バレンシアCF応援サイト VCFJAPAN.ORG

VCFJapan.org is the forum for Valencianistas in Japan. バレンシアCF応援サイト

Navigation
Valencia CF

Author's blog

ビセンテ・ソリアーノ会長の辞任について

6/4、ソリアーノ会長が辞任を発表しました。

これまでの流れ

現在、クラブの諸々の決定権を持つハビエル・ゴメスCEO以下役員は、増資をする事でクラブの金庫にカネを作ろうとしていたわけです。 で、そうなると現筆頭株主のソレールや、2番手のソリアーノ会長らは増資した分の株を買い取らないと、株式保有率が低くなってしまう。 それだと自分たちの負担が大きいので、なんとか違う方法で金庫にカネを作ろうと動いていた。それがスタジアム売却だったわけですね。 そして、その売却話がまとまる寸前まで行ったので、それを交渉の武器にソリアーノ会長はハビエル・ゴメスCEOから決定権を取り戻そうとしました。 取り戻せれば、増資の話を無くせるから。 そしたら、協議会から「明日の株主総会までにスタジアム売却の話をまとめてこい」という条件がソリアーノ会長に出された。 しかし、交渉をまとめる事が出来なかった。そして会長就任時に公約にあげたメスタージャ売却の話が頓挫したため、会長職辞任となったわけです。

ソリアーノ会長という人

ソリアーノ会長は、「選手は売らず土地を売る」の発言でバレンシアニスタたちの人気を集めて来ました。 「人気者になりたかっただけで、実際は何もしてない」という声も多く上がってますが、 世界同時不況で誰もがムリだと思うこの公約を達成させるために、最後まで走り回りました。 「結果が全て」「自分が言い出した事」というのも当然の声で、その声を否定はしませんが、 自分はソリアーノ会長を評価したいし、人間味あふれるところなんかも好きです。

メスタージャ売却の公約を守れなかったのは確かですが、 UNIBETとの契約、ロエベとの契約、Kappaとの契約、メディアプロとの契約、メルセデス・ベンツとの契約と、 何もしなかったオルティやソレール、モレラに比べて間違いなく仕事はしました。

本当にバレンシアを愛していた会長だと思います。 もっといい時期に就任できれば、いいクラブを作ってくれただろうなと思えるだけに、残念な思いでいっぱいです。

最後に会長に向けて、

今季ビジャとシルバをバレンシアで見られたのは会長のおかげです。
ありがとう。おつかれさまでした。

« 新ユニフォーム!? その2 2008/2009シーズンおつかれさま会のお知らせ »

Valencia.jpn.org

El Rat Penat

スペインのサッカークラブ
バレンシアCFを応援する
ウェブサイトです。