Nuestra Senora del Monte-Sion)でとり行われます。

4月2日、土曜日の未明にフランシスコさんは心臓発作で亡くなりました。昨日はソルダード、ブルーノ、パブロらが前夜式(仏教であたるところの通夜)に参列したそうです。

グアイタは左手首の負傷のためヘタフェ戦に招集されていませんでしたが、試合が行なわれたコリセウム・アルフォンソ・ペレスでは、その場に居た全ての人がグアイタの事を思い、フランシスコさんの事を悼んでいました。試合前にはフランシスコさんへの黙祷が捧げられ、バレンシアの選手たちは喪章をつけてプレーをしました。ソルダードはこの試合で決めた4つ全てのゴールをグアイタに捧げました。エメリ監督も試合後の会見で、ヘタフェ相手に勝ち取った勝点3をグアイタと彼の家族に捧げています。

また、グアイタへオマージュを捧げたのはトップチームだけではありません。昨日行なわれたVCFメスタージャの試合でも、試合前に1分間の黙祷が行なわれました。また、フランシスコさんが現役時代(1983/84シーズン)にプレーしたCDウティエルも、昨日のトレントCFとの試合前に故人に黙祷を捧げています。

ツイッター上でもグアイタをサポートする声が止みません。このSNS上では、訃報と共に #todosconguaita というハッシュタグが作られ、世界中からたくさんのファンがグアイタにメッセージを残しています。またファンだけでなく、彼の同僚であるマタ、ソルダード、パブロ、そして元バレンシアのアジャラもツイッターを通じてお悔やみの言葉を残しました。さらに隣のクラブ、レバンテも公式アカウントでグアイタと彼の家族に深い弔意を伝えるメッセージを残しました。

--
自分も土曜日に直接グアイタにお悔やみの言葉を送りました。先程、返事が来ましたが、そこには「受け入れるにはあまりにもつらすぎる出来事」と書いてありました。
自分もグアイタと同じ24歳の時に父親を亡くしている事もあり、わずかでも彼の気持ちを理解してあげられる部分もあるかと思ったのですが、これ以上なんと言っていいかわからなくなってしまいました。ただただ、早く元気な姿を取り戻してもらいたいと思います。

関連記事
グアイタの御尊父様がご逝去

« セサルがGKのリーガ最年長出場記録を更新 メスタージャオレンジ化計画 »

VCFJapan.org

El Rat Penat

スペインのサッカークラブ
バレンシアCFを応援する
ウェブサイトです。