バレンシアCF応援サイト VCFJAPAN.ORG

VCFJapan.org is the forum for Valencianistas in Japan. バレンシアCF応援サイト

Navigation
Valencia CF

VCF News

グアイタのインタビュー

今季のブレイクに加えジエゴ・アウヴェスの加入により、来季のバレンシアで最も注目を集めるであろうグアイタ。来月から始まるアウヴェスとのポジション争いについて、アスのインタビューに答えました。

──やあ、グアイタ。この休暇の間、ジエゴ・アウヴェスの事で頭がいっぱいかい?
「ははは(笑) このプレシーズンの事は真剣に受け止めているよ。GKのポジションの競争相手となるアウヴェスが来たんだ。彼も僕が思ってるのと同じようにプレーしたいと思ってるだろうからね。でも試合が詰まった一年を終えた今、僕らはバッテリーを充電しなきゃいけない。今はコカ・コーラとポテトチップスの時間だ。7/7の再招集に向けて来週からハードなトレーニングを始めるつもりだよ」

──君はチームで唯一休日を楽しんでいない選手かもしれないね。
「休日が嫌いだというわけじゃないよ(笑) でも僕はあまり長い休みを取る事に慣れてないんだ。だから早く仕事に戻りたいと思ってる。毎日の練習の溌剌とした感じが好きなんだ。体を動かすことに慣れているというか、何もしてないと退屈しちゃうんだよ」

──でも、今季のプレシーズンは普通に過ごしていたと思ったけど・・・
「そうだね。でも、僕は肩の問題を抱えたまま、リハビリもストップしたままシーズンを終えてるんだ。これは今季アウヴェスとポジション争いをするうえで、大きなハンディキャップになると思ってる。だからこそ僕は、このプレシーズンを真剣にとらえているし、100%の状態でチームに戻らなくちゃいけない。幸い、インフルエンザはもう過去の事だ。調子はいいし、力いっぱい働きたいという気持ちでいるよ」

──契約延長したし、レギュラーを守らないとね。
「バレンシアでキャリアを続けることが出来て本当に良かった!ここは僕の家だからね。クラブはこれからの4年間もバレンシアのGKとして居る事を僕に許可してくれた。良い仕事をして、この期待に応えたいと思ってる。これは僕にとって新たなチャレンジなんだ。僕はここで出来るだけ長い間GKのレギュラーを務めたいと思ってるし、これが最後の契約延長とならない事を確信しているよ」

──また激しいポジション争いがあるのかな?
「既に昨季、セサルとモヤとの間にそれはあった。そして今、アウヴェスが来て同じようにポジションを争わなくちゃいけない。彼もまた優秀なGKだし、厳しい戦いになるだろうね。でも、彼もまた厳しいトレーニングをこなす必要がある。なぜなら、僕が彼からレギュラーの座を奪うからだ。もしアウヴェスがプレーしたいなら、彼は僕のポジションを奪わなければならない」

──クラブのGK陣の補強と放出については良い決定だったと思う?
「テクニカルスタッフの決定を僕らは受け入れないといけない。でも、セサルやモヤのようなハイレベルなGKがただチームに居たってだけじゃなく、彼らとは良い関係を築いていたから、とてもつらい決定だったのは確かだよ。セサルは僕にとってお手本となる存在だった。そしてモヤは沢山の事を僕に教えてくれた。僕らの間には決して酷い言葉、酷い関係はなかったんだ。出来ることなら、来季もチーム内で同じような関係を保てるよう願ってるよ」

──2011/12シーズンはどうなってほしい?
「個人としてもチームとしてもエキサイティングな一年にしたいね。再びCLに戻るのはもちろん、リーガではもっと上に行きたい。カップ戦では素敵なことを成し遂げたいね。何故僕らがタイトルを獲れないと言える?それは実現可能なことだし、それが出来ればクラブにとってもファンにとっても素敵な贈り物になるじゃない」

──昨季、君に不幸が訪れた時、オチョトレーナコーチは何をしてくれたの?
「すごく親身になってくれたよ。特にメンタル面ですごく助けてもらった。彼が僕にしてくれた全てに僕は助けられたんだ。会話の内容については僕の中に留めておくけど、それによって僕は一週間で頭の中を整理できた。僕にとって最高のサポートだった」

──ラミがチームに加わったけど、まだ新たなディフェンダーが加入するのを皆が待っている・・・
「プレシーズンの間に彼との連携面を良くしないとね。僕らの目標は今季よりも守備面で苦しまないようにすることだから。ラミは信頼できそうなCBに見える。プレシーズンが始まったら、彼と話をする機会を作るつもりだよ」

« アルゼンチン代表戦の結果(6/20) マドゥロの移籍交渉がスタート »

VCFJapan.org

El Rat Penat

スペインのサッカークラブ
バレンシアCFを応援する
ウェブサイトです。