バレンシアCF応援サイト VCFJAPAN.ORG バレンシアCF応援サイト VCFJAPAN.ORG

VCFJapan.org is the forum for Valencianistas in Japan.

Navigation
Valencia CF

VCF News

主審が副審を無視

サラゴサ戦の後半11分、パブロがPA内で倒されたシーンで、副審が「コンティーニのファウルによりPKである」と主審に告げたにもかかわらず、パラダス・ロメロ主審がゴールキックを告げた事がスーペルで取り上げられてました。

バレンシアの選手たちはアトレティコ戦でペレス・ブリュル主審がノーファウルと判定した後に第4審判の意見を聴いてPKにした例をあげて、PKにするべきだと訴えましたが、主審はその訴えを聴く事はありませんでした。

ホアキン
「僕はラインズマンがPKと判断した事がすぐにわかった。主審が何があったかを彼に尋ね、彼ははっきりと"PKだ"と言ったんだ。でも主審は"確かなのか?"と聴き返した。それに対して線審は"PKだよ、PK"と繰り返した。そして主審は一度ペナルティスポットを指差したけど、すぐにその手を止めて"PKではない"と言ったんだ。一瞬、何が起きたかさっぱりわからなかった。僕らは自分たちが受けたこれまでの判例をあげてアピールしたが、結局主審は副審の声を切り捨てたんだ」


バレンシアは今季少なくとも2度、副審による判定で相手チームにPKが与えられています。ひとつめはアトレティコ戦でのマルチェナのハンド。これは明らかなファウルでしたが、ペレス・ブリュル主審が一度見逃したものを第4審判の意見を聴いて判定が覆ったもの。もうひとつはブレーメン戦1stレグのバネガで、これはファウルが存在しなかったにもかかわらず、副審の意見を聴いたアトキンソン主審が相手にPKを与えたというものでした。

まぁ、ここでPKをもらえてれば1-1になる可能性が高かったのは確かですが、エメリ監督も言ってるように、この判定が負けた原因にはなりえないですからね。とりあえず一貫性がない審判協会には喝という事で。

« バレンシアがスペインNo.3のクラブに インターナショナル・キャンプ »

VCFJapan.org

El Rat Penat

スペインのサッカークラブ
バレンシアCFを応援する
ウェブサイトです。